ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« タッチタイプの必要性。 | トップページ | ISDNのTAのUSB設定。 »

2005年9月27日 (火)

SonyのVAIOカスタマーセンターへ連絡したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回は解決に至らなかったんですが、修理の際の教訓となる出来事がひとつ。

今回のトラブルは、ソニーのバイオノート。
電源が入らなくなったそうです。
WindowsMeなのですが、なにやら調子がおかしくなり、電源を強制切断したら、例によってスキャンディスクが起動し、チェックに時間がかかるので放置していたら、勝手に電源が切れていたとか。
それっきり、全く電源が入らなくなったそうです。

でも、ノートパソコンの電源関連のトラブルって、ウチでは手が出ない部分のひとつなんですよね。
ただ、以前お伺いしたお客さんでもあり、原因の切り分けぐらいはして差し上げたほうがいいでしょう、ということで、お伺いいたしました。
しかし、その先に待っていたのは、「ATフィールド」…いや(笑)「メーカー自ら作った壁」でした。

-----

とりあえず現象確認。

まずはACアダプタの電圧チェック。
19.5Vのアダプタですが、19.8Vで安定しています。
本来なら何らかの負荷をかけてチェックしないとはっきりしたところはわかりませんが、本当にダメなら、この時点で電圧がふらついていたりしますので、ACアダプタはおそらく大丈夫でしょう。

私はポケットサイズのデジタル表示のテスターを工具カバンに常備しています。
今回のような電圧のチェックや、ヒューズなどの導通チェックに使えますので、かなり重宝しています。
というよりは、こういう仕事してたら、持ってないとダメかも。

で、そのACアダプタをVAIOノートにつなぎ、電源ボタンを押してみる。
…うんともすんともいいません。

ではよくやる手をやってみましょう。
ACアダプタを外し、バッテリーを外して…って、え???
バッテリーないじゃん!!
バッテリーがあるはずのところに、バッテリーが入っていません。
うーむむむむ。
まぁWindowsMeの時期のだから、もうバッテリーがへたっててもおかしくはないんだろうけど…。
ということは、バッテリー外して電源がない状態でしばらく放置、という手は確認済みってことね…。
以前にあったウチのVAIOノートの件では、逆に電源をつないでしばらく充電しないとダメ、というのもありましたが、たまたまお客さんのお宅にあったもう一台のパソコンで検索をかけてみると、どうやら放電させるタイプの方なので、これはもうメーカー修理がほぼ決定ですね。

ということで、「メーカーに修理に出してくださいね」で帰ろうと思ったんですが…。

「どこに言えばいいんですかね?」

うーん、どうせついでだ。ソニーの修理受付の電話番号をホームページから探し出せば…って、載ってねぇよ!!
ホームページでは、トラブルの現象をフローチャートで追って、最終的にVAIOカスタマーリンクへ連絡を、となるんだけど、電話連絡の方法というところをクリックすると、「電話番号は説明書に書いてあるからそっちを見てね」みたいなことが書いてあります…ってお客さん、説明書探してますよ(^_^;
散々探しましたが、どーも引越しのはずみかなにかでどこかへやってしまったらしい。
まぁ「説明書をなくしました」なんてありがちな話ですが、連絡先の電話番号がホームページに書かれていないなんて、夢にも思いませんでしたよ…。
で、VAIOカスタマーリンクへ問い合わせをするには、「あらかじめ「VAIO カスタマーご登録」しておくことが必要です。」だそうです。
なんちゅう面倒くさいことをさせるんじゃ…。

ウチのVAIOノートは、一応カスタマー登録していたんで、この電話番号は仕事場へ戻ればわかるのですが、お客さんの方はどうなんだろう?カスタマー登録していないなら教えるべきではないんだろうか?とか思っていたら、「ありましたありました!カスタマー登録の封筒がありました!」とのこと。
とりあえずこれでこのお客さんも無事修理に出せそうです。
よかったよかった。

しかし、新品で買ったのならまだしも、中古で買った人はいったいどうなるんだろう?
ソフマップみたいに修理受付がしっかりしている中古ショップは、販売店に持って行けるのでまだいいんですが、遠方に引っ越して販売店対応が難しい場合だとか、その辺の小さな中古ショップだとか、最近よくあるオークションの個人売買なんかだと、販売者にフォローさせるのは厳しいです。
つまり、新品で買った人以外は客だと思っていないようです。
それってどうなんでしょうねぇ…。

ということで、VAIOカスタマーリンク修理窓口の電話番号はこちら。
ソニーは公開したくないらしいので一応伏字にしておきます。

○466-3○-3○3○

あくまで伏字ですので、お間違えなきよう(笑)
こらこら、そこのキミ!「伏字になっとらん」とか余計なことを言わないように!(笑)
でも、たとえ電話しても、カスタマー登録がなければおそらく相手にされないと思いますが。

しかし、メーカーサポート体制がいつまでもこんな状態では、パソコンが「家電並み」になるのはずっと先の話でしょうね…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月27日(火) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« タッチタイプの必要性。 | トップページ | ISDNのTAのUSB設定。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/6152916/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: SonyのVAIOカスタマーセンターへ連絡したい。:

コメント

ポケットサイズのデジタル表示のテスター
は、日本橋などを回れば売っていますか??

投稿: fetr | 2005/09/30 10:52:01

 お近くのホームセンター、もしくはチェーン展開している家電店などですと、品種は少ないものの取り扱っているかもしれません(私はホームセンターで購入しました)。
 同じ棚に「みのむしクリップが両端に付いた5色組程度の電線」が陳列されていましたら、それも一緒に購入しておきますと、何かと便利に使えます。

投稿: かえで(yfi) | 2005/09/30 12:34:53

かえでさん、毎度どうも。

そうですね、ホームセンターあたりに売っていることもあるかもしれません。
日本橋あたりでも、抵抗やトランジスタなどを売っている電子パーツ関連の店を探せばあると思いますよ。

ミノムシクリップですか…かえでさんもかなり通ですね(笑)
私自身、最近はそういうのが活躍する場面が減りましたが、会社勤めの頃は、テスター針がぷすっと刺さるタイプのソケットを使って、反対側がミノムシクリップだったり、さらに細い針だったり、といったアタッチメントを使っていました。
基板上のICの電圧とかをトレースしていた時期もありましたが、最近はもうそんな単純な回路のほうが珍しいですので、ユニットごとの交換ですね…。

投稿: ささもと | 2005/09/30 15:41:09

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« タッチタイプの必要性。 | トップページ | ISDNのTAのUSB設定。 »