ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 関東は降雪で、関西は送電線で混乱。 | トップページ | URLで花を咲かせよう。 »

2005年3月 7日 (月)

ブラザー最悪。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

01AH19今回呼ばれたのは、「右クリックメニューがすぐ消えてしまうんだけど、なんとかならないでしょうか?」というもの。
行ってみて状況を改めて聞いてみると、どうやらブラザーの「MYMIO(マイミーオ)MFC-610CLN」というデジタル複合機をプリンタとして接続したらおかしくなった、とのこと。
これが最悪。
おかしくなった原因のドライバを削除したら、なんとWindowsが起動しなくなったのです!!

サポートに電話しました。
最悪の対応でした。
よく調べたら、製品自体も最悪でした。

まずどんな現象だったかというと、WindowsMeのVAIOノートにブラザーの「MYMIO(マイミーオ)MFC-610CLN」というデジタル複合機のドライバをインストールしたところ、再起動したらエラー音が鳴り止まず、右クリックしたら右クリックメニューがすぐに閉じてしまう、というもの。

これを書くにあたって、改めてサイトを探ってみると、確かにありました。
質問:Windows® Me 環境で、MFL-ProJ をインストールしても正常に動作しません。

こちらはそんなものが原因だとは思いもせず、いつもどおり起動項目の確認。
マウスカーソルの動きがあまりにもひどいので、とりあえずはキーボードでスタートメニューを出し、「ファイル名を指定して実行」からmsconfigコマンドを実行。
起動項目には、怪しい項目はなし。
怪しいとすれば、ブラザー関連のもの。
とりあえず、それを外して再起動。

すんなり動いています。
マイコンピュータを右クリックし、プロパティを開き、パフォーマンスタブをクリックして、システムリソースを確認したが、72%も空いていたので、全く問題なし。
起動項目を元に戻すと、やっぱりぽこぽことエラー音が鳴り止まない状態。

これは間違いなくブラザーのドライバーがおかしい!

ということで、「アプリケーションの追加と削除」でドライバーを削除しました。
再起動をかけると…WindowsMeのロゴが表示したところで、ハードディスクのアクセスがなくなった。
それ以上起動プロセスが進行する気配が全く無い。
なんということだ!
たかがドライバの削除で起動しなくなるなんて!

たまたまWindowsMeの起動フロッピーを持っていたので、それを使って起動して、MS-DOSコマンドで「scanreg /restore」とか「scanreg /fix」「scanreg /opt」といったレジストリ修復技は使ってみたが一向に効果が無い。

それなりにできることはなくもないが、これはもうメーカーサポートへ電話して聞くしかない。
ドライバーを削除した程度で起動しなくなるなんてことは、今までに経験したことがありません。

電話したら、「その症状だと、WindowsMeですよね?」ブラザーのサポートはすでに把握していた。
やっぱりドライバの不具合だったらしい。
「修正パッチをお送りしますのでそれを試してみてもらえますか?」
…いや、だから、起動せんっちゅーねん。
「え?…ドライバーの削除で…起動しなくなりましたか?」
…だから、起動しないので修正パッチは使えません。
「10分ほど時間をいただけますか?すぐお電話差し上げます」

10分後。
すでにやったscanreg技をやるように言われた。
その程度はやったっちゅーねん。
こっちはサポート業者で、ぱっと思いつく程度のことはすでにやっている。
その旨を伝えて「責任者を出せ」と迫った。

責任者だという人から電話がかかってきた。
さぁ、そこからが大変。
もう話にならない。

起動してからの不具合はブラザー側でも把握しているが、削除でWindowsが起動しなくなるなどということはありえない、らしい。
そりゃそうだ。こっちもそんな現象見たことない。
で、その責任者とやらが言うには、
「その現象はウチでは確認しておりません」
「それはウチの責任ではありません」

…ちょっと待て。
ブラザーのドライバーを削除して起動しなくなったんだっていうのに、調査もしないうちに、なんで責任がないだなんて言い切れるんだ?

こちらも業者として対応しているから、ブラザーのドライバーの不具合だとしたら、こちらはお客様に請求するわけにいかない。その分の請求をブラザーにしてもいいか?
「こちらとしては支払うことはできません」
かなりふざけた対応です。
調べもしないうちから責任はないと言い切り、最初から責任を取るつもりがない。
「これがブラザーとしての対応だと思っていただいて差し支えありません」
たいした言い切りようである。
引き金となった現象は修正パッチが出ているというのに、ドライバーの削除においても不具合が無いとどうして言い切れよう?出荷してたかだか半年で、不具合が出きってしまうわけでもなかろう。
それに、修正パッチを出す際に、ブラザー側で現象の確認ができなくて、顧客から現象確認でパソコンを預かったことがあるらしい。
であれば、今回もそういった不具合が残っている可能性だってあるわけである。

そこまで突っ込んで、ようやく「調査させていただきます」ときた。
しかし、「そのパソコンを送ってください」「でも代替機は出せません」「料金もお支払いしません」と、虫のいいことをぬかす始末。
本来はブラザーのドライバーの不具合だろうに。
その不具合で顧客に迷惑をかけているというのに、さらに代替機も用意せずに顧客のパソコンを取り上げて調査をさせろと言ってきた。

さすがにブチ切れです。
こちらはブラザーのドライバーを削除しただけでWindowsが起動しなくなって困っているんだ!
そんな現象は今まで経験したことがない!
おまけにそのドライバーはそもそも不具合を抱えていたのはブラザー自身も認めて修正パッチまで出している!

であるにもかかわらず、
「ウチの責任ではありません」
「調査はしても代替機は出しません」
「調査するための技術者を派遣するには、確認をしなければできない」
「なんら対価を支払うつもりもありません」

かなりふざけた対応である。
これが自称責任者の言うことだと来るから、ふざけるにもほどがある。
そんなことはバイトとか派遣の女の子でも言えることである。
思わず「それでもアンタ本当に責任者か?」と何度も言ってしまった。

実を言うと、このプリンタ、複合機だということで受話器が付いているのですが、その受話器の音質が最悪。
ノイズ混じりな上に、マイクの感度が高すぎるのか、しきりにハウリングを起こす。
その最悪の音質は、お客様に聞くと、買ったときからとのこと。
これを書くにあたって、改めてサイトを見てみたら、その不具合も出ていた。
質問:通話中に自分の声や周りの声が反響して聞こえます。
この対処方法がふざけている。
電話としての基本機能に関わるものなのに、ファームウェアのバージョンが古いと調整すらできない。
おまけに、ファームウェアが特定のバージョンだと、
質問:ファームウェア Ver.K にアップデートしたら、モノクロコピーができなくなりました。
音質調整でレベルを変えると、基本機能であるモノクロコピーが使えなくなるという体たらく。
また、
質問:印刷された画像に規則的に横縞 (バンディング) が出てしまうのですが。
と、基本機能の印刷ですら問題が出ている始末。
その上、パソコンにインストールするドライバーで不具合が出ている。
ここまで来るともうボロボロです。
マイクロソフトもたいがい欠陥だらけでWindowsを出荷しているけれど、そのほとんどは普通では使わない部分での欠陥だけに、まだ同情の余地はあるけれど、こっちは最もよく使うはずの基本機能の不具合。
よくもまぁ、こんな基本機能も満足に使えない不具合だらけの機械を平気で売っているな、と企業姿勢を疑いたくなります。

とにかく電話口でブラザー側の不備を突っ込んで、ようやく技術者を派遣する話になってきたが、
「派遣できるかどうかは確認しないとできません」
おいおい、アンタ責任者だろ?何を誰に確認するの?

責任者なら、確認しなくても「派遣します、日程を調整させてください」ぐらいの回答は即答できるだろ?
アンタどこの責任者?
と突っ込んだら、ようやく「マイミーオのお客様問い合わせ窓口の責任者」だと白状した。
問い合わせ窓口の責任者だなんて、それじゃヒラの担当者となんら変わりがない。
ちっとも責任者じゃないじゃないの?
販売担当の統括責任者を出してよ?
「販売担当でも回答は同じです」
それはアンタがヒラだからそう思うだけだよ…。
どこまでもふざけた対応をしてくれる「自称責任者」である。

いい加減頭にきたので、改めて部署名とフルネームを聞いたら、
「フルネームはいえません。苗字だけでちゃんと通じます」
「下の名前は個人情報なので言えません」

責任者のくせに、フルネームすら堂々と名乗れないらしい。
とことんふざけた対応である。

とりあえず派遣のための調整をしたい、とのことで、こちらの携帯電話の番号を伝えて、いったん電話を切って連絡を待つことに。
今日の作業はそこまで。
お客様はいい迷惑である。おかげで、起動しないパソコンを放置されるわけだから。
当然、こんな状態で料金など取れるわけもなく、請求もできずに引き上げる羽目に。

「動かなくなったパソコンを放置する」などという情けない引き上げ方をしたのは初めてである。

しばらくして電話がかかってきた。
「失礼ながらインターネットで調べさせていただきました。オフィス・オービットさんは、ちゃんとフルネームを出して営業されているんですね」
当たり前だ。アンタのように責任者とか言いながらフルネームを名乗れないヒラとは違う。
その上で、
「作業費を出すことはできません」と来た。
これで責任者だなんて、よくも恥ずかしげもなく言えるもんである。
いい加減にしろ。さっきから責任逃ればっかり言って、結局起動しないパソコンをいつまで放置するつもりだ?
技術者の派遣はどうなったんだ?なぜ派遣日程がまだ決まらないんだ?
と問い詰めたら、責任者は電話口で泣き始めた。
…泣きたいのはこっちである。アンタの不甲斐ない対応のせいで、こちらはタダ働きなのだ。
「とにかく、ブラザーとしての直接のお客様の意向を優先させたいので、直接お話をさせていただいて、その上で対応を決めます」
…いいんじゃない?責任持って聞いてあげてよ。と電話を切った。

しばらくしてかかってきたのは、そのお客様から。
「なんか、お金は出せません、とか言ってきてましたけど…」
…頭痛がしてきた。
お客様に作業費がどうとか、関係ないじゃないか!

