ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ADSLの悪い癖。 | トップページ | ブラザー最悪。収束編その1 »

2005年3月19日 (土)

リカバリー不能。たびたび2

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

02AO01知り合いから、NECの98NX Lavie Cのノートパソコンを渡されて、「ハードディスクがいかれたみたいだから換装して。リカバリCDはあるからヨロシク」てな感じで作業依頼されました。
(一応、知り合いでも料金は取りますが)
説明書はなかったんですが、リカバリCDがあるなら何とかなるだろう、と軽い気持ちで引き受けました。

ハードディスクの換装まではよかったのですが、リカバリCDをセットして焦りました。
リカバリCDからは起動ができないようです。
んでは起動フロッピーを適当に自作して…というところからドツボにはまりました…。

またかよ、NEC。

このノートパソコン、もともとのOSはWindows98SE。
富士通のパソコンだと、こういう部分はけっこう基本に忠実に作ってあるので、他のPCで起動ディスクを作っても何とかなった経験があった(もしくはリカバリCDのみで起動OKだった)ので、とりあえず別のWindows98SEのPCを使って「起動ディスク」を作ってみました。
FD2枚の「起動ディスク」はできましたが、それで起動して、CDのSetup.exeを実行しようとして、CDのファイル一覧を見たら…データファイルしかない。
こ、これはまさか…。

インターネットでいろいろ調べてみたところ、どうもその機種専用の「システムインストールディスク」という起動用FDが必要らしい。
家にある、別のお客さんから引き取ってきた不要デスクトップPCで同じ時期のNECのPCがあったので付属品を見たら…確かにある。
それもFD五枚組み。
ああ、そういえばNECのは、リカバリーは青い画面の独特の構成でやってたなぁ…と思い出した。
FDの中身を見ると、専用のセットアッププログラムと、その機種用の表示データがセットになっていた。
ためしにそのデスクトップ用のを使ってやってみた。
CDをセットするところで、違うCDだとバレました(^_^;)あたりまえでしょうけど。
こりゃだめですなー。

結局、夕べから朝までかかってわかったのは…

NECのWindows98パソコンは、リカバリCD+起動用システムインストールディスク(FD)がないとリカバリーは不可能。

ってことだけでした。がっくり。
いい勉強になりました。

でも、お客様からパソコンを預かるときは、基本的にはこんなことはしません。
きちんと説明書を見て、きちんと必要なディスクを選定してお預かりします。
お客様のところで欠品がある場合は、基本的にはお受けしません。
今回のようなことも充分考えられるので…。

そういえば、先日お伺いしたお客さんは、説明書からリカバリディスクなど、物理的にPCにくっついていない付属品一式「箱と一緒に捨てましたよ。え?あんなの要るの??」なーんて言ってました…。
そりゃまぁ、普通の家電製品なんかだと、説明書なんて見ないから捨てても困らないことも多いんでしょうけどねぇ…。

持ち主に電話しました。
仕事柄つながりがあって、以前にもNECに修理に出したことがあったらしいので、NECとは連絡が取りやすいらしく、状況を伝えたら「電話して聞いてみる」と言ってました。
まぁ実際、お金出してハードディスクの換装までしていますし、ここでやめるのももったいない話ですから。

それにしても、NECはこういう部分で融通の利かないものを作るのが好きですねぇ。
ここまでやってるなら、FDなしでも起動できるようにしておけばいいのに…。
以前書きましたが、この次の世代のPCも、NECは、XPになるとリカバリディスクが添付されていません。
ハードディスクの中に、専用の領域を切って入れてあるのです。
もちろんそこからリカバリディスクを作ることはできるのですが、それは説明書をきちんと読んだユーザーだけができることであって、それをやらないと、ハードディスクがクラッシュして交換が必要になった際には、否応なく割高なメーカー修理になります。
先日、あるお客さんのところでe-MachinesのPCをセッティングしたことがあったのですが、こちらはPCを初めて起動したときに、リカバリディスクを作成するように画面に出てきます。
ご丁寧に作成用のブランクCD-Rが添付されていました。
まぁこれはこれでどうかとは思うのですが、まだ「ちゃんと作らないとダメなんだよ」と知らせてくれるだけまだマシかもしれません。

要するに「付属品はなくさずに大事に取っておけ」という基本を改めて実感させられた、ってところですが、それにしてもNECのこのやり方ってどうよ?みたいな。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年03月19日(土) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェアアップグレード関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« ADSLの悪い癖。 | トップページ | ブラザー最悪。収束編その1 »

定番トラブル」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

ハードウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/3351362/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: リカバリー不能。たびたび2:

コメント

いつも楽しく見させていただいています。
FD五枚組みの、その機種専用の起動用FDがないと
リカバリーできないなんて。

NECはいったいどういう理由でこのような仕様に
したのでしょうかね。

投稿: いちごいちえ | 2005/03/23 10:01:48

いつもありがとうございます。

基本的には、メーカー製PCで起動FDを使うタイプのリカバリディスクは、えてしてこういう仕様(専用FDを使うタイプ)です。
ただ、他ではコストダウン目的でしょうか、通常のWindowsの起動ディスクにちょっと手を加えた程度のものが多かったのですが、NECは「作りすぎ」、ということです。
まぁFDISK起動なんかが簡略化されててそれはそれなりですが…ちょっとつぶしが利かな過ぎですね。
そこまでするなら、素直にCD起動にすればいいのに、という作りです。はい。

投稿: ささもと | 2005/03/25 22:55:21

勉強になりました。うちもNEC使っているので。

投稿: ちんちく | 2006/03/24 21:58:17

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ADSLの悪い癖。 | トップページ | ブラザー最悪。収束編その1 »