ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: System32\Drivers\Ntfs.sys | トップページ | 筆ぐるめの画面がおかしい。 »

2005年12月 8日 (木)

Windows98でも使えるはずのプリンタなのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはすぐご近所の奥さんから。

「プリンタが調子悪いんですけど…見てもらえませんかね?」

まずはこれで始まりました。

お伺いしたら、確かエプソンのPM-670Cだったと思いますが、もうかなり年代モノのプリンタでした。
一緒に置いてあるパソコンは、無印Windows98
この頃のプリンタですから、おそらく7年ほど経過してます。
正直、これで壊れてても、お金をかけて直す意味ってないですよね…。

とりあえず、現象確認です。


電源を入れると…ガガッ!ガリガリガリッ!!

と異様な音を発して止まり、ランプがいくつかパカパカ点滅しています。

こういう時は説明書で確認。これ基本(笑)。

見当たらないので探してもらったら、書類の束の、かなり奥底に埋まっていました。(^_^;)
トラブルの時ぐらい、ちゃんと読まないとダメですよね。

説明書によると、このランプの点滅の仕方は、ナニやら、紙詰まりの時の点滅パターンです。
って、紙詰まりなんてしてませんが…。

電源を切って、ヘッドを適当な場所へ動かしてみても、最終的には指導位置に戻り、「ガガッ!ガリガリガリッ!!」
同じく紙詰まりの点滅。
説明書によれば、「原因を取り除いて再度電源を入れなおして、ダメならサービスセンターへお問い合わせを」となっています。
この時点で故障確定です。

しかし、プリンタに至っては、私は修理できるスキルもなければ、それ用の交換パーツもあるわけではありません。
というよりは、プリンタの場合は、交換パーツはメーカーにしかありませんので、直しようがないのが普通です。
パソコン本体の修理のようにはいきません。

7年も経ってるなら買い換えた方が現実的でしょう。

とお伝えして、その場は引き上げました。
ちなみに、家内からのお達しで、料金は取れませんでした…。
というよりは、ご近所付き合いのある人なので、直ってもいないのに出張料とか取れません。
「その分は、お知り合いの方に宣伝しておいてください」
とお願いしておきました。

そして数日後。

「先日はありがとうございました。それであの~…新しいプリンタの設定をお願いしていいでしょうか?」

ダメです。
…なんて言えませんので(笑)、早速お伺いしました。

新しく買ったプリンタは、
インクジェットプリンターEPSON カラリオダイレクト PM-D800
インクジェットプリンターEPSON カラリオダイレクト PM-D800でした。
メーカーサイトの情報にもありますが、ここにある無印Windows98(SEでないもの)でもちゃんと使えるらしい。
でも、使えるのはプリンタドライバとEPSON Multi-Print Quickerだけのようです。

とりあえず、箱から出してセッティング。
随所に貼ってある固定用の青いテープをはがして、説明書にある通り電源を入れてインクのセットをし、インクの充填が自動的に終わるのを待って、いったん電源を切ります。
そしてUSBケーブルを接続し、プリンタの電源を入れる前に、パソコンの電源をON。
まずはセットアップCD-ROMをドライブに入れて、セットアップが起動するのを待ってみた。

…は?お使いのパソコンで利用できるソフトはありません???

どーゆーこっちゃねん…。
これでは、ドライバのインストールもさせてくれんっちゅーことですやん。
説明書にはドライバのインストールのやり方は書いてないし、「はじめにお読みください」の紙には、「セットアップCD-ROMをセットして指示に従ってください」としか書いてません。
おいおいエプソンさん、これはWindows98では使うなっちゅーこってすかい?

とりあえず、これで「使えません、ほなさいなら」ではプロの名がすたる。
CD-ROMの中のREADMEファイルなどを探し、とにかくインストールを試みることに。

メモリーカードスロットのあるものなので、プリンタ以外にそのスロットのドライバもインストールが必要だ。
プリンタの電源を入れると、ドライバを要求してくるので、とにかくCD-ROM内の「Win9x」フォルダを指定し、ドライバを読み込ませた。
とりあえず、危なげなくインストールは完了しました。
しかし不親切だなぁ。
これじゃ素人ではインストールできんでしょうに。

カタログデータでは「使える」と書いてあったEPSON Multi-Print Quickerも、インストールフォルダを探し出して、なんとかインストールしたものの、なぜかインストールされていないDLLを要求してきて起動できない。
うーん、ダメなのか?
仕方ない、とにかく基本機能のプリンタだけでも確認してみるか。

プリンタのプロパティから、このプリンタのプロパティを開き、印字テストボタンを押してみる。
うん、こちらはきちんと印刷できるようだ。

基本機能である印刷がきちんとできるなら、とりあえずご希望の年賀状印刷はできるでしょう。
しかしまぁ、確かに無印Windows98は古いOSではありますが、カタログスペックに対応OSとして書かれているものであれば、セットアップCD-ROMと説明書はきちんと対応してもらいたいものです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年12月08日(木) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: System32\Drivers\Ntfs.sys | トップページ | 筆ぐるめの画面がおかしい。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/7587546/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: Windows98でも使えるはずのプリンタなのに。:

コメント

エプソンは不親切ですなあ。むしるしwin98はミナに除け者にされてるのではありませんか?素人ではこの新品使えないまま放置でしょうなあ。全くもう!

