ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月26日 (日)

IE6のインストール失敗。

ここ数日、いろんなトラブルを見てましたが、どうもInternetExplorer6のインストールで失敗するケースが多いようです。
中には、お客さん自身でメーカー修理に出して、完全に出荷状態になっているにもかかわらず、IE6をインストールすると、奇妙なエラーが。

・このインストールに必要なコンポーネントで、ダウンロードできなかったものがあります。
 セットアップの再開を選択して、セットアップを再実行してください。
・インストールに失敗したコンポーネントがあります。すべてのアプリケーションを終了してから、セットアップを再実行してください。
・このインストールに必要なコンポーネントで、ダウンロードできなかったものがあります。

などなど。
対処方法は以下のマイクロソフトサポートページに。
文書番号 : 303399 Internet Explorer のインストールまたはアップグレードを完了できない
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;303399

いろいろ情報を探している間に、IE6関連の問題点をきれいにまとめてあるサイトを発見。
IE6 エラー 不具合解決 No1 : 三姉妹 早苗 : IE6専用ウェブ
http://sunhouse.s.mepage.jp/xp1.htm

ここはなかなか情報量がすごいのと的確なので、内容としてはすばらしいのですが、惜しむらくは、スタイルシートの使いすぎで、ADSL回線でもちょっと非力なマシンだと表示が重過ぎること。
ちなみに、このサイトの一番初めにこんな記述がある。
「IE & Windows をカスタマイズするサードパティーのソフトウェアを使用し、利便性や見た目も綺麗に変更できるでしょうが、リスクもある事をお忘れなく !」
だったらスタイルシートなんて使うなよ、って突っ込みを入れたくなるんですけど…。
基本は文字情報なんだから、中途半端にこんな重たいスタイルシートなんか使う必要なんてどこにもない。
普通にHTMLでやればいいのに、と感じる人は僕だけではないと思われるがどうだろう。

2004年12月26日(日) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (1)

とにかくしつこいスパイウェアに。

ここ数日は、簡単に駆除しきれないスパイウェアに振り回されています。
まぁなんとか仲間内の忘年会には出れましたが…。

いろいろ探しているうちの参考情報を記録しておきます。

文書番号 : 320159 ホーム ページの設定が突然変更される、またはホーム ページの設定を変更できない
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;320159

マイクロソフトサポートページの、スパイウェア・アドウェアにやられたトップページ書き換えの対処方法です。
意外と詳しく書かれています。
でも、やられてる悪質ソフトは数限りないので、初心者が見て理解出来る性質のものではなさそうです。
もし、これを参考にいろいろやる場合は、起動しなくなって結局リカバリー、という最悪の事態を想定し、そうなっても仕方ないことを覚悟の上で。

2004年12月26日(日) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

今日びのスパイウェア。その2

まずいよなぁ。実にまずい。
スパイウェアがらみで引き取ってきたはいいけど、いくら調べても、このスパイウェアは除去方法はおろかそのものの情報すら見当たらない。

CoolWWWSearch.Bootconf
CoolWWWSearch.Googlems
CoolWWWSearch.Loadbat
CoolWWWSearch.Msconfd
CoolWWWSearch.Oslogo
CoolWWWSearch.Tapicfg
CoolWWWSearch.Xmlmimefilter

Spybotで出てくるけど、一向に除去できない。
セーフモードでも同じ。
悩んでいると、あざ笑うかのように日本の出会い系サイトのポップアップ広告が。
ちくしょう。

2004.12.24 追記。

同じ現象の人がいるようですが、どうも埒があかないようです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1096083
http://www.higaitaisaku.com/cgi-bin/cbbs.cgi?mode=al2&namber=52025&no=0

(コメントで追加していましたが、本文に追加することにしました)


2005.01.17 追記。

なんか検索エンジンでヒットして来られる人が多いようですので、解決編は以下に記しました。
レジストリをいじる解決方法ですので、実行する際はくれぐれも自己責任で。
今日びのスパイウェア。その3
今日びのスパイウェア。その4

2004年12月23日(木) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

今日びのスパイウェア。

こういうのは正確にはアドウェアというのでしょうけど…。

前回の日記に書いた人のところへお伺いしてみました。
ブラウザを開けてみると…あられもないサイトがトップに。あらら(笑)
Cドライブを開けてみたら、妖しげな女性の顔のアイコンが。あらら(笑)
で、例のごとくSpybotとAd-Awareを使って退治…と言いたいところですが、途中で止まる。
うーむ。
WindowsMeってとこを差し引いても、これはちょっとおかしい。
自動起動の項目を調査するHijackThisを使って怪しいソフトを排除しても、変なのが動いてるし、SpybotやAd-Awareも止まる。
困ったもんだ。ここまでしつこいとは。
結局2時間では直しきれなくて引き取り修理に。
どうもなぁ。こういうのって、後味が悪い。
これから修復作業です。

