ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 妙なアクセス元。 | トップページ | 起動時に毎回ディスクチェックがかかります。 »

2005年12月 1日 (木)

不明なハンドルです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

いつも呼んでいただいているお得意さまからのお呼び出し。
また質問項目がたまったからということでお呼びいただきました。
今回はそのうちのひとつ、

JTrimを使っていたら、なにやら『不明なハンドルです』というエラーが出てしまって操作不能になるんやけどなー」

へ?ふ、不明なハンドルって…それだけですか?
「ああ、それだけやで」
うーむ、それだけってことはないでしょうに…。

見てみました。
ホントにそれだけでした…。
(今回は画面キャプチャを取り損ねました。残念)

でもそれってどうよ?
エラーメッセージとしちゃー不親切過ぎんかい?
それはとりあえずおいといて、原因を探ってみました。

JTrimは、画像の加工を行うためのフリーソフトウェアです。
このお客さんは、ちょくちょくワードなどに絵を貼りこむことがあるので、以前はデジカメ付属のソフトを使っておられました。
しかし、WindowsXPに乗り換えた時にそれをインストールして使おうとしたら、使えないのです。
そのソフトがXP対応ではなかった上に、そのソフトの開発元が吸収合併され、そのソフト自体のサポートを打ち切られていました。
これでは使えないので、何か良いソフトはないか?と聞かれてご紹介したのがこのJTrimでした。

とりあえず、どうやったら出るのかを聞いてみました。

まずは適当な画像を開き、切り抜きたい部分を、画像上をドラッグして現れる選択用の四角い枠を出してかこみ、メニューバーの「イメージ(I)」から「切り抜き(T)」を選択。
そして同じく「イメージ(I)」から「リサイズ(S)」で、切り抜いた画像のサイズを「サイズで指定する」のところで、適当な大きさを指定し、「OK」ボタンを押す。

これで出るそうなんですが…出ません(-_-;)
よくある話です。

「え~~?おっかしいな~。アンタがやると出ぇへんのよねぇ…」
…いやまぁ、そういうこともなきにしもあらずですが(笑)。
で、お客さんにごそごそ触ってもらっていると…
「あ、でた。コレやがなコレ」

うーむ。確かに「ハンドルが不明です」とだけ書かれて「OK」ボタンしか出てこない。
そして、「OK」ボタンを押すと、JTrimが反応しなくなります。
JTrimのウィンドウのどこをクリックしても、エラー音が出るばかり。
うーむ、確かにこりゃ問題ですね。

私なんかは、こういう場合はCtrl+Shift+Escでタスクマネージャを起動して、アプリケーションタブからJTrimを終了させます。
でも、普通の人はそういうことは知らないですからねぇ。
「そうやがな、しょーがないから強制電源オフやがな」
うーむ、他は動くんですから、ちゃんとスタートボタンから終了させれば、「このアプリケーションは反応していません、終了しますか?」とか聞いてきますから、まるっきり切れないわけではないはずです。
ちゃんと通常の終了を試して欲しいです…。

「ああ、それでやな、それ(強制電源断)をやってから、パソコンを起動するときに必ず英語で何やらチェックがどうとか出てくるんやけどなぁ」
へ?
ま、まぁそれは別件ということで…。

JTrimを終了させて、再度起動させて、もう一度エラーが出るまでの手順をやってもらった。
すると、ああ…こんなことやってるよ…。

resize

これは一例ですが、もともとの画像サイズが352×247で、それを横幅160に設定しようとしているところです
おわかりでしょうか?
「352」の数字を、「160」に変更しようとしているんです。

ここで注目すべき点は、「352」を「160」に変更するのに、まず「352」の左側に「160」と入力し、その上でDELキーで「352」を消去しようとしています。
エラーが出たのは、DELで消去し忘れて、ここでうっかりEnterキーを押してしまったからです!!

つまり、とんでもなく巨大な画像を作成するように指定してしまい、そのエラーとして、冒頭の「ハンドルが不明です」というエラーメッセージが出てしまったわけです。
(ちなみに、最新版をダウンロードして、仕事用のWindowsXP ProfessionalEditionでやってみたら、別の英語のエラーメッセージが出ました。これもこれでどうかと…)
しかし不親切なエラーメッセージだなぁ…そんなもんでわかる人間がどれだけいるんだ?
後で検索エンジンで探ってみましたが、このエラーメッセージで該当するものはほとんど見当たりませんでした。

もしこういう数字の修正をするとすれば、まずは既存の数字を消してから入力するとかした方がいいのかもしれません。

ご年配の方に見られがちなんですが、こうして数字入力をするときに、日本語入力状態の時には、数字を入れても変換中の点線のアンダーラインが付いていることに気づかなかったり、そうかと思えばエンターキーをダブルクリック感覚で2度叩いたりすることがあります。
逆に、半角入力になっていることに気づかず、つい癖で「確定」のためにエンターキーを叩いてしまい、思いがけずOKボタンクリックと同様となってしまうことも。

