ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 | トップページ | 「STOP:c000021a Unknown Hard Error」で起動できません。 »

2005年9月18日 (日)

AirMacのCATV接続設定。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回のお客さんは、MacとWindowsでのご利用で、CATVへの接続をAirMacExtremeベースステーション(Apple純正の無線LAN内蔵ルーター)で行いたい、とのご依頼。

CATVは、このお客さんは神戸市垂水区なので、エリア的には「ケーブルテレビ神戸」なわけですが、通常CATVの場合は、IPアドレスがDHCPなどによる自動割り当てなので、大した設定はほとんど要らないはずなので、勝手に「楽勝だな」と高をくくってましたが…えらい目に遭いました(T_T)。

まずはお伺いして状況を確認。
現状つながっているのは、見慣れない大きなケーブルモデムにPowerMacG4(デスクトップタイプのMac)がつながっている状態。
OSはMacOS9。
まだ9なら、私でもわかる範囲ですので、こちらでの接続確認はとれました。
ケーブルテレビから自動取得でIPアドレスを割り当ててもらっていました。
当然ながらインターネットもきちんと使えます。
さて、問題はここから。

接続希望は、AirMacExtremeベースステーションにつなぎ替えて、今つながっているPowerMacは有線接続、追加でPowerBookG4(ノートタイプのMac)とWindowsXPのVAIOノートを無線で接続する、というもの。
AirMacExtremeベースステーションにはUSB接続のプリンタを共有できる機能があるので、それの設定も。

とりあえずAirMacExtremeベースステーションの接続をするべく設定をしなければならないのですが、これがなんとMacOSX(10)でないと細かい設定ができないらしい。
よくあるブロードバンドルーターは、たいていブラウザで設定できるので、OS依存は全くないのに、ちょっとこれはいただけないですね…。
仕方がないのでMacOSXの入っているPowerBookG4をいったん有線接続をして、設定変更をやってみました。

AirMacExtremeベースステーションの設定自体は大したことはありませんでしたが…なぜかつながらない。
ケーブルテレビ側からIPアドレスをもらえないのです。

うーん、これは一体どういうことだ?もしかしたら、AirMacExtremeベースステーションの故障か?

原因の切り分けをするべく、手持ちの動作確認用ブロードバンドルーターを持ってきてAirMacExtremeベースステーションに接続して、ケーブルテレビの代わりにブロードバンドルーターからIPアドレスを割り振ってみた。
…最初はうまく行かなかったのですが、何度かやっているうちにAirMacExtremeベースステーションはIPアドレスの割り振りを受け取ってくれました。
ということは、AirMacExtremeベースステーション自身の問題ではなさそうだ。
じゃあなぜつながらないんだろう?

いろいろやっているうちに気がついたのは、どうしたわけかうまく接続ができるのは、最初に接続していたPowerMacのみ。
AirMacExtremeベースステーションはもちろん、PowerBookG4もVAIOノートも、持ってきたブロードバンドルーターも。
何度設定を見ても、つながっているPowerMacはIPアドレスを単に自動取得するだけで、特に変わった設定はしていない。
じゃあなぜPowerMacだけつながる???

完全に行き詰った。
慣れないMacやAirMacExtremeベースステーションのせいにして引き上げるのは簡単だが、VAIOノートや手持ちのルーターの接続ができない原因の説明が付かないので、これでは二度と呼んでもらえない。
よく考えろ。何かあるはずだ。

時間を見てみたら、どうやらまだケーブルテレビのサポートとつながる時間帯だった。
仕方がない、状況を説明して原因が何かあるか聞いてみよう。

サポートの人の回答はなんとも意外な答えだった。
「接続をした機械だけを1時間認識し続けますので、途中で別の機械を接続しても認識されません。」
…えー?他の機械は受け付けないって…そんなのアリ??
「今の機械は…どうも30分前に認識されていますので、つなぎ替えたい機械に替えて、そのまま30分待ってください。それで認識されます」
…うーむ、そんなの初めて聞いたぞ。
でも、サポートがそう言うんなら、30分待つことにしよう。

で、改めて発覚したのが、VAIOノートには無線LANアダプタがないということ。
お客さん自身はMacメインなので、WindowsXPはよくわからないんだそうです…。
仕方がない、どうせ30分待たされるんだから、その間にウチの在庫で持ってたのを取りに戻ろう。

そして無線LANアダプタを持って戻ってきたら…あら不思議。
AirMacExtremeベースステーションはちゃんとつながってるよ…。
サポートのおねーさん、疑ってゴメンナサイ。

