ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 付属品は確認しましょう。 | トップページ | 深刻度が「緊急」のセキュリティ修正プログラム。 »

2006年1月12日 (木)

インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは以前別件のトラブルでお呼びいただいたお客さんから。

「ADSLに切り替わったのはいいんですが、インターネットにつながらなくなったんです…なんだか娘が『無効』を選択したとか言っていたんですが、そのせいでしょうか?」

確か前回は、ウイルスセキュリティ2005EXをインストールして帰ったはずなので、おそらくそれ関係のトラブルだろうと思って行ってみたら…。

おいおいちょっと待て。なんだこれは?

-----

行ってみたら、前回アットニフティの接続サービスを紹介しておいたのですでに接続されていたわけですが、よくよく事情を聞いてみると、接続に来た業者が、なにやら私がインストールしたウイルスセキュリティ2005EXを外していったらしい。
LANアダプタをインストールしたはいいんですが、すでにインストール済みだったウイルスセキュリティ2005EX邪魔をしたので抜いてしまった、とのこと。
その代わりに、「常時安全セキュリティ24」というアットニフティの月額500円のサービスをインストールしていったらしい。

「人の家の米びつに砂をまくようなこと」とは、まさにこのことである。
せっかく接続サービスとして紹介してやっているのに、不勉強な上に不届きな業者である。

それはさておき、現象確認。
電源を入れて、Windowsが起動したところで、「常時安全セキュリティ24」のパネルが出てきて…「接続できませんでした」で止まります。
当然ながら、インターネットエクスプローラーも表示ができません。
うーむ。

ADSLモデムはルータータイプのもののようなので、本来パソコン側は特に何も設定はいらないはず。
それに、ルータータイプならなおさら、ウイルスセキュリティでの接続ができないなんてことはないはず。
接続に来た業者の対処は、自分が扱ったことのないソフトをいろいろいじるより、自分のところのサービスを売り込んだ方が金になる、とでも言わんばかりの対処である。
しかし、そういう部分でカチンと来ても、お客さんには全く関係ないので、内心ムカつきながらも表情には出さず、黙々と調査をしてみる。

まずはIPアドレスが取れているかどうかのチェック。
Windows2000だったので、コマンドプロンプトからipconfigコマンドでチェック。
…んんん???
0.0.0.0 って…なんで???
ネットワークのプロパティを見てみると、CISCO VPNなんたらがインストールされていて、それのアドレスが0.0.0.0となっていた。
…なんじゃこりゃ??
説明書をいろいろ見ていると、どうやらこれは、「常時安全セキュリティ24」のサービス提供のためのモジュールらしい。

で、肝心のLANアダプタは、
ELECOM イーサネットカード LD-CBK/TX
ELECOM イーサネットカード LD-CBK/TXですが、ランプは点いているんですが、通信をした時に点滅するはずが一向に点滅しない。

うーん、おかしいなぁ。

もう一度コマンドプロンプトのipconfigコマンドで調べてみたけど、どうもきちんとルーターからのアドレスをもらえていないらしい。
ということで、ルーターの電源を切って再投入してみた。
ランプは問題なくPPP接続までできていたんですが、やはりアドレスがもらえない。
ipconfig /release でDHCPサーバーから開放しようとしても、先ほどと同じく「DHCPサーバーからはアドレスをもらっとらんよ」と返してくる。
ipconfig /renew で新しいアドレスをもらおうとしても、「アドレスがもらえまへん」と言ってくる。
うーむ、どういうことだ??

ふと気がついて、デバイスマネージャを確認してみたら…はい??
LD-CBK/TXにペケ印が付いているじゃないですか!
それのプロパティを開いて、ドライバの再インストールをやってみた。
このドライバは、アダプタ接続前にあらかじめインストールするようになっているので、自動的に探すように指定。
…ドライバを探し当てて、インストールし始めた。
すんなり完了。

…お?ランプが点滅し始めたぞ?
もう一度ipconfigコマンドで確認。
よし。今度は192.168.*.*のアドレスを取得している。
こりゃ成功だな。
「常時安全セキュリティ24」が止まったままっていうのもあるし、一応再起動をかけてみるか。

再起動後は、「常時安全セキュリティ24」もきちんと接続できていた。
インターネットエクスプローラーを起動してみても、問題なく表示できています。
これで直りましたね。

そうこうしているうちにタイミングよく、もっともよく使う人、上のおねーさんがご帰宅です。
つながらなくなった状況を聞いてみた。
…なにやら、タスクトレイのアイコンを右クリックして、「無効」としたそうな…。

