ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 隊長!HijackThisが通用しませんっ! | トップページ | まただまされた!! »

2005年8月14日 (日)

印刷できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03_AW13こちらは何度かお呼びいただいたお客様からのヘルプコール。

「ちっとも印刷が出ないんです…なんとかなりませんかね?」

印刷できないっていうのは、けっこう多いトラブルです。
なんとなく原因は想像できたんですが…そのとおりでした(^_^;)

一応お得意様なので、電話で無料サービスにしておきました…。
ってか、予定が詰まってて行けなかったんですけどね。

どんな原因だったかというと…。

まずは私の想像した通りだとしたら…アレを確認すればわかります。

「そしたらまずは、プリンタのプロパティを開きましょう。スタートボタンからコントロールパネルを開いて、『プリンタとその他のハードウェア』を開いてください」

「…開きましたか?ではそこで『プリンタとFAX』を開いて…そう、使っているプリンタがあると思いますが、プリンタ名の下に数字は出てませんか?え?30?」

30って…(笑)
30個もプリントジョブが溜まってるってこと?まぁ気持ちはわかりますが(^_^;)

「それでは、そのプリンタのアイコンを…そうですね、ダブルクリックしてください。そしたらかけたプリントのリストが出てくるはずですが、リストの一番上は?…ああ、『印刷中』ですか、やっぱり」

よくよく聞くと、宛名印刷を失敗して、印刷がたくさん出始めて強制的に止めたらしいです。
もうわかりました。原因はそれです。

「ではですねー。そのいっぱい溜まってる印刷を消してしまいましょう。今開いてる印刷リストのウィンドウの『プリンタ(P)』をクリックして、『全てのドキュメントの取り消し(L)』をクリックしてください…はい…リストはなくなりましたか?なくなりましたね。それではきちんと印刷できるかどうかチェックしますね。もう一度『プリンタ(P)』をクリックして、『プロパティ(R)』をクリックしてください…はい、別のウィンドウが開きましたね?じゃ、その中の『テスト ページの印刷(T)』ボタンをクリックしてください」

電話口の向こうで、がーこがーことプリンタが動き出す音がした。
プリンタが無事テスト印刷を開始したようだ。

「出ましたね。はい、これで問題ないでしょう。原因は、印刷途中で止めた印刷指令が詰まっていたからです…」

ってな具合に説明をして、電話を切りました。


まぁ実際、このトラブルって結構多いのです。
これは、パソコンがプリントスプール機能を標準で持つようになって、確かに便利にはなりましたが、「プリントジョブが溜まってて印刷ができない」ということに関して、あまりにも無頓着な作りになっているためです。
いつになったらこういうトラブルが回避できるようになるんでしょうかね…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年08月14日(日) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« 隊長!HijackThisが通用しませんっ! | トップページ | まただまされた!! »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5473404/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷できません。:

コメント

私の場合は「印刷が出来ません」というトラブルは経験した事はありませんが、「印刷ジョブが取り消せません」ってトラブルは意外と有ったりします(^o^;。CPUが目一杯動いているわけでもない、メモリが足り無いわけでもない、でも取り消したいジョブが取り消せない。まあ、どうせWindowsなので多分リソース不足が起きているのでしょうが(って正直本当の原因は追求した事ありません、思い込みです)。でもまあ、こう言うときいつも思います。「ああ、OSって何なんだ」と。まあ、OSもアプリも十羽一絡げで動く今のパソコンの、もっと言うなら30年前のアーキテクチャを踏襲するハードの上で動く事を前提に作られたシステムでは安定性やセキュリティに限界が有るのかもしれません。こういった問題はハードも含めたシステム全体が見直されない限り改善しないのかもしれません(殆ど諦めモード)。出来る事ならこうした問題を解決するような新しいシステムを自分で作りたい気もしますが、まあ夢です(オイラ、電源屋だし)(^_^;。

投稿: LONG | 2005/08/15 21:11:56

LONGさん、いつもありがとうございます。
電源屋さんなんですか?というとスイッチング電源とか?
私もある程度の電気の心得はありますが、どちらかというと弱電のデジタル回路寄りです…。
ですので、スイッチング電源は個人的にはかなり謎めいた回路です(^_^;)

30年前のアーキテクチャを引きずっている、というのは全くもって同感です。
今でもフロッピーでDOSが起動するんですから…。
逆にMacなんて、たった1世代前のOSですら起動できませんからね。
OSとハードウェアが別々に開発されている以上、どうしようもないんでしょうけど。

OSとアプリが一緒くた、確かにそう感じますね。
Windows9x以前や前後あたりは、MS-DOSのアプリとして起動してますからねぇ(笑)

印刷ジョブがなかなか消えないというのは、私も経験あります。
でも、きちんとプリンタをオンラインにしていれば、割と素直に消えてくれますよ。

投稿: ささもと | 2005/08/16 7:28:54

ささもと様、こちらこそいつもご丁寧なお返事を頂き、有難う御座います。そう、今は電源と言うとスィッチング電源が主流ですね。私も多くのこの手の電源装置の開発をしました。でも、電源回路の基本はドロッパ電源なので、ドロッパ電源が理解できればスイッチング電源もそれほど難しくないと思います。両者の違いは如何にリプル(電圧変動)を吸収するか?という具体的手段の違いに過ぎません。ドロッパは余分な電力を熱に変えて捨ててしまう、スイッチングはPWM等の方法で入力から出力に流れるエネルギー量を調節する、ですから(^_^;。

ところで、コンピュータのプロの方から見ればこれからトーシロの私が言う事はかなり奇異に聞こえるかもしれませんが、私が先に言った「OSとアプリが十羽一絡げ」とはWin3.1や9Xの事ではなくて「OSもアプリも全く同じハードウェア上でタイムスライスして動いている」という意味なのです。「別々のハードの上で動いていたっていいじゃないか?」と思いませんか。もっと言うなら、今のパソコンのアーキテクチャは単細胞生物に例えれば「原核細胞」そのもので余りに単純すぎます。つまり、CPU(仁)とチップセット、メモリと言う核にその他グラフィックやUSB等の周辺LSIというソリューション(細胞内体液ですな)があってそれで終わり。ミトコンドリアもゴルジ体も無い(^_^;。「Simple is best」という言葉もありますが、パソコンにとってもうそんな時代は終わったような気がします。ヘンな例えですが、何時になったらパソコンは「真核細胞」になれるのでしょう。「する必要が無い!」なんて言われるとミもフタも無くなりますが(^^;。ムカシカライッテイルコトダガダレモワカッテクレナイ(;_;)

投稿: LONG | 2005/08/16 16:38:41

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 隊長!HijackThisが通用しませんっ! | トップページ | まただまされた!! »