ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 起動しなくなったパソコンのリカバリ。 | トップページ | このパソコンはロックされています。 »

2006年1月 5日 (木)

こんな印刷がしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは以前お呼びいただいたことのあるご年配のお客さん。

「今ワードで書類を作っているんだけど、見開きで案内状を作っているんだけど、B4に2ページを収めるのにどうやればいいですかね?」

…( ̄△ ̄;)
そ、そんなこと電話で聞かれても、満足のいくアドバイスなんてできるわけないっす…。
ということでお伺いしました。

このお客さん、前回お伺いした時に聞いた話では、パソコン教室に通っていた時期があったらしいんですが、やはり細かいところはどうしても忘れてしまう、とのことです。
これはご年配だからとか若いからとか、そんなことは関係ありません。
若い人だって、たった1回、授業の中でちょろっとだけ触れたような事柄で、それっきり通常の使用の中では一度も出なかったようなことは、覚えていられる方が難しいと思います。

今回は、週末のイベントに使うパンフレット資料の印刷の原稿を作っているので急いでいる、とのこと。

こうなると「習ったでしょ?」とか「それぐらい自分でやるのが当然です」なんていう正論など関係ない。
できないものはできないのだ。
でも、時間が迫っていて、結果が出せないと困るのだ。
そこに正論をぶつけたところで、何の解決になろうか。

お伺いしたら、文章は冬休み中のお孫さんに打ってもらっていたところでした。
私が到着したところで、席を替わってもらい、作業にかかりました。

見てみると、ワードで作成中の文章は、B4に印刷するはずなのにページ設定はA4のまま。
それでプリントアウトしたものは、みごとに紙から文字がはみ出していました…。

お客さんのご希望は、B4に見開き2ページ分の印刷をすること。
ところが、お客さんのプリンタは、A4まででB4は入らない。
こうなると、配布資料としてB4に印刷するには、B5でプリントアウトして、2ページ見開き状態で並べてコピーして作るのが最も適切でしょう。

「今の状態で4ページに収まっているので、その状態でB4裏表に印刷するような形にしたいんです」

うーん、今はA4でその状態だから…。
ページ設定をB5にすると、どうしたって面積が狭くなるので、4ページでははみ出してしまう。

「えーと、読むのは私と同じぐらいの年配の方々がほとんどなので、もう少し大きな文字に…」
∑( ̄□ ̄;)

そ、それではなおさら入りきらないのでは…。

とにかくやってみます。
今は標準の10.5ポイントですから、12ぐらいにして…。
…やっぱりはみ出しました。

そこで余白を印刷できるギリギリの範囲まで狭めて、余分な改行を詰めて、なんとか4ページで収まりました。
そこで印刷してみたら…。

あちゃー、一番右側の文字が印刷できなくて切れてるよ…。
プリンタのプロパティで余白を調整し直しです。

あれこれいろいろやって、ようやく形になりました。

「いやぁ、やっぱりわかってる人がやると、早くてきれいにできるね。ありがとう」

まぁ、私はMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の検定とか持ってませんし、ワードについて私より「わかっている人」なんてそこらじゅうにごろごろいるんですけどね。
一応、検定なんて持ってなくても、この程度のご要望を満たすことはできるということで。

-----

パソコン教室を開いておられる方は、おそらくこういう対応はできないだろうと思います。
その体制を作るために、出張で教える人員を、教室とは別に用意しなければならないからです。

また、出張で教えていたら、今回のように、教える予定が「別の用事」「手伝わさせられる」羽目にもなりかねないことも出てくるでしょう。
「教わる」ということは、長いスパンでステップを踏んでいくことが重要なのに、その都度お客さんの都合に振り回されていては、せっかくのカリキュラムが役に立たなくなります。

しかし、教わる方としては、そういう「長い期間をかけてステップを積む」ということをきちんと認識して、計画的に考えて習いに来られる方も当然いらっしゃるのですが、やはり切羽詰ってから、あわてて習いに来る方も少なくありません。
ですので、パソコン教室を運営する上では、こういう「あわてて習いに来る」お客さんの対策に頭を痛めておられるのではないかと思います。
私も、しばらくパソコン教室に関わっていた時期があるんですが、やはりそういう人の対応で悩みました。
今は逆に、そういうお客さんのスポット的なご要望をお聞きすることが仕事となっていたりします。

この辺は、何が正しいとか結論付けることはできないと考えています。
パソコンを使うことは、自動車の運転免許と違い、全員が「どこかで習う」ことが必須ではないからです。
ですので、一つの結果を出すために「どこかで習う」もしくは「出したい結果だけ出せるように誰かに依頼する」という両方の要望が存在することは当然であり、それをどこか1ヶ所で両方を満たすことは、基本的には無理だと考えています。

ということで、私のスタンスは「出したい結果だけ出せる」ような依頼を受ける側に回ることにしています。
それによって、

「やっぱりどこかに習いに行った方がいいのかしら?」

と思ってもらえるだろう、とも考えているからです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年01月05日(木) パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき |

« 起動しなくなったパソコンのリカバリ。 | トップページ | このパソコンはロックされています。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

印刷できない・印刷不良」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/8063627/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: こんな印刷がしたい。:

コメント

やっぱりどこかに習いに行った方がいいのかしら

sasamotoさんに習うとは限らないでは有りませんか?