その後に、ブラザーの自称責任者から電話がかかってきたが、一向に事態は進展していない。
お客様に作業費の話してどうするんだよ?と突っ込んだら、言葉に詰まっていた。

で、またしばらくしてかかってきた電話では、
「調査ができる技術を持った者がいませんので派遣できません」
ふざけんな!技術者がいなければ、ドライバーの開発は誰がやるんだ!
おまけにこれだけ何度も電話を切って時間を与えているのに、一向に事態が進展しないのはどういうことだ?
と正当な要求をしたら、また泣き出した。
…いい加減にしてくれ。

この記事を書いている時点で、起動しないパソコンの復旧日時が、いまだ明確に決まらない。
それでも責任者か?ブラザーってそんな会社なのか?
不信感は募るばかりである。

次の記事へ続く。
 ↓
ブラザー最悪。その2 2005.03.10

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年03月07日(月) ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« 関東は降雪で、関西は送電線で混乱。 | トップページ | URLで花を咲かせよう。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(プリンタ)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

印刷できない・印刷不良」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/3213687/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザー最悪。:

コメント

いやぁ~酷いですねぇ。。。ブラザーf(^^;
まじで意味不明じゃないですかぁ!
パソコンをブラザーに壊されて本間泣きたいですよね(>_<)しかもそれを直せないとまで言うとは。信じられん!!

投稿: おすし | 2005/08/29 21:58:55

おすしさん、コメントありがとうございました。

結果的にはWindowsMeの自爆テロ(笑)だったんですが、以前にもMeでトラブルがあったんですから、その程度の可能性は、メーカーでも把握しておいて欲しいものです。

投稿: ささもと | 2005/09/01 9:27:58

相当の時間のロスを感じますねえ。ブラザて大きい会社ですよねえ。言葉は悪いですが、聞いた事無い会社ならアレですけども。本当なのと感じてます。その担当者は、普段から泣いて同情して貰ってるようですね。笑 こういう生き方もあるにはありますね。meというのも悪名高きOSですしねえ。ある意味で、至上最悪の組み合わせでは?プリンタはキャノンかエプソンにしよう という考え方は一応は合っている気がして来ました。印刷という基本機能が使えないのなら、もはや製品としての存在価値が無いと言っても差し支え有りません。技術を持った者がいないですか?怒られてパニクってたかもですねえ。。それか、派遣はしたくなかったのか?
もうオマエが来いて感じですねえ。恐らくは、来ても何にもできないのでしょうがねえ。。

投稿: prtwqq | 2005/10/11 17:50:37

この案件は無事解決に至りましたか?どう解決されたか気になりました。

投稿: prtwqq | 2005/12/24 11:41:00

ささもと様へ


http://naniome2.blog67.fc2.com/blog-entry-717.html

リンク先の記事での話題に関して一言。

1年半も前の記事について、今更掘り返されても。。を思われるかもしれません。
ただ、私自身もこの記事の存在をリンク先のブログで初めて知り、購入候補に上げていたブラザー複合機をどうするべきか迷っている者です。(かなり、購入を見送る方向に傾きつつあります。)


この記事は、「考察編」「収束編」「顛末編」と続きますが、結論が書かれていません。
「で、結局ブラザーからお金はもらえたの?」 というのが、私も含めリンク先記事の読者の関心事となっています。

ただ、「収束編その2」 の記事中に、
> 今回もとある事情があって、タダ働き同然でした…。

今回「も」とあることから、「もらえなかった」と推測できます。

では、その理由が、「ささもと様の要求が不当なものであったため、もらえなかった」と考えるか、「ブラザーがとんでもない企業だったから、もらえなかった」と考えるかによって、評価が大きく分かれるのではないかと思います。

確かに、今回のブラザーの対応は、技術的にも、人間的にも、お粗末なものであると言わざるを得ません。

ただ、リンク先のブログで問題にされているのは、ブラザーの製品自体の欠陥や対応のまずさではありません。(多少はそれもありますが)


> こちらはブラザーの不備を、成り行きとは言えブラザー社員に成り代わり直接お客様に頭を下げているのだ。それもノーギャラで。
> なんかさ、ウチのことを、「客じゃない、なんか横槍入れてるウルサイ人」って扱いしてない?

私も、ささもと様のこの姿勢には疑問を感じます。
ささもと様と契約があるのは、あくまでも「お客様」であり、ブラザーと契約があるのも「お客様」です。
でも、ささもと様とブラザーの間には、契約上「何の関係も」ありません。ご自身でも自覚があったのか、「客じゃない、なんか横槍入れてるウルサイ人」という表現は、言い得て妙です。


本来「お客様」に請求すべきギャラを請求できないからといって、ブラザーに請求するのは筋違いですから、「もらえなかった」のは当然だと思います。

もし、ささもと様に支払った(支払うべき)ギャラを、「お客様」がブラザーに請求するというなら、話はわかりますが。。(そのあたりのことが書かれていないので、「結論」を知りたいと思うのです。)


リンク先の記事は、当初、ブラザーの対応を批判するために掲載されたのだと思います。しかしながら、ささもと様の元記事を読み進むうちに、ブラザーの対応は確かにおかしいが、それに対するささもと様の対応も、プロとしてどうなのか?という疑問が生じ、あのような流れのコメントになったのではないかと思います。

> 「筆者が見ていないだろう」という前提で、コメントライターが「忌憚のないご意見」を展開していることが「良識ある行動」と言えるかどうか、ですね。

私は、「陰でこそこそ」というのは嫌いなので、批判記事の存在は、本人に知らせるべきだと考えております。
今回も、矛先がささもと様に向いた時点で、お知らせしようと試みたのですが、私のミスによりかないませんでした。

そこで改めて、あの場(最新記事のコメント欄)を借りて、現在の状況をお知らせした次第です。

ただ、提示されている問題に対して、忌憚のない意見を表明することは、本人が見ているかどうかとは無関係であると思います。(コメントする側としての考え方です)
本人が見ていようが見ていまいが、「間違っているものは間違っている」のです。


だいまつ様へ

> ブラザーの事でのコメントだったならば、何故、等のブラザーの記事にこのコメントを記入しなかったのでしょうか?
> しかも、管理人さんはメールアドレスも会社の正式なホームページで公表もしている。

このサイト「自体」には、メールアドレスの記載はありませんし、プロフィールには、
> ※連絡先は、上記ウェブサイトをご覧ください。
とありますが、こちらは携帯用サイトのようですし、
> ご依頼は、メールではなくお電話で。
とも書かれています。

また、該当記事は1年半も前の記事であり、にもかかわらず「結論」が書かれていません。

以上のことから、私の意見をささもと様に伝える方法として、(最善の方法とは言えないかも知れませんが)最新記事のコメント欄を使用させていただきました。
(言われてみればその通りです。該当記事のどれかにコメントを付けても、「最近のコメント」には表示されますね。ご教示に従い、今回はこちらの記事にコメントさせていただきました。)


> 第三者にも、目に付くブログでのコメントによる連絡という形は、自分としては「児島の仙人」さんがネットのマナーもチョット履き違えているように思いますね。

単なる誹謗中傷記事であるなら、本人以外に知らせることは不適切かもしれません。
しかしながら、リンク先の記事(及びコメント)に関しては、このブログの読者(同業者も多く含まれると思います)の方にも、考えていただきたい問題であるという判断もありました。

もちろん、この記事内での対応が、ささもと様の人格を否定したり、他の適切な対応に対する評価を揺るがすものでないことは、付記しておきます。


> 自分が読んだ限りでは、何処で論点を摩り替えたのか、判りませんでしたが、

> 一般の方ならともかく、「ご自身の商売に関すること」で、ご自身のことは一切語らず匿名であれこれ批判「だけ」するのは、単なる時間の無駄だと思いますし、それが実名とリンクした時、信用を失うことになりかねないと思います。

問題は、批判された「内容」が適切かどうかであって、匿名かどうかは無関係でしょう。
これは論点のすり替えだと思いませんか?


