ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« パソコンおじさんの勘違い。 | トップページ | お願いですから電話だけで済ますのは勘弁してください。その2 »

2005年3月31日 (木)

営業電話の対処法。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03_AW06
ウチの場合、タウンページに広告をいくつか掲載してますので、割としょっちゅうかかってくるのが営業の電話。
いろんな売込みでかけてくれますが、はっきり言ってほとんどは単なる迷惑電話です。
その傾向と対策を考えてみました。

まずは傾向としては、

・地元078区域ではなく、06区域や03区域など、明らかに営業範囲外からの電話。
・番号非通知の電話。
・開口一番「代表者の方は…」「社長さまは…」と、代表につながせようとする。
・バックに聞こえる音が明らかに事務所の音なのに、「山田ですが~」と個人がかけていることを装う。

こういう電話の営業品目は、

・株式や恐ろしく怪しげな先物取引など投資関連
・マイラインやIP電話などの通信会社
・業務用コピー機
・ホームセキュリティやリフォーム業者
・グラフ誌の取材やスポーツ紙の広告特集などの出稿依頼
・商工ローン

といったところ。どれも要りません(笑)
特に非通知の電話は、金の絡むものばかり。
非通知で、まともな話がかかってきたことなんて皆無です。
非通知お断りにしたいところですが、お客さんからかもしれませんので、そういうわけにはいきません…。

ということで、対策としては、

・非通知や営業区域外の局番の場合は、とりあえず警戒。
・「個人を装って」の電話は、とにかく「どちらの山田様でしょうか?」「ご用件をおっしゃってください」と聞く。
・通信会社やコピー機屋やリフォーム業者などは「ウチも同じ業種で営業してますがなにか?」と返す。
・取材や広告依頼なら、まずはこちらの代表者の名前を知っているかどうか聞く。知らないなら論外。

このへんでまともな用事かどうかがすぐに明らかになりますので、不要な営業電話なら、「社長は出ておりますが」と返しておく。
実は自分が社長なんですが…(^_^;
それでもしつこく「何時ごろお戻りでしょうか?」と突っ込んできたら、「遠方の出張なのでしばらく戻ってきません」と切り返す。当分かかってきません(笑)。
特に「同業ですが」は効きます。二度と絡んできません。
一般家庭の訪問セールスにも使えますのでお試しのほど。

面倒なのは、投資関連と商工ローン関連。
この辺は、いくら断ってもかかってきます。
「同業者だ」と言うわけにもいかず。
何とかならんもんですかねぇ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年03月31日(木) 日記・コラム・つぶやき, 迷惑電話関連 |

« パソコンおじさんの勘違い。 | トップページ | お願いですから電話だけで済ますのは勘弁してください。その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

迷惑電話関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/3507210/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 営業電話の対処法。:

» 四半期終了 トラックバック 生き残りを賭けた行政書士の開業日記
 本日で2005年も4分の1が終わりです。簡単な結果報告です。昨年までの勉強(業 続きを読む

受信: 2005/03/31 12:31:19

コメント

うちの会社はダイヤルインなので、直通でその手の電話がきます。
私はいっつも
「xxは複数いるのですが、どちらの部のxxにとりつげばよろしいでしょうか」
「いえ私はxxではありませんが」
等と切り返すようにしています。

ちなみにうちの実家は自営業で私の父親は昔からその手の営業の電話がかかってきて社長をお願いしますという相手の電話に対して「社長は死にましたけど」という荒業で切り替えしていました。

投稿: いちごいちえ | 2005/03/31 17:21:52

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« パソコンおじさんの勘違い。 | トップページ | お願いですから電話だけで済ますのは勘弁してください。その2 »