2004年12月22日(水) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

今日もスパイウェアとの戦い。

今日は、先日訪問したついでに見て差し上げたノートパソコンを、引き取り作業をしてました。
スパイウェアにやられて調子がおかしかったんですが、もともとマカフィーが入ってたところにノートンをインストールしてて、さらに動作がおかしくなってました。
マカフィーを外したけど、まだおかしい。ノートンの自動アップデートがまったく使えない。
結果的には、最初から入ってたPCGATEというファイヤーウォールソフトが弾いていただけでした。
もー、NECの機械はこういうの多すぎ。

その作業をしていたら、電話が鳴った。また別のお客さんからスパイウェアの除去依頼。
ブラウザのトップページが書き変わって戻らないというもの。
早速訪問して、定番ツールのSpybotとAd-awareを食らわせたら直った。
なんと1000個以上のファイルがうごめいてました…。
で、ブラウザをIE6に更新しようとしたら、なぜか失敗。なぜだ?
また改めて出直しです。
一応、ご希望の年賀状用ソフトがきちんと起動したからよしとしてくれました。

帰ってきたら、また別のお客さんからスパイウェアの症状での問い合わせが。
後日訪問となりました。
スパイウェアのオンパレードですな…。

2004年12月20日(月) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

デジカメのセットアップの続き。

昨日は「神戸のルミナリエを観に行くので、それまでに」ということでデジカメの使い方を伝授したんですが、今日また電話があり、「取り込んだけどどうもうまくいかない」ということで、またお伺いすることに。

お伺いする前に、何度か電話でやり取りをしていたんですが、こういった問い合わせをされる方の共通項目がやはりありました。
「エラーだとか違う表示だとかが出てしまうと対処できない」
「手順だけをメモして覚えるために、その過程で、表示の確認が必要な部分の意味が理解できていない」

何度も書いてることですが、そういうことが悪いわけでは決してないのです。
わからないものだからこそ、習った手順でしかできない。これは仕方のないことです。
パソコンでこういう問題が発生しやすいのは、こういう「わからなくなった時」に頼れる人がほとんどいない、ということ。

問題が発生しても、ちょっと知ったかぶりの、それでいて同じWindowsででも他人のPCは別物であるという認識に欠けている、中途半端な、初心者に毛が生えた程度の知識しかないような「マニア」が暗躍しているだけで、結局は「ゴチャゴチャいじられて、直るどころか時間がかかっただけor壊して帰った」という事態のなんと多いことか。

今回は、結局はデジカメから取り込む時のフォルダの名前が、「取り込んだ日」ではなく「撮影日」で日付ごとに分けられていたフォルダに取り込まれていた、ということがわからなかっただけでした…。
こうなると、電話口だけでは、的確な状況も伝えられませんから、どうしようもないですね。

ついでに、デジカメと同時に買ってこられた携帯電話の使い方もレクチャーさせてもらいました。
まぁ実際、こんなちょっとしたことだけで料金をいただくのも心苦しいですからねぇ…。
携帯電話なんかは、自分の使っているもの以外は、ほとんどわかりませんから、自分で使い方を覚える以外にありませんから、困っておられたようです。
結果的には、結構満足していただいたので良かったのかな、と。

2004年12月19日(日) パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月18日 (土)

デジカメのセットアップ。

今回は、キヤノンのIXY DIGITALをパソコンに接続するところまでを依頼されました。
何度か別件で呼んでいただいた、御年72歳(!!)のご婦人です。
ご自身は、パソコン教室に通ってみたりして、そこそこ使えるようにはなっているようですが、やはりセッティングだとか、パソコンへの画像取り込みだとか、メール添付するための画像サイズ変更だとか、そういったところは、実記を目の前にして説明してあげないとダメなようです。
こういうのは、年齢問わず、「機械に弱い」と自負する人は共通の悩みではないかと思うのですが…。

こういう依頼を受けて思うのは、いかにこういう「小回りの利いたことのできる店」が減ったかを実感できます。
現実的に考えても、こういうセッティングまできっちりやってくれる小売店は、ほとんどないのが現状です。
たとえやってくれたとしても、パソコンを新品で買ってくれた時の最初の1回30分程度のみ、とか。
基本的には電話で相談を持ちかけても、用語やら環境の違いによるエラーが電話口ではわからずお手上げ。
「来て欲しい」とメーカーに言っても、「販売店に…」と逃げられ、販売店は高額の出張費をふっかける。