> 結局、ささもとさんは何の誤りを認めれば良いのですか?

> プロではなくサラリーマンなら仕方ないですけど…。
少なくともこれは「暴言」だと思います。

投稿: 児島の仙人 | 2006/09/12 21:04:53

児島の仙人 さん

コメントとして書かれるならば、こちらが適切かと思いますが、ここまで自論を展開されるのであれば、もう少し別な方法もあるはずですが。
ここは掲示板ではありませんので。
それは別の話として。

>この記事は、「考察編」「収束編」「顛末編」と続きますが、結論が書かれていません。
>「で、結局ブラザーからお金はもらえたの?」 というのが、私も含めリンク先記事の読者の関心事となっています。

例の同業者の人も、それにしか感心がないのであれば、プロ云々を語る資格はないと考えます。
もらえたのかもらえなかったのか、その辺は読めばわかる話であって、わからないのは読解力の問題だと思います。
その上で、本人のいないところであれこれ推測・詮索するのは、果たして胸を張って「正しい」と言える行動なんでしょうか?

それに、そもそも暴言だらけのところで、本人が乗り込んで書き込んだからって、それをあれこれ突きまわして「暴言だ」「論点のすり替えだ」はないもんだと思いますね。
それこそ、論点のすり替えですよ。

>もし、ささもと様に支払った(支払うべき)ギャラを、「お客様」がブラザーに請求するというなら、話はわかりますが。。(そのあたりのことが書かれていないので、「結論」を知りたいと思うのです。)

要は、お客様に「こっちも商売だし、直してやるからとりあえず金出しな。文句はブラザーに言いな」って金を取るのが良かった、って話でしょうか?
それで果たしてお客様の信頼を勝ち得ることができるものでしょうか。
それで果たしてブラザーはクレームとして受け取ってくれるでしょうか。

また、だいまつ さんへのコメントにも言及させていただくと、

>> ご依頼は、メールではなくお電話で。
>とも書かれています。

この手の内容を伝えることは「ご依頼」ではないと考えていますが、私の考えは間違ってますか?

>単なる誹謗中傷記事であるなら、本人以外に知らせることは不適切かもしれません。
>しかしながら、リンク先の記事(及びコメント)に関しては、このブログの読者(同業者も多く含まれると思います)の方にも、考えていただきたい問題であるという判断もありました。
>もちろん、この記事内での対応が、ささもと様の人格を否定したり、他の適切な対応に対する評価を揺るがすものでないことは、付記しておきます。

私に対するコメントが的外れでいわれのない誹謗中傷である、という意味でのご紹介だったなら、その言葉も素直に受け取れますが、そうではないですよね。
それに、「私はこう考える」とおっしゃるのであれば、ご自身のブログで記事を作って、こちらにトラックバックし、ご自身の読者の方にも見てもらう方が、行動として適切です。

ちなみに、このブログの主な読者は、このブログを見てお電話いただいた方の話や、リンク元情報などから考えても、同業者よりは中・上級の一般ユーザーの方のほうがかなり多いと考えています。
私自身は、ああいうネガティブ情報を書く行動を快くは思いませんし、それをあえてリンクを張ってまで公開する行動も快くは思いません。
児島の仙人 さんも、ご自身のネガティブ情報を、コメントにリンクを張られて紹介されたら、どうお思いになるでしょうか?

ちなみに、似たような話は、すでに過去にありました。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/06/post_f352.html
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/07/__b7ca.html
この時は、相手の方の、その後の「大人の対応」に感心しましたが。
児島の仙人 さんをはじめ、あっちでネガティブコメント書きまくりの人たちは、おそらくお読みになっていないのでしょうね。
サイドバーのGoogle検索ウィンドウで「ブラザー最悪。」で検索すれば出てくる記事なんですけどねぇ。

ということで、まだ過去の話をほじくり返すことをお考えでしたら、上記の記事内容をふまえた上で、他の記事をいろいろ読んでみてください。
突っ込みどころは多いですが(笑)、ただツッコミコメントを1行で書きまくるだけなら、別にプロや同業者でなくても、企業にたかるヤカラのような人間にでもできることですよ。

いかがでしょう。

投稿: ささもと | 2006/09/13 17:44:53

ども、ささもとさん。
わたしへの返答が記されているので、自分もこの場を借りて。

まず私が言いたいのは、事の始まりからしての立ち位置。つまりこの記事をリンクしただけで、一言添えただけのブログ記事が、ましてTBされていない状態から始まっている事。

これは、この記事を書いたささもとさんに対して、礼を欠いた対応だと思います。
ささもとさんへの理解を示すコメントがある一方。
状況を完全に理解していない状態で非難中傷もありますね。
この段階で、ささもとさんが把握していない状況のまま、「金品を要求する」という事実無根の書き込みも。しかも「ヤの字と変わらない」とまで。
これが、単なる非難中傷でなくて何だと言うのか、、?
この時点でも、ささもとさんは状況を知らない状態。しかも、管理人はコメントに入り込み書き込むものの、TBは打たない。

児島の仙人さんも、コメントをお門違いの記事に入力したり、管理人はTBをしなかったりと、ブログの基本的な操作とマナーなどは全く無視という状態ですね。

なんで、このブログ読者が、一方的にささもとさんが非難されている記事を知る必要があるのか?の必然もまったく判りませんね。
いままで、ささもとさんのブログを参考にしていた人まで、ネガティブキャンペーンをしたかったのか?まったく理解できませんね。
このブログの価値を下落させたかったのでしょうか。

批判された「内容」であって匿名かどうかは関係ない?

大体、批判になっていないじゃないですか?
非難・中傷じゃないですか。
批判とは

>人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること

であって、ささもとさんが不在のまま、勝手に知らない所で、きちんと事実を確認しないままに論じている。相手に対し知らせないうちに、自分たちの空想のままに話をしている。
これでは意味の無い、欠席裁判とかわりが無い。

ブログ上での、ネット上での事とはいえ、ささもとさんは実名で会社の名前も公表しブログを運営している。
これでは、勝手にリンクを貼った先のコメント群は、私には「名誉毀損」になるとすら思いますがね。
幸い、ささもとさんは、冷静にコメントを返していますが。

しかし、きちんと手続きしてやって欲しいと思うのは、ブログは双方一般社会に公表されているインターネット上のページである事。
見る人が見たら、ささもとさんへのネガティブな書き込みを見て、どう思うのか?
私には、どうしても、ブログ記事にこの記事のリンクを貼って公開したブログにはこうした点を考慮していると思われる配慮が全く無かった事。
この事がどうしても「良識のある方」たちには思えませんでしたね。
TBを打たないままに、管理人も非難に入ってもいる、、。
「このブログは同業者しか見ていないだろう」という甘えも見られる。
意味の無い非難中傷は、ソーシャルネットワークでやったらどうです?
一般の社会に公開する価値も無いでしょうに。

同業者に一緒に考えて欲しい問題?
だったらきちんと手続きもするし、事前の事実確認もするでしょう。
まったくそのような手立ての無いブログと拝見しましたが。

向こうのブログで、「就いている仕事に対してはプロでしょ」。
甘く無いですか?
本当にそのような認識ですか?そんなに高いレベルですか?
世の中、上には上がいますよ。
きちんとお金を払う価値がある仕事をしていると、いつも思っていますか?自分などは、いつもまだまだと思っています。
自分自身でプロと思っているようだったら、そこでもう進歩は無いですよ。
プロの仕事ってなんだ?と言われたら、ささもとさんのコメントの中に、すでに語られていると思いますが。

>お客様には別の件でお呼びいただきまして

きちんとした対応と技術。そしてお客様を大切にしたからこそ、リピーターがついた。
これが、「プロ」だと思いますが。

当該者に知らせずに、それこそ陰口のように別の所で中傷している人間にはそのようなサービスが出来る訳が無いと思います。
お客様には、技術も応対・人間性もきっちり見ていられると思います。
そうでなくては、高いサポート代をまた払いたいとはおもわないでしょう。


パソコンサポート業界のブログ群がどうなのかは判りませんが、私の好きなサッカーや格闘技などのブログなどでは、記事に安易に他人の記事をリンクしてネタにするようなブログは、真っ先にコメントとして

「安易に他人のネタやYouTubeで記事なんか書いてんじゃねー!」

と一蹴される事間違いなし!です。
そういえば、この記事をリンクにしたブログに、最初のコメント投稿者は「児島の仙人」さん。あなたでしたね。

投稿: だいまつ | 2006/09/13 23:08:56

児島の仙人 さん

pts. さんの所にまで、関係ない記事にコメントでリンクを貼られていますけど、なぜご自身のブログ(あえてリンクは貼りません)には、何も書かれていないのでしょうか。
これでは読む人に、

