ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« WindowsXPの動作が遅い。 | トップページ | 自作PC用パーツの買い出しついでにゲットしたもの。 »

2006年3月26日 (日)

インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは前回前々回の続きです。

無事2台の無線LANがつながり、古い方のWindowsXPノートも快調になり、あとはWindows98SEの有線LAN接続だけです。

あまり使わないので、予備の端末程度の認識で、とりあえずインターネットにつながればいい、という程度のものと考えておられたので、今回の無線LANのリプレースでも、このノートに関して無線LAN接続にこだわられなかったのはそのせいでしょう。

こちらはついでの作業なので、ほとんどサービスみたいなもんです。
そんなに速度は期待しても仕方がないということで、こちらで半分埋もれかかっていた箱入りの在庫の、ELECOM製10-BaseT対応LD-CDL/TAをお持ちしました。
今となってはCardBus非対応の10-BaseTなんて絶滅寸前です。
眠らせているよりは、有効に使っていただいた方がいいってもんです。

これはLANカードには珍しく、CD-ROMで先にドライバをインストールするタイプ。
LANカードごときで先にドライバを入れるなんて面倒なことを…と思いながらも説明書通りにインストールして電源をOFFして、LANカードを差し込んで起動。

悲劇はここから始まったのでした…。

-----

ルーターからLANケーブルを引っ張ってきてLANカードにつなぎ、IPアドレスを確認すると、
…取れてないっすよ。
当然ながら、ホームページも表示できません。

ああ、これはまたウイルスセキュリティ2006が引っかかったのだろう。LAN環境が変わったのでびっくりした、なんていうのはちょくちょくあります。…なんて軽く考えて、とりあえずウイルスセキュリティ2006のアンインストール。
…今度は問題なくいけます。
ホームページも問題なく表示できます。

さて、ウイルスセキュリティ2006の再インストールです。
こちらは一応念を入れて、サポートページからシリアル番号を入れての最新版をダウンロードして、そちらをインストールしてみます。
インストールしたら再起動を促され、シリアル番号を入れて更新をかけたら、
「サーバーに接続しています」で止まります。

うーむむむ、これは…?

それでは、ということで別のLANカードを突っ込んでみます。
メンテナンス用として常備している、3ComのEtherLinkIIIという10Base-Tのカードですが、これのいいところは、追加ドライバが要らないことです。
Windowsが標準で持っているので、別途追加する必要がありません。
ということで、いざという時の動作確認用として持っています。
3Comの名は伊達ではありません。これを突っ込んでみると、
きっちりつながって、ウイルスセキュリティ2006の更新ができました。

うーむむむむむ…。

いつぞやも同じような話があったなぁ。
後から来た設置屋が、LANカードのインストールができなかったとかで、ウイルスセキュリティをお客さんに捨てさせた件。
これもELECOMのLANカードだから…。

要するに、
エレコムのLANカードとウイルスセキュリティの組み合わせはマズイ
っつーこんですかね??
(なぜか甲州弁

確かに、他のLANカードではあまりない、接続前に「かんたんCDナビ」というソフトでドライバをインストールさせるタイプだし、他とは違う性格なのかもしれない。
LANカードとセキュリティ対策ソフトが当たるなんて…まさかねぇ。
とはいえ、現実に、ウイルスセキュリティ2006をアンインストールすると、何の問題もなくつながる。

とにかく、ウイルスセキュリティかエレコムのLANカードか、どっちかに問題があることだけは確かです。

この場合、疑うべきはどちらなのかが非常に微妙です。
他では見ない方式でドライバをインストールしているエレコムのLANカードか、安物のウイルスセキュリティ2006か。

同時に導入したのなら、ウイルスセキュリティ2006を捨てる方向になるだろう。
しかし、ウイルスセキュリティ2006は先に導入してあって、有効期限が半年以上残っている。
業者が選んであとから突っ込んだLANカードのために、すでに入っているソフトを捨てて、追加でお金を出して別のソフトに差し換え、なんて点検詐欺商法みたいなことはできるわけがない。

社説/2005.07.02/リフォーム詐欺/「点検商法」を締め出せ :神戸新聞ニュース
詐欺事例 :SAFETY JAPAN [ビジネス・経営]/日経BP社

いつぞやのお客さんのところでは、それをやった設置屋がいましたが、セキュリティ対策ソフト程度の安いものとはいえ、お客さんの都合を無視して自社の製品を売りつける行為は、悪徳商法と取られかねないので、セキュリティ対策ソフトをお勧めする場合は、注意が必要ですね。

