ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ソースネクストさんからお手紙ついた。 | トップページ | Java VMがインストールされていません。 »

2006年1月26日 (木)

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

前回の記事の作業で引き上げたその晩、電話がかかってきました。

「なんかねぇ~、あれから来客があったので夕方まで使ってなかったけど、さっき電源入れてみたら、黒い画面でこんなメッセージが、何回も繰り替えし出てくるんよ…」

「こんなメッセージ」とは、↓こんなの。

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。

コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため自動的にシャットダウンした場合、前回正常起動時の構成を選択して、正しく機能した最新の設定に戻してください。

前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。

  セーフモード
  セーフモードとネットワーク
  セーフモードとコマンドプロンプト

  前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)

  Windows を通常起動する

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enter キーを押してください。

ここでカウントダウンが始まっていて、カウントダウンが終わると、メッセージが消えて、真っ黒な画面の後、すぐに電源投入直後のNECのロゴが出て、また同じ画面が出る、というもの。
これは通常起動ができなくなっているということに他ならない。
とりあえず電話で指示して、セーフモードやコマンドプロンプトで起動できるかどうかを試してもらったが…なんとセーフモードでも同じ。起動できないのだ。

∑( ̄□ ̄;) ええっ!!
そ、そんなバカな…。

すぐにでもお伺いしたかったんですが、別件で手が離せなかったため、翌朝のお伺いとなりました。

お伺いして確認。
やはりおっしゃっていた通りでした。
通常起動はもちろん、セーフモードもコマンドプロンプトもダメ。

一応、その辺を想定して先日の記事でもやったように、回復コンソールでの起動ができるようにWindowsXPのCD-ROMを持ってきて、そっちから起動してみた。

修復インストールから回復コンソールを選び、「C:\WINDOWS」にAdministratorでログインして…ぷちっ。
やっぱり再起動がかかってしまった。

…うーむむむ。
ちょっとこれはひどすぎる。

ハードディスク診断ツールをFDから起動してチェックをかけてみた。
念のため、認識するツール2種類でチェックしてみたものの、どちらも「ハードディスクに障害がある」との診断。

この直前に実施した前回の作業は、

ウイルスセキュリティ2006の更新
・OutlookExpressの古いメールの削除

これぐらいだ。
いくらなんでも、ウイルスセキュリティ2006自体の問題で、ハードディスクの障害を引き起こすというのはありえない話だ。
まぁ、ハードディスクへのアクセスはするので、それ自体が引き金になったということは言えなくもないだろうが…。
でも、どちらかというと、OutlookExpressの古いメールの削除の方が、引き金としては可能性が高いと考えた方が自然だ。

とりあえず、原因を考えていても、ハードディスクは復旧しない。
この状態では、ハードディスク交換しか道はなかろう。
しかし、このパソコンはリカバリーシステムがハードディスクに内蔵されているタイプ。
ハードディスク交換となると…。

実は、以前お伺いしていた時に、あらかじめリカバリーシステムのCD-ROMを作っておいたんです。
もしこういう事態になった場合のことを想定して。
この時ほど、「転ばぬ先の杖」が役に立つ!というのを実感したことはありません。
ドラえもんの道具の「あらかじめアンテナ」が付いていたのかと思うぐらい(笑)。
(ちなみに、あんまり関係ないですがGoogleの「あらかじめアンテナ」検索結果は微妙に笑えます)
ということで引き取り修理にしようとしましたが…。

しかし、お客さんはその修理上がりを待っているわけにはいかない。
そう。株をやっているからです。
こないだからの「ライブドアショック」から株式市場がようやく立ち直ってきたところ。
とてもじゃないけど2日も3日もパソコンがない状態ではいられない。
一応、申し訳程度に動作確認用の古いノートパソコンを持ってきたんですが、お客さんいわく、「以前から、もう一台パソコンを買って2画面で操作したかったからちょうどいい、これから買いに行きます」とのこと。
たまたま私も午後の予定は埋まっていなかったので、そのままお客さんと一緒に神戸のソフマップまでお買い物に同行しました。
JR明石駅のすぐ近くのお宅だったため、神戸までは新快速でたった一駅、乗ってしまえば11分で神戸駅です。近いもんです。

