ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 無効なBoot.iniです。 | トップページ | WindowsXPの動作が遅い。 »

2006年3月26日 (日)

無線LANの入れ替え。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは前回訪問時に無線ルーターの交換が持ち上がっていたお客さん。

しょっちゅうつながらなくなるNTTマークつきコレガの無線ルーターから、NECの無線ルーターに入れ替えです。

また、どうしても無線でつながらなかったWindows98SEのノートパソコンの有線接続と、どうにも動作の遅いWindowsXPのノートパソコンのチューニングもすることになってます。

とりあえず、3台が3台とも、それぞれに手がかかりましたので、記事を3本に分けます。
まずは無線ルーターの入れ替えから。

-----

先にも書きましたが、こちらのお客さんはNTTマークのついたコレガの無線ルーターをお使いでした。
とりあえずつながらないわけではないのですが、以前から何度も、ネットにつながらなくなるトラブルに見舞われていましたので、この際セキュリティ設定の簡単な「らくらく無線スタート」対応のNECのルーターで、

NEC AtermWR7850S ワイヤレスルータPCカードセット IEEE802.11a/b/g同時利用 [PA-WR7850S/SC]
NEC AtermWR7850S ワイヤレスルータPCカードセット IEEE802.11a/b/g同時利用 [PA-WR7850S/SC]に入れ替えることにしました。

これを選んだポイントは、「IEEE802.11a/b/g同時利用」が可能、ということ。
1台はIEEE802.11a(54Mbps)、1台はIEEE802.11g(54Mbps)、NintendoDSなどのWi-Fi利用にはIEEE802.11b(11Mbps)、といった使い分けが可能になります。
安いものだと、切り替え利用となるため、混在できません。
もしNintendoDSなどのWi-Fi機器を使うとなると、周波数帯の違うIEEE802.11a(54Mbps)が使えないことになってしまいます。
同時利用が可能なら、この辺は問題ありませんので。

まぁそういう細かいところは置いといたとしても、やはり現行機種で、そこそこの信頼性のある機種は、NECのAtermシリーズをおいて他にありません。
確かに同じ性能では、バッファロー製は安いです。一発設定のAOSSもいろんな機器に対応しているので、そういう点ではAtermシリーズと競合する部分です。
しかし、やはりハードウェアが「安い」というのは、それなりの理由があるのです。
とにかく今回は、Windows98SE対応がない、という部分を差し引いても、信頼性を重視してNECのAtermシリーズを選定しました。

まずはセットのPCカードを利用して、無線LAN内蔵でないWindowsXPのノートパソコンをつなぐ設定をします。
カードの入っている袋には、でかでかと

「ドライバをCDからインストールしてからセットしろ」

と書いてあります。
とにかくそのとおり、CD-ROMからインストールし、ドライバの指示のあったタイミングで袋を開けてカードを差し込む。
とにかく説明書どおりにやればいいだけなので、こちらはすんなりOK。
ああそうそう、もちろん、先に刺さっていたコレガの無線LANカードのドライバはきちんと外しましたよ。
ええ、もちろん、説明書に書いてあるとおり、コントロールパネルからではなく、スタートメニューからたどってアンインストールしましたとも。

この状態でちゃんとつながっているので、無線LANの機能とルーター機能は問題ない(致命的な初期不良がない)ことが確認できました。一安心です。

さて問題は、無線LAN内蔵の新しいノートパソコンの設定です。

こちらは「らくらく無線スタートEX」という、NEC以外の無線LANハードウェアでも使えるソフトを使っての設定になります。
今までは、同じNEC製でなければ使えませんでしたので、かなりの進歩です。
しかし、WindowsXPのSP2特有の無線LAN管理機能を使ったソフトなので、それ以前のWindowsでは使えません。
SP2かどうかという点では、こちらのパソコンは先日買ったばかりの新品なので何ら問題ありません。
ということで、説明書どおりにドライバCDから「らくらく無線スタートEX」をインストールして起動。

「らくらく無線スタートEXへようこそ!」

とおねーさんがしゃべります(笑)。
親機のボタンを押してこいとのたまうので、そのとおり押してきます。
…しばらく待ってみると、

「親機が確認できませんでした!」

∑( ̄△ ̄; あんだと~!!
あんたの言うとおりに押してきてやったのに、なんやねんその言い方は!!

と機械にすごんでも仕方ないんですが(笑)、親機が遠いかもしれないとかのたまうので、いったんONUから切り離して、すぐそばにもってきました。
…それでもダメです。うーむむむ。

こんなときこそ説明書
なになに?