昔の「町の電気屋さん」は、こんなにサービス悪くなかったと思うんですがねぇ。

最近は、「町の電気屋さん」で買うと定価だから、「郊外型ディスカウント電器屋」で買う、というスタイルが定着しつつあるのですが、結局はどうやってディスカウント(値引き)しているのか、というと、「薄利多売」も当然あるのでしょうけど、一番大きなのは、「アフターサービス」という面でしかありません。

一例を挙げれば、バブル崩壊直前に頭角を現していた、「STEP」というパソコンショップ。
「お辞儀1回4円」だったか、そういうところにまで原価計算に入れて、商品説明をしない、ほとんど問屋売り状態の、徹底的なコストダウンで売っていたショップでしたが、結局はそういうサービスの悪さが裏目に出て倒産。
今時、価格競争だけで乗り切ろうという見通しの甘さが招いた結果であろう。
こういうのは、値下がりはありえないという「土地神話」と同じ。
金額ではなく、中身で勝負したいものである。

2004年12月18日(土) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日 (金)

ルーターの当たり外れ。

光ファイバーを引いておられるお客さんから電話。
Macが1台、Windowsが1台の構成で、インターネットにつないでも「ページが見つかりません」になる、とのこと。
ルーターの動作不良の可能性が高いな…と思って行ってみたら、結果的にはそうでした。

絞込み手順としては、まずはパソコンのIPアドレスを調べる。
きちんとルーターからIPアドレスを割り振られている。

それから、ルーターの設定画面を開く。
よくあるのは、「http://192.168.0.1/」などのアドレスを打ち込んで開くタイプ。
これで開くので、あとはルーターの問題。

接続状況と接続ログをみる。
ルーターのWAN側(光ファイバ側)のIPアドレスは取得できている。
ルーターから外への接続はできているようだ。
接続ログをみると、LAN側(パソコン側)からの接続要求をはねているような記録が残っている。

つまり、ルーターは、WAN側へは接続しているが、LAN側からは接続を受け付けていない状態。
うーむ、これは…。

とりあえずルーターの再起動コマンドを使う。
…あっさりつながった。
これは、どうやらルーターが何らかの問題を起こしていた、ということであろう。

こういうのは、実際よくあるのである。
メーカー問わず、かなりよく見かける。
今回のようなトラブルも、ないでもないですが、もっとも多いのは、LAN側の接続はできているのにWAN側の接続ができていない、というもの。
意外と多いのである。
最近はルーターも安いので、結構いろんなルーターを扱ってきたんですが、有名メーカーでも、当たり外れは大きいですね。
同じメーカーでも、機種が違えば、癖がまるっきり違う場合も。
中には、何度もサポートへ電話した末に、さじを投げられて「メーカーサポートにそういわれたので、と言えば返金に応じてくれるはずです」なんて言われたことも一度じゃないです。
修理に出しても、「正常です」と返却しておきながら、しばらく使うとまた同じ症状に見舞われ、何度も再修理を繰り返してようやく新品に交換、なんていうのも。
まぁ、この辺はサポートの体質という部分も、ないでもないんでしょうけど。

ルーターに限らず、パソコン関連用品は、サポートを受ける側がよくわかっていない人だと、得てして御座成りな対応をとられる。
それで不信感を抱いている人も多いというのに…。

2004年12月17日(金) パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月15日 (水)

梅田のクリスマスツリー。

今日は大阪は梅田までネット販売のセミナーを聞きにきました。
梅田スカイビルでしたが、ヨン様の写真展もあったようで、オバサマの大行列…。
綺麗なツリーがあったのでまぁよしとしましょう。
pic_0055.jpg
みんな携帯電話のカメラやデジカメなどを向けていました。
27メートルで世界最大級だとか。
たしか、今年の世界一は、同じ大阪にあるユニバーサルスタジオジャパンのツリーだったかな。

2004年12月15日(水) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (1)

リカバリーまではできたんですが…。

今回のお客さんは、リカバリーまではできたんですが、インターネットにつなげられない、という方。
同じような話は、以前にもありましたね…。

実は以前にも同じように「つながらない」ということで呼んでいただいたお客さんなんです。
お伺いしてよくよく聞いてみたら、お子さん(高校生?)が使っていて、ブラウザのトップページが変なサイトに固定されて、変更しても変更しても元の変なサイトに戻ってしまう、という症状に始まって、ついには起動に時間がかかりすぎて使えなくなった、という症状に見舞われて、リカバリーをかけたそうです。

