ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 適当にフリーメール取るから。って… | トップページ | 家族にパソコンを教わるということ。 »

2005年10月30日 (日)

冷却がうまくいかないノートパソコン。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

今回のお客さんは、Windows98のVAIOノートの修理依頼。
一度メーカーに出してはみたが、料金が高くて断念していたものだそうです。

お話を伺った限りでは、リカバリー不能なのと、冷却ファンがうまく動いていないらしい。
メーカーに問い合わせたらしいのですが、メーカーいわくは、「冷却がうまくいっていないのでファンの交換が必要です。ハードディスクの交換が必要ですが、冷却不良で交換してもすぐに壊れます」とのこと。
「うまくいってない」ってのも変な話で…。
ハードディスクと専用ファンの交換で、けっこうな金額がかかるらしく、寝かせていたものの、ひょっとしたら…ということで、近くの業者をタウンページで探して、ウチの番号を見つけてくれたそうです。
ありがたいことです。

とりあえず様子を見させていただくためにお伺いしました。
電話だけでは何もわかりませんので。

お伺いして最初は、とりあえず、いつもどおり動作確認。
電源を入れると、「No System Disk」
ハードディスクを見つけられないらしい。
ハードディスク診断ツールのフロッピーをセットして起動してみた。
パソコン本体は起動するが、やはりハードディスクが認識できていない。
あとは冷却ファン。
一応は動作しているようだ。後ろの熱排気スリットからはきちんと生暖かい風が出ている。
何がダメなんだろう?

こりゃハードディスクさえ認識できれば生き返る可能性はありそうだ。
とりあえず分解診断は必要なので、お預かりすることに。

仕事場で分解に取り掛かった。
このVAIOノートは、裏側ではなく、キーボードを外したところにハードディスクがありました。
モノによっては、フロッピーディスクの裏側にあったり、専用のスロット状態だったり、裏ブタをあちこち外す必要があったり、いろいろです。
手始めに、手持ちの40ギガバイトのハードディスクをつないでみた。
40ギガバイトが接続できたら、とりあえず何とかなるからです。
仮組みで電源を入れてみた。
ちゃんと認識してくれたようだ。
冷却ファンも分解してみたが、ホコリがついて汚れていた以外はまともに回っているようだ。
アルコールをつけた綿棒で、ちまちまちまちまと掃除してみました。
完全にきれいにはならなかったものの、一応は目立ったホコリは取れました。
あとは「本当に冷却不良になるのかどうか?」ですね。
こればっかりは実際に稼動させてみない事にはわかりません。

とにかく、認識することはわかったので、新品のハードディスクを調達。
今回は、日立の40ギガバイト。
東芝はツールが全くないのと、日立はこんなツールがあるからだ。
Hitachi Feature Tool(旧 IBM Feature Tool) :ハードディスクメンテナンス
これを使うと、ハードディスクの温度を見ることができます。
今回の用途にはぴったりです。

ハードディスクを取り付けて、とにかくまずはリカバリ。
これをしなければ話にならない。
プロダクトリカバリとアプリケーションリカバリの2枚をかけて、無事リカバリは完了。
以前も別件でやったことがあるんですが、ここで動作確認のために、ちょっと負荷の高いプログラムを動かしてみることに。
まぁちょっとした耐久試験のようなものですね。
3DMark2001 Second Edition Build330(MadOnion.com) :4GAMER.net
ちょっと前までは、この辺のベンチマークソフトが標準でした。

ダウンロードしていざ起動!
…メモリが足らんそうです(^_^;)
実装64メガバイトではダメっすか。そうっすか。すんません。

とりあえずCPU負荷の高そうなスクリーンセーバー「3D 迷路(OpenGL)」を動かしたまま就寝。
翌朝、無事動いていることを確認して、先のHitachi Feature Tool(旧 IBM Feature Tool)のフロッピーで起動、温度を見てみた。
35℃から38℃。
いわゆる人肌ですな。

これなら大丈夫でしょう。
メーカーが心配していたのは一体なんだったんだろう?
ファン周りの分解清掃をしたくなかったから?