ということで、改めてVAIOノートとかの接続設定をしてみた。
とりあえずセキュリティ設定を何もかけずにやってみたら、いともあっさりつながりました。
これでご希望通り、PowerMacデスクトップとPowerBookG4とVAIOノートはインターネットにつながるようになりました。
さて、うまくいったところで、今度はセキュリティ設定(暗号化接続)だ。
…これがまた、うまく行かない。

PowerBookG4は、同じアップルの機械だから、なんら問題なくすんなり暗号化できた。
しかし、VAIOノートとは、どうしたわけかうまくいかない。
どちらでもいけるWEPの64ビットもしくは128ビットでやっているんですが…どうもAirMacExtremeの暗号化設定は、持ってきたWindows用無線LANカード付属のツールではうまく暗号が合わない。

一般的な暗号方式「WEP」の場合、64ビットと128ビットがあり、暗号の文字をあわせればつながるはず。
たとえば64ビットだと、文字だと5文字分(16進数だと10桁)。
128ビットだと、文字だと13文字分(16進数だと26桁)。
本当ならもう3文字分(16進だと6桁、24ビット分)あるのですが、あらかじめ使われているため、64ビットとは言っても40ビットだけ、128ビットだと104ビットだけが暗号として使えます。
参考:無線LANのセキュリティに関するガイドライン改訂版 お客様向けQ&A :JEITA

ところが、AirMacExtremeベースステーションで暗号化設定をしても、VAIOノート側では文字でも16進数でも暗号が通ってくれない。
うーむ、こりゃどうしたことだ?

そうこう悩んでいるうちに、ふとホームページを見ようとしたら…見れない。
AirMacExtremeベースステーションのIPアドレスを確認すると…また取れていない。
時間を見ると…ちょうどあれから1時間。
うーむ、まさか…??

ケーブルテレビのサポートにもう一度電話してみた。
「おかしいですねぇ~。ちょっと確認してみますね…うーん、IPアドレスはいったん取るようですが、1秒で切れてますね…その後も1秒で切断を繰り返していますね」
…うーむむむ、なんじゃそら??
じゃあ、とりあえず持ってきているルーターをつないだらどうなるんだ?
「あ、落ち着いたようです。切断がなくなりましたね」
…えー?も、もしかしたら、AirMacExtremeベースステーションが悪いってこと?
「申し上げにくいですが、そういうことになりますねー。故障しているのかもしれませんが、ファームウェアのアップデートでよくなることもありますので、メーカーのホームページから確認をされてみてはどうでしょうか?」
…しかたない、当面はこれでつなぎます。

とはいえ、無線でないとノートパソコンはしんどいので、ケーブルテレビとつながっているルーターにAirMacExtremeベースステーションをつないでやりました。
今度は何の問題もなく、無線LAN経由でインターネットにつながります。
うーむむむむ。

おそらく、AirMacExtremeベースステーションが、ケーブルテレビの接続方法と相性が悪いということになるようですね。
あまり安易に「相性」という言葉を使いたくはないのですが、ルーターに関しては、どうも意外と微妙らしいのです。
以前にも、某メーカーの無線ブロードバンドルーターで、ADSL接続で何度も接続が切れる、というトラブルがあって、何度もファームウェアを書き換えるなどして対処をしたけど結局直らなくて、メーカーに文句を言うと「すみませんけど、お手上げです。サポートがそう言ったと販売店に返品していただけませんかね?」とさじを投げられたことがありました。
今回のAirMacExtremeベースステーションも、おそらくそれでしょう。
幸いにも、持ち込んだルーターはうまく接続できているようで、それとAirMacExtremeベースステーションとはうまくつながるので、あまり格好良くはないのですが、

   ケーブルモデム
      ↓
   ブロードバンドルーター
      ↓
   AirMacExtremeベースステーション
      ↓
   各パソコン

という接続になりました…。
本来ならこのルーターは動作確認用のメンテナンスパーツとして持っているものなので、お売りできる性質のものではないのですが、どうもこのまま使うのが最も安定しているようなので、お譲りすることにしました。

そして最後に、USBでAirMacExtremeベースステーションにプリンタをつなぎ、共有して使えるようにやってみました。
今はPowerMacデスクトップにつながっていますが、他のパソコンからも使えるようにしたいそうです。
でも、無線でつながっているPowerBookはいいとしても、WindowsXPのVAIOノートからはつながるんだろうか?

