ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« メールの受信はできるのにメールの送信ができない。その2 | トップページ | 今年も来ました振込用紙。 »

2005年9月13日 (火)

ネット上の良心を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ふと以前の記事を改めて読み返していました。
それに関連して、ネット上の実名・ハンドル名の是非の話がありました。

「雑記/えもじならべあそび」「鳥小屋視聴記」両方の更新を明示的に停止、全記事の査読を行います。 :雑記/えもじならべあそび(飛鳥カナ配列で綴る、無変換な日記)
ここへのトラックバック記事としての
実名とハンドル :みかログ

※先に書いておきますが、喧嘩を売っているわけではありませんので念のため。

私が考えるに、実名でもハンドル名でも、あるいは匿名でも、自身の発言に関しては、(実際にペナルティが本人に到達するかどうかは別として)心無い発言は慎むべきと考えます。

ただ、この記事やそれにコメントいただいた人たちと私との決定的な違いがひとつだけあります。
それは、なぜその名前で発言しているか、という理由。


コメントをいただいた他の人と違って、私はその名前で商売をしているということ。

芸能人じゃあるまいし、住所を隠した上で、本名までも隠した「ハンドル名」だけで商売ができるほど、世の中甘くはありません(芸能人を見下しているわけではありません、念のため)
私のように零細規模の商売で、実名を隠し住所も公開しないのであれば、全く信用されませんので商売になりません。
(現実に、このブログを見て、実績を評価してくれた上でお呼びいただいた人も少なからずおられます) 

ですので、私は趣味でブログを書いている人全員に実名公表を押し付けているわけではありません。

ただ、匿名掲示板などでひねくれた一行コメントを書いている人を見ていればわかりますが、説得力などかけらもありません。
ウチのブログにも時々匿名の一行コメントが入ることがありますが、最近は無視or削除です。
一行コメントなんて、漫才の「ツッコミ」みたいに単なる「ネタ」程度の低レベルなものしかありませんから。
(書き込んだ本人は「会心の一撃」のつもりでいるんでしょうけどね…残念!)

とはいえ、同じ匿名でも長文で説得力のある書き込みをする人もいますし、実名でも説得力のない文章しかかけない人も大勢います。
そういう意味では、確かに実名でもハンドル名でも関係ありません。
それこそ、説得力があってもなくても。
インターネットでは、いくらでもウソの名前を使えますし、大ウソをガンガン主張することだって可能です。
あることないことを書きまくる提灯記事しかり、偏見に満ち溢れた中傷記事しかり。
だからこそ、書いてあることが正しいことであるかどうかは、ある程度判断するための知恵が必要になります。
書いてあることが正しいかどうかとか、説得力があるかないかなんていうのは、肩書きや、実名/匿名なんて、大した問題ではありません。

-----

なにやら「同姓同名がいたら」なんて意見も出ているようですが、それこそハンドル名なんて同じ名を考える人は意外といます。
kazuとかhiroなんて最たるもの。実名に絡めてkazuもしくはhiroを名乗れる人が日本人の三割ほどいるという説もあるというのもあながちウソではないでしょう。
本当にオリジナルにしたいのであれば、いくらでも「他人が絶対使わない名前」ぐらいは作れるものです。たとえば、LANアダプタのMACアドレスなんかは世界で唯一です。でもそんなの使う人いないでしょうけど…。

余談ですが、独身のころ住んでいたところで、同じ町内に同姓同名の人がいました。電話帳に載っていましたので間違いありません。しかも電話番号はたったの10番違い。そんな偶然ってあるもんなんだとびっくりでした。結局会わないままでしたが。

ハンドル名や実名が唯一無二かどうかなんて、たいしたことではありません。
コミュニティが違っても同じハンドル名がいないとは限らないのです。
実際、自分の名前が「世界中で完全に唯一無二」でなければならない必要性なんてどこにもないのですから。
私は、「数十万人に一人」程度のでも充分じゃないかと思います。
ハンドル名に関しては、ネット上ではハンドル名(もしくはID)が、その人の存在証明でもある場合があるわけですから、それを使うコミュニティの中では同じものがあっては困るでしょう。
この場合、すでに使われている名前は使えませんので、適当に違う名前に変える必要がありますよね。

でも、どんな名を名乗ろうが、「自分という存在」は唯一無二です。それだけは厳然たる事実です。
それを忘れなければ、おのずと答えは見えてきます。

-----

前の記事にもちょっと触れましたが、ホームページもブログも持たず、ましてや実名も住所も公開していない人は、得てして心無い行動を取りがちです。
相手に声が届かないクルマの中「ゴルァ!はよどかんかい!」とか叫ぶ心理と同じです。
たとえ失礼極まりない言動をしても、余程のことでもない限り、なんらペナルティを負うことがないからです。
匿名でのひねくれた見苦しい一行コメントなんて、その域を出ませんので論外ですね。
とはいえ、匿名だから許されるってもんじゃないですがね。
そういう発言の吹き溜まりである某巨大掲示板は、一つ一つの一行コメントだけ取ってみれば、それ自体に何の力もないのですが、「それなりの数」がまとまるからこそ意味があるのです。
…選挙と似てますね(笑)。

-----

いろいろ書きましたが、ネット上では「実名がバレないから」と無礼な言動を平気でして、良心がとがめない人が大勢いるという現状は、とても寂しいことだと思います。
自分の本当の名前を取ってしまうと、心まで失ってしまうものなのかもしれません。
…って、「千と千尋の神隠し」でもそういう台詞があったような。
「雑記/えもじならべあそび(飛鳥カナ配列で綴る、無変換な日記)」のかえでさんは、そんな中で「良心」を持たれている、数少ない人だと思います。時々「筆がすべる」ようですが…(^_^;

実名を名乗るかどうかについて言えば、それは責任うんぬんの問題ではなく、「良心」を持った接し方がネット上ででもできるかどうかがもっとも大きな問題ではないでしょうか?
単なる「名無しさん」では所詮無理ですが、実名・ハンドル名関係なく、固定名を使うのであれば、お互いの存在を尊重し合えるように、「良心」を持った言動ができないものだろうか、と思っています。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月13日(火) パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« メールの受信はできるのにメールの送信ができない。その2 | トップページ | 今年も来ました振込用紙。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5910362/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ネット上の良心を考える。:

» Re:ネット上の良心を考える。 トラックバック 雑記/えもじならべあそび(飛鳥カナ配列で綴る、無変換な日記)
(言及先:[http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/09/post_6b4d.html:title=ネット上の良心を考える。])  トラバいただきありがとうございます。  ええと…私、最近にもまた(明らかに滑ったコメントを書いてしまい)人様にご迷惑をおかけしてしまったばかりでして、正直言いまして本件に関してそうそう言及できる立場ではありません。  現在、ようやくその状況を把握してコメントできるようになり、お許しも頂いたところですが、再び「... 続きを読む

受信: 2005/09/14 14:48:49

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« メールの受信はできるのにメールの送信ができない。その2 | トップページ | 今年も来ました振込用紙。 »