「えー、でも、こないだまではそれで『切断』にして接続を切ってましたよ」

…( ̄□ ̄;)
いや、それはダイヤルアップの話です…。

今度のはADSLなので、切らなくてもいいです。
接続に関することは、このモデムがやってくれますので、パソコンの方は何も気にせずに電源を入れるだけでOKです。
しかし、この程度のことは接続をしに来た業者が説明しているはずなのに…手抜きだなぁ。
そのくせ、自分のところの利益になるサービスに乗り換えさせている。
同業者として情けない。

どうもそのLANアダプタを「無効」という操作をしてしまったがために、LANアダプタが利用できない状況になっていたようです。
そりゃ無効にしてたら、アドレスはもらえんわなぁ…。

「ところで関係ないですけど、この起動の遅いのは何とかなりませんか?」

うーん、Windows2000ですからねぇ~。こんなもんだとは思いますが…。
一応「休止状態」ってのをやってみますか。
電源のプロパティから、休止状態のサポートをONにして、スタートボタンからシャットダウンの選択をする時に「休止状態」にしてOKボタンを押してみる。
休止状態で電源が切れたあと、電源ボタンを押してみて、復帰させてみたら…おお!通常の起動に比べたら半分ぐらいの時間で起動します。
お客さんも体感時間が大幅に変わったのでそれを採用することにしてくれました。

「もうねー、起動も動作も遅いんで、そろそろ買い換えたいんですけど、お勧めの機種とかありますか?」

…どこも似たり寄ったりですので、メーカーによる違いはありませんよ。
ただ、買う時期としては、もうすぐ次期Windowsの「WindowsVista」が出ますから、その直前がよろしいかと。
新しいのが出たからといって、飛びついて買うと泣きを見ますので、それが出る直前の「アップグレードクーポン」なんかが付いている機種を選ぶといいかもしれません。
そうすれば、とりあえずは安定しているWindowsXPを使って、アップグレードクーポンでWindowsVistaをあとでインストールできるように優待で入手しておけば、落ち着いた頃にWindowsVistaへアップグレードすればいいんです。

このおねーさん、なかなか興味深々でいろいろと質問してくれます。
こういう人が、きちんと知識を吸収すれば、すぐ管理者レベルに成長してくれるんですけど、世間一般には、得てして「きちんとした知識」を与えてくれる人がいないので、マニアの「間違った知識」を吸収してしまい、おかしくなるんですよねぇ。

「なるほどー。じゃあその時はまたご相談させてもらいますね」
…よろしくお願いします。(〃 ̄▽ ̄〃)

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年01月12日(木) ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット |

« 付属品は確認しましょう。 | トップページ | 深刻度が「緊急」のセキュリティ修正プログラム。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/8142031/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。:

コメント

ipconfig /release でDHCPサーバーから開放しようとしても、先ほどと同じく「DHCPサーバーからはアドレスをもらっとらんよ」と返してくる。
ipconfig /renew で新しいアドレスをもらおうとしても、「アドレスがもらえまへん」と言ってくる。

なるほど そういうことでしたか。
勉強に成りました。
DHCPが自動でIPアドレス割り当てるちゅうのは知ってましたが、、

電源のプロパティから、休止状態のサポートをONにして、スタートボタンからシャットダウンの選択をする時に「休止状態」にしてOKボタンを押してみる。

これで早くなるんですね。機会が有れば試して見ます。電源系統も弱い分野。。

投稿: prtwqq | 2006/01/15 12:15:33

それともう1点。

自分以外の業者に弄られて、おかしくなりウチのせいにされるケースが稀に有りました。

シランガナ そうつに言え、と。。

だから、基本的には1社だけにメンテを依頼するのがベタです。

但し、ネト接続サビスに入会し、業者が設定サービスに来る場合は除きます。所謂無料キャンペーン?

投稿: prtwqq | 2006/01/15 12:28:54

ども、LONGです。

>その代わりに、「常時安全セキュリティ24」というアットニフティの月額500円
>のサービスをインストールしていったらしい。

んんー、何とも業者の風上にも置けない奴ですね。ささもとさんが怒るのは当然にしても、この場合一番ナメられたのはお客様の方だと思います。コンピュータは環境です。人を騙してそれまで在った環境を崩し、自分の所のサーヴィスをインストールして行く等言語道断です。ニフティさんにもお客の環境を尊重しない様な人間にサーヴィスマンの資格は与えないで欲しいと思います。

投稿: LONG | 2006/01/17 13:48:56

お邪魔します、コメントありがとうございました。
niftyの設置は私もやっていたことがありますが、確か今はある大手(学生のアルバイトみたいなのがいっぱいいるところ)がやっているのではないでしょうか。私もウイルスセキュリティも2005ならLANアダプタと当たることはないと思いますが、何か報酬でもあったんでしょうかね。

投稿: pts. | 2006/01/17 22:44:10

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 付属品は確認しましょう。 | トップページ | 深刻度が「緊急」のセキュリティ修正プログラム。 »