「人のブログにネガティブコメントを書きなぐるのはかまわないけれど、自分のブログは汚されたくない」

そういう受け取り方をされても文句は言えないと思いますよ。

私にあれこれ言うよりも、ご自身の行動を客観的に振り返られた方がよろしいかと思われますが。

投稿: ささもと | 2006/09/14 20:23:21

> pts. さんの所にまで、関係ない記事にコメントでリンクを貼られていますけど

この件に関しては、お恥ずかしい限りです。

あろうことか、pts.様のブログを、ささもと様のブログと勘違いしてしまい、批判記事の存在をお知らせするために投稿してしまったものです。

> 今回も、矛先がささもと様に向いた時点で、お知らせしようと試みたのですが、私のミスによりかないませんでした。

というのは、このような事情からです。

その後のやり取りから、私の勘違いが発覚したため、pts.様にお詫びと事情説明をした上で私のコメントの削除をお願いし、現在の状態になっています。(最初の投稿を残されたのは、pts.様の判断によるものです)

この点に関しましては、無関係な人を巻き込んでしまい、申し訳なく思っております。

投稿: 児島の仙人 | 2006/09/14 21:34:23

だいまつ様へ


> この段階で、ささもとさんが把握していない状況のまま、「金品を要求する」という事実無根の書き込みも。しかも「ヤの字と変わらない」とまで。

事実誤認があるようなので、元記事より引用します。

> こちらも業者として対応しているから、ブラザーのドライバーの不具合だとしたら、こちらはお客様に請求するわけにいかない。その分の請求をブラザーにしてもいいか?
> 「こちらとしては支払うことはできません」
> かなりふざけた対応です。

ささもと様が、ブラザーに対して「金品を要求」しようとしたのは、「事実」です。
それに従わないのは「かなりふざけた対応」とまで言われています。

さらに、

> ウチへ何の連絡もなしに勝手に収束してもらっては、ウチの信用問題になる。
> ギャラが取れない上に、さらにあんたらがウチをすっ飛ばして客に対応するもんだから、こっちは信用問題にもなるんだよ。
> なんかさぁ、謝ってれば客が満足するとでもならったわけ?

これらを読む限り、「ヤの字と変わらない」と言われても仕方ないと思いますが?
怒りのあまり我を忘れての発言とはいえ、ちょっと目を覆いたくなるものがあります。

事実無根でもなければ、誹謗中傷でもないと思いますよ。

他にも書きたいことはありますが、出発点の認識が異なっていると、話が噛み合いませんので、まずこの点の確認をお願いします。

投稿: 児島の仙人 | 2006/09/14 21:39:07

児島の仙人 さん
ご自身の行動を省みる様子がないのでもう一度書きます。

・これ以上自論を展開したいなら、ご自身のブログで、ご自身の言葉でお願いします。
・ろくに確認もしないで関係ない人のブログで暴言を吐き、明らかにあちこち問題を広げようとしていたあなたに、これ以上私を「ヤの字と同じ」と言う資格はありません。

金品を要求したとかしないとか言ってますが、本当にそれが目的ならば、もっと違う行動になっているであろうことは想像つきませんか?
本当にそれが目的であることが明白な行動を取っていたならば、「ヤの字」と言われても仕方ないでしょう。

よく読めばわかるでしょう。そうではないということを。

わからないとすれば、単なる読解力不足か、物事の表面(字面)しか見ていないか、でしょう。

児島の仙人 さんは、この記事の別のコメントでは、

>もし、ささもと様に支払った(支払うべき)ギャラを、「お客様」がブラザーに請求するというなら、話はわかりますが。。

などと書かれています。
とにかくお客様からお金を巻き上げ、お客様に「ヤの字」になれ、と言語道断な見解です。
金品がどうとか、そういうところにしか目がいっていない証拠です。

>怒りのあまり我を忘れての発言とはいえ、ちょっと目を覆いたくなるものがあります。

これはそっくりそのまま、児島の仙人 さんに当てはまりますね。
もっと冷静になられてはいかがでしょう?

pts. さんが児島の仙人 さんの最初の投稿をあえて残したのは、あなたの行動が許されるものではないということをわかっていただきたい、という無言の抗議なのではないでしょうか。

>出発点の認識が異なっていると、話が噛み合いませんので、

出発点の認識がおかしいのは、児島の仙人 さん、あなたの方です。

おわかりにならないようであれば、もう一度書きますが、ご自身のブログで、この顛末を、第三者にわかるように、ご自身の言葉で記事をお書きになってみてください。
pts. さんの所に「誤爆」したことも含めて。

投稿: ささもと | 2006/09/14 23:23:22

何を書いても、悪意にしか解釈されないのは、悲しいです。


ささもと様のブログは、以前から時々読ませていただいており、色々参考にさせていただいておりましたので、批判記事の存在はご本人にお知らせすべきと考えたのですが、かえってご迷惑だった様ですね。

本件に関しての投稿は、これで最後にさせていただきます。

元々、「批判」が目的ではありませんので、自分のサイトの記事として取り上げる必要も感じません。


(本当に伝えたかったのは、この一点だけです)
> それに、そもそも暴言だらけのところで、本人が乗り込んで書き込んだからって、それをあれこれ突きまわして「暴言だ」「論点のすり替えだ」はないもんだと思いますね。

問題なのは、「本人が乗り込んだ」からではありません。
ささもと様が発言の「内容」に反論するのではなく、その投稿姿勢(匿名)や資質(サラリーマン)を「攻撃」することに終始してしまっている点が問題にされているのです。

このままでは、ささもと様に対するあのブログでの評価は、「論点すりかえ暴言書き逃げ野郎」ということにもなりかねません。

今一度、冷静になって、すべてのコメントに目をお通しいただき、論点をすり替えるのではなく、誤りがあれば素直に認め、反論すべき点があればきちんと反論されることをお勧めします。

「匿名のブログでどう評価されようが知ったこっちゃない」とおっしゃるなら、これ以上何も申し上げることはありません。


(これは、間違ったニュアンスで伝わっているようですので、訂正しておきます)
> 要は、お客様に「こっちも商売だし、直してやるからとりあえず金出しな。文句はブラザーに言いな」って金を取るのが良かった、って話でしょうか?

それもちょっと違いますね。

ささもと様は、お客様に対し「正当なサポート代価」を請求すべきだったと思います。
結果的に即使用可能な状態にならなくても、トラブルの原因を探ったり、メーカーと交渉したり、修理の手配をすることで、サポートとしての仕事は全うしているはず。
その対価をお客様に「請求できない」ということは、プロとしての仕事を「放棄」したことになりませんか?

もちろん、「顧客の満足を得られなかったので請求しない」という選択肢もあるとは思います。でも、その原因がメーカーにあるから代わりにメーカー宛に請求するというのはおかしいと思います。(実際にそのようなことをしなかったのは読み取れます。ただ、最初の記事にはそのような記述があり、「しかもノーギャラで」といったお金にこだわる発言を繰り返されていたのでは、誤解を招きかねないように思います。)


(ちょっと気になったので、一言)
> この時は、相手の方の、その後の「大人の対応」に感心しましたが。

確かに「大人の対応」ですね。
この相手の人は、結局自分の非を認めていない。
形式的には謝っているように見せかけて、実際のところ、記事はそのまま読めるように残してあります。
暗に「自分の発言は間違ってないでしょ?、よく読んでどちらがおかしいか判断して下さいね」と言っているかのようです。
もし、私がささもと様の立場だったら、こんな「ふざけた対応」は許しがたいものがありますが。。

ただ、記事の内容自体は、別に「辛辣な意見」でも何でもないように感じましたけど。


(蛇足です)
>> ご依頼は、メールではなくお電話で。

この文章から、メールはあまり読まれないという印象を受けましたし、「依頼」ではありませんから、電話も不適切。つまり、両方とも選択肢から外れたという意味です。

投稿: 児島の仙人 | 2006/09/15 2:00:20

児島の仙人 さん

何を書いても「論点のすり替え」としか取られないのは悲しいことですね。

今回の書きこみを見て、児島の仙人 さんは、とことんご自身の主観(それがずれていることに気がつかずに)でしか物をおっしゃらない方なんだとよくわかりました。
それだと話がかみ合わなくて当然ですね。

>批判記事の存在はご本人にお知らせすべきと考えたのですが、かえってご迷惑だった様ですね。

わざわざリンクを貼った目的は、「批判記事の紹介」なんですか?
すでに私が乗り込んだ後に書いておられるので、それにはあたらないはずです。
違いますよね?
本人に知らせることだけが目的なら、それこそメールでしょうね。
読者の目に触れるコメントで「あんた批判されとるで」ってわざわざ紹介することが、マイナスイメージにしかならないことぐらい想像つかないでしょうか?
前にも書きましたが、児島の仙人 さんに対する批判記事をご自身のブログでコメントに貼りつけられたら、どうお感じになりますか?