その、なんだ、いわゆる1つの、アドウェアにやられたってやつですね…。

で、リカバリーをかけたところまではよかったんですが、後付けのLANカードの設定ができなかったようです。
やっぱりこういうところは、初心者がもっともつまづきやすいポイントみたいですね。
リカバリーは本体の説明書を読めば、ある程度はわかりますが、後付けのハードウェアは、ちょっとした慣れが必要ですから。

それと、WindowsUpdateというものが必要であることもご存じなかったようです。
まぁこれは説明書には書いてませんからね。
こういうことは、説明書にリカバリーの項目と併せて書いておいて欲しいものです。

電話をくれたのは親でしたが、料金を払ったのはお子さんでした(^_^;)
「ウィルスセキュリティ」をお勧めしたけどあっさり断られたのはそのせいだったのね…。
料金を払うのが大人だったら、2000円程度なら、迷うことなく出すのが普通なんですけどね。
がんばれ高校生。

2004年12月15日(水) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月13日 (月)

リカバリー不能。

最近何度か問い合わせをいただくのが、メーカー製のパソコンでハードディスク交換の要請。
よくよく聞いてみると、なんとリカバリーディスクがない!

最近のメーカー製のWindowsXP搭載機の流行は、リカバリーディスクが付属していないタイプ。
パーティションを切って、リカバリー専用システム領域を確保してあって、いざという時は、そこから起動して、メイン領域のリカバリーを手早くできる仕組み。

でも、これには、大きな利点に伴う大きなリスクがあるのです。

○リカバリーにかかる時間がかなり短い。早ければ大体20分程度。

●ハードディスク自体がクラッシュしてしまうとお手上げ。リカバリー手段はメーカー修理しかない。
●クラッシュで泣きをみないように、あらかじめ起動CDを作っておけば望みはあるが、初心者はそんなことはできないし、説明書に書いてあっても、読まれもしない場合が大半。

結局は「説明書を読んでないとダメ」ということ。
今回問い合わせをもらった人も、メーカーに電話して、初めて知ったらしい。
コストダウンもいいけど、ハードディスクのクラッシュに備えてのリカバリーディスクなんですから、それは絶対に添付して出荷するべきだと思う。
メーカーも、こんなところで手を抜くのもどうかと思う。
リカバリーにかかる時間が短いのは確かに助かるんですが、普通の人はそう何度もやらないことですし、どっちかと言うと、何度もリカバリーをかけることのある人より、クラッシュしてリカバリーディスクがなくて困る人のほうが絶対に多いぞ。
そのおかげで、こっちも仕事にならない(せっかく来た依頼を引き受けられない)し、お客さんも困るし、メーカーは引き取り修理台数が増えて手が回らなくなるしで、何もいいことなんてないはずなんだけどなぁ。

2004年12月13日(月) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月12日 (日)

ADSLが使えません…

今回のお客さんは、リカバリーまではできたんだけどその先のインターネット接続設定がうまくできなかった、というもの。

で、今回は、XPなのはいいけど、接続がダイヤルアップ。
正直、ダイヤルアップのインターネット接続とメールの設定だけなら30分で終わります。
問題はアップデート。
SP2適用はCD-ROMを持っていってたからいいんだけど、SP2を適用したら音が出なくなった(-_-;)
出た、YAMAHAの音源だ。
SP1とかSP2とか適用したら、音が出なくなるといういつもの症状。
ダウンロードに20分かかった…。

NTT西日本のサイトで路線長チェックしてみたんですが、路線長が出ない。イコール、ADSLは利用不可。
うーむ、そう新しい街並みでもないのに光収容か?

で、待ってる間に、いつもどおりセキュリティの重要性をお話して、いつもどおりウィルスセキュリティ2005が2000円です、と持ちかけたら、お買い上げいただけました。
で、シリアルナンバーはあったけど、手持ちのCDが古い2004のしかなかったのでそれをインストールしてみたら、システムエラーでまともに動かない…。
別で持ってた最新のデータを使って何とか動いた。あせった。

回線がダイヤルアップなので、待ち時間が長いこともあり、いろいろ話し込んでたら、あれもこれもといろいろ頼まれて、結局3時間ほどかかってしまった(^_^;)
まぁ、時間分はギャラいただけるので良しとしましょう。
また呼んでもらえそうですしね。