心配は無用でした。
それが使えるようなソフトがきっちり提供されていました。

Bonjour for Windows :アップル - サポート - ダウンロード

これを使えば、AirMacExtremeベースステーションにUSBでつながっているプリンタを認識することができるようです。
実際、いともあっさり認識して、無事印刷できるようになりました。
これには驚きでした。
普通は、LANで共有をかけるためのプリンタサーバーっていうのは、専用のドライバを入れた上で、ややこしい接続設定をいろいろやって、ようやくなんとかつながるものだというのが私の認識でしたので、ここまで簡単につながってしまうのはとても意外でした。
この技術は、以前はRendezvous(ランデブー)と呼ばれていたものだと記憶してましたが、どうも最近になってBonjourと名称変更したようです。

Bonjour :アップル - Mac OS X
【レポート】RendezvousとUPnP - IPネットワークで機器をつなぐ2つのプロトコル(1) :MYCOM PC WEB

まぁ要するところ、接続が容易だった今までのAppleTalkに取って代わる技術ということで、名前は聞いていたのですが、てっきりいつものようにMacだけのもので、Windowsは関係ないと思っていました。
やっぱりWindowsだけで凝り固まっているとダメですね。
こういうところでついていけなくなります…。

しかし…いままでつないでいたPowerMacとつながらなくなりました(^_^;)
いろいろ調べましたが、Macの場合は、BonjourはMacOSX10.2(Jaguar)以降でなければダメらしいです。
がっくり。
とりあえずUSB接続ですし、そんなに頻繁に使うわけではないらしく、使うときに切り替えて使うことにするそうです。

しかし、今回はいろいろと勉強になりました…。
ケーブルテレビの1時間ルールに、Bonjour。
たまにはMacもいいもんです(^_^;)

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月18日(日) ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 | トップページ | 「STOP:c000021a Unknown Hard Error」で起動できません。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/6052391/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: AirMacのCATV接続設定。:

コメント

こんにちは。
maru と申します。いつも参考にさせて頂いております。

ISP 側で、接続機器の MAC アドレスを一定の時間保持する件は、他にも行っている所は有ると思います。Yhaoo!BB も機器の MAC アドレスを一定時間保持したと思います。

投稿: maru | 2005/09/22 19:38:21

お疲れ様でした。
障害が複数重なっていると、切り分けに時間がかかるから大変ですよね。

「設置屋」をやってると、WAN側のMAC再認識では結構痛い思いします。
一旦、検証用PCに繋ぎかえると、しばらくお客様PCに繋ぎ変えても…ってね。

最近はYBBモデムも、数回IP release&電源の抜き差しで大丈夫な場合が多いです。

投稿: shino | 2005/09/22 22:31:53

ああ、Yahoo!BBもそうだったんですね。
つなぎかえで何度も再起動を要求されたりで時間がかかると思っていたんですが。
でも、1時間も保持したまんまっていうのは初めてでした。
ケーブルテレビってもともとつなぎっぱなしですから、1時間という時間はセキュリティ的にはいいのでしょうけど、こういうときに、知らなかったら困ることになりますね…。

投稿: ささもと | 2005/09/23 8:00:23

いやあ 毎度毎度ご苦労様です。ここまでやっていくら請求されているのかいささか気にはなりますが、、、
しかし、セキュリティ設定もして、トラブり
機器の設定をしてトラブリ何時間かかりましたか。
まだ、ケーブルテレビのサポトに繋がったからいいですが、そうでなきゃ出もどりですよね。。

投稿: prtwqq | 2005/09/23 19:11:16

私の所でも、同様の現象が出ていて悩んでいます。現状は以下のとおりです。

   ケーブルモデム(219.111.xxx.xxx)
      ↓有線接続
   AirMacExtremeベースステーション(NAT変換→10.0.1.1)
      ↓無線接続
   各パソコン(10.0.1.2, 10.0.1.3, 10.0.1.4, ...)

既存の各パソコン(数台のMacintosh)は、このように接続してDHCPでIPアドレス
を取得できているのですが、ここにWindowsマシンを無線接続で追加しようとし
ても、なぜかIPアドレスが取得できないのです。とりあえず、AirMacExtremeベ
ースステーションから有線接続にすればIPアドレスが取得できるものの、やは
り無線で接続したいということで、試行錯誤しています。

ささもとさんが対応された事例では、各パソコンのIPアドレスはこんな感じで
したでしょうか。だとすれば、ケーブルモデムとAirMacExtremeベースステーシ
ョンの間に普通のブロードバンドルータをかますという方法が使えるかも知れ
ません。この場合、AirMacExtremeベースステーションのWAN側ネットワーク設
定を変えないといけないでしょうけど。

   ケーブルモデム(219.111.xxx.xxx)
      ↓有線接続
   ブロードバンドルータ(NAT変換→192.168.1.1)
      ↓有線接続
   AirMacExtremeベースステーション(NAT変換→10.0.1.1)
      ↓無線接続
   各パソコン(10.0.1.2, 10.0.1.3, 10.0.1.4, ...)

