ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 光に変えたらメールが使えなくなりました。 | トップページ | 誰に言えばいいんでしょう? »

2006年3月16日 (木)

電源ボタンは押してはダメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは、長い付き合いの友人からの紹介のお客さん。

「ノートパソコンを買ってもらったお客さん(熟年世代の奥様)なんだけど、光ファイバとそれの接続を業者にやってもらってるので、基本的な使い方を1時間ほどで教えてあげて欲しいんだわ」

了解でござる。
ちゃんとギャラの出る仕事の紹介は大歓迎です。

まぁ本来なら、こういう仕事は、現地に行ってすでにできあがった環境でざっくり教えてハイおしまい、という普通の仕事だったわけですが…。
もうお分かりですよね。
そう、この程度の話なら記事にはならないのです(笑)。

-----

まずは雨の降る中をお客さん宅へ。
この日は春の嵐で、かなりの荒れ模様。
雨が横殴りの吹き降り状態でした。
たまたま、その紹介をしてくれた友人が同行することになっていたので、一緒にクルマで乗せていってもらえたのはラッキーでした。
私の場合、普通ならバイクですからねぇ。

さて現地に到着。

「いらっしゃい。ああ、ちょうどさっき接続作業が終わってお帰りになったところだったんですよ」
…え?もっと早くに終わってるはずでは?
「いや、なんかねぇ、ずいぶん手間取っておられたんですよ…」

部屋に通されて見てみると、ノートパソコンに内蔵の無線LANと、NTTブランドのコレガのルーターと、回線はフレッツ光プレミアム
すでにノートパソコンの電源は入っていました。
うーむ、嫌な予感が…。

一応、レクチャーをさせていただく前に、インターネットが使えるかチェック。
うん、なんとか問題なくできていますね…。

-----

基本的なところからということで、まずは電源のオンオフマウス操作から。
ここから入るっていうのも久しぶりです。
一応、説明書の記述をお見せしながら、電源のオンオフです。

「なんか設定に来たニフティの人が『電源を切る時は絶対に電源ボタンを押しちゃダメですよ!』ってしつこく念押ししていったけど、押しちゃったらどうなるの?」

( ̄△ ̄; そ、そんなことを念押しされましたか…。

以前にも書いたことがあるんですが、WindowsXPの標準の設定では、電源ボタンを押せば、いきなりシャットダウンの処理に入ります。

つまり、WindowsXPでは、使用中に電源ボタンをいきなり押しても、自動的にシャットダウン処理に入るので、壊れることはありません。

ただ、状況によっては、押してから実際に終了処理に取りかかるまでに時間がかかることがあり、また電源ボタンを押しても「ピッ!」とか音がするわけでもありませんので、自分で押した意識がないと、「突然電源が切れた!」とびっくりすることになります。
まったく、困った初期設定です。
私は気がついたらこの設定は変えることにしています。

私の推奨するWindowsXPの電源の設定は以下の通りです。

PowerProperty ※クリックして拡大
コントロールパネルから「パフォーマンスとメンテナンス」「電源オプション」を開き、「詳細設定」タブをクリック。
「電源ボタン」「コンピューターの電源ボタンを押したとき」という項目を確認し、「シャットダウン」となっているのを「入力を求める」に変更。
「OK」ボタンを押して確定。

これで、電源ボタンを押すと、スタートボタンから「終了オプション」をクリックした時に出てくる終了確認の画面になります。
つまり、「電源ボタンを押した」ということが明示的にわかるようになるのです。
いきなり、押したかどうかも不明確なままシャットダウン処理に入ってしまうより、はるかにわかりやすくなります。
どうしてこういう設定になっていないのかが不思議で仕方がありません。

というよりは、たかがノートパソコンの電源ボタン程度で、そこまで念押しして言わなければならないものなのかどうかの方が疑問です。
Windows95の頃のように、マザーボードからのコントロールができなかったAT電源だったら、電源ボタンをブチッと押すと、いきなり大元の電源が切れてしまい、ハードディスクなどが壊れてしまう、という時期も確かにありました。
しかし、基本的にWindowsXPプリインストールのパソコンでは、マザーボードからのコントロールができるATX電源等ですから、電源ボタンを押したらいきなり大元の電源が切れてしまう、ということは、(BIOSレベルの設定でもいじらない限り)ありえません。
不必要に初心者をびびらすのはやめてもらいたいもんです。

一応、電源ボタンの動作を実際にお見せして、「シャットダウン」ではなく「確認を求める」ように設定を変えました。
また、それでも一応、「他のパソコンではこうなっているとは限りませんが」ということを強調し「たとえ間違って電源ボタンを押しても全く問題ない」とお伝えし、基本は「スタートボタンから終了をかける」ということでお教えしました。

-----

さて、お次はマウス。

このお客さんは一応、以前にパソコンの講習は受けたことがあるそうです。
とは言っても、20世紀も終わりにさしかかった頃に、「IT講習」と称して、国が無料でパソコン講習をした頃の話ですから、すでに6年近く前のことになります。
それからほとんど触ってないなら、ほぼ忘れてますよね…。

ちなみに、その頃のテキストがここにありました。

はじめよう!パソコンとインターネット(Windows98及びXP) :社団法人 日本教育工学振興会-japet.or.jp

以前の記事でも触れましたが、マウスの持ち方は、ここではやはり「人差し指を左ボタン、中指を右ボタンに乗せ、親指と薬指と小指でマウスを包み込む」と教えていました。ホイールについてはまだ普及途上だったのでしょう、まだ述べられていないようです。

「あぁ、マウスのボタンは先の方で押せばいいのね。それは初めて聞いたわ。こっちの方が楽でいいわね」

今までもっと手前の、マウスの中心に近