2004年12月12日(日) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月11日 (土)

立ち上がらないパソコン。

今日のお客さんは、Windowsが起動途中で固まってしまう、という症状。
WindowsMeのVAIOノートで、プリインストールで入ってたマカフィーウィルススキャンをセットアップしたらおかしくなった、とのこと。
プリインストールのソフトをセットアップしたらおかしくなるってのも変な話ですが…。

お伺いして実機を見てみたら、確かに、WindowsMeの起動画面が消え、壁紙が表示され、これからタスクバーを表示しようとしているところへ、マカフィーウィルススキャンのロゴが出て…固まった。
なんなんだこりゃ?
とりあえずセーフモードから「システムの復旧」を試みるも、起動時にまたマカフィーが出てきて、そこで固まる。
はてさて、どうしたもんか…。

仕方がないので、セーフモードじゃなく通常の起動でマカフィーを黙らせるように、msconfigコマンドを利用してスタートアップから外してみた。
今度はうまく起動する。
とりあえず、いつものように持参していたウィルスセキュリティ2005をおすすめしたら、こころよく「それ入れてください」と依頼されましたので、こちらにしました。
マカフィーさん、さよーならー(笑)

あとはウソみたいに快調です。
このウィルスセキュリティの最大のポイントは、こういった非力なマシンでも、あまり負荷がかからず、快適に動作すること。
やっぱこれだね。

とはいえ、どうやれば障害となるソフトの動きを止められるか、というテクニックは、わからない人はわからないもんですよね。
説明書にも書いてませんしね。

クルマなんかでも、最近は個人のドライバーで「運行前点検」というのをまじめにする人は、ほとんどいません。
ガソリンスタンドで「オイルの残量などを調べますので、ボンネットを開けてくださーい」と言われたら、「えぇ~?どうやって開ければいいんですかぁ~?」なんて言ってる人もザラです。
だいたいどこででもこの話をするんですが、パソコンも同じで、昔のように「プログラムが組めるからパソコン買った」という人はかなりの少数派です。
たかが「デフラグ」とか「必要なファイルのバックアップ」程度もやり方を知らず、ハードディスクが吹っ飛んで泣きを見ている人の方が多いでしょう。

だからこそ、こういう商売が成り立つんですけどね。

2004年12月11日(土) パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows95対応ソフト。

ちょっとご年配の男性からの問い合わせ。

「Windows95のパソコンを使っているんですが、将棋のソフトはありませんか?」

…へ?

まぁ正直、今のところはWindows98以降のソフトがほとんど。
はっきり言って、Windows95対応のソフトは…。

と答えかけてふと気が付いた。
ダイソーの105円ソフトはどうなんだ?
手元にあった、ダイソーの花札ソフトを見てみたら…おおっ!Windows95も対応してる!

ということでそれを伝えましたが、正直これでは商売になりません…。

聞くと、初心者ということで、知人から古いパソコンを譲ってもらったとか。
で、とりあえず将棋のソフトなんぞで遊んでみたい、とのこと。

しかしまぁ…初心者だからってWindows95は…。
クルマと同じ感覚で、初心者には安いものを、と与えたんでしょうけどねぇ。
IT業界の機械は、ドッグイヤーといって、他の機械モノに比べて7倍は進化が早いのです。
1年で他の7年分。
Windows95ということは…9年前だから…ほかので言えば…なんと63年分!!!

あなた、初心者だからって、60年以上も前の自動車を与えられて、乗れますか?

2004年12月11日(土) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

持ち込みでの修理は…

時々お問い合わせいただくのが「持ち込みで修理してほしいんですが」というもの。

基本的には、どうしていいのかわからなくなったから持ち込みを希望しているのであり、どれを持って行けば直るのかを把握できているような知識を持っているユーザーなら、本来なら直せるはずのトラブルなのです。
ほとんどの場合は、直してもらうにしても、何が必要なのかすら把握できないからウチに電話してくるのであって、結局はお伺いしてどんなパソコンなのかを確認して、その場で直るものなら直して、その場では無理なら必要なものをこちらで選定して持ちかえり修理とさせてもらうのが普通。
ですので、「持ち込みは受け付けていません」としているのですが、先日は「いや、必要なものはわかってるから、持っていくので直してほしい」と電話があった。
いや、だから、それで、こっちへ来てから「あれがない」「これがない」となるのも困るから「基本は持ち込みではなく出張作業でやらせてもらってます」と言ってるのがわからんの?と言いたくなる人が時々いるのです。

