ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その1。 | トップページ | ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 納品編。 »

2006年1月30日 (月)

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その2。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

「復旧編その1。」の続きです。

この現象でいろいろ検索をかけて、復旧への兆しとなりそうな記事がこれ。

Windows XP 復活 :Gen-yu's Files

ここに、いわゆるレジストリハイブが壊れて起動できなくなった時の復旧方法が、かなり懇切丁寧に書かれています。
基本的には、以前にもやったことのあるレジストリハイブのコピーをやることになります。
作業の大元となるのはこちらの情報。

レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法 :マイクロソフト サポートオンライン

先の記事は、懇切丁寧とはいえ、かなりの危険部位をいじることになりますので、当然ながら自己責任で実行することになります。
慎重に、慎重に。

ついでですが、またリカバリについての考察もしてみました。

-----

まずは回復コンソール起動ディスクから回復コンソールを起動。

次に、レジストリハイブの5つのファイルをとりあえず保全します。
保全といっても、単純にファイル名を書き換えるだけですが。

c:¥windows¥system32¥config¥system
c:¥windows¥system32¥config¥software
c:¥windows¥system32¥config¥sam
c:¥windows¥system32¥config¥security
c:¥windows¥system32¥config¥default

これらのファイルは拡張子がありませんので、renコマンドで名前を変えます。

ren system system.old

これは、

「system という名前のファイルを system.old という名前に書き換え(rename)します」

というコマンドです。

同様にほかの4つも

ren software software.old
ren sam sam.old
ren security security.old
ren default default.old

と名前を変えておきます。
そしてバックアップファイルから同じ名前のファイルをコピーします。

copy c:\windows\repair\system c:\windows\system32\config\system
copy c:\windows\repair\software c:\windows\system32\config\software
copy c:\windows\repair\sam c:\windows\system32\config\sam
copy c:\windows\repair\security c:\windows\system32\config\security
copy c:\windows\repair\default c:\windows\system32\config\default

ここでのポイントは、5個全部コピーです。

ここでいったん再起動です。
でも、これだけではまだダメらしいです(症状は変わらない)。
これは、ここで最新の復元ポイントを作ることが目的のようです。

次に、「過去の復元ポイントからレジストリファイルをコピー」します。
つまり、手動での復元ポイントへの復元ですね。
今回の作業の山場です。

先ほどの再起動から、リセットがかかってまた再起動をしますので、そこで起動ディスクで回復コンソールを起動します。
C:¥System Volume Information というフォルダに、「_restore{うんたらかんたら}」という長ったらしい名前のフォルダがあります。
まずはこのフォルダを開きに行くわけですが、場合によっては、そのままではAdministratorでログインしている回復コンソールにもかかわらず、生意気にも「アクセスが拒否されました」とかぬかしやがります。実際、今回も出ました。
私は、いったんハードディスクを抜いて、メンテナンス用のWindows2000マシンに入れて、そのフォルダのプロパティでアクセス権を変更しておきました。Adminフルコンです(Everyoneフルコンでもいいんですけどね)。
そしてその中に、「RP130」とか「RP183」といった、「RP」に連番の数字がついた名前のフォルダが並んでいます。
そしてその連番フォルダの中にある、「snapshot」フォルダの中に、目的のレジストリハイブの5つのデータが格納されています。
どれを使うかは、フォルダの日付・時間を見て判断するのがいいでしょう。

ファイル名はそのものずばりではなく、頭に「_REGISTRY_」と付いています。
5つのレジストリハイブのファイルが確認できたら、名前を変えて c:\windows\system32\config へコピーです。


…さぁ、これで起動できるようになる、はず、なん、です、が…ダメでした。

どうやらレジストリハイブ以外の部分でやられていたようです。
あるいはレジストリの不整合を吸収し切れていないか。
こうなるともうお手上げです。リカバリしかありません。

まぁ前回の記事にも書きましたが、もともと残さなければならないデータもほぼない状態でしたので、いきなりリカバリでもよかったんですけどね。

ということで、説明書どおりのリカバリをかけました。

NECのXPプリインストールのデスクトップパソコンですので、ハードディスクのリカバリ領域からの起動で、リカバリ自体はだいたい20分程度でしょうか、非常に短時間で完了です。
しかし問題はそのあと。
NEC独自設定でアプリのインストールと初期化を自動でやるのですが、これがまた時間がかかります。30分程度かかったと思います。
NortonGhostでリカバリするんだから、その辺もやっといてくれよ…と思うのは私だけではあるまい。
そこからWindows自体のアップデート。
SP1以前のものですから、SP2アップグレード用のCD-ROMを利用しても20分程度。
それからインターネットにつなぎ、SP2以降の修正の適用。これがまた40項目前後あり、ダウンロードを含めても20分程度はかかりました。
また、サウンドシステムがYAMAHA AC-XGだったので、例によって音が出なくなったので、メーカーサイトからドライバをダウンロードです。
ついでですので、その他あれこれ最新版のドライバをダウンロードして適用。
一通り修正の適用をかけてウイルスセキュリティの設定を終わらせ、引渡しができるぐらいに仕上げるのに、結局3時間程度かかりました。