ソフマップは皆さんご存知の通り、新品から中古まで、かなりの品揃えがあります。
本当なら、中古品などのメンテ用パーツの物色でもしたかったところですが、今回はお客さんのお買い物ですので、残念ながらパスです。
お客さんのご希望はノートパソコンだったんですが、びっくりしたのは、VAIOノートがかなり安くなっているということ。なんと8万円台のものもありました。
しかし、店頭在庫を置かず、メーカー直送らしいので、持ち帰りができません。残念。
無線LAN内蔵で8万円台のヒューレットパッカード製の限定特価品もありましたが、大きさなどの問題で次点。
いろいろありましたが、最終的にはシャープのメビウスノートになりました。

しかし、改めてノートパソコンを物色して驚いたのは、10万円を切ったノートパソコンが増えたこと。
ちょっと前までは、ソーテックとかの安値販売専業のメーカーぐらいしかなかったのに…。
あとは無線LANやマウス・マウスパッドを選び、メビウスノートにメモリを増設してもらい、そそくさと退却です。

お客さんのお宅まで戻って、すぐにセッティングです。

無線LANは、すでにルーター内蔵のADSLがあったので、アクセスポイントタイプのものを買いました。
バッファロー ルータなし ブリッジモデル無線LANカードセット [WLA2-G54C/PN]
バッファロー ルータなし ブリッジモデル無線LANカードセット [WLA2-G54C/PN]です。
残念なことに、こういったアクセスポイントとPCカードのセットではバッファロー製以外ではろくなものが置いてなくて、変に高いもの、設定が面倒なものなどばかりで、仕方なくバッファローを選びました。
でも、バッファローのAOSSは相変わらず見事です。
ドライバをインストールし、ノートパソコンのPCカードスロットにカードをセットし、親機のAOSSボタンを押して、すぐに完了。これでセキュリティの設定までできてしまうんですから驚きです。
バッファローはハード的にはイマイチでも、このAOSSは、最新のパソコンにセットする分にはピカイチです。
これで故障さえしなければ最高なんですが…。

あとは、
ウイルスセキュリティ2006
追加で買っていただいたウイルスセキュリティ2006のセッティングとお客さんが使っている証券会社のホームページへのショートカットを作り、メールの設定をし、動作確認をしておしまいです。

あとは動かなくなったNECのデスクトップを、付属品と一緒に引き上げて、仕事場で修復するだけです。
この内容は、また次回ということで(笑)。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年01月26日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« ソースネクストさんからお手紙ついた。 | トップページ | Java VMがインストールされていません。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/8374278/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。:

コメント

あらかじめリカバリーシステムのCD-ROMを作っておいたんです。

保険ですね?バクアプと同じで本当に困った時に効力を発揮するミタイナ。流石ですね。私はここまではしません。

アクセスポイントとPCカードのセットではバッファロー製以外ではろくなものが置いてなくて

アクセスポイントは敢えて使わない方向で考えております。


投稿: p | 2006/02/01 20:22:04

お邪魔します。
CDはいつも“作ってあげておこうかな”とは思うんですけどね、思うだけで終わっています。実際にトラブルにあってみないとわからないでしょうね。

投稿: pts. | 2006/02/01 22:32:20

p さん
無線LANアクセスポイントはお客さんの要望ですからしょうがないです。
ここまで簡単に設定できるようになってきているので、今後は増える傾向でしょう。
知らない、やらないではすまなくなってきているので、私も先日、メンテナンス用にアクセスポイントを1台買いました。
中古で2000円ほど。安いもんですよ。

pts. さん
以前、お気軽に「作りましょうか」と言ったがために、2時間以上パソコンの前から離れることができなくなりました…。
pts. さんはご存知でしょうけど、NECのはゆっくり焼いてさらに確認までしますので、予想外に時間がかかります。
ちなみに、今回はこのCD-ROMは使いませんでした。
詳しくは次の記事で。
どれだけ遅れてるんだ(笑)。

投稿: ささもと | 2006/02/02 8:59:31

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ソースネクストさんからお手紙ついた。 | トップページ | Java VMがインストールされていません。 »