サポート業者にとって最も困るのは、「『自己責任』の概念のない自作ビギナー」や「自称中級者」。
要するに、中途半端に知識を持っているので、いじる必要のないところをいじって、自分で勝手に壊しておいて、結局サポート行きなのはいいのですが、すでに手のつけようがなかったり、やたら注文が多かったりする人です。
で、あとは電話で聞くだけで済まそうとする…。
ギャラは同じなので、こういうのは割に合わないのです。
特に、電話だけでの質問は、基本的に料金の回収ができませんので(T_T)

2004年12月08日(水) パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月 4日 (土)

今日明日はお葬式でお休み。

三重県鈴鹿市の親戚が亡くなったので、お通夜とお葬式で、うちの近所の親戚一同で押しかけてます。
営業は月曜日からになります。

2004年12月04日(土) お知らせなど | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 3日 (金)

パソコンの使い方指導なんかもしてます。

今日はお得意様の、御年85歳(!)男性のところへ、デジカメプリントのやり方とか、取引先が導入した新しくなったインターネットでの見積・注文システムの操作のお手伝いで行ってきました。

この方の年齢は、今日初めて知ったのですが、すごいなぁと思いました。
こんな歳になっても、デジカメだとかインターネット見積注文だとか、そういうのをやるもんなんだなぁ、と。
改めてパソコン・インターネットの普及を実感させられます。

2004年12月03日(金) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

「電源が入りません!」

これもよくもらう問い合わせの1つ。
牛さんマークでおなじみの某G社のものらしいのですが、とりあえずメーカーサポートには電話してきたらしいです。
その上で、ふたを開けての作業になる部分になることを告げられ、自分ではできなくて、ウチをタウンページで見つけて電話をいただいたようです。

症状としては、電源ボタンを押してもまったく反応がない、というもの。
トラブルを直す仕事をしている私としては、しょっちゅう遭遇するトラブルではあります。

でも、この場合は、ほとんどは
1)電源だけ壊れた
2)マザーボードだけ壊れた
3)電源が壊れたあおりを食らってマザーボードも壊れた
このどれか。

サポートから言われたのは「もしかして電池が切れているのかも」とのこと。
まぁそれもないではないのでしょうけど…。
今まで何件か遭遇したこのトラブルでは、2)か3)がほとんど。
電源だけ壊れてるなんてことは、ほとんどないようです。

お伺いする日を決めて、状況の聞き取りをしていたら、どうもハードディスクのデータも「消えちゃっていいです」とのこと。
買い替えも検討しているらしく、どうもこの様子じゃ、診断だけで終わりそうだな…と思っていたら、案の定、そのあとに「やっぱり買い替えすることにしましたので、来ていただかなくていいです」。

(o_△_)oピクピク

とはいえ、とりあえず接続やら設定やらよくわからないことも多いので、買ったときにはまたご相談させていただくかと思います、みたいなことも言ってたので、まぁよしとしときましょう…。

2004年12月03日(金) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 1日 (水)

液晶の故障は無理です…。

時々問い合わせをもらうのが、ノートパソコンの液晶の修理。

はっきり言って、液晶は壊れたらパネルユニット丸ごと交換が原則です。
簡単に手に入るような汎用部品はほとんどなく、ウチのような零細業者で何とかなる範囲ではありません。
残念ながら、結局はメーカーへ修理に出すしかありません。

同様に、デスクトップPCのCRTモニタとか液晶ディスプレイも、メーカー修理になります。

CRTとは、Cathode Ray Tubeの略で、いわゆるブラウン管のこと。
素人が開けて修理をしようとして、うっかり高圧部分に触れてしまうと、まず間違いなく死にます。冗談抜きで。
ですので、PCのCRTモニタだとか普通のブラウン管テレビなんかは、修理する場合は専門家へ頼みましょう。

液晶ディスプレイも最初に書いた通り。結局専門家とかメーカーに任せることに。
CRTと違うのは、高圧部分がない分、ユニット単位の交換が簡単なので、故障部品を特定して交換するのではなく、大まかなユニット単位での交換、たいていはパネル丸ごと交換になります。
ひどいときは、液晶パネル一体のユニットで、その中の、パネルではなくたった一つの安いチップ部品が壊れても、液晶パネルユニット丸ごと交換になる場合も。

「そんなの部品があれば誰でもできるじゃん!!」
って思いますよね?
その通りです。
でも、最近の「修理」というのは、残念なことに、そういう傾向にあるのも事実です。