気軽にリカバリとかいうサポートがいますが、これが普通なのです。
安直なリカバリは、百害あって一理なしなのです。
いつでもリカバリできるぐらいに環境を整えている人ばかりなら、出張サポートなんて呼ばなくて済むわけで、我々の仕事はありません。
まぁ昔のように「パソコンを使う人はパソコンを自分で面倒見れる人」ということはありえないので、出張サポートの仕事はなくならないと考えています。
クルマと同じで、日常の故障は減っても、使う人が増えている以上、決してゼロにはなりえないのですから。

-----

今回は、引き取り作業で時間に余裕があったからこそ、こうやって調べながらできることですし、本来は、こういう作業はダメ元で最後の手段のつもりでやらなければならないと思います。
普通ならリカバリされてしまう内容なんですから…。

ただ、みなさんすでにお気づきの通り、「本来はリカバリですよ」とかなんだかんだ言いながら、こんな感じでとりあえず起動できたなら、その後も普通に起動できて使えるようになってしまうことも多いわけです。
それに、こういうのが別のトラブルの布石になってしまうことも、意外と少ないようです。
とはいえ、「本調子に戻す」「きちんとした修理」という意味では、こういう場合は、リカバリに勝る修復方法はないでしょう。

でも、「リカバリでデータを消してしまう」という行為は、本来もっとも避けるべき行為だと思います。

「パソコンの動作」という観点では、リカバリで直ります。極端な話、買い換えてしまえばいいわけです。
でも、溜め込んでいたデータや鍛え上げた変換辞書ファイルや見慣れたアイコンの並びのデスクトップは、それでは永久に戻りません。

お客さんの目の前で修復作業をしていて、一番喜ばれるのは、トラブル前の元通りの画面が戻ってきた時です。

これは、「お客さんの目の前での作業」ができる「出張修理」だからこそ得られる感動だと思います。
確かに持ち込みでも修復はできるでしょう。しかし、お客さんにしてみれば、持って来たり持って帰ったりの段階で何が起こるかわからないという不安を抱えたままです。
やはり現場での作業が一番です。

そういう部分を踏まえた上で「これはリカバリでしょう」という的確な判断ができてこそ、初めて「お客さんに評価される仕事ができている」と言えるのではないでしょうか。

ろくに原因分析もせず、お客さんの都合も聞かず、修理作業者の手間や都合を再優先して「こりゃリカバリしかありません」だなんて、その辺の「ちょっと詳しい知り合い」にタダで任せても同じことを言います。
それは出張修理のプロとしては、恥ずべき行為だと思わなければなりません。
極論すれば、以前問題になっていた、年寄りを相手に手抜き工事でぼったくりの料金を取っていたリフォーム業者と同じレベルと考えるべきだ、とも言えます。

最終的にリカバリしかない、という判断を下す場合も当然あるでしょう。
リカバリ自体が悪いわけではないのです。
でも、安易にリカバリする前に、お客さんの都合を聞き、できる努力をした上で、リカバリの判断を下す。
私は、これがプロ(お金を取れる作業者)としての正しい姿勢だと考えます。

まぁ、この辺は「できる努力」の部分で差が出てくるんだろうと思います。
「できる努力」を「マニアの腕自慢」と勘違いをして「勉強しない業者」は、今後サポート業者が増えるにつれて淘汰されるでしょう。
私は「勉強する業者」を応援したいと思っています。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年01月30日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その1。 | トップページ | ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 納品編。 »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/8638386/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その2。:

» Windowsが正しく開始できませんでした。 トラックバック 森々様々(しんしんさまざま、森羅万象)
Windowsが正しく開始できませんでした。 でググルと数多くヒットする。 windowsが正しく開始できませんでした。 - Google 検索 ここに、その時に表示される全文がある。 パソコントラブル出張修理・サポート日記 ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。 コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した... 続きを読む

受信: 2006/10/15 8:36:45

コメント

これらのファイルは拡張子がありませんので、renコマンドで名前を変えます。


ren system system.old

これは、

「system という名前のファイルを system.old という名前に書き換え(rename)します」

というコマンドです。

hiee初めて知りました。
無いと思うけど機会が有れば使用して見たいです。
知らないこといっぱいいっぱい有りますね。

投稿: p | 2006/03/25 21:26:49

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その1。 | トップページ | ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 納品編。 »