ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« とっても難しい、ウイルス対策ソフトの更新。 | トップページ | 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 »

2005年9月16日 (金)

Windowsが起動しない。SYSTEMが壊れている編

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回のトラブルは、起動しなくなったパソコンからデータの取り出しをして欲しい、という依頼。

データの取り出しは、パソコンからハードディスクを取り出して別のパソコンに接続すればできることなので、依頼とあらばやってますが、それよりも起動しなくなった原因を何とかした方がいいんじゃないかと思い、状況を聞いてみた。
電源が入って起動しようとはしているが、こんなエラーが出るそうな。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

出た…こりゃやっかいだなぁ。
とりあえずデータバックアップをするための準備をしてお伺いしました。

今回のパソコンは、デルのWindowsXPプリインストールのノートパソコン。

電源を入れてみると、確かに例のエラーメッセージで止まっている。
これは以前の記事にも書きましたが、このメッセージが出て壊れたファイルは、とある場所にバックアップが置いてあります。
それをコピーすれば、とりあえずは復旧する可能性があります。
しかし、メーカーもののパソコンの場合は、運が悪いと再インストールしか道がないという事態に陥る可能性もあるという諸刃の剣。素人にはお勧めできない。

レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法 文書番号 : 307545 :マイクロソフト サポートオンライン

このエラーが出る場合というのは、得てしてハードディスクのトラブルで発生する場合が多いようです。
物理的な損傷や、書き込みミスによるエラーなど。
安直にバックアップファイルのコピーから入らずに、かならずディスクのチェックから入った方が安全かつ確実です。
私の場合は、メーカー別のハードディスク診断ツールをフロッピーに入れて常備してます。
今回もそれを使っての診断をしてみました。

やはりエラーがあったようです。
診断ツールはEraseDiskSectorRepairをするように言ってきました。
もちろんSectorRepairです。

この作業には時間がかかるので、その間に例によって雑談。
以前、別のお客さんのところで引き取ってきた、修復不能のノート用ハードディスクのふたを開けたものを見せて、中身はこんな状態で、とてもデリケートなものだ、ということを説明して差し上げました。
実物を見せると、やはり説得力があります(^-^)
そうこうしている間に、SectorRepairが完了。無事できたようだ。
診断フロッピーを取り出して、祈るような気持ちで再起動。

…無事起動しました!!

ここまでくれば、とりあえずは大丈夫でしょう。
無事起動している間に、バックアップを取ってもらうことにしました。
「とにかく起動しているうちにバックアップ」は、こういうトラブルの鉄則です。
以前も、無事起動したまではいいけど、いろいろいじっているうちにまた起動できなくなった、なんて事態はありましたから。
このお客さんのご希望のデータは、デジカメのデータでした。
最新の分だけバックアップする前だったそうです。
これで無事完了です。
ただし、セクターのエラーでこういう症状が出たということは、ハードディスクの信頼性は下がった状態となるので、いつ再発するか知れません。
様子を見て問題なければそのままでもいいと思いますが、また起動しなくなって困るのが嫌であれば、早めの修理がいいですよ、とは伝えておきました。
この先どうするかは、お客さんの判断に任せることになります。


今回取り出し希望のデータが、家族の写真のデジカメデータだったので、そのデータの生死を最も気にしていたのは、お客さんの奥さんでした。
お客さんはどうも、いつもは「パソコンについてはちょっとうるさいよ」みたいな感じだったらしいのですが、今回のトラブルで、リカバリーも実はあまりできない、ということが露呈(笑)してしまい、「なーんや、アンタいつも偉そうな事ゆーてるのに、大したことないやん」と言われておりました…お気の毒です。

それにしても、デルのサービスに問い合わせの電話したときは、一も二もなく「ハードディスクの障害ですので交換です」と言っていたそうですが、なんだかねー。
パソコンとしての機能を復旧させるためには、そりゃハードディスク交換がもっとも確実だろうけど、その言葉に素直に従って泣きを見ている人は、世の中にはもっといるんだろうなと思うと、ちょっと情けない気分です。

私の経験では、この手のトラブルからの生還率は、だいたい4回に1回程度。
とにかくハードディスクのトラブルに関しては、診断ツールなどでチェックをかけてみるに限ります。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年09月16日(金) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« とっても難しい、ウイルス対策ソフトの更新。 | トップページ | 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/5994813/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsが起動しない。SYSTEMが壊れている編:

コメント

ご尤もですね。メーカのいいなりになり、
5万円前後で修理して、こんなものだ と
思っている方が五万といそうですね。
儲かるのは、メーカだけのようです。。

投稿: いっぴ | 2005/09/18 12:07:09

SectorRepairは1時間位かかりましたか。
HDD実物を見せるなんて素敵な行為ですね。私に欠けてる視点です。
「ハードディスクの障害ですので交換です」
これに従うとHDDを新品に換えられるのですね?上層部からこう言えて命じられてるのでは無いでしょうか?


投稿: prtwqq | 2005/11/09 0:15:17

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« とっても難しい、ウイルス対策ソフトの更新。 | トップページ | 常時接続のはずのADSLをいちいち切ってみる。 »