実はこの仕事を始める前は、某大手産業機械メーカーにいたんですが、新人の頃は、そういう修理を「チェンジニア」と言って、能無しの象徴のように言われていたんですが、ここ何年かはユニット交換が当たり前になってきてるのも事実。
でも、「チェンジニアではなくエンジニアだ」という姿勢を忘れてはいけない、と常々思っています。


ただ、いくら腕がよくても、部品がなければ修理はできません…。

2004年12月01日(水) パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

新しいノートパソコンのセットアップ。

これも以前の作業ね。

この日の作業は、以前にメールウィルスのトラブルで呼ばれたお客さんのところ。

前に呼ばれた時は、光ファイバで接続していたWindows98のマシンが、起動に時間がかかるので何とかして欲しい、とのことで呼ばれた。
行ってみたら、光ファイバのONUで通信中を示すランプがひっきりなしに点滅してた。
ウィルスチェックソフトを動かしてみたら…やられてました。Netsky.Q(参考:ソースネクストの情報 トレンドマイクロの情報)に(笑)
光の速さで感染して、光の速さでばら撒いてるわけですな…。

その時に、Windows98マシンの負荷を減らすのと、近い将来に2台つなぎたいとのことで、マシン直結ではなくルーターを貸し出ししていたのです。
で、今回は、新しいノートパソコンと無線ルーターを入手したとのことで、セッティングに向かいました。

貸し出していたルーターは、おとなしく自分の仕事をこなしてくれていたようです。これでしばらくはお役御免で隠居生活に入ることに(笑)。

新しいノートパソコンは、DELLのWi-Fi無線LANが内蔵されているタイプ。
で、無線ルーターはというと、メルコです…。

メルコですか…。メルコはねぇ…。

どうも会社の人から中古品を譲り受けたらしく、説明書はなし。勘弁してください。
でも、たまたまこないだ見た無線ルーターと同じようなタイプだったので、あまり悩むことはありませんでした。
Windows側で自動認識してくれたし、設定画面もほぼ同じだったので特に問題なし。
ただ、Bフレッツだったので「フレッツスクエア」にもつなげるはずのもの(マルチPPPOE対応)だったのに、なぜかフレッツスクエア西日本の「http://www.flets/」のアドレスを入れてもつながらない(-_-;)
お客さんはインターネットにつながればいいというだけでしたので、その辺は問われませんでしたので、とりあえずそのまま。
でも、ウチでこないだ買ったコレガのフレッツ専用ルーターも同じ症状なんだよねぇ。
でも、設定してからつながるまでに時間かかるみたいです。
これ書いてる今、ためしに接続してみたら、なにげにつながってしまいました。
ガンダムSEED Destinyとかの無料配信もしてるし、まぁ伊達に高いわけじゃないようで。

DELLのパソコンは、ウィルス対策ソフトとしては、NECと同じくマカフィーがプリインストールされてますけど、これって90日で切れるんですよね。
その話をして、僕のお勧めの「ウィルスセキュリティ2005」を取り出したら、「それにしといてください」ありがとうございます。

こういったセキュリティ対策ソフトって、他社のものとは同居させづらいんですよね。
基本的には、同種のソフトはきちんと外さなければなりません。
で、プリインストールのマカフィーを外してウィルスセキュリティ2005をインストール。
これで万全です。

この「ウィルスセキュリティ2005」ですが、一部ではあまりよくない評判があるのも事実です。
まぁ現実に、相性の悪いソフトはいくつかあります。
でも、意外に頻繁なアップデートで着実な進化をしていて、どんどんよくなってきています。
これで1980円なら、相当にお買い得だと実感してます。
個人ユース程度なら、これで充分です。
というよりは、これ以上の細かい設定を必要とするような使い方をする人なんて、どれだけいるのか知りたいもんです。
ここ(http://sec.sourcenext.info/)にも書いてますが、ウィルス対策のためにパソコンをしょっちゅういじらないといけないようじゃ、本末転倒もはなはだしいです。
パソコンオタクならともかく、普通の人はセキュリティ対策なんかにお金をかけたくないし、セキュリティ対策ソフトを常にいじっていなければならないような鬱陶しいこともしたくないはずです。
とはいえ、もうすでに必要不可欠な状態になっていますので、このソフトは、とりあえず導入してみよう、という方にはホントお勧めです。

2004年12月01日(水) パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

PCの問題かどうか。

これは今日の作業ではありませんが、ちょっとずつ以前の作業を書き残して行こうと思います。

この日は、ウチのコドモの学童保育での保護者仲間の人から紹介してもらった人。
メールウィルスのトラブルや、新しいパソコンのセッティングなど、何度か呼ばれているお得意様です。
今回は、インターネットにつながらないというトラブル。
ケーブルテレビのインターネットですが、メルコの無線ルーター。