>この文章から、メールはあまり読まれないという印象を受けましたし、「依頼」ではありませんから、電話も不適切。つまり、両方とも選択肢から外れたという意味です。

正直なところ、「メールはすぐ読むだろう」という感覚で話をされる方ほど、いい加減な内容で依頼メールを送ってこられます。
結局電話になるのです。
電話した結果で、「メールで送ってください」と言うことはありますけど。
そもそもメールにかじりつくのが仕事ではなく、またメールが来て即答できるほど暇でもありません。
基本的に急いでいるなら電話でしょうから。

また、そこまで確認をしておいて、「書きこむブログを間違えました」は通用しませんよね。
間違えた先のブログ管理人に謝罪するのは当然としても、こちらに「間違えて別のところに書きこみました」という報告及び謝罪をしないというあなたの姿勢にも疑問を感じます。
「見えてないところでは何をしてもいい」「見えてしまっていても謝らなくてもいい」という感覚を「良識」と言う人であれば、それもアリなんでしょうね。
でも、世間ではそれを「良識」とは呼びません。

>ささもと様が発言の「内容」に反論するのではなく、その投稿姿勢(匿名)や資質(サラリーマン)を「攻撃」することに終始してしまっている点が問題にされているのです。

なぜそれが問題なんですか?
そもそもリンク先のコメント内容は、良識ある人間の書くことではないし、言えばお金が出る・通えばお金になる、といった甘い考えの人間であれば、ああいうくだらない批判もするでしょう、ということです。
そもそも元記事は、私の行動に批判的だったわけではありません。
それに、コメントを書いている人が、本当にこちらを批判する意思があるのであれば、こちらに乗り込んで書き込みをするでしょうけど、トラックバックしてないし、本人は見てないだろうから…という安直な考えで、匿名の通用するコメントで批判しているわけです。
これが良識ある人のすることでしょうか?
それこそ「論点すり替え書き逃げ野郎」と言われても仕方がないでしょう。
匿名ですから追いかけようもありませんし。
まずはその行動に対する見解を、児島の仙人 さんは一言も書かれていない。
それを明確にしないから、だいまつ さんとも話がかみ合わないのです。

>その対価をお客様に「請求できない」ということは、プロとしての仕事を「放棄」したことになりませんか?

そんなものはケースバイケースです。
プロだからといって、なんでもかんでも満額請求すればいいわけじゃないのです。
わからないのならわからないでもかまいません。
立場が違えば、理解できないものもあります。
おそらく、そういう立場にならないと理解できませんので、100%理解してもらおうとは思いません。

「じゃあメーカーにギャラを要求していいのか?」という問いに対する答は、もちろんノーでしょう。
この件は、私が「ふざけた対応」と書いたのは「答がノーだった」から「メーカーがギャラを出さないのはふざけていると書いた」と解釈する、という読解力のなさ、そこから始まっているだけです。
わかりませんか?
「答が『単にノーだけ』だったから」とまで書かなければわかりませんか?
要は、ブラザーが「お客様が何が原因で困っていて、どういったことを望んでおられるのか、どう対応すれば無事終息するのか」を聞き出す姿勢も提案する姿勢もなかった、「単に謝れば済むと思っている」のが問題、ということです。
ちゃんと読めば、大筋はそういうことである事ぐらいはわかるように書いていますし、その通り読みとっていただいていただいておられる方もおられます。
問題となったリンク先のブログの元記事の方はそうだと考えています。
そういったところ「も」ふまえて「スルー推奨」と書かれたと考えています。
それでも児島の仙人 さんは、まだあそこで私に反論しろ、とおっしゃるのでしょうか?

「あの書き方ではわからない」といういいわけは聞くつもりはありません。
わざわざ突っ込んでくるのであれば、その程度の読解力を持つべきだと考えます。

>暗に「自分の発言は間違ってないでしょ?、よく読んでどちらがおかしいか判断して下さいね」と言っているかのようです。

そうお思いでしたら、こんなところに書かずに、あちらにコメントしてくればいいのです。
それとも、あちらにこのコメントをご紹介して差し上げた方がよろしいでしょうか?(笑)
児島の仙人 さんがそう思うのは、あちらの方が元記事を残してくれていたからです。
結果論で物事を語るのは恥ずかしいことだと思いませんか?
まさしく「コロンブスの卵」ですよね。

もう一度よくお考えください。
児島の仙人 さん、あなたの行動は果たして適切だったと言えるのかどうか。

適切だったと思うのなら、ご自身のブログで記事におまとめください。
適切だったとは思わない、記事にする文章力も表現力もない、とおっしゃるのなら、このまま終息。

児島の仙人 さんの資質が問われるところですね。

投稿: ささもと | 2006/09/15 9:22:05

ども、ささもとさん。だいまつです。

今回の件で、余りにもブログが誰でも見られる・見る事の出来るメディアであるという事を認識していない行動が目立つ事に驚きを感じます。

>pts.様のブログを、ささもと様のブログと勘違いしてしまい

児島の仙人さん。
サポート業を仕事にしている者のネット上の行動とは思えませんね。
その事が、後でどれだけ甚大な影響を及ぼしているのか?
間違いで済む話とも思えませんが、、。
しかも、ネガティブな情報・状況のリンクですよ。

そして、そのことをささもとさんに指摘されるまで、自分からその事を報告し謝罪する事も無かった、、、。

私が言いたいのは、余りにも「児島の仙人さん」及び、この記事をリンクしコメントを残した人たち。
ptsさんのブログにコメントを残したように、ネット上での言動・行動が余りに軽率で安易で独善的であるという事です。
厳しい事を言えば、「始まりからすでに間違っていた」という事です。

ここまで来ると、「物の見方」は人それぞれです。
しかし、児島の仙人さんは自らの考えのみが正しいと思い込み、ブラザープリンターのユーザーの視点を全く意識していない。自らの考えのみをネットで主張する。

しかし、世の中はさまざまな考え方の人間がいて、ささもとさんの行動を支持する人間もいるという事が全くの思慮の範囲外なのでしょう。

自分の場合は、自らのパソコントラブルをHD交換とOSインストールで解決しました。
もしサポートを頼んだとして、直してもらい、そのトラブルの発生がブラザーの開発したドライバーが原因なのならば、ささもとさんの行動は支持できるという事です。

肝心なのは、それ自体も「一つの考え方」という事です。

こうした状況の際には、ブラザーユーザー・製造メーカー・パソコンサポーター・ブログ閲覧の一般者。
最低4つの視点を持って論じる事が大前提だと思います。
いろんな意見が出てもなお、持論のみの正当性を主張しても何の意味も無い事だと思います。
そして、パソコンサポーターの視点でも、ささもとさんの行動を支持する人もいる。
そうした、世の中の基本的な事を理解していなくて、今後も延々と児島の仙人さんの考えのみ書いた所で、全く進歩の無い事だと思いますが。

投稿: だいまつ | 2006/09/15 23:51:58

>肝心なのは、それ自体も「一つの考え方」という事です。
そうですね。

だだ、問題としている論点はそこにあります。
ささもとさんの件のコメントは、
 自身の考えの基に異議に対して反論されるのではなく、
 異論を唱えたものに対して人格攻撃
と捉えかねないものだからです。
それによって自由な発言を否定するものだからです。

ささもとさんもだいまつさんも何に対して問題になっているか理解されていないのではないでしょうか。
私は、疑義に対してその元となったもので何故にその様なコメントをされたのかをお聞きしているものと解釈しているのです。
公序良俗に鑑み誤解を生じかねないから正されては如何かと。

私はささもとさんが(サラリーマンに関して)感じられているようなことは理解するも、サラリーマンと括っては矜持を以て仕事しているものまで揶揄していると取られかねないと指摘しました。

投稿: NEeDS | 2006/09/16 8:14:04

NEeDS さん

「自由」と「好き勝手」を履き違えておられないでしょうか?
自由とは、一定のルールと共に、お互いの尊重や礼儀をもって成り立つものです。
それを履き違えておられる方に、自由を語る資格はありません。

人格攻撃をしているのは、私ではないですよね。
「プロとしてあるまじき」という発言は、私に対する人格攻撃ではないとでもおっしゃる?
義務は怠っているのに権利だけを主張する、という最近の悪い風潮そのままですね。

本人の目に付きづらいところで、問題となっている記事をろくに読みもしないで、好き勝手な空想であれこれ非難している。
こっちの方が問題ですよね。
それを棚上げして、私だけを責めたって、話は通りませんよ。

ちなみに、あちらでは管理人さんは「スルー推奨」と書かれています。
そこへまた書き込みをしろとおっしゃる?

あなたの言い分が圧倒的に正しいならまだしも、言葉尻を捕まえて、普段日常会話ででも使わないような難しい言葉を持ってきたりする言葉遊びをいつまでお続けですか?
人のブログのコメント欄に書きなぐるだけであれば、それこそ「ヤの字」と変わりない、「論点すりかえ暴言書き逃げ野郎」、発言の自由を妨げる、と言われても仕方のない行為だと思いますが、いかがでしょうか?

