ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンがないのをなんとかする。 | トップページ | タッチタイプの必要性。 »

2005年9月25日 (日)

必要最低限のパソコンの性能。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

最近のトラブル対応をしていて思うのですが、パソコンは季節ごとに新しい機種が出るとか、ムーアの法則はまだ成立しているとか、IT業界は他の業界の7倍の進化なのでドッグイヤーだとか、何だかんだ言いながら、いまだにWindows98パソコンやWindowsMeパソコンの修理依頼があとを絶たないのはなぜなのか?

簡単な話です。
Windows98パソコンでも充分実用になるからです。

パーツ屋さんに足繁く通い、動作周波数が3ギガヘルツを超えるCPUが世の中を席巻していると信じて疑わないパソコンオタクの人には笑われるかも知れませんが、これは事実です。
本来、普通の人は、その一桁下の動作周波数のCPUでも充分なのです。

おそらくパソコンを使うであろう人口の70パーセント以上を占める「自称初心者」の要求は、

  ・エクセルやワードが使えればよい。
  ・メールの送受信や普通のホームページが見れる程度でよい。
  ・デジカメのデータの保存や印刷ができればよい。
  ・年賀状の印刷ができればよい。
  ・できたらDVDが見られればよい。

この程度のものです。

ホームページは、InternetExplorerの6.0SP1が動作するならば、現在のホームページのほとんどは問題なく閲覧可能です。
エクセルやワードも、最新バージョンである必要は全くなく、それなりの計算や文章レイアウトが普通にこなせれば何の問題もない。バージョンで言えば、Office2000あたりで充分です。
デジカメのデータ処理も、USBが使えてドライバが対応していれば全く問題ありませんし、年賀状印刷も最新のソフトでなくても困ることはほとんどない。あえて言えば、郵便番号が7桁に対応してないソフトでは困るという程度。

ちょっと詳しい人ならお分かりですよね。
これらを満たしているのは、Windows98が出現してしばらくたった頃のパソコン、性能的には、動作周波数400~500メガヘルツのセレロンもしくはK6-3もしくはペンティアム3あたりになります。

つまり、1999年頃のパソコンで充分事足りているのです。

DVDにしても、最初からDVDを使えるドライブが内蔵され始めたのはこの頃ですし、同時に別のソフトを使うなどよほど負荷をかけなければ、コマ落ちするほど再生に支障が出ることも少ないです。
たとえドライブがDVDに対応していなくても、デスクトップパソコンならドライブを交換して使えます。

つまり、「自称初心者」の要求するスペックなんて、この程度のものなのです。

とはいえ、今「ほとんどパソコンに触れたことがない」という「超初心者」にWindows98のパソコンを与えるのは酷です。
なぜなら、パソコン教室に習いに行くにも、教室で教えているのはWindowsXPがほとんどですし、市販で手に入りやすい参考書もほとんどはWindowsXP対応です。
しかし、そういうパソコンを与えた人がきちんとフォローをするならば、Windows98のパソコンでも充分です。

繰り返しますが、「与えた人がフォローするならば」です。

よくいるのは、自分がもっと高性能のパソコンを手に入れたからといって、この時期のパソコンを「初心者にはこれで充分だ。えいやっ」と処分を押し付ける、という人。
今はパソコンを処分するにはお金がかかりますからねぇ。
要は「初心者に善意で譲った」のではなく「邪魔だから処分した」という感覚なので、わからないところとかトラブルなどをフォローする気が毛頭ない。
そういうパソコンを押し付けられたご年配のお客さんが何人も居られました。
身内に気兼ねして、結局タウンページなどで私の電話番号を探して電話してこられた、というのが真相。

何度も繰り返しますが、「初心者に古いパソコンを与えるなら、きちんとフォローすること」

まぁ、そういう人がフォローしないので私の仕事がある、と言ってしまえばそれまでなんですが(笑)
少なくとも、使わなくなったパソコンは、責任を持って処分してほしいものです。

閑話休題。

最新のWindowsXPのパソコンになったら、何がいいのか。
テレビ録画ができたり、携帯プレイヤーに音楽を入れられたり、DVD作成ができたり。
でも、そういうのが要らなくて、先の要求項目程度なら、最新のものは要らないのです。
今買える初心者向けエントリー機でも、性能的には充分すぎます。

結局は、ソフト・ハードの製作側の都合以外の何物でもないのです。
必要以上の機能をつけるために、必要以上の性能を消費する。
よく考えてください。
メールしてエクセル・ワードなどの添付文書の編集だけで、ペンティアム4の3ギガとか必要ですか?

