その1で書いたトラブルの続きです。 どうやらスパイウェアの類が原因ではなかったようです。 解決編です。 " /> 起動が遅い。その2 : パソコントラブル出張修理・サポート日記
ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 起動が遅い。その1 | トップページ | ワンクリック詐欺の技術力。 »

2005年4月14日 (木)

起動が遅い。その2

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

02AL03
人気blogランキング参加中です。よろしくお願いします。

その1で書いたトラブルの続きです。
どうやらスパイウェアの類が原因ではなかったようです。
解決編です。

さて、スパイウェアの駆除まではよかったわけですが、結局起動が遅い、終了が遅い、という現象は変わらず。
お客さんはある程度は知識がある人らしく、デバイスマネージャを起動して異常のあるデバイスを探す、というところまではしていたようです。
「Microsoft System Management BIOS Driver」
これにびっくりマーク「!」が付いてました。
おそらく、ブチ切れてコンセントを引っこ抜いた際に、これに関するドライバか設定ファイルが壊れたのでしょう。
でも、まともなコピーやドライバ更新が全くできないので、Windows上からはこれ以上どうしようもない状態。
何度かいろいろいじくって再起動をしましたが、一向に事態は進展しません。
(後で調べてみましたが、これに関する情報は皆無の状態。どうしようもなかったのは事実のようです)
とりあえず、デルのBIOSはセルフテスト対応のものなので、内蔵されているデル専用ハードウェア診断プログラムを使って、ハードウェアの異常がないかどうかをチェックしてみました。
起動時に「DELL」のロゴが出た瞬間に、F12を押せばBootDeviceMenuが起動しますので、そこから診断プログラムを起動できます。
全て英語ですが、的確にハードの不良箇所を診断してくれる優れものです。
で、結果は…

ハードウェアには異常なし。
メモリも、ハードディスクも、マザーボードも。

うーむむむ。

ここまで来たら、もうダメ元です。
以前に試したシステムファイルのコピーをやってみました。
そうしたら…

 lsass.exe システムエラー
 パスワードを更新しようとした時に、 このリターン状態は、
 現在のパスワードとして指定した値が正しくないことを示します。

というダイアログが起動中に出てしまい、再起動を繰り返してしまいます。
あろうことか、セーフモードでも起動不可となりました…。
後で調べてみたら、
自動システム回復機能でシステムの復元に失敗する(文書番号 : 418344)  :マイクロソフトサポートオンライン
この現象を誘発してしまっていたみたいです。

とりあえず元に戻そうとして、回復コンソールを使うと、なんと前回聞かれなかったAdministratorのパスワードを聞かれてしまいました。
とりあえず思い当たるものを入れてみましたがダメ。
3回はねられると再起動です。
これがまた時間がかかる…。
この現象は、
レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法(文書番号 : 307545)  :マイクロソフトサポートオンライン
で書かれている、

警告 : コンピュータのオペレーティング システムが OEM によってインストールされている場合、この資料に記載されている手順を使用しないでください。OEM のインストール上のシステム ハイブでは、それ以前に存在していなかったパスワードとユーザー アカウントが作成されます。この資料に記載されている手順を使用すると、回復コンソールに戻って、元のレジストリ ハイブを復元することができない場合があります。

これに該当してしまったわけです…。
やってしまいました。

こりゃあきらめて再インストールですね…。

メーカー製のPCなので、リカバリーCDで初期化されてしまうと思って、お客さんにデータはあきらめてもらうように伝えたのですが、なんと!

DELLの場合は、リカバリーCDはWindowsXPのCDそのものだったのです!

助かりました!
これなら、同じパーティションの別フォルダに、新規にWindowsのシステムをインストールできます!
設定関係は吹っ飛んでしまったものの、データ消去はなんとか免れました。
こういうときはDELLでよかった!と思いますね。


以前、別のお客さんのところでDELLのデスクトップPCをセットアップしたことがあったのですが、BTOで記録型DVDやTVチューナーを追加したものを注文して、届いてみたらそれらを使うソフトがセットアップされていなかった、ということがありました。
この時は、「DELLって、女の子が簡単にカスタマイズの注文(BTO)をつけて買ってるCM流しておきながら、カスタマイズ分のセットアップもしてくれないメーカーなんだ。やっぱり初心者向きじゃないじゃん」と思っていました。
まぁ実際その通りなんですが、今回はそれであったがゆえに助かった、というなんとも皮肉な結果。

リカバリーCDって、確かに買ったときの状態に確実に戻してくれるので、確実に「動く状態」にしてくれるのはいいのですが、ご丁寧にフォーマットまでやってくれるのがほとんどなので、マイドキュメントなどのデータまで一緒にキレイにふっ飛ばしてくれます。
WindowsのCDをそのまま使ってセットアップする、自作やショップブランドやBTOメーカー物は、確かに再セットアップは面倒ですが、何かあった時の修復がやりやすいようです。
(とはいえ、今回は再セットアップのとどめを刺した現象で、メーカー製プリインストール物の弱点が残っていたんですが…)

まぁ、この辺になると、メーカー製も良し悪しですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年04月14日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 起動しない・起動が遅い |

« 起動が遅い。その1 | トップページ | ワンクリック詐欺の技術力。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/3695558/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 起動が遅い。その2:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 起動が遅い。その1 | トップページ | ワンクリック詐欺の技術力。 »