まぁよくある話なんですが、ご年配の方にありがちなのは、どうしても型どおりのやりかたをやろうとすること。
画面を確認しながら、状況に応じて修正をしていけば、問題は起こらないはずなのです。
実は、これは自動車の運転では日常的に発生している状況なのです。
しかし、どうしたわけかパソコンではそれができない人のいかに多いことか…。
自動車で「えーっと、このときはどうだったかな?」などと悠長にメモを取り出したり、教わったことをいちいちメモに書いたりしません。
ただ、自動車とパソコンでの決定的な違いは、オペレーションの数の違いです。
覚えるべき操作、やるべき操作の数が段違いなので、今回教わったものが、次回いつ使うかわからない、そういう操作(オペレーション)が、かなり多いのです。
まぁこれでは覚えられないのも仕方ないのですし、私のように仕事柄ほぼ毎日何時間もパソコンに触れているような状況でもなければ、メモやノートにでも書き留めておかなければ覚えられないのは事実です。
でも、なるべくならメモやノートに頼り切って、その都度「書いた手順を見ればよい」という考えで操作しないようにしていって欲しいものです。

私は、特定の操作をするのに「手順」「覚えたり」はしません。
そもそも覚えきれないからです。
必ず「流れ」「理解する」ようにしています。


閑話休題。
結局は、原因は数字入力の操作間違いだったわけですが、不親切なエラーメッセージが問題をややこしくしていたような感じがします。
とはいえ、今回のソフトはフリーソフトウェアなので、そこまで厳しく追求することもできません。
あくまで善意に基づいて無料で公開されているものですので、これで文句を言うことはできません。
ちなみに、フリーソフトウェアを利用した結果、重要なファイルを失うなど、深刻なダメージを被ったとしても、法的には作者を訴えることはできません。
要するに自己責任ですね。

とはいえ、ご年配の方からすれば、「教わったソフトを使っているだけ」なので、教えた人間に責任が回ってくることになります。
訴えられないまでも、信用にかかわることになってきますね(^_^;)
まぁJTrim自体は、わりとポピュラーなソフトですし、悪いものではありませんが、やはり無料ソフトであることのリスクなどをきちんと理解していただく必要はあるでしょうね。


「それでやな、起動時のチェックが何とかは…」
うーん、なんでしょうねそれ。
じゃあ再起動してみましょう。

ということでこちらは別記事にて。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年12月01日(木) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« 妙なアクセス元。 | トップページ | 起動時に毎回ディスクチェックがかかります。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/7462963/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 不明なハンドルです。:

コメント

jtrimを知らない私て遅れてますか?
フリソフトなので文句も言えませんねえ。
信用してるソフトはラカ・解凍レンジ・エベレスト程度です。

投稿: prtwqq | 2005/12/04 21:32:34

maru です。

Windows で画像レタッチなら、「IrfanView」を進めています。

IrfanView
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/irfanview.html

ただこの手のソフトは問題も多いし、資料も無いので基本的には定番の、PhotoShop Elements をお勧めします。Mac OS X なら標準の iPhoto をお勧めします。jtrim は勉強になりました。

値を書き直す場合は、いったん消してから書込みようにご説明した方が良いかも知れませんね。もしくは半角での入力でしょうか。

投稿: maru | 2005/12/05 12:53:47

prtwqq さん

遅れてるということはないでしょうけど(笑)。
私はパソコン教室に出入りしていた時に、その教室がお勧めしてたので知りました。
フリーのフォトレタッチソフトとしてはそれなりの知名度のようですよ。

maru さん

別のお客さんには、私も愛用してるSleipnirの作者さんが作ってる?ソフトでPictBearSEというのをお勧めしました。
http://sleipnir.pos.to/software/pbse/
レイヤー機能のついているものを、というご要望でしたので。
こちらは参考書籍が出ています。

はじめてのPictBear改訂版
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0133d07d.c0d38e97/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/3584702/

ご参考まで。
値の書き直しは、よく見ていると、年配の方はこれでやってる人が多いです。不思議です。

投稿: ささもと | 2005/12/06 9:39:15

100を150に変えるつもりが、100150と入りエンタ確定 パソ故障 出張依頼と言う図式ですかネ。

投稿: prtwqq | 2005/12/06 18:55:29

prtwqq さん

結果的にはそれで故障、ってことですね(笑)。
笑い事じゃないですが…。

投稿: ささもと | 2005/12/06 20:10:32

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 妙なアクセス元。 | トップページ | 起動時に毎回ディスクチェックがかかります。 »