ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 日本語入力についての追記。 | トップページ | Windowsが起動しない。画面が真っ黒のまま編 »

2005年7月 4日 (月)

Windowsが起動しない。HAL.DLLがありません編

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

たまたまですが、「Windowsが起動しない」というトラブルが2件続きました。
どちらもちょっと状況が特殊だったので記録しておきます。

まずは、起動後に

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。 <Windows root>\system32\hal.dll 上記のファイルをインストールし直してください。

というエラーで起動が止まってしまうトラブル。
マシンはソニーのVAIOで、テレビ録画機能付きのデスクトップ型でキーボード一体型。
OSはWindowsXP HomeEdition。
こちらから。

一応、マイクロソフトのサイトをチェックした限りでは、

"次のファイルが存在しないかまたは壊れている" というエラー メッセージが表示され、Windows XP を起動できない場合の対処方法 文書番号 : 880636 :マイクロソフト サポートオンライン

こういう文書がありました。
ここにある「hal.dll ファイルが存在しないか、壊れている場合」の項には、

エラー メッセージ : 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした 文書番号 : 320252 :マイクロソフト サポートオンライン
レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法 文書番号 : 307545 :マイクロソフト サポートオンライン

しかし、最初の文書は、アップグレードなどでのインストール直後の話ですし、その次のものは、以前に再インストールしかない状態にした引き金になった操作ですし、うかつにはできません。
でも、その件と状況は似ています。
先の件では、ブチ切れたお客さんがコンセントを引っこ抜いたのが故障要因でしたし、今回のトラブルも、よくよく聞いてみたら、起動した状態でブレーカーが落ちてからおかしくなった、とのこと。
うーむ、だったら…。

-----

結果から先に言うと、ハードディスクの故障でした。

私はトラブルの検証用として、フロッピーでハードディスク診断ツールを常備しています。
でも、メーカーによって診断ツールは違ってきます。
他のメーカーのハードディスクだとうまく診断できないことがほとんどなので、とりあえずメジャーなものを持ち歩いています。
解説は以下のサイトにありますので、ご参考に。

ハードディスク(HDD)ベンダ提供 HDD関連ツール(ソフト)

私の持ち歩いているのは、

Drive Fitness Test (日立/IBM製)
SeaTools (Seagate製)
PowerMax(v4.06) (Maxtor製)
FJDT(Fujitsu ATA Diagnostic Tool) (富士通製)

この4つです。
時折、Western Digital(ウエスタンデジタル)製とか、SAMSUNG(サムソン)製のハードディスクを見かけますが、この場合は古いモデルか新しいモデルかでツールが違うため、判断がつきづらく正確な診断ができないので、残念ながら現場でのチェックはあきらめることになります…。

今回のマシンに入っていたのはMaxtor製。
ということでPowerMaxでチェックしてみました。
…ダメでした。
Basic Quick (90 Second) Test (簡易診断)ではAdvanced Testを勧められ、Advanced Test (Full Scan Test) (詳細診断)をかけてみると、すぐにエラーが。

これはもう交換しかありません。
先日から降り続く雨の中、ハードディスクを調達しに走りました。

そしてハードディスクを新品に交換して、リカバリーをかけて無事完了。

あとは、無線LANとウイルスセキュリティ2005の設定と、テレビのチャンネル設定(笑)で完了。
まさかテレビのチャンネル設定まですることになるとは思わなかった…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年07月04日(月) ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 起動しない・起動が遅い |

« 日本語入力についての追記。 | トップページ | Windowsが起動しない。画面が真っ黒のまま編 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(電源)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/4823405/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsが起動しない。HAL.DLLがありません編:

コメント

 HAL.DLLの、エラーは私も出くわしました。
 ちなみに私は、ぶち切れてコードを抜いたわけではありません。(^o^)
 さて、この記事ではHDDの故障とありますが、確かにチェックユーティリティーを走らせるとそう見えます。
 私の場合リカバリーディスクに入っている、マカフィーのユーティリティーが、HDの不良セクターを示し、リカバリーをさせてくれませんでした。
 FDやCDから起動してHDをみると、パーティション未確保の状態です。
 私も最初はHDのクラッシュかウィールスと思いましたが、Win98の起動ディスクより、FDISKを実行したところ、うまく行き、その後リカバリーは正常に走りました。
 FDISKとフォーマットを実行後、スキャンディスクで、検査しましたが、ディスクそのものには損傷は認められません。
 会社のシステム担当に聞いたところ、いくつか例があったけれども原因はわからない、とのことでしたが、いずれの場合もHDは交換していないそうです。
 当然データは全てだめですが。
 謎ですが、HDそのものの不良とは思えません。
 事例によって原因は異なるでしょうが、まあ参考までに。

投稿: 阿部紀史 | 2005/07/15 11:10:31

阿部様、コメントありがとうございました。

確かにそうです。
手動でFDISKをやり直せば、何事もなく動く可能性はあります。
それでもダメな場合、本文にあるユーティリティー紹介のサイトにあるユーティリティーで「物理フォーマット」してしまえば、とりあえず動く可能性はあります。
実際、それで使えているHDDが手元にもあります。
ただ、そのHDDも、一部フォーマットがうまくいかなくて、その部分だけパーティションを切って未使用にしています。

阿部様の事例は、あくまで幸運な例です。
しかし、何らかの形でそういうフォーマット異常を起こしたHDDは、信頼性が低下していますので、いずれ再発する危険性をはらんだままです。
仕事で使うのであれば、本来なら迷わず交換です。
私なら、間違っても、そのまま起動ディスクとして使いつづける、という判断をすることはできません。

今回のお客さんの事例では、強制的に電源が切れてからおかしくなった、という状況から考えても、ハード的な損傷を受けている可能性が非常に高いのと、いちかばちかでFDISKや物理フォーマットをしても時間がかかるだけになる可能性もあること、そして何よりも、今回の記事では端折りましたが、データが残る可能性をお客様が希望したことです。

物理フォーマットしてしまうと、パソコンはパソコンとして使えても、どう考えてもデータは根こそぎ消えますので。

それに、ウチの基本姿勢は「できるだけ現状復帰」です。
やむをえない事態とお客様の希望以外では、初期化(リカバリ)はしません。

「初期化します。データはお客様の責任でバックアップ願います」なんて常套句は、誰にでも言えることですから。

投稿: ささもと | 2005/07/17 10:36:03

そのHDDも、一部フォーマットがうまくいかなくて、その部分だけパーティションを切って未使用にしています。

こういう事は簡単に出来るのでしょうか?

Drive Fitness Test (日立/IBM製)
SeaTools (Seagate製)
PowerMax(v4.06) (Maxtor製)
FJDT(Fujitsu ATA Diagnostic Tool) (富士通製)の4つを常備する事に決めました。真似して申し訳無いです。

投稿: prtwqq | 2005/11/09 0:23:05

IBMの「PC-Doctor」っていうツールを使えば、多分メーカー関係なく診断できますよー。私はFDD版とCD版と両方常備してよく使ってます。

投稿: レゴラス | 2006/05/17 1:35:49

レゴラス さん

PC-Doctorって名前はちょくちょく聞きますが、改めて調べてみたら、予想通り結構な値段ですね…
http://www.pc-doctor.com/jpstore/catalog/index.php?cPath=17&osCsid=0c6da687e27dedcf556eea231c6ff7d7

対してIBMのものは、フリーソフトなんですね。
http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/SYD0-02BE6F1

さっそく試してみたいと思います。
情報ありがとうございました。

投稿: ささもと | 2006/05/18 7:04:56

試してみましたが、コチラのソフトは同社製PC専用の統合診断ソフトの様です。

> 対してIBMのものは、フリーソフトなんですね。

しかも、当該機種を所有していること。並びに営利目的利用は
禁止されていますので、どのみち業務では使えません。

投稿: 探し物中 | 2007/07/16 20:58:22

Maxtor は、Seagate のブランドになってしまったので、
Seatools で、Maxtor HDDもチェック出来ます。

Seatools で、HDD のデータをゼロクリアする事も出来るので、出先で機密保持用に使っています。

投稿: おさっち | 2007/07/17 1:09:00

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 日本語入力についての追記。 | トップページ | Windowsが起動しない。画面が真っ黒のまま編 »