もしあなたがブログをお持ちなら、そちらで第三者にわかるように記事にされることをおすすめします。
とはいえ、トラックバックもしないなら、また同じことですけどね。

投稿: ささもと | 2006/09/16 9:45:02

>それを履き違えておられる方に、自由を語る資格はありません。
それ私のことですか?
私のどこに履き違えがあるのでしょうか?

ささもとさんの対応に於いてお怒りごもっとも、ただし一部違和感を感じるのは私の感想ですが、関連するエントリを読んだ上でのことです。
詳細不明ゆえ個々の事情あるからと言うニュアンスのコメントです。
それはいけなかったのでしょうか?

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/webpolicy.html
「著作物を公開する行為は責任を伴うことであって、一般の批評にさらされることもそのうちに含まれると考える方が、むしろ妥当性があります」
「公開されたウェブページに対する言及・紹介は、口頭であれ、印刷物であれ、ネットワーク上であれ、著作権侵害や名誉毀損、侮辱、プライバシーの侵害等を伴わない限り、言及する側の表現の自由に属することがらであって、言及する側の自由意思と良識と責任とにゆだねられており、言及される側の許可を必要としません」
私は概ねこの様に考えております。

TB打たないと発言してはいけないのですか?
よそで発言してはいけないのですか?
発言にあなたの許可を得なければいけないのですか?
ささもとさんの自由とはなんでしょう?

相手が暴言吐いたら同様に言い返すのがあなたのスタンスなのですか?

ささもとさんのコメントの一部の問題視される発言に対して正された方が良くはありませんか。
ただそれだけを申し上げたかったのですが、ご理解頂けませんか。

投稿: NEeDS | 2006/09/16 12:47:11

繰り返しになりますが、どうも自論に懲り固まって、自らの行為が回りからどの様に映るのか?という視点が全く無いですね。

>詳細不明ゆえ
でありながら
>違和感を感じる
とその時点でそのような意見を表明している。

あのブログのコメントを見ると、どうしても一方的にささもとさんへ悪いイメージを読者は持つような記述。

上のコメントでも自分は記述しているのですが、見方によっては

>名誉毀損、侮辱、

とNEeDS さん、自ら書いている事に該当すると感じている人間も居る。
そう感じている人間がいるんですよ、と書いても

>私のどこに履き違えがあるの

とそれを認めない。
自らに自由に責任が伴っていないのに、自らは自由を体現しているかのように、自由とは何か管理人に問いかける。

あのブログにコメントしている人たちは、書き込みなどが余りに軽率で安易です。
そのような人たちが、、

>矜持を以て仕事している

訳も無く、しかし、本人たちはその認識が無い。
ささもとさんのコメントを問題視しているのは、あのブログに書き込んでいる人たちだけで、一般的なブログ閲覧者の自分は、そのように認識していないし、同じ受け取り方をする人間はかなりいると思いますが。

あのブログとこちらを見比べた一般的な人はそのように感じると思います。

投稿: だいまつ | 2006/09/16 20:54:29

>とそれを認めない。
認めないのではありません。
何を以て履き違えていると言われるのか不明だからお聞きしているのです。

>あのブログにコメントしている人たちは、書き込みなどが余りに軽率で安易です。
>そのような人たちが、、
>>矜持を以て仕事している
>訳も無く、
「掲示板は書き込まれた文章のみで勝負する世界であるべき」
これはあなたもご覧に成られたことがあると思うアダ被管理者の言葉です。
私と議論したときに言われたもので、私はそれに全面的に同意するものです。
ブログであっても同様と考えます。
だいまつさんは私のどこに無責任なコメントがあると言われるのでしょうか?
私のどこに軽率なコメントがあると言われるのですか?
それとも、
コメントしたから無責任、矜持など持ち得ないと言われるのですか?

投稿: NEeDS | 2006/09/16 22:51:56

NEeDS さん

>それ私のことですか?
>私のどこに履き違えがあるのでしょうか?

ここまで理屈をこねまくって人の書き込みを分析している割に、ご自身の書き込みは分析できないようですね。

私もだいまつ さんも、あなたのコメントの添削役ではありません。
すでに、「ご自身で、この顛末を第三者にわかるように、記事としてまとめてみれば?」と書いたはずです。
それの意味がわからないなら、あなたはそこまでの人だということです。

「もうとにかく文句しか言わない」そういう人であるならば、まじめに答えても、また文句しか返ってこないと容易に推測できるわけですので、まじめに答えたくなくなるのを否定できますか?

>「掲示板は書き込まれた文章のみで勝負する世界であるべき」

否定はしませんが、そう考えるのであれば、なおさらあなたも「NEeDS」と名乗って書き込みをしている意味を考えるべきではありませんか?
本当に文章のみならば、「名無しさん」でも一行書き込みでも構わん、という解釈も成り立ちます。
それではどこかの巨大掲示板と変わりません。
でもここはブログです。
掲示板と一緒くたにするのはおかしいと考えます。

ブログは、設置した人の考え方や人柄を如実に残しているものです。
しかし、コメントをつける人は、必ずしもブログを持っている義務はなく、ネガティブなコメントであっても言いたい放題で構わないわけですが、果たして読む人はそれをどう見るでしょうか?

ブログを持っていれば、ネガティブな記事を書く自由も、トラックバックを打たない自由も、当然あります。
ただ、客観的に見たとき、人はそれをどう思うでしょうか?


私はあなたの自由を制限した覚えはありません。
でも、あなたが自由という意味を履き違えている状態では、あなたにそれを語る資格はない、と言ったまでです。
これに関しては、私があなたの質問に答える意味はありません。
あなた自身が気が付かなければならないことですから。

私のブログに乗り込んできて、暴れるのは確かにあなたの自由かもしれません。
でも、ご自身の言葉で、私のコメントの何がどう問題なのかを全く明確にしておられないのに、ご自身のコメントに突っ込みが入ったときに「何がどう問題なのか?」と噛み付くように聞き返すのは…。

それがあなたの自由だとおっしゃるなら、それに答えないのも自由だ、と申し上げておきます。
あなたの相手をするために割ける私の時間は、そろそろ終わりです。
本当なら、遅れていた記事をもっと書き進めることができていたはずなんですけどね(苦笑)。

投稿: ささもと | 2006/09/17 0:19:05

>私のコメントの何がどう問題なのかを全く明確にしておられないのに

私はささもとさんに一点だけ問いました。
それは明確にした筈ですが、

再掲します__________________
>「サラリーマン」に関する私の意見は、このブログですでに述べています。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/11/post_09d9.html
あるいは「気楽」辺りでしょうか。
もしそうなら、
確かに言わんとしていることは分かりました。
でも、
件のコメントは「暴言」としか思えません。

資質(あるいは組織としての)の問題で、あのコメントに於いてサラリーマンと括ったときあなたは矜持を持つものをも非難の対象にしています(もしくは揶揄と取られる)。
もう少し文面に配慮があってしかるべきではないでしょうか。

言わんとしたことは理解するも、やはり怒りを感じさせるコメントです、私はそんな無様なことはしとらんと。
________________________

サラリーマンと括ったことにより、私自身も含まれるように読み取られかねない。
またそれは、ささもとさんのお客様(サラリーマンの方も居られるのでは)も含まれると取られかねない書き方ではありませんか。
ささもとさんにその様なつもりはさらさらないと思うのですが、取られかねないから正された方がよいのではと申しているのです。

>果たして読む人はそれをどう見るでしょうか?
自己責任の上でコメントしております。
誤りがあれば指摘は真摯に受け止めます。

私にはささもとさんが指摘を真摯に受け止められておられないと思えます。
始めから素朴な感想を単に非難としか思われていないのでは。
直接の問いに答えず、私のコメントを封じようとされていると感じます。

勿論答えないのも自由です、答えて欲しいですが。

投稿: NEeDS | 2006/09/17 1:29:49

一連のコメント、そして記事からささもとさんの答えが出ていると私は感じました。

それを答えと感じないのは、NEeDSさんが自分の意見と一致しないが為にそれを認めないから、ではないでしょうか。

そして、このスタンスが変わらない為にいつまでも相互理解の段階に至らないと思います。
私がどんな事を書いても、児島の仙人さんとNEeDSさんは私の意見を認めないまま、時間が過ぎていくのでしょう。

>サラリーマンと括ったときあなたは矜持を持つものをも非難の対象

私自身、サラリーマンです。
いつも思うのは、「経営者感覚を持とう」と言われたり、自分自身で意識を持とうと思って仕事をしています。
そして、仕事をするからには「プロ」でありたい。
その様に思って毎日仕事をしています。
しかし、私がささもとさんがこの記事をリンクしたブログで残したコメントを読んだ時に私(サラリーマン)自身が

>矜持を持つものをも非難の対象

したとは思えませんでした。
そう思うのは、以前からこのブログを読んでいて、キチンとした仕事、対応、そして仕事として目指している物がしっかりしている。そこから感じる「経営者感覚」(経営者ですが)「プロ意識」がこのブログから読み取れるからです。