投稿: prtwqq | 2005/12/12 19:27:15

エプさんは随所に渡って不親切です^^;
かといって使えないわけではないんですよね~。
某メーカーと比べると使えるとこ・使えないとこの比較でユーザー向きかどうかもあるし・・。
ちなみに私だったらCD-ROM駆使するよりメーカーサイトに行って最新版のドライバとかソフトウェアを落としちゃってました^^; 時間かかるけど

投稿: kei | 2005/12/13 1:12:11

お邪魔します。
機種は違いますが、今日まったく同じトラブルの電話がありました。どうやら今年発売のモデルに付属のCD-ROMがまずいみたいですね。Webサイトに12/06の日付で98用のドライバがあったのでお客様にはそれを案内して終わりましたが・・・。

投稿: pts. | 2005/12/13 16:24:35

今回のパソコンは、あろうことか電話線すらつながらない部屋でのセットアップだったので、インターネットという文明の利器は一切使えなかったのです…。
つながってたら、メーカーサイトに接続して、何か問題がないか調べるところだったんですけどねぇ。
孤立無援とはこのことです(-益-;)

まぁなんとか使えたからまだよかったんですけどね。

投稿: ささもと | 2005/12/13 20:44:25

現在では、ネトを使える環境の構築が一番重要と考えます。パソコンの設置場所もそれを前提にすべきですね。

投稿: prtwqq | 2005/12/13 23:34:30

ども、LONGです。説明書が不親切なのは別にEPSONさんに限った事では無い様に思います。まあ、買ってくる周辺にも依りますが。今まで自分の使うパソコンのWinに係るトラブルは自分で解決してきた私ですが、この間COREGAさんのLAN接続の無線LANでつまずきました。セキュリティの一つのMACアドレスフィルタが設定できない。メーカに問い合わせたところ「クライアントのMACアドレスではなく、クライアントPCのMACアドレスを設定してください」とのこと。「そんな事、取扱説明書の何処にも書いてない」、と言うと「あ、アクセスポイントの取り説ではなくクライアントの方を見てください」と言う。「そんなの入っていないぞ!」と言うと「あ、CD-ROMの中のPDFとして収録されています」・・・(^_^;。と言う。MACアドレスフィルタ設定はクライアント設定ではなくあくまでアクセスポイント設定項目、しかもクライアント側の説明書はCDの中。だれも見ないところに書いたって言われてもねえ(^^;。しんそこ「意地悪!」と思いました。

投稿: LONG | 2005/12/17 21:30:22

prtwqq さん

おっしゃるとおりです。
ただ、今でも「インターネットなんてそうそう使わないから…」というお客さんは意外と多いですよ。
それでも生活は成り立つ、という人がほとんどだといえばほとんどなんですけどね(笑)。

LONG さん

うーん、どういうつまづき方をしたのかイマイチわかりませんが、子機側のMACアドレスはドライバソフトなどで簡単にわかるはずですが…。
でもルーターの場合は、ちょくちょくファームウェアのアップグレードなどで機能追加がされる場合があります。
そういう時は、PDFでの提供になってしまいますしね。
それがダウンロードではなく製品同梱のことだったら、半ピラの紙とか入っていたりするもんですけどね…。

投稿: ささもと | 2005/12/18 9:20:15

ども、LONGです。別に機械のMACアドレスが解らなかった訳ではありません。私が購入した装置はパソとのインターフェイスがUSB接続やカードタイプではなく、LAN接続の物だったのです。つまり、この場合一つのクライアントに2つのMACアドレスが存在する事になります。即ち、無線LANのクライアントとそれにLANインターフェイスで接続されるパソコンです。しかし、アクセスポイントのMACアドレス設定の説明には「クライアントのMacアドレスを設定します」としかかかれて居なかった為に、私は無線LAN子機のMacアドレスを設定したのです。しかし、それでは通信は出来なかった。なぜならそのMacアドレスフィルタの仕様はパソコンのMacアドレスを設定しなければならなかったからです。そういうことなのです。

投稿: LONG | 2005/12/18 22:52:40

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: System32\Drivers\Ntfs.sys | トップページ | 筆ぐるめの画面がおかしい。 »