ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Generic Host Process for win32 services のエラー。その後。 | トップページ | WindowsMeが起動しない。たびたび。 »

2005年8月 1日 (月)

ハードディスクの空き容量とInternetExplorer6のオフラインインストール。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

02AL03今回お呼びいただいたのは、起動ドライブの容量が足りないのを何とかしてほしい、という依頼。
仕事上どうしても必要なソフトをインストールしたいのに、Cドライブの空き容量が500メガバイト以上に増やせなくて、インストールができないそうです。

いろいろお聞きしていると、どうも消せるはずのファイルが消せなくて困っているようです。
OSはWindowsMe

これはもしかしてアレですかね…?

同じような現象は、以前にもありました。
このときは、ウィルス対策ソフトが勝手に作っているファイルが原因でした。

とりあえず、変なウィルスやスパイウェアを疑ったが、よくよく聞くと、まったくインターネットにつないでいないらしい。
それならスパイウェアの類は感染するはずもない。
一応、いつもどおりHijackThisを使って起動項目のチェックをしてみたが、怪しそうなファイルは見当たらない。

こりゃ単純に容量を食ってるだけかな。

定番の「C:\windows\TEMP」フォルダやら「Temporary Internet Files」フォルダ(いわゆるインターネット一時ファイル)を処分してみたが、大して容量は増えない。
それでは、と「システムの復元」をチェックしてみた。
あー、やっぱり…。
去年の年明けぐらいからの復元ポイントがたくさん残っている。
ここ半年以上の復元ポイントが消えうせているが、おそらく、容量を増やそうといろいろいじったはずみで消えたんでしょう。
とにかくこんな古い復元ポイントなんてたくさんあっても仕方ないので、一気に消去することにしました。
単純に「システムの復元」機能を止めてしまうだけなんですが。

コントロールパネルの「システム」→「パフォーマンス」タブ→「ファイルシステム」ボタン→「トラブルシューティング」ボタン→「システムの復元を行わない」のチェックを入れる。
これで再起動すれば、「システムの復元」機能は止まり、復元ポイントのファイルはなくなります。

再起動してみたら…ものの見事に空き容量が増えてくれました!
500メガバイトほどだったのに、2.4ギガバイトほどに増えました。
Cドライブ全体で4ギガバイトほどだったので、一気に半分以上もの空き容量になりました。
これだけ空けば、普通のソフトなら、問題なくインストールできるでしょう。
何ともあっけない幕切れでした…。

-----

とりあえず、その仕事用ソフトをインストールするところまでお付き合いすることにしました。
ソフトの必要条件をよく見てみたら、InternetExplorerのバージョンが5.5のSP2以上が必須。
最近こういうの多いですね。
改めてバージョンをチェックしてみようと、例の「e」の字のアイコンをダブルクリック。
なんと、インターネット接続ウィザードが起動。
こりゃ最近最も多いはずの「ホームページからのスパイウェア」なんて、感染するはずもないですね。
適当にウィザードをやり過ごして「ヘルプ」→「バージョン情報」を開く。
InternetExplorerのバージョン5.5の無印。惜しいっ!バージョンアップしなくては。
でも、このパソコンにはブロードバンド環境がない。

ということで、常備している6.0SP1のオフラインバージョンアップファイルを収めたCD-Rで手早くバージョンアップ。
でも、通常だと500キロバイト程度のインストーラーファイルをダウンロードして、あとはインターネット経由で必要なファイルをダウンロードする、というのが通常の手順。
でもこれではインターネット環境がないと現実的には無理。
そこでこんな方法があります。

IE 6.0 SP1のインストール用コンポーネントのダウンロードだけを行う :@IT Windows TIPS

「C:\tmp」に「ie6setup.exe」を通常どおりダウンロードしておき、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」から以下のコマンドを入力(ダブルクォーテーションも全部含めて)。

"C:\tmp\ie6setup.exe" /c:"ie6wzd.exe /d /s:""#E"""

これで各OSごとに「全部入り」のインストールフォルダを作ることができるので、それをCD-Rに焼いておけばOK。

こうすれば、インターネットにつながっていないパソコンでも、CD-Rを利用してInternetExplorer6.0SP1へアップグレードできます。
今回のように、インストールするソフトがInternetExplorerの最新版を必要としているのにインターネット環境がなくてインストールが難しい、という案件は意外と多いので、私はこのCD-Rを常備しています。
インターネット環境があっても、ダウンロードしなくていい分このCD-Rからの方が速かったりするので、こっちを使うことが意外とあります。
なかなか重宝してます。

で、その「仕事に必要なソフト」のインストールは無事できましたが…内容が専門的過ぎて私にはチンプンカンプン(笑)。
一応、導入部まではできたので、後はお任せすることにしました。
実際、こうやってパソコンのお世話をすることは多いのですが、見たこともないソフトまでは使い方のお世話はできませんからねぇ…。
でも、案外、きちんと説明書を読めばいけるものも多いものです。
ただ今回のような専門ソフトにいたっては私でも…(^_^;)

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年08月01日(月) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« Generic Host Process for win32 services のエラー。その後。 | トップページ | WindowsMeが起動しない。たびたび。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5265706/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクの空き容量とInternetExplorer6のオフラインインストール。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Generic Host Process for win32 services のエラー。その後。 | トップページ | WindowsMeが起動しない。たびたび。 »