パソコン教室を開いておられる方は、おそらくこういう対応はできないだろうと

出張サポタはお客の要望を満たせば良いのですね。
本日もmsconfig云々を説明する事は断念しました。これを初心者に説明しても致し方無かろうとの判断ゆえです。

10人いれば10通りのスキル・要望が有ります。ある程度臨機応変に対応するスキルが要求されていると考えております。

教える予定が「別の用事」を「手伝わさせられる」羽目にもなりかねない

こういった脱線は良く有る事ですね。
教えて君て奴です。

投稿: prtwqq | 2006/01/09 0:22:54

>sasamotoさんに習うとは限らないでは有りませんか?

ウチに依頼が来ることを期待しているわけではありませんよ。
パソコンに関わる仕事をしているので、一種の社会貢献みたいなもんですかね。
「ウチのパソコンでも、ちゃんと知っていればそんなこともできるんだ~」みたいな。
そうやってエクセル・ワードなどをより深く使えるようにモチベーションを高めるのは悪いことではないと考えます。

>本日もmsconfig云々を説明する事は断念しました。これを初心者に説明しても致し方無かろうとの判断ゆえです。

悪徳な考え方としては、中途半端に教えて「いじり壊し」を誘発し、また呼んでいただく…(笑)
それは冗談としても、手のかかる仕事を増やしたくないのなら、「覚えても仕方ないですよ」と言いながら鮮やかに作業を進めて解決させてしまい、「やはりプロだ、自分には理解できん」と思わせて、変にシステム部分まで突っ込もうという気を起こさせないことですね。

ところで、時々聞くのが「持ってきた本を見ながら、あーでもないこーでもないと模索してるのが傍目でもわかる人が来たことがある。この人、大丈夫?と思いました」なんて話。
この人は対人スキルができていない「マニアの延長」状態で商売を始めたとしか言いようがないです…。
同じわからないにしても、なぜ悩んでいるかを明確に説明できるようにするべきですね。
お客さんの前で「あーでもないこーでもない」と焦りを見せるのは最低ですね。

投稿: ささもと | 2006/01/09 10:32:42

一種の社会貢献

了解しました。そこまで考えておられるのですね。まだその域には達していないと考えます。

あーでもないこーでもないと模索してる

あまり聞かないですよ。ウチのあたりは悪徳業者いないのかしら。こういう最低なサポタも沢山居るとは思います。
以前投稿したA,B社が良い例です。
安価でスキルの無い人間を大量に発生させています。
この話は詳しく記事にアップして見て下さい。

悪徳から 名も無き に変更しました。
修羅の国とすると、まだ私は名が与えられていません。
第1の羅将が ささもとさん
第2の羅将が マルさん です。
そう言った意味合いで変更しております。


投稿: prtwqq | 2006/01/09 14:22:15

maru です。

A4 のプリンタで、B4 とはご無体な要望ですね、正直な所パソコン以前の知識だと思います。
個人的には、お小遣いでもあげて全てお孫さんにやって頂いた方が良いと思います(もしかしたら出来なかったのかも?)。

このような依頼は年に何回は有りますね、その際はスポットのレッスンでお伺いして作業を行う事が有ります。作業を見て頂くでも学習になると思います。ただ既存のパソコンスクールでは難しい対応になるんでしょね。

また複雑な場合は委託で製作させて頂きます。

以前不動産屋さんから、B4 ワード見開き、左右別レイアウトの契約書の製作をした事が有ります。イラストレータを使えば簡単なんですが、ワードでのご希望(自分達で修正する為)、テキストボックスをフルに活用してなんとか乗り切りましたが、もう勘弁と思いました(^^)。

投稿: maru | 2006/01/09 17:07:50

prtwqq さん

まぁ自分が悩んだ内容は、公開すると案外同じ内容で悩んでいる人はいるもんですから。
詳細に公開することで社会貢献になります。
その程度のことでも、役に立つもんだとわかると楽しくなりますよ。

maru さん

ワードって意外と思い通りにレイアウトできませんよね。
オートシェイプなどのオブジェクト配置で、よくイライラさせられます。
自分で一から作るならまだしも、人のをいじると…(-_-;)

投稿: ささもと | 2006/01/12 15:47:08

出したい結果だけ出せる」ような依頼を受ける側

以前別名で投稿しており、幾分気持ち悪いですが、それでも気にせず投稿します。

依頼を受ける為には、当然客の要望を満たす程度にまでスキルを有している必要が有ります。個人で全部のスキルが有るに越した事はおませんが、実際は無理でしょう。例えば、有るカタはパワポは駄目だがワドはプロ級
また別のカタは、ソフトからきしやけど、ハド強いとか。。
だから、相互補完で強い部分同士を結び付ける、或いは弱い部分を他の強いサポタに委任する姿勢が大切では無いでしょうか?

こう言ったスポトにパッと対応できる能力は、最早パソコンスキルのみの域を実際は悠に越えています。有る程度のセンスも必要です。

投稿: p | 2006/03/31 0:22:28

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 起動しなくなったパソコンのリカバリ。 | トップページ | このパソコンはロックされています。 »