仕方がないので、今回はLANカードを持ち帰りで、ウイルスセキュリティ2006が入ってても問題ないLANカードを改めて選定して出直してくることになりました。

メンテ用の3ComのLANカードは動作的に問題ありませんが、すでに入手不可の貴重なものですから、残念ながらお譲りするわけにはいきません。
幸いにも、「ノートパソコンは2台で充分なので、こちらは急がなくていいよ」とはおっしゃっていただいたものの、こちらとしては、うまくいくはずのものがダメだったということで、お客さんの信頼をひとつ失ってしまった、実質的には私の「負け」です。
お客さんには再度時間を取っていただかなければなりませんし、それに対する費用はいただくこともできません。

-----

さて、またメーカーとの攻防が始まるわけです。
今までの経験から言えば、こういう経費はメーカーに請求したって絶対に出ません。
幸運にも代替の新品ぐらいは出ても、それ以上のものは出たためしがありません。
こういうので円満に解決したためしがないので、これからの展開を思うと、少々ブルーです…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月26日(日) ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« WindowsXPの動作が遅い。 | トップページ | 自作PC用パーツの買い出しついでにゲットしたもの。 »

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9457999/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。:

コメント

3ComのEtherLinkIIIという10Base-Tのカード

入手しても良いですか?以前VS2006のせい?でIPアド取れず往生しまっせ。

こいつなら、行けたかもですねえ。。そう言うの持ってて困る事は断じて無い。

投稿: p | 2006/04/08 20:24:56

お邪魔します。
ウイルスセキュリティ2004のパッケージには、『バッファローのLANアダプタには使えません』とはっきり書いてありましたが、まだ引きずっているものがあるんでしょうか?ちなみに今店頭にあるLANカードはバッファローもコレガもCDから先にインストールするタイプだと思います。
続きがありそうなので楽しみにしておきますね。

投稿: pts. | 2006/04/08 22:32:23

p さん
EtherLinkIIIは、おそらくよほど探さないとないような気がします。そもそも10Base-T/10Base-2なので、中古品としての価値があまりないものですから。
でも、メンテナンス用としては確かに持ってて損のない一品だと言えます。
もし見つけたら即ゲットですね。

pts. さん
そういえば2004のパッケージにそんなことが書かれていたのを思い出しました。
でも、2005に変わる頃にはその辺は「最新版の導入」でOKです、とQ&Aに出ていました。
あるお客さんのところでは、その時期だったとは思いますが、プロバイダのADSLモデムとセットで付いてきたバッファロー製LANアダプタを追加したところ、ダイヤルアップがつながらなくなって焦りました。抜いてドライバの削除で復帰したので、他社製のに変えた記憶があります。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/01/lan.html
コレガの有線LANは試したことがありません。
そう高いものでもないでしょうから、ひとつ買って試してみるのもいいかもしれませんね。
検討してみます。

投稿: ささもと | 2006/04/09 7:52:47

憶測ですが、ウイルスセキュリティ2006がファイアウォール機能をもっており、インターネットへアクセスするソフト(ここではエレコムのLANカードのドライバ)を知らない(自前のリストにない)ので、弾いているのでしょう。
手持ちのノートンのインターネットセキュリティーの場合は、インターネットアクセスできるようにユーザーがリストに追加できます。しかし、インターネットアクセスするソフトをバージョンアップしただけで弾かれるので、リストから削除して再登録が必要です。
コレガも酷かったです。PCカードで必須のACPIに対応していないLANカードがありました。コレガのメディアケーブルを抜いただけで(PnP管理が貧弱な)VAIO505Xは起動しなくなりました。

投稿: マイコソ | 2008/03/01 11:13:07

マイコソ さん
もうずいぶん前の話なのであまり意味は無いとは思いますが、この場合は「ソフト」ではなく「ドライバ」が、ウイルスセキュリティの仕様に合っていなかった、といえます。
ファイヤーウォールの許可リストには、アプリケーションは追加できてもドライバは追加できません。
それはノートンも同じのはずですが。

>コレガのメディアケーブルを抜いただけで(PnP管理が貧弱な)VAIO505Xは起動しなくなりました。

これはどっちの問題とも言えませんが…。
今回のエレコムの問題と違うのは、Sonyとコレガは販売において無関係ということですね。

投稿: ささもと | 2008/03/05 9:09:46

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« WindowsXPの動作が遅い。 | トップページ | 自作PC用パーツの買い出しついでにゲットしたもの。 »