コメントがありましたら、よろしくお願いいたします。

投稿: yamane | 2005/09/24 20:29:06

うーん、状況を拝見する限りでは、単にWindowsマシンが無線でつながっていない感じがします。
まずは無線がつながっているかどうかの確認が必要では?

それとも10.0.x.x形式のアドレスが取れないとか…。
今回のお客さんのところでは、ベースステーションを192.168.x.x形式に設定しました。
あまり関係ないとは思いますが…。

ちなみに、その状況ならルーターの2段重ねはまったく関係ないと思います。

投稿: ささもと | 2005/09/24 23:27:56

> うーん、状況を拝見する限りでは、単にWindowsマシンが無線でつながっていない感じがします。

そうなんです。早とちりしていましたが、同様の現象ではありませんでした。

> まずは無線がつながっているかどうかの確認が必要では?

今、手元に環境が無いのですが、Windowsマシン上でAirMac側のMAC Addressも見えているし、確かにつながっているはずです。

> それとも10.0.x.x形式のアドレスが取れないとか…。

10.0.x.x形式のアドレスは取れるはずです。有線だと取れるけど、無線だと取れないんです。ひょっとして、有線の自動取得でタイムアウトしているのかも(LANカードはあるけどつながってない)。OSはWindows Meです。

> 今回のお客さんのところでは、ベースステーションを192.168.x.x形式に設定しました。
あまり関係ないとは思いますが…。

確かに関係無さそうですね。

> ちなみに、その状況ならルーターの2段重ねはまったく関係ないと思います。

御意です。

投稿: yamane | 2005/09/25 3:54:41

>今、手元に環境が無いのですが、Windowsマシン上でAirMac側のMAC Addressも見えているし、確かにつながっているはずです。

MACアドレスが見えているとは?
何で確認したのでしょう?
ちなみに無線LANアダプタの機種名は?

どうも無線がつながっていない(通信ができていない)だけのような気がするのですが。
つながっているのにIPアドレスの取得ができないのは、暗号化がかかっているか、アクセス制限がかかっているか、という気もします。
ベースステーションのリセットは試されましたか?
まさかとは思いますが、セキュリティ対策ソフトがはじいているとか。
セキュリティ対策ソフトは外して確認したほうがいいですよ。
つながってから設定したほうがいいと思います。

投稿: ささもと | 2005/09/25 6:53:38

すばやい対応ありがとうございます。

MACアドレスは、実はリヌックスマシンでも試していて、iwlistの出力結果で
Access Point: xx:xx:xx:xx:xx:xx
と表示されるんです。それとごっちゃになっていたかも知れません。

Windows Meの方でも、無線アダプタ添付のドライバ&設定ソフトによる状況画面で、ESS-IDやパスワードを入力すると、信号強度とか表示されていたはずなので、通信自体はできていたと思います。

無線アダプタの機種名とか、詳細な設定状況は、実機環境にて確認する必要があるので、しばしお待ちください。m(_ _)m

投稿: yamane | 2005/09/25 9:50:56

初めまして、Tです。
私も以前、ルータ設置案件で、IP再取得出来ず、J-COMサポートへ連絡したところ、「再取得には2時間かかる」と言われましたが、そんなに待てませんとお願いしたところ、局側で解放・再取得の作業をして頂けました。

投稿: T | 2005/09/25 20:41:29

Tさんへ

はじめまして。
そうです、省略してましたが、2回目の電話のときは、さすがに時間弱また待ってくれと言うのは気が引けたのか、サポートのおねーさんが気を利かせてくれて、開放・再取得をしてくれました。
まぁ本来は、本人かどうかの確認が取れなければ、言われたからといって誰彼かまわず電話で開放作業してたんじゃ、あまり意味がありませんからねぇ。

なんか設置屋さんの情報交換所みたいになりましたね(笑)

yamaneさんへ

無線LANのカードの設定ソフトの表示状況がわかれば、原因の切り分けは可能なはずです。
また、そのカードでの通信実績があるかどうかもポイントです。
まれにですが、カードが初期不良だった、なんてこともありますからね。実際私はありましたので。
あとはドライバやファームウェアの更新。
古いと不具合を抱えていることは珍しくありませんので。
特にバッファローは…。

あと、初めての接続確認なら暗号化は外したほうがいいでしょう。
今回の私のトラブルのように、暗号化方式を認識できずに暗号化での接続ができない、ということもありますので。

投稿: ささもと | 2005/09/25 21:03:22

難しい内容の話されてますねえ。良く理解出来かねますよ。

投稿: いっぴ | 2005/09/25 22:26:30

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 | トップページ | 「STOP:c000021a Unknown Hard Error」で起動できません。 »