ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 海自データ流出 「ウイルスソフトで慢心」 | トップページ | ブルースクリーンのちすぐ再起動。 »

2006年3月 2日 (木)

王様の耳はロバの耳。 - 業務日誌ブログについて -

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ブログ仲間の ike@九州 さんのブログ「せっち屋えぶろーぐ」より。

サポート ブログについて :せっち屋えぶろーぐ

この記事によると、設置屋仲間のブログが「停止になった」とありますが、実質的には閉鎖に追い込まれた、ということでしょう。
まぁ、似たような例には、枚挙に暇がありません。

ブログで会社をクビに――米国で解雇例が続出 :HOTWIRED JAPAN
「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に :ITmediaニュース
PS3に対する否定的発言でソニー社員が解雇に :XNEWS

「設置屋」 「せっち屋」という言葉は、いわゆるインターネット接続の設定業務を請け負う業者のことを指すようです。
私自身は、こうやってブログを始めるまでそんな言葉は知りませんでしたが。
業者とはいえ、会社からギャラをもらうという立場では、社員とあまり違いはありません。
私の場合は、業務請負での仕事はほとんどありませんので、立場はかなり違います。
発言の自由度、という部分での立場が。
その辺で思うところを書かせていただきます。

-----

こういう場合は何が問題になるのかというと、やはり、

・業務上の機密に関する漏洩
・個人情報の流出、プライバシーの侵害
・誹謗中傷

がメインになるのでしょう。

Q.ブログで会社をクビにされないための注意点は? :日経BP ネットビジネスTODAY > ネット法律相談所

ホームページやブログを正しく利用する :情報セキュリティ|NTT Com|ポータル

逆に言えば、この部分に引っかからなければ、何を言ってもいいわけです。
でも問題なのは「この部分に引っかからなければ」であって、ネタによっては著しく面白さが奪われることがあるのは確かでしょうね。

「設置屋」さんの場合は、どちらかと言うと「社員」に属することになるので、上役にあたる委託元の会社の規律に従う必要が出てきます。
これを守れなければアウトですね。
守りたくない、守る意思もない、そんな規律はおかしい、そう思うのであれば、委託を受けなければいいわけです。
「社員」と違うのはその部分で、選ぶ権利があるわけです。
まぁ、情報漏洩に関して厳しいところの方がしっかりした仕事ができることは確かでしょうけど…この辺は微妙ですね。

ウチの場合は、ジャンルで言えば「社長ブログ」と言えますね。
社長自ら、会社のことを情報公開している、ということです。
(もちろん、都合のいいことだけ書けばいいわけですが…。)
でも、本来の目的は、あくまで「業務日誌」であって、さらに付け加えれば「トラブル情報の共有」を目的としているわけです。
本当にそれのみが目的なら、質問受け付けサイトやまとめサイトにするなど、効率のいいやり方があります。
しかし、「それのみの目的」で仕事をしたことのある私としては、それの仕事量が半端でないことをよく知っていますので、個人営業のウチでは無理だということを理解しています。
しかし、日々刻々とさまざまなトラブルが発生している現状、まとめる前に事例の公表をするべきだと考えています。
もちろん、個人が特定できる情報は書くことはできません。
お客さんの行動で笑えるものもあるでしょう。でもそれは料理で言うスパイスのような、あくまで副次的なものです。
それをメインにしていては、責められても仕方がありません。
でもそれ(笑える行動)を書かないと事例にならない場合もありますので、当ブログでは、プライバシーに配慮しつつ書くようにしています。
また、最近では「日誌・事例としてこの件はブログに書かせていただく場合もあります」というお断りをするようにしています。
それで「いやそれは困ります」と言われたことは、今のところありません。
まぁこれも、私が個人の業者であって、どこかの会社の委託ではないからできることだと思います。

どこかの会社の委託だからこそいろんなところに出入りできる、ということも確かにあります。
そこで見るものは、一般的にはお目にかかれないものが多く、「誰かに話してみたい」という衝動に刈られることは当然あるでしょう。
しかし、守られるべき機密は守るべきですし、守るべきルールを守らなければ、仕事がなくなるのは当然です。
その当たり前のことをよく考えて情報公開をするべきでしょう。

まぁ「ブロガーに言論の自由はないのか?」という話も出なくもないでしょうけど、これは自由であるがためのルールだと考えます。
「自由」と「好き勝手」は明らかに違います。
「自由」というのは、一定のルールがあって初めて成り立つもの。
「好き勝手」というのは、その「一定のルール」がないのです。

「言論の自由」以前の問題です。

-----

ブログを書く時は、周りに人がいなくて、パソコンと1対1で書いているので、誰にも聞かれないという感覚に陥りがちです。
でも、しっかり他の人に伝わってしまうのです。

「王様の耳はロバの耳」の話をご存知でしょうか?
王様の耳がロバの耳になっていることを知った床屋は、そのこっけいな事実を誰かに話したくて仕方がなくなり、川のほとりの葦(あし)原に穴を掘り、そこに向かって「王様の耳はロバの耳」「王様の耳はロバの耳」とささやいてすっきりしていたら、風に揺られた葦が「王様の耳はロバの耳」とささやきだして、誰もが知るところになってしまった、という話。

ブログは、その葦と同じだと考えられますよね。

匿名だからOK、という話ではないでしょう。

そう考えれば、ちょっとは自制が効くのではないでしょうか…?

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月02日(木) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 海自データ流出 「ウイルスソフトで慢心」 | トップページ | ブルースクリーンのちすぐ再起動。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/8907231/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の耳はロバの耳。 - 業務日誌ブログについて -:

コメント

ike@九州 さんのこの記事は久々に衝撃的でした。

私のような自由な立場だとそれ程制約が無いので楽ですよ。

投稿: p | 2006/03/02 20:14:03

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 海自データ流出 「ウイルスソフトで慢心」 | トップページ | ブルースクリーンのちすぐ再起動。 »