でも、今新品のメーカー製パソコンを買うとしたら、そういった高性能なものしか買えません。
メーカーには、必要充分な性能で廉価なパソコンを、という考えは全くありません。
そもそもWindowsもLinuxも、そういう進化したパソコンを前提に設計され、進化しています。
でも、前述の通り、CPUの動作周波数はたかだか1ギガでも、必要にして充分な性能なのです。
それをターゲットにしたOSを一般向けに出してくれればいいのに、と思いますよね。
しかし、本来はそれは無理な注文です。
パソコンは、どんどん低価格になってきていますので、売る方はどんどん利益が細っています。
そこにロースペックでも充分動くOSなんかを出されたら、買い替え需要をストップすることになり、たまったものではないのです。

ところが、「セキュリティ対策の観点から」という名目で、マイクロソフトは重い腰をあげてペンティアム2ででもまともに動くように設計された、簡易型のWindowsXPを開発中です。その名もEiger。
そろそろ出てきてもいい頃ですが、どれほどのものか期待しています。
まともに動くものであれば、中古市場がかなり活況になる可能性がありますね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月25日(日) パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンがないのをなんとかする。 | トップページ | タッチタイプの必要性。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/6117819/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 必要最低限のパソコンの性能。:

» 初心者とパソコン トラックバック manabiBlog
最近良くお邪魔させて頂いている、ブログが有ります。 パソコントラブル出張修理・サ 続きを読む

受信: 2005/10/01 21:20:22

» 新品パソコンをシニア初心者は購入しましょう トラックバック 熟年パソコン教室 〜シニアのパソコン生活を応援したい〜
シニアのためのパソコン選び で、言いたいことは全部書いたつもりでしたが、やはり、落ちがありました。 prtwqqさんがコメント欄で「いきなり買っても使えないでしょうねえ。まずは3万程度の中古で息子さんなりにある程度教わって、自信が付けば新パソを買えばどうでしょうか?宝の持ち腐れになっている最新?モデルが何と多いことか?サポトで訪問する度に感じます。」 と言われていますが、どうぞ、それだけはご勘弁下さい。シニアが初めてパソコンを買うときは新品パソコンを買いましょう。間違っても中古機... 続きを読む

受信: 2005/10/21 20:49:27

コメント

ども、久々にアクセスしていますLONGです。私も未だにWin98マシンを使っています。まあ、XPマシンも使ってますが。で、この98マシンを使おうとしたときに気をつけなければならないのは、周辺機器も余り繋げないことも忘れてはいけないと思います。とくにこの頃のUSBは遅いのでUSB2.0カードを増設したくなりますが、これが結構割り込みでプロセスを占有するみたいで、エライ重くなる場合があります。家でもコイツを接続して使っていますが、接続前と後で格段に処理スピートが違ってしまい面食らった覚えがあります。凄いアップアップ状態になってオーディオすらマトモに鳴らなくなってしまいました。そうそう、こういう古いマシンでは最新のセキュリティソフトには注意した方が良いです。少なくとも「?orton2005」は重くて参りました。結局アンインストール>はぁ。

PS:そんな事書いてますが家のノート(AMD K6-III)にはゴチャゴチャと周辺機器が繋がっています。そら遅くなるわなぁ>ついでにリソースもパンパン(^^;。しかし、こんなモンスターマシンのリソースを使い切ってしまうソフト郡って一体・・・・・。

投稿: LONG | 2005/10/02 3:47:27

Eigerはその後発売の目処は立ちましたか?あまり期待してないですが、、
この記事を再読しましたが何度も頷きました。
逆に聞きますが、3G必要なパソコンの操作は何ですか?3Gを要求するような。考えましたが、思い付きませんでした。今のPC販売しても赤字らしいので富士通等が哀れにも最近思うようになりましたね。本当は撤退したいでしょうね。

投稿: prtwqq | 2005/12/18 19:56:52

prtwqq さん

>3G必要なパソコンの操作は何ですか?

ぱっと思いつくところでは、CG処理とか、動画のエンコードでしょうね。
これらは速ければ速いほど快適になります。
ネットやメール、エクセルやワード程度なら、記事にあるとおりで1GHz程度でも充分すぎるぐらいにこなせますね。
現実に、ノートパソコンなんかは、最新のものでも1.2GHzとか珍しくありませんから。
まぁ、デュアルコアなどでCPUチップ自体の処理能力が上がっていたりするので、必ずしもクロック数が高ければいい、というものでもなくなってきたのでしょうけど。

投稿: ささもと | 2005/12/19 10:10:41

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンがないのをなんとかする。 | トップページ | タッチタイプの必要性。 »