メルコですか…。メルコはねぇ…。

古いパソコンででも使ってたので、とりあえずは問題なさげ…でしょうなぁ。
とりあえず最初にウィルスセキュリティをインストールしてあるので、それはそれなりに働いてて、ウィルスはいらっしゃらないようです。
でも、タスクマネージャにいてはる怪しいプロセスやら、msconfigで確認できる変なスタートアップ項目もあり、とにかく回線側とPC側の問題の切り分けをするために、引き取りでウチのADSL回線につないでみることに。

とりあえず、怪しいと思われたプロセスも、いろいろ調査した結果、特に問題なしと出ました。
ウチのADSL回線では、なんら問題なかったので、これはほぼ確実にPC側は問題なし。

翌日、メルコの無線ルーターの問題を除外するために、動作確認用のちょっと遅めのルーターを有線でつないでみましたが、結果変わらず。
なんか、30秒置きぐらいに、WAN側のIPアドレスの取り直しを頻繁に行います。
で、これが土曜日の夕方でしたので、ケーブルテレビに電話したら、つながったものの技術担当者不在(-_-;)
あとはケーブルテレビに振ることにしました。
こちらのできることはすべてやったからねぇ…。

後日、電話をいただきました。
結局ケーブルテレビ側のトラブルでした。
まぁこういうこともあるもんです。

2004年12月01日(水) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク設定の見直し。

とある小さな事務所からの依頼。
パソコンが4~5台、ネットワークプリンタが1台の環境で、「ネットワーク共有がうまくいかなくなったので見てもらいたい」というもの。
ハブでつながっているが、きちんとインターネットにつながるようにしてみたい、とも言っていたので、電話が来たときに「回線は何ですか?ADSLでしょうか?」と聞いたら「ADSLです」というので、手持ちの小型ルーターを持参して行ってみたら…ISDNやんけ(-_-;) おまけにルーターあるやんけ(-_-;)

いろいろ聞き取りをしていると、どうもLANの構築をした人の意図通りにみんなが使ってくれていないらしい。
まぁ、ネットワーク管理者とユーザーの不整合という、どこにでもありがちな構図と言えよう…。
あとインターネットは、ISDNの使い方がまずいようで、着信の回線まで食い込んで使われてしまっているようで、すぐに話中になるらしい。
ISDNルーターの設定がまずいんだろうけど、いっそのことADSLに変えればいいのに、と提案したら、
「本社名義の回線だから、契約変更ができない」
あらまー。
その回線だけ、最近は4万円ほども請求が来る、なんてことらしく、どうやら事務所名義で近々ADSLを1本引くような話があるらしい。

とりあえず、とあるPCにある共有フォルダに、他のPCからちゃんと接続できるようになっているかチェック。
思ったとおり、ワークグループの名前が違っているだけ。
とはいえ、どーにもPCのコンピューター名がイマイチ統制が取れていない。
できることなら、この辺をきちんと整理して、わかりやすいものにしておいてもらいたいものである。
でも、この日訪問した時点では、副社長っぽい、香水の香り漂う女性と、事務員っぽい女性の2名のみ。
しばらくはその2名からいろいろ事情を聞いていたが、途中から副社長っぽい女性は外出して、事務員っぽい女性と二人っきりに。
この女性がまた、メガネの似合う色白で黒髪で細面の、これまたストライクゾーン命中の女性(笑)。
ちょっとドギマギしながらの作業。

ネットワークの共有フォルダアクセスは、たいしたこともなく設定完了。
あと頼まれたのが、新しく導入したXPのマシンがどうにも起動が遅いのを見て欲しい、とのこと。
見てみると、NECのマシンで、マカフィーとノートンが同居してる…。
そりゃ重いわさ。
聞いてみると、お金出してインストールしたノートンを優先したいとのことで、プレインストールのマカフィーは削除決定。
マカフィーを外し、ノートンはLiveUpdateで最新版に更新し、WindowxXPのSP2に対応させたら、すんなり動いている。
これを2台とも適用して作業終了。

とにかく当面の問題2つはこれで解決。
ハブのポート不足とかもあり、まだもう少し手を入れる必要があるような感じではある。
その辺のこともあり、また呼んでもらえるようである。

ということは、メガネの似合う事務員(?)さんにまた会えるんですなー(笑)

2004年12月01日(水) パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)