ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« マザーボード入れ替え。 | トップページ | Explorer.exe の読み込みエラー。Windows を再インストールしてください。 »

2006年3月29日 (水)

マイドキュメントとOutlookExpressの保存先。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

前回の記事で組み替えたPCの納品です。

起動に使っていたハードディスクが、結局復活できなかったので、お客さんはちょっと残念そうでしたが、気を取り直してセットアップの仕上げを行います。

引き取り作業でできないのは、現地での接続確認。当たり前ですが(笑)。
とにかくインターネット接続をきっちり終わらせて、メール設定などのやり直しです。

今回、再セットアップに際して、後から増設していたハードディスクを流用させてもらったんですが…これが驚きの素晴らしい設定をしてくれていたことに気がつきました。

-----

今回、インストールに際してちょっとだけ問題がありました。

流用させてもらったハードディスクには、すでにWindowsフォルダが存在していました。
ですので、ちょっと変則的ですが、WINNTというフォルダでインストールを実行しました。

そして、今回お客さん宅までお持ちして、その状況を説明して、インターネット接続と、メール設定とを実施することになったわけですが…。

「前のデータはまったくダメですか??」

…そうですねぇ~、なにやらWindowsフォルダなどが残ってましたので、多分丸ごとコピーするかなんかでバックアップされていたんではないんでしょうか?
ちょっとは残っている可能性がありますね。

そんな会話をしながら、とにかく、OutlookExpressの接続の設定をやって、残っているかもしれないメッセージファイルとアドレス帳を探してみました。
どうも同じようなフォルダ構成でコピーされているような雰囲気ですが…更新の日付は、お客さんから問い合わせのあった日に非常に近い。
OutlookExpressは、受信トレイ内に作ったフォルダの名前でメッセージファイルが作られていますが、お客さんに見てもらうと、そのまんまで残っていたようです。
インポートしてみたら…なんと、使っていた状態そのままだったそうです!!
そして、アドレス帳もインポートしてみたら、やはりほぼそのまま。

マイドキュメントらしきフォルダも、どうやら同じように残っていました。
…しかし、アクセスできません。
アクセス権が取れないために、開けませんでした…。
でも、幸いにもその他のフォルダにファイルが分散されていたので、ご希望のファイルのいくつかはそこから出せました。

これはもしかしたら…。

もともとのハードディスク構成は、今回お亡くなりになったハードディスクが起動ドライブのC、今使っている後から増設したハードディスクは、3つに区切られていましたので、おそらくD、E、Fだったのでしょう。
状況から考えるに、

起動ドライブとは物理的に別のドライブに、マイドキュメントとOutlookExpressのメッセージファイルのフォルダを設定していた

のかも知れません。

マイドキュメントの場合は、デスクトップ上などにある「マイドキュメント」アイコンを右クリックしてプロパティを選択し、
Mydocument_targetfolder

このターゲットフォルダの場所を、別ドライブの場所にしてやればいいわけです。
(この絵はWindowsMeのものですが、他のWindowsでも大差ないです)

OutlookExpressの場合は、「ツール」→「オプション」から、「メンテナンス」タブをクリックし、
Outlookexpress_targetfolder01
「保存フォルダ」ボタンをクリックすると、

Outlookexpress_targetfolder02
保存場所確認変更ができます。
この絵の場合は、一部隠れていますが、

C:\WINDOWS\Application Data\Identities\{F735629B-9112-44F3-8F13-80015590E49C}\Microsoft\Outlook Express

でした。
まぁこれはウチの環境なので、隠す必要もないでしょう(笑)。

これらの設定は、何もしなければCドライブのそれぞれの場所になります。
今回の絵の設定がそれですね。

しかし、今回のお客さんの設定は、どうやらそのターゲットフォルダがDドライブ、つまりこの構成で言えば「物理的に別のドライブ」にしてあったと思われます。
だとすれば、先に設定をした業者(?)は、かなりきっちりした人ではないかと思われます。
こういう「起動ドライブのクラッシュ」に備えて、システムとデータが共倒れにならないようにしてくれていたおかげで今回はデータが助かったのですから。

ただ、今回は物理ドライブが1台になってしまったので、このドライブがクラッシュしたら終わりです。
一応、バックアップの重要性をお伝えして終了です。

-----

余談:

最近のメーカー製のパソコンでも、1基だけのハードディスクをCドライブとDドライブに分割してあることがほとんどです。
Cドライブのリカバリをしなければならない状況になった場合のために、設定などの重要データ退避用として、Dドライブを用意しているわけです。

でも、この場合は、自分できっちり移動しない限りデータも設定も保全されませんし、Dドライブへ移動前にシステムが起動しなくなってリカバリしてしまうと、データはきれいに消し飛びます。

なんとも中途半端な存在の「Dドライブ」です…。
きちんとその真価を活かせている人がどれだけいるのでしょうか…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月29日(水) データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« マザーボード入れ替え。 | トップページ | Explorer.exe の読み込みエラー。Windows を再インストールしてください。 »

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9536565/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: マイドキュメントとOutlookExpressの保存先。:

コメント

デタ類はCで無いドライブへどうぞ、と言っても
本当に意味が分かった上で実践出来る方は少ないです。そもそも自分のpcがどないなパティションに成ってるか把握すら出来ないのですから、お話に成りませんですよお。

投稿: p | 2006/04/12 23:46:09

今までたくさんの人に大事なデータはマイドキュメントのほか、Dドライブにも保存しておいた方が良いです、とアドバイスして本当に実行している人はほとんどいません。
大学でも様々な理論より、パソコンのファイル管理の授業もしっかりやってほしいものです。
大学では4年次になるので、卒論などでパソコンを使う機会が増えると思いますが、未だにフロッピーオンリーという人も見られます。
私の周りの人たちには、3カ所位に保存しておいた方がいいよ、といっているのですが本当に実行してくれる人は少ないと思います。
もしかしたらデータ復旧を頼んでくる人が出てくるかもしれないので、その準備はしておこうと思います。

投稿: 社会人大学生 | 2006/04/13 0:18:33

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« マザーボード入れ替え。 | トップページ | Explorer.exe の読み込みエラー。Windows を再インストールしてください。 »