ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« やっぱり死んだハードディスク。 | トップページ | またインターネットにアクセスできません。 »

2005年12月14日 (水)

ウイルスセキュリティのバージョンアップ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

この日、ウイルスセキュリティのメジャーバージョンアップがありました。
今まではウイルスセキュリティ2005EXでしたが、今度は2006に変わりました。
販売パッケージも一新です。
ウイルスセキュリティ2006 説明扉付きスリムパッケージ版
ウイルスセキュリティ2006 説明扉付きスリムパッケージ版
でも、有効期間内のユーザーは、そのままこの2006へアップグレードされます。

今までになかった機能が拡充されて、よりセキュリティが強化されました。
さて今回新しくなった点は…。

最も目立って追加された点としては、「システム防御」というのがあります。
システムファイルの改変が発生すると、ユーザーに知らせてきます。
特に、起動項目やHostsファイルの改変が発生した場合は、その都度警告されます。
これらは、スパイウェアやアドウェアにありがちな改変です。
悪性ソフトを仕込まれたら、それが自動的に起動されるようにしているのです。
そういう怪しい動きをするものを、事前に止めることができるようになったわけです。

ただし、これはウイルスセキュリティが起動している時にいろんなソフトウェアをインストールしようとすると、その都度警告メッセージが出ることを意味します。
そこはきちんと理解しておかないと、ソフトウェアなどのインストールをする時に混乱することになります。

ウイルスセキュリティというソフトは、安くて簡単ですので、かなりいいソフトだと思います。
それでも、セキュリティ対策という観点では、どんどん機能が複雑化せざるを得ません。
Windowsは標準でウィルス対策はされていませんので、ウィルス対策を含むセキュリティ対策は、必ず後付けになります。
知識のある人が使う分には、無料のものや、高機能の老舗のソフトを使うのが現実的な選択肢だと言えるでしょう。
しかし、あまり知識のない初心者は、間違ってもそういうものを使わないほうがいいでしょう。
家族に知識のある人がいて、きちんとしたフォローができないのなら、

ウイルスセキュリティ2006 説明扉付きスリムパッケージ版
ウイルスセキュリティ2006 説明扉付きスリムパッケージ版のような簡単なソフトをお勧めいたします。

ただし、いくら簡単とはいえ、セキュリティ対策ソフトを使う以上は、それなりの意識を持つ必要があると思います。

「これを入れたら大丈夫なんですね?」という聞き方をされる場合がよくあります。
でも、100%確実な対策ソフトこの世には存在しません。
防犯対策でも、オートロックのマンションなら大丈夫だと思っていても、外部の人間がいともたやすく入れたり、内部の人間による犯行だって無いとは言えません。

つまり、「過信」して「任せっきり」が最も危険だといえます。

ウイルス対策も、過信せず、きちんと意識を持って取り組むことが必要です。

ソースネクスト・スタイル・セキュリティ 9つの習慣 :ソースネクスト

1.大切なデータはバックアップを
2.Windows Updateを欠かさない
3.インターネットは必要な時だけ接続
4.月1回はウイルス検査を
5.メールをプレビューしない、添付ファイルは要注意
6.「知らせてあげよう」メールは無視
7.個人情報の入力、送信は慎重に
8.感染したと思ったら、サポートセンターへ
9.重要データには、パスワードや暗号化を

セキュリティ対策として本当にきっちりやるなら、これぐらいはやる必要があるでしょう。
ただ、ここまできっちりできる人も少ないのは事実です。
私が考えるに、最低限の意識として持っていて欲しいのは、以下の項目。

■悪性ソフト感染について■

1.感染源はメールだけではなく、つないでいるだけでも感染することもある
2.メールは、添付ファイルを開かなくても、本文を見ただけで感染することもある
3.アダルトサイトのような怪しいサイトはもちろん、一見怪しくないサイトでも、ホームページ経由で感染することもある

■パソコンがおかしくなったときのリスクに備えて■

1.消えて困るデータは2つ以上の場所に保存し、パソコンだけに保存しておかない
2.週に1度はウイルス検査
3.ダメかなと思ったら、マニアの知人ではなくプロに連絡を

特に「マニアの知人」はご用心。

割り切って使いましょう! お金もパソコンも! :熟年パソコン教室~シニアのパソコン生活を応援したい~

こちらの記事を書かれた、パソコン教室を運営されているpasoさんも苦労されていますので。

ご近所の方は、ぜひウチにご用命ください。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年12月14日(水) お知らせなど, ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, パソコン・インターネット |

« やっぱり死んだハードディスク。 | トップページ | またインターネットにアクセスできません。 »

お知らせなど」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/7661979/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスセキュリティのバージョンアップ。:

コメント

重要データには、パスワードや暗号化

これはやってません。

週に1度はウイルス検査

月1回するかどうかっス。いや、してない。
個人的にはこのソフトにルタかませりゃ 滅多にうぃるすに苛められる事は無い気がします。

投稿: prtwqq | 2005/12/19 18:57:21


※3連続の同じ内容の書き込みがありました。内容から考えてコメントスパムと判断しましたので内容を削除し、今後の書き込み規制の対象としました。ご了承願います。
ブログ管理人:笹本

投稿: トプログ | 2005/12/19 19:44:26

prtwqq さん

名前が抜けてましたので入れときましたよ(笑)。
直前の書き込みとIPアドレスが同じでしたのでわかりましたよ(^_^)/

ウィルスは、ルーターさえあれば入ってこないという過信は禁物ですよ。
メールでも飛んできますし、ホームページからも入り込んできます。
このタイプのものは、そこいらのルーターでは無力です。

それに、ウィルス対策ソフトで対策されるまでには、必ずタイムラグがあります。
誰かが新規ウィルスに感染しないと対策は作られないんですから。
その間に自分のPCに入ってこないという保証なんてどこにもないのですから。
山田ウィルスだって、当初はノートンもバスターも役に立たず、NODでしか駆除できなかったんですから。

重ねて言いますが、過信は禁物です。

投稿: ささもと | 2005/12/19 21:49:27

ブロバンルタ プラス ウィルス対策ソフト導入という意味ですが。。
それでもヤバイですか?

ヤバイなら、後どう対策すりゃ良いのでしょうか?

投稿: prtwqq | 2005/12/23 18:35:48

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« やっぱり死んだハードディスク。 | トップページ | またインターネットにアクセスできません。 »