ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 電源が切れない。Windows98編 | トップページ | ウィルスバスター騒動。 »

2005年4月22日 (金)

パソコンの死亡宣告。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03AK18
人気blogランキング参加中です。よろしくお願いします。

今回は「ノートパソコンが起動時にぴーぴー言うんです。なんとかなりませんか?」というお問い合わせ。
まぁどっちにしてもこの手のトラブルは診てみないとわかりませんので、とりあえずお伺いしてみました。

お伺いしてみたら、確かに起動時にピーピー言います。
それも、最初のBIOSの画面が終わるところ、Windows98のロゴが出る前段階。
うーん、これはハードウェアっぽいですねぇ。
おそらく、メモリやキーボードやマウスなどの、起動時にチェックしに行く部分でのエラーのようだ。
ほっといたら5分ぐらいピーピー言いっぱなしで、そのあとに通常の起動をするらしい。
とりあえずEnterキーをたたくと、鳴り止んで起動する。
んー、こういうのは初めてだなぁ。

Windowsが起動するということは、ハードディスクの不良でこうなっているとは思えない。
となると、メモリか?
そこでメモリチェックの定番Memtest86というソフトを使ってみる。

はぁ~…やっぱり出ました。エラーです。
これはどうもメモリがいかれたようですね。
で、このメモリにしても、開けてチップを見てみたら、安物ブランドとして定着しているKINGMAX製、いわゆる金熊ですね…。
同じ容量(64MB)のメモリは新品で売っているとは思えないですし、よく見かける倍の容量のでも8000円ぐらいするけど、この現象とパソコンの痛み具合から考えると、それだけが原因であるとも思えない。
とりあえずメモリが悪いのははっきりしているけど、それ以外の要因も考えられるとなると、どうも確実に修理できるとは思えない。

…と、Memtest86の画面を見せてそう伝えると、「そうですかぁ…じゃ、あきらめて新品買うとしますか。」とのこと。
まぁ、それができるなら、その方が早くて確実でしょうね。
このノートパソコンの死亡が確定しました…。

でも、これを捨てるとなると、リサイクル法の絡みで、廃棄するにもお金がかかります。
ノートパソコンだと、基本的に税込み3150円ですね。
この時期のノートパソコンなら、ウチでも修理の際の部品取りとしてつかえますので、無料で引き取らせてもらうことにしました。
まぁリカバリーディスクはおろか、説明書などの付属品がまったくゼロで、バッテリーすら抜かれている状態では、売るにしてもまともな値段がつきませんので。

ちなみに、この記事のタイトルは、ただいま発売中の、本上まなみが表紙の週刊アスキー2005-5-3号の記事に関係しています。
いやー、本上さん相変わらず美人だわ。ってのは置いといて。

この号に、山崎浩一氏というコラムニストが書いた「今週のデジゴト」というコラムの内容がまさしくそれでした。
「パソコンの死亡判定の基準は何だろう」という出だしです。
氏によると、動かなくなった時か、修理不能になった時か、リサイクルできる部品がない状態になった時か、映画「2001年宇宙の旅」でコンピューターHAL9000が死んでいくところを描写されていたが、その後映画「2010年」で蘇生させられたからまだ死んでいないんじゃないか、などといろいろ検証されてました。

今回のノートパソコンの場合は、お客さんにとっては「あきらめて新品を買う」と判断した瞬間が死亡時刻なのでしょう。
でも、その隣では、阪神淡路大震災の前から生き続けているWindows95のデスクトップが稼動してました。
人間で言えば、定年過ぎの相当なおじいちゃん(おばあちゃん?)にあたるんでしょうけど。

で、お客さんに聞かれたのが「パソコンの寿命って、どれぐらいなん?」という質問。
よく聞かれる質問ですが、これも難しいですよねぇ。
私はいつもは「電子部品はめったに壊れませんので、ハードディスクという機械部品の寿命になるんでしょうね。だいたい3年ぐらいから故障率が上がり始めて、5年を過ぎるとぐっと故障率が上がる傾向です。だいたいその辺で周りのパソコンと比較して明らかに性能が劣ってしまい、同じように使えなくなるので、その辺が寿命というか、買い替えの目安でしょうね。リース資産としても、基本は5年ですし、税制上も4年で償却のはずですから。」と答えてます。

ちなみに、帰る途中で中古屋さんを覗いてみたら、使えそうな中古メモリが安くで出ていたので、物は試しと買ってみました。1800円。
お客さんの物として修理する場合だと、こういうダメ元の部品なんて使えないんですが。

取り付けてみたら、変なピーピー音もなく起動しました。
おー、使えるじゃん。しかも128MBだよ。
と思いきや、終了時にピーピー音が。あちゃー。
Memtest86でチェックしてみたら、やっぱりエラーが。うーん、ダメかー。
やっぱり部品取りでしょうかね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年04月22日(金) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 電源が切れない。Windows98編 | トップページ | ウィルスバスター騒動。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/3809901/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの死亡宣告。:

» ノートパソコン 価格比較 トラックバック ノートパソコン:セキュリティ日記
あなたは損をしている。 続きを読む

受信: 2005/04/23 19:30:01

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 電源が切れない。Windows98編 | トップページ | ウィルスバスター騒動。 »