ということで納品しました。
ついでにハードディスク温度を見せておきました。
一回起動して、再起動で温度を見たら21℃。
あんまり動かしてないとこんなもんか。

で、このフロッピーを持っていくことばかり頭にあったので、肝心のリカバリーディスクを忘れてきてしまいました。
あかんがな…。
まぁ、それ自体がすぐに必要というわけではないので、後日お持ちすることにしました。
いや、面目ない…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年10月30日(日) ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« 適当にフリーメール取るから。って… | トップページ | 家族にパソコンを教わるということ。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/6846819/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 冷却がうまくいかないノートパソコン。:

» ノートPCのエンターキーが寝ている? トラックバック 自作汁生活
■08/22■ LAに持っていくデータをノートPCに移していたら…… いきなりキーボードのエンターキーが効かない!? すわ、疲労故障か、熱暴走か!? と思いきや、ログイン画面やゲストログインでは 問題なく使えます。 なーんか変なキーを押しちゃったの??? しばらく電源切って、再起動して様子見てみます。 最悪、LAで外付けキーボード買うか……エンターキーのためだけに。 エンターキーが使えない不便: メールなど文章で改行が出来ない。 いちいちマウスでクリックしな... 続きを読む

受信: 2006/08/23 0:41:54

コメント

Windows98がまだ現役でサポート依頼が
あるのですか?。
この前同じVIOの中古を3万円で買われたものの起動に1時間もかかるのを見ましたが
これなどもハードディスクがらみですかね。
しかし良くそんな古くてメーカーもさじを投げた
ようなマシンが直せますね。

投稿: ちょっとおじゃま | 2005/11/02 16:40:11

こんにちは

EVEREST HOME EDITIONでもCPUやHDDの温度のみが表示されるのですが、リンク先の写真をみるとパラメーター表示のようですね
正確さはどうなのでしょうか、情報は同じ処を参照しているのでしょうか?
詳しくないので分かりませんけど、チョットだけ気になります

自己所有のwin95ノートは何度もバラシタリして遊びましたが、まだ新しいXPノートは流石に練習できません 怖い~~ 駄コメでした

投稿: ike@九州 | 2005/11/02 17:54:06

お邪魔します、
ファンの交換ってなんだったんでしょうね。あまり聞いたことが無いのでそっちのほうが気になりますね。ただ修理したくなかったんでしょうか・・・。
SONYは機種にもよるんでしょうけど修理に出すと3.5インチで40GBのHDDを工賃込みで5万円ぐらいで言ってきますね。SONYのサービスセンターの前でチラシでも配りたくなります。

投稿: pts. | 2005/11/02 21:43:25

ちょっとおじゃま さん

Windows98もまだまだ現役ですよ。
以前の記事( http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/09/post_3bb1.html )にも書きましたが、一般の人が普通に使う用途なら、Windows98のパソコン程度のスペックで充分事足りるのです。
普通の人は、そのことにちゃんと気づいているのです。
古いマシンでもそれだけ需要があるので、まだパーツは流通しています。
新品にこだわらないなら、Windows95のパソコンでも直せる確率は高いですよ。
ただし、ハードディスクは中古だとあとあとしんどいですが。

ike@九州 さん

私もその辺の突っ込んだ部分の知識は残念ながらありませんが…。
でも、そのソフトは、S.M.A.R.T情報を見ているようですね。日立のツールはそれがOFFでも見れるはずなので、違うものかもしれません。
正確さは…そこにコストをかける必要性は薄いので、かなりアバウトだと思います。
10%ぐらいの誤差はあるのかも??

pts. さん

ファンにホコリが付いてて、掃除前は生暖かい風が掃除後はそこそこ暖かい風に変わっていたことを考えると、あながち「交換」も間違った判断でもない気がしました。
でも、専用のファンは工賃も考えるとかなり高いものになるのでしょう。
お客さんが躊躇するのもわかります。
ハードディスク交換の料金は、NECのノートパソコンでも、似たような値段で見積もられてたとお客さんから聞いたことがあります。

投稿: ささもと | 2005/11/03 7:21:53

記事に関係無い質問でごめんなさい。
ささもとさんと女性が写った写真の事ですが
女性はアシスタントの方ですか?
ささもとさんとはどういう関係ですか?
綺麗な方ですね。

投稿: prtwqq | 2005/11/03 11:03:20

>女性はアシスタントの方ですか?

内緒です(笑)。
会った人から順次お教えしてます。
すみませんねー。

投稿: ささもと | 2005/11/03 17:23:56

自分のVAIOノートのファンが動かなくなったようで、修理を検討、ネットを調べていたらここにたどり着きました。

いくらぐらいかかるのでしょう??

投稿: kirk | 2006/08/22 23:52:08

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 適当にフリーメール取るから。って… | トップページ | 家族にパソコンを教わるということ。 »