出来ればこういうレベルで仕事がしたいものだと。

そして、自分のようなパソコンのトラブルを抱えた者にとっては非常に参考になる情報をブログとしてアップしている。

児島の仙人さんへのコメントとしても記述しましたが、上には上がいるし、自分などはまだまだ。
そして経営者として仕事をしている、ささもとさん自身も現在のレベルで満足している訳でもなく、向上心を持って仕事をしている。

だから、自分がサラリーマンだからあのコメントを読んで非難の対象にされたとは思いません。
自分自身もブログを持って運営しているからには、意義あるサイトにしようと思いましたね。

こうしたコメントの応酬で、このブログのコメント欄が埋まっていくのは、いつもこのブログを読んでいる人間としては非常に残念な気持ちです。
このブログは非常に参考になる記事ばかりなので、児島の仙人さん、NEeDSさんがこのブログと違った形でかかわり合って情報交換し、ネットを取り巻く社会状況が良くなる一助になっておれば、、と回りにパソコンショップが無く、家電量販店にレベルの高い店員が居なくて、ネットでなんとかしている私などは、残念に思ってしまいます。

そして、パソコンサポートをしている人達が未整備なネット社会のモラルや基準を作っていって欲しいとも思うのです。

この記事は読まれたのでしょうか?
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/05/post_384b.html
ささもとさんの基本的スタンスが判る非常に良いブログ記事だと思います。

これ以上私の考えを延べても繰り返しになると思います。
私のこの記事に関するコメントは、これで最後とします。
いつも長文申し訳ありません。

投稿: だいまつ | 2006/09/17 22:09:51

>一連のコメント、そして記事からささもとさんの答えが出ていると私は感じました。
ささもとさんがどう考えているかは理解しています。
それだけに、件のコメント内での表現としては好ましくないと思う。

>それを答えと感じないのは、NEeDSさんが自分の意見と一致しないが為にそれを認めないから、ではないでしょうか。

一致しないからではありません。
配慮をすべきではないかと申し上げているのです。

>そして、このスタンスが変わらない為にいつまでも相互理解の段階に至らないと思います。

スタンスの問題で苦言を呈しているのではありません。

>そう思うのは、以前からこのブログを読んでいて、キチンとした仕事、対応、そして仕事として目指している物がしっかりしている。そこから感じる「経営者感覚」(経営者ですが)「プロ意識」がこのブログから読み取れるからです。

はい、そうですね。
それだけに件のコメントは正すべきと考えます。

>こうしたコメントの応酬で、このブログのコメント欄が埋まっていくのは、いつもこのブログを読んでいる人間としては非常に残念な気持ちです。

はい。私もそう思います。

ささもとさんもだいまつさんも誤解されていることを私は残念に思います。
考えに違いはあります。
異論はあります、機会があれば議論してみたいとは思いますが。
今回私がコメントしたのは、
プロとして自任され相応のコメントをされているささもとさんが何故配慮されない書き込みをされたのか
なのです。

この点についてだいまつさんは問題ないと思われている訳ですね。
#その根拠とする内容には異議がありますが、その議論は控えます
私はささもとさんのスタンスを否定しているのではなく、
件のコメントはそれ(思い)が全く伝わらないですよ、
それどころか揶揄と取られますよ、
と言うことです。
ささもとさんの考えをこのブログを読んで判断せよと言われますか。
それで誤解が解けるとお考えですか。

私のここへのコメントにも、
直接の反論であるなら兎も角、非難としか見られていないことを残念に思います。

投稿: NEeDS | 2006/09/18 1:41:21

NEeDS さん

>サラリーマンと括ったことにより、私自身も含まれるように読み取られかねない。
>またそれは、ささもとさんのお客様(サラリーマンの方も居られるのでは)も含まれると取られかねない書き方ではありませんか。

要は私がサラリーマンうんぬんと書いたのが気に入らない、と。
そういうことですか?

気に入らないのはその1点のみにおいてであり、それに至る経過や要因は別にどうでもいいと。そういうことですか?

そしてその上で、私以外の発言は自由だと。そういうことですか?

もしそうなら、あなたとの話はここまでです。
結局は、あなたは目先のことしか見ていない、それだけのことです。
それで「自由」を語るなど、言語道断だと考えます。

>プロとして自任され相応のコメントをされているささもとさんが何故配慮されない書き込みをされたのか

配慮されない書き込み?
本当に配慮していないならば、もっと違う書き込みになっていたでしょう。
それに、あの場に、それをうんぬんできる資格のある人間は、管理人以外にいないと考えます。
私の書き込み以前のコメントを「自由」とおっしゃるなら、私の書き込みだけをうんぬんするのは間違いでしょう。

あなたが「自由」という言葉を履き違えたまま使うのであれば、私を含め、誰の発言をも非難することはできないでしょう。
そこが理解できないなら、これ以上のコメント応酬は時間の無駄です。

投稿: ささもと | 2006/09/18 7:27:34

児島の仙人 さん

一応の確認です。
別件でコメントを寄せられていたり、ご自身のブログでの記述もないところを見ますと、

>もう一度よくお考えください。
>児島の仙人 さん、あなたの行動は果たして適切だったと言えるのかどうか。

という確認において、

>適切だったと思うのなら、ご自身のブログで記事におまとめください。
>適切だったとは思わない、記事にする文章力も表現力もない、とおっしゃるのなら、このまま終息。

後者の選択を取られた、という判断をさせていただきます。

今後、ご批判やご指摘をいただくのは別にかまいませんが、「以前に不適切な指摘行動があった」「不適切は認めたが反省も謝罪もない」ということで、ご自身の発言がたとえ正しい内容だったとしても、著しく発言の説得力を欠く要因となります。
お含みおきを。

失礼ながら、児島の仙人 さんの資質を試させていただいたわけですが、このような結果になったことを残念に思います。

投稿: ささもと | 2006/09/18 8:25:39

>要は私がサラリーマンうんぬんと書いたのが気に入らない、と。
>そういうことですか?
違います。
あのコメントのみからではささもとさんの考えが正しく伝わらないのでは、
むしろ、揶揄と取られかねないのではと申しているのです。
「サラリーマンなんて自分程の責任は持ち得ない、持たないものの発言など考慮するに足らん。
 私を批判するなら、私の立場からもの申せ」
などと言っていると取られませんか。
サラリーマンの言うことには価値がない、無責任なんだから言うなと発言を封じていると取られませんかと。

もし、あのコメントだけを見たら私はそう感じるだろうと申したのです。
実際にささもとさんをそう見ているというのではありません。

>気に入らないのはその1点のみにおいてであり、それに至る経過や要因は別にどうでもいいと。そういうことですか?

違います。
しかし、あのコメントの内容は反論ではなく非難になっていませんか。
「相手が暴言吐いたら同様に言い返すのがあなたのスタンスなのですか?」
と訊いたのはささもとさんはそうではないと思っているからです。

抗議は冷静且つ丁寧にものを言わないとあらぬ誤解を生じやすいと私は考えているのです。
あのコメントはそうではない、その点で配慮されるべき、なかでもサラリーマンと括った点が特に要すると思えたからです。

>そしてその上で、私以外の発言は自由だと。そういうことですか?
違います。
公序良俗を守る上では何方も自由と考えます。
その上では私は例外を設けてはおりません。

ささもとさんの考えにはそれに制限を設けておられるようですね。
それには異論を私は持ちます。
機会があれば話し合いたいと思いますが、今はその機会ではないと思います。


>あなたが「自由」という言葉を履き違えたまま使うのであれば、私を含め、誰の発言をも非難することはできないでしょう。

何を以て履き違えていると言われますか?
どの点を指摘しているか私には不明です。
なにか誤解があるとしか思えません。
それ故、ささもとさんの言われる自由とは何ですかとお訊きしました。

>私もだいまつ さんも、あなたのコメントの添削役ではありません。
そうですね。

でも、指摘されてもどう履き違えているか不明です。
せめて、どの部分かを指摘して頂けたらと思います。

>すでに、「ご自身で、この顛末を第三者にわかるように、記事としてまとめてみれば?」と書いたはずです。
まとめればささもとさんの言われた(件のコメント)意味が分かると言うことは理解しています。
私は「サラリーマン」に関してささもとさんに同意と考えます。
それは私が苦言を呈した論点ではないのです。

「掲示板は書き込まれた文章のみで勝負する世界であるべき」
とあげたのは、
 そこにコメントされたことだけで判断される、
 エントリのリンク先を精査されるとは限らない、
 #他のエントリ(サラリーマンについての思いとか)まで読まれない
と言うことも含んで申し上げているのです。

もし言外に「私のブログをよく見れば分かる」と含んでいても、それは伝わらないですよと。
ささもとさんは
>「サラリーマン」に関する私の意見は、このブログですでに述べています。
と直接には答えて頂けませんでした。
読んでみて理解しました。
そう「読んでみて」初めてあのコメントの思いを理解出来るのです。

ささもとさんのブログを読まない者は切り捨てますか?
誤解されても良いとお考えですか?
もしそうであったとしたら、
私がこちらにコメントしたのは余計なお節介、迷惑以外にないものとなりますが、
そうだったのですか?

