ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« CD-ROMが読めません。またまた。 | トップページ | exeファイルが実行できません。 »

2005年8月23日 (火)

Browseui.dllが見つかりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

02_AO05今回のトラブルは、ちょっと珍しいトラブルです。

「パソコンが立ち上がらなくなったんです」
…どんな具合に?
「『Browseui.dllが見つかりません』って出て、OKを押しても壁紙表示から先に進みません」
…何か前兆はありましたか?
「はい、終了するときにかかったWindowsUpdateで時間がかかって、途中で電源を切ってしまいました」
…(-_-;)

な、なんちゅうことを…。
でも、同じようなことが以前にもあったなぁ。
同じXPとはいえ、今回のはちょっと様子が違います。
終了するときに更新がかかるということは、すでにSP2がかかっているようです。

お伺いする前にネットで検索して調べましたが、「Browseui.dll」関連のトラブルは、Windows98/MeではいろいろあるBrowseui.dll関連のマイクロソフトのサポート情報はいろいろ出ている)ようですが、どうもXPのトラブルで今回の現象に該当するものがない。

うーむ、どういうことだ?

とりあえず関連情報をいろいろ調べてみると、どうもBrowseui.dllの更新は、WindowsUpdateに関連して何度も行われているようで、トラブル発生のときは、それが見つからないことがまれにあるらしい。
なにやら、同じ名前のバージョン違いなどがいくつもドライブ内に転がったままで放置されているらしい…。
それで助かることがあるならいいけど、不要ファイルをいくつも放置してるってどうよ?みたいな。
とりあえず、フロッピーに入りそうな大きさだったので、ウチのXPのBrowseui.dllをコピーして持っていくことに。

お伺いしてみたら、確かにそのメッセージが出る。
セーフモードもダメだったので、XPのCD-ROMから回復コンソールを起動。
c:\windows\system32フォルダで「dir Browse*.*」と打ち込んでディレクトリ参照。
これでファイル名が「Browse」で始まるもの全てが表示されるはずなのに、Browseui.dllは出てこない。
うーむ、これはホントにファイルがないだけでは?

ということで、持ってきたフロッピーからコピーしようとしたら…できない。
USB接続のドライブは、回復コンソールからは認識してくれないらしい…なんとまぁ(-_-;)

仕方がないので、常備しているWindowsMe起動フロッピーで起動し、コピーして再起動。
(WindowsMe起動フロッピーはかなり使えます。フロッピー2枚ですが、作って置けば重宝します。何度もこれに助けられました。)

…起動しました!!
壁紙表示に続き、デスクトップにアイコンが並び、タスクバーも出てきました!
この程度で復旧してしまって、こっちがびっくりです(笑)

ということで、電源を切って中断されていたWindowsUpdateを再度かけてみたら…なぜか失敗します。
うーむむむむ。
では、失敗した4つの更新を、WindowsUpdateからじゃなく、直接その更新をダウンロードして、手動でインストールしてみることに。
…ダメでした。
4つとも「ファイルが作成できません」と出て止まる。
でも、他の更新はWindowsUpdateからでもすんなり成功。
なんで???

そこで「システムの復元」を試してみた。
今回のトラブル発生直前に、システムが自動的に復元ポイントを作ってくれていたので、そこに戻してみました。
そして再起動。
「変更はありません」
…はぁ?なんで??
とりあえずWindowsUpdateを再度トライ。

…今度は成功しました。
うーむ、「変更はありません」って出たのは、なんだったんだ??
ちゃんと変更されてますよね…。

まぁ何はともあれ、WindowsUpdateも成功し、元通りに復旧しました。
めでたしめでたし。


しかし、いくら急いでいたからとは言え、Updateの途中で電源切っちゃいかんでしょ…。
別にほっといたって壊れたり爆発したりするもんじゃなし、あわてて電源切ることないのに。
…なーんて思うのは、インストールなどの作業で電源入れっぱなしで放置することも多い私らのような技術屋さんだけなんですかね?

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年08月23日(火) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« CD-ROMが読めません。またまた。 | トップページ | exeファイルが実行できません。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5627446/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Browseui.dllが見つかりません。:

コメント

XP SP2で全く同様の症状で困っています。私の場合、復元を何度も繰り返していたらなってしまいました。

この文章を読むと起動フロッピーで解決していますがリカバリCDでいいってことなのでしょうか。でもそのリカバリCDを認識させるすべが分かりません。
やっと解決の糸口が見えたと言うのに…どうか助けてください。

投稿: tako | 2007/02/16 13:13:56

tako さん
起動方法ですが、メーカーによってリカバリCD-ROMも色々種類がありますし、メーカー製のリカバリCD-ROMなら回復コンソール機能はおそらく存在しないでしょう。
DELLのリカバリCD-ROMは、WindowsXPのCD-ROMほぼそのままなので、CD-ROMから起動すれば回復コンソールを起動できますけど…。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/04/post_fa6f.html
XPのCD-ROM以外からの回復コンソール起動方法はこちらの記事中に示してますのでご参照ください。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/01/post_fbc3.html
いずれにしても、別のPCが必要なんですけどね。

システム復元は、過信していると痛い目にあいます。
これで直れば御の字、程度に考えておかないとダメですね。
何度も繰り返していたら、それこそどの時点での状態がどうだったか、なんていうのは、てんでわからなくなります。
そもそもシステム復元をしなければならなくなった状況にも問題はなかったでしょうか?
とりあえず、原因が同じなら、目的のファイルがコピーできれば回復するでしょうけど、保証はできません。
がんばってください。

投稿: ささもと | 2007/02/16 17:14:04

わざわざ私のブログにもコメント頂き恐縮です。商売でやっている人にタダで情報もらうとは申し訳ないです。
私のPCはゲートウエイでリカバリCDはこの場合意味をなさないようですね。回復コンソールを手に入れる必要があるようです。

実はシステムの復元を行ったのはIEEEが何故か突然認識しなくなったのです。で、復元したら直った。しかし、筆グルメのデータも復元されてしまい、それをバックアップするために再び元に復元。バックアップ後、再び復元。そんな次第です。
IEEEが認識しなくなった理由に心当たりがなくビデオカードの故障かと思って復元したら直ったものですから喜んでいたのもつかの間でした(>_<)

回復コンソールCD製作手間かかりそうですがやってみます。ただ今ネットにつないでいるPC、CD壊れているんですよね(T_T) 友人を頼ってみます。近ければお願いしたのですが…もちろん有償で(^_-)

本当にありがとうございましたm(__)m

投稿: tako | 2007/02/16 18:23:42

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« CD-ROMが読めません。またまた。 | トップページ | exeファイルが実行できません。 »