ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« とりあえずダイヤルアップで。 | トップページ | まだまだいるいるNetsky。 »

2005年9月 4日 (日)

ハードディスクのデータを取り出したい!

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回は、ちょっと失敗した話…。
とは言っても、作業の失敗じゃなく、準備で。

「ノートパソコンが起動しなくなったんです。電源を入れても、メーカーロゴが出ないで真っ暗のまま。全く起動せずに、カッコカッコという音が繰り返し鳴って起動しません。ハードディスクは簡単に外れるので、外したんですけどカッコカッコ言うだけで起動しません…」

うーむ、これは以前にもあったような。
その時は、ACアダプタの電圧がきちんと出てなくて、新しいのと交換したら直った、っていうのでしたが…

とりあえずお伺いしました。
どうだったかというと…

現地で真っ先に確認したのは、当然ながらACアダプタの電圧。
19Vのアダプタで、19V出てました…。
こりゃ壊れてなさそうだな…。
まぁ、ノートパソコンの負荷がかかったら電圧がドロップして使えない、ということも無いではないだろうけど。
以前のトラブルのときは、カッコカッコ言ってるときは、電源ランプも弱弱しく点滅してましたが、今回ははっきりくっきり点灯してます。
本当なら負荷をかけて電圧を測るなり、別の正常なアダプタをつなぐなりして確認するところですが、電圧測定に関してはちょっとそこまではできそうにないし、同じ電圧の別のアダプタ(ソニーのVAIO用)は持ってきたんですが、なんとコネクタの形状が違う!!
丸型コネクタだったまでは同じだけど、ソニーのはいわゆる標準規格なんですが、NECのは違うんです。
NECのバカ~!!またこんなとこで意味も無く独自規格を使いやがる…。

こういう仕事するまでは、独自規格はソニーの専売特許かと思ってましたが、NECはこっそりとそれ以上の独自路線ですね。
よく考えたら、最後の最後までAT互換機路線になびかなかったのはNECのPC-98xxシリーズだったのですし、なんとかAT互換機路線になってからも、あれやこれやと独自規格が残っていて、やりにくいことこの上無しです。
携帯電話だってそうです。
NEC製の携帯電話は、ドコモだと2つ折タイプで唯一、閉じた時の正位置が「ヒンジが下」なのです。
これだと、開いた状態から閉じた状態になった時、上下が逆さまになってしまうのです。
蓋側にアンテナが付いている以上、こういうデザインは仕方がないのですが、背面液晶が重要な意味を持ち始めると、この辺は好みの問題だとは言いづらくなってきます。
基本的には、背面液晶にも役割を持たせるには、閉じた時も「ヒンジが上」という正位置のデザインの方が圧倒的に使いやすいはずなのです。
いくらドコモの中でもNが多数派だからって…。
まぁその辺は置いといて。

とにかくノートパソコン自体の起動しない原因は、どうも電源管理回路まわりらしいので、お客さんもメーカーに電話したときに言われた「ACアダプタとバッテリを外して放置」を試したらしいのですが、ダメだったそうです。
こうなるともう、メーカー修理しかありません。
でも、メーカー修理だと、中のデータは戻ってきません。

メーカーにとって、大事なのは「出荷時の状態で動作すること」であり、中にどんなデータが入っているかは一切問題にならないのです。
ですので、ハードディスクなんか平気で初期化します。
ウィルス感染の可能性や駆除方法をいちいち調査するよりは、初期化したほうが簡単確実安全に、出荷時の状態に戻せるからです。

メーカーさん、いつまでもそんなことでいいんですか???

で、そのハードディクス内のデータ取り出しを行うわけですが…。
別件でWindows2000搭載のメンテナンス機を仕事場で使っていましたので、今回持ってきたのはWindows98搭載のメンテナンス機

まずは、ドライブが生きているかどうかの確認。
チェック用プログラムを走らせて確認したところ、どうやら生きているようです。
しかし、問題はディスクのフォーマットタイプ
WindowsXPプリインストール機の場合は、基本的にNTFSフォーマット
これは、WindowsNT/2000/XPでなければ読み書きできないのです。

一応、メンテナンス機にインストールしているバックアップソフトは、NTFSもOKなんですが、パーティション丸ごとのバックアップが必要です。
基本的に、バックアップするファイルはわかっているそうで、これでは効率が悪い。
しかも、NECのWindowxXPプリインストール機は、リカバリ用のシステムをハードディスク内に持っています。
おなじやるなら、ハードディスク丸ごとでバックアップした方が安全です。
しかし、それではかなり時間がかかります。
下手すると一晩かかります。

たまたま重なった別件がなければ、Windows2000のメンテナンス機を持ってきて、NTFSフォーマットのドライブから別ドライブへすぐにデータ移動ができたのに…。
運が悪いとしか言いようがありません。

今回は結局、「ハードディスクは生きている」ということの確認のみとなりました。
お客さんには申し訳ないことをしてしまいました…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月04日(日) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« とりあえずダイヤルアップで。 | トップページ | まだまだいるいるNetsky。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5816730/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクのデータを取り出したい!:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« とりあえずダイヤルアップで。 | トップページ | まだまだいるいるNetsky。 »