そうは思っていなかったので、また、誤解があるようですのでコメント致しましたが、
そうなのでしたら謝罪致します。

真意が伝わらないことは残念ではありますが、失礼致しましたm(_ _)m

投稿: NEeDS | 2006/09/18 15:00:32

私の意見は、こちらと元のブログに書かせていただいた通りです。
自分では適切なものと認識しておりますが、ご理解いただけず残念です。

本件に関してこれ以上議論(ささもと様が私の発言資格そのものを否定しようとなさっているので、議論として成立しておりませんが)を続けても、全く話が噛み合わず、時間の無駄となるだけでしょう。
どちらの意見が適切かは、読者が判断してくれると信じております。

私としては、ささもと様にわかっていただきたかっただけですから、言いたいことはすべて、コメントの記事内に記載しておりますので、あえて自分のブログにまとめる必要は感じておりません。

お気持ちが落ち着かれたら、冷静な目で最初から読み返していただければ幸いです。

投稿: 児島の仙人 | 2006/09/19 1:08:54

NEeDS さん
なるほど、だいたいおっしゃらんとしている意味が、ようやくわかってきました。

そこに書かれたもののみで勝負するべき、それは否定するものではありません。
ただ、それはあちらのコメントでの別の人でも同じです。
あとから管理人さんが書かれていました。

>このブログの中のたった一つの記事の中の一つのコメントだけを見てのコメントだと判断しました。

あなたはこれをどう解釈するのでしょう。
あなたの論点から言えば、これはおかしいと言えませんか?

少なくとも、私にコメントを寄せた人たちは、私のブログを読んだ上でコメントを寄せているわけです。
あの場だけのことでコメントしているわけではありません。
その点で、「ブログを見た上でのコメント」と「掲示板上のみでのコメント」は違う物だと言えます。
あなたは、その点を考慮に入れておられますか?

「自由」という言葉については、

>公序良俗を守る上では何方も自由と考えます。
>その上では私は例外を設けてはおりません。

>ささもとさんの考えにはそれに制限を設けておられるようですね。
>それには異論を私は持ちます。
>機会があれば話し合いたいと思いますが、今はその機会ではないと思います。

あなたは、ご自身が「公序良俗を守る上では」という不明瞭なルールを設定しているのがおわかりにならないのでしょうか。
不明瞭なルールに例外かどうかの判断はどうやればよいのでしょうか?
変に明確な線引きを設けようとするのは、時として、それこそ誤解を招きかねません。
世の中は、1か0かのみによって成り立っているわけではありません。
勝手な基準で1か0かの判断をすると、議論はかみ合いませんよ。

児島の仙人 さん

落ち着いていないのはあなたの方ではありませんか?
管理人さんが「スルー推奨」って書いてあるのに、さらに汚しコメントを書いてる、あなたの方が冷静さを欠いていると考えます。

そんなに言いたい事があるのであれば、ご自身のブログでどうぞ、と何度も申し上げています。
それをしないで、「スルー推奨」とまで書いてある事を無視してまで、他人のブログに延々とネガティブコメントを書き綴るあなたの姿勢は、ちょっといただけませんね。
要は、他の「ささもとに否定的な人たち」に、自分の考えに賛同してもらいたい、と取られかねない行動および内容です。
決して誉められたものではありませんよね。

ご自身のブログに書かない、という判断をするのは確かにあなたの勝手ですが、あなたはご自身のサイトのリンクを自らここで公開しているわけですから、そこを考えた方がよろしくないでしょうか。

それとも、あなたのブログに「ここの人、こんなん書いてるで」とコメントでリンク貼り付けをされないと気が付きませんか?
それに対するあなたのブログの読者の反応はどうなのか、想像してみたことはありますか?

あなたがご自身のブログで記事をまとめることができない(必要がないと考えている)のは、ご自身の行動が適切でないと自覚しておられるからだ、と私は考えてます。
あなたがご自身の行動が適切だとお考えであれば、ご自身のブログの読者にご判断を仰がれてはどうでしょうか?
なぜそれをしないのか、不思議で仕方がありません。

投稿: ささもと | 2006/09/19 9:38:07

>>このブログの中のたった一つの記事の中の一つのコメントだけを見てのコメントだと判断しました。
>
>あなたはこれをどう解釈するのでしょう。
ささもとさんのコメントがかのブログ批判を含んでいると見、
その批判が、
かのブログがどの様なものであるか理解されていない
と判断されてものと見ています。

>あなたは、ご自身が「公序良俗を守る上では」という不明瞭なルールを設定しているのがおわかりにならないのでしょうか。
公序良俗を不明瞭と言われることが私には分かりません。
明文化できないものは判断基準にならないと言われているのでしょうか。


既にコメントしたようにネット上の匿名性に関して私とは考えが違います。
そのことにも関係して参りますが、このまま続けても良いのなら議論致しますが宜しいのでしょうか。
あるいは個人的にメールにての議論でも結構ですが、ささもとさんに迷惑でないなら続行します。

#たぶんご迷惑かと存じますのでこれ以上のコメントは控えます
#構わぬのならそうコメントとなりメールなりをどうぞ

では失礼します。
ご自愛を。

投稿: NEeDS | 2006/09/19 16:22:27

NEeDS さん

それなりの実績の詰まれたブログは、その人の人柄や人格をも表していることがあります。
それを元に責めるのは、人格攻撃の一種とは言えまいか、と言っているのですが。
書いてあることのみで勝負、という定義に基づけば、責められるべきは私ではないと考えます。
それがなぜここで議論を投げかけられるのか、どうにも疑問です。

私が「サラリーマン」という言葉でくくるのはダメでも、ご自身の主張を「公序良俗」という定義の明確でない十把一絡げの言葉でくくるのはOK、とおっしゃるのはおかしいのではないでしょうか。

「サラリーマン」も「公序良俗」も、各人の持つイメージなどにより、ずいぶんと違うものに見えるものです。
だから「不明瞭」と言っているのです。
「例外」だとかおっしゃるなら、明文化するべきでしょうね。

あなたの感覚が、世の中の多数派の感覚であるわけではないのです。
それは私においても同じこと。
そこをとやかく言われる筋合いはありませんし、とやかく言いたいなら、それなりの情報ソースで、どうおかしいのか、ということを第三者にも明確にわかるように書くべきだと思います。

前提条件がずれていると、こうも議論がかみ合わないもんですよね。

投稿: ささもと | 2006/09/19 18:14:31

NEeDS さん

追伸

>#構わぬのならそうコメントとなりメールなりをどうぞ

私にとって迷惑なのは、あなたが、例の場で私以外のコメントが正しいとして放置し、ここで私の発言についてのみうんぬんされていること、です。
そこをご理解いただいているでしょうか?

あと、ネット上の匿名性について語りたいなら、匿名では何の意味もないと考えています。
ブログでもあれば、まだ考え方が理解できるのですが、NEeDS さんにはそれも無いようで、書きなぐりの匿名コメントだけでは、どうにも理解いたしあぐねています。
コテハンで語っている、という最低限のもろい良識を頼りにするしかないわけですから。

投稿: ささもと | 2006/09/20 4:24:18

NEeDS さん

はっきり書かないとおわかりになれないようなので、はっきり書きます。

私は、私の弁護をしろとはこれっぽっちも書いていません。
他の「ろくに読まずにコメントしている人」のコメントは「正しい」と放置で、私のコメントのみうんぬんしている、ご自身の偏見を棚上げしていることが問題だと書いているのです。
そういうスタンスでこれ以上コメントを書くのは、他人のブログを汚しているだけでなく、ご自身の読解力のなさをさらに露呈している見苦しい行為だということに気づいていただきたいものです。

また、何度も書くようですが、あちらの管理人さんはこの件についてこれ以上コメントをいれることを望んでいません。
(あえて削除もしていないようですが)
また、こちらのブログのコメント展開をあちらに持ちこむのは、どう考えてもおかしな話です。
これは児島の仙人 さんにあてて書いたことと全く同じです。
要するに、読んでいただいていないわけですね…。

こちらのブログに偏見まみれのコメントを入れられるのも確かに迷惑ですが、何よりもあちらのブログでネチネチといつまでも書くことは、あちらの管理人さんに迷惑なので、直ちに削除依頼を出してください。

これ以上言いたいことがあるのなら、あちらのブログやこちらのブログで「コメント」という形でウジウジ書いて迷惑をまきちらさずに、ご自身のブログを使って堂々とお書きください。
ご自身が「迷惑でしょうから」と自覚しているならなおのこと。
なぜそれをしないのかが不思議で仕方がありません。

適切な行動をなされることを切に望みます。

投稿: ささもと | 2006/09/23 8:18:23

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 関東は降雪で、関西は送電線で混乱。 | トップページ | URLで花を咲かせよう。 »