「先にインストールされている無線LANコントロールソフトは無効にしておいてください」

だってさ。
なるほど、確かにこの無線LAN内蔵ノートパソコンは、無線LAN環境切り替えのための「Mr.WLANner」というソフトがインストールされていて、これが内蔵無線LANのコントロールをしているようです。
まずは設定で「無効」にしてみました。

…ダメでした。相変わらず「親機が確認できませんでした!」です。
では、Windows起動時に読み込ませないような設定にしてみたらどうか?
…こちらが効きました!
きちんと「らくらく無線スタートEX」が親機を認識し、設定が無事完了しました。

どうやら、「らくらく無線スタートEX」の場合は、こういった「他社製」の無線LANを使う際は、付属のコントロール用のソフトをきっちり外しておかないとダメなようです。
でも、アンインストールをしてしまうと、こういうプリインストールものはそれだけを後からインストールできるかどうか怪しいので、後からできることがはっきりしていない場合は、なるべくアンインストールはしない方が吉ですね。

この記事を書くにあたって検索してみたら、全く同じ現象の記事が。

ぎりぎり 時間いっぱい。 (でも完遂) :yeah!

でも、ずいぶん前の話ですね。去年の5月の話です…。

無理は禁物です。 :パソコンのサポートやってます。

こちらはAOSSでの現象。

さて、ちょっと苦労しましたが、なんとか無線LANの2台はつながりました。
速攻で終わりそうなWindows98の有線LANの設定は後回しにして、古い方のWindowsXPノートの動作が遅い件の対応です。
とりあえず、先回お伺いした時に目星はつけていたんですが…。
これは次回の記事へ。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月26日(日) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 無効なBoot.iniです。 | トップページ | WindowsXPの動作が遅い。 »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9372953/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANの入れ替え。:

コメント

>ハードウェアが「安い」というのは、それなりの理由があるのです。
どんな理由ですか?

投稿: | 2006/04/06 21:04:43

静岡県のぷららユーザーさん

>>ハードウェアが「安い」というのは、それなりの理由があるのです。
>どんな理由ですか?

価格分省略しているものがある、ということです。

投稿: ささもと | 2006/04/06 22:10:47

ささもとさんて結構きっちりAOSSやらくらく無線スタートを使っているのですね。私は使いたくない方なんですが。以前からAOSSには
ハマッてしまうと、泥沼でして、あまりいい思いではありません。
NECのAtermシリーズは確かに使いやすくて設定も楽チンです。これはお勧めって感じですね。

投稿: B/b | 2006/04/07 1:31:58

B/b さん
コメントありがとうございます。
まぁ「あるものは使う」のが筋だと考えてます。
自分の趣味で使っているものなら、あえてAOSSもらくらく無線スタートも使わない、という選択肢もあるでしょうけど、私の場合は「お客さんに引き渡す」ものですので、説明書通りに/簡単に/確実にできるところをお渡しすることになります。
そういう意味では、AOSSやらくらく無線スタートは、非常にありがたいものであり、「あえて使わない」のはどうかとも思う次第なのです。
どちらも他社製の無線LANでも対応できるようになり、使いやすくなりました。
AOSSではまったのは、
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/02/post_2f9e.html
でありましたが、こちらは原因がよくわかっていません。
AOSSだからおかしい、というわけではないとは思うんですが…。
これに関しては、やっぱり「バッファロークオリティ」なのか?とも思えなくもない現象でした。
本当のところはわかりませんけどね。

投稿: ささもと | 2006/04/07 15:24:10

付属のコントロール用のソフトをきっちり外しておかないと

アンインストはリスキなので、一時的に外す、と?

投稿: p | 2006/04/07 19:41:42

>静岡県のぷららユーザーさん

と書いたのには、何か意図があるのですか?

投稿: | 2006/04/08 15:48:45

s02.a022.ap.plala.or.jp の人

>>静岡県のぷららユーザーさん

>と書いたのには、何か意図があるのですか?

お手数ですが、質問するなら名を名乗るのが礼儀かと。
それに、そういう不躾な質問に答える義務があるのでしょうか?

投稿: ささもと | 2006/04/08 19:37:05

遅くなってごめんなさい、
トラックバックいただいていたのを忘れていました。
バッファローもコレガも接続ユーティティはどんどん変更になっていますが、NECはたぶんここ3年くらい大きく変わってないですね。このあたりは自身のなせるわざでしょうか?確かにまだ現役のISDN用の無線ダイヤルアップルータも多いですからね・・・。

投稿: pts. | 2006/04/08 22:43:29

pts. さん
うーん、そうですかね?
「らくらく無線スタート」がついたのは、ここ2年以内のことかと思うんですが…。
その前は「サテライトマネージャ」でしたから、同じではないはず。
少なくとも、3年ほど前の「サテライトマネージャ」は、今のように全自動でWEP設定をしてくれるものではなかったと記憶してます。
ここらへんはpts.さんの方が詳しいでしょうから、私の勘違いかもしれませんけど。

まぁでも、XPのSP2限定ですが、ルーター側の1ボタン設定が、無線LANアダプタのメーカーを合わせなくても済むようになったのは大きな進歩だと思いますよ。
でも、NECとバッファロー以外は、それが実現できていないようですけどね…。

投稿: ささもと | 2006/04/09 8:28:41

pts. さん
そうそう、pts. さんのところの記事を入れてませんでした。
追加しておきました。ごめんなさい。

投稿: ささもと | 2006/04/09 8:45:17

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 無効なBoot.iniです。 | トップページ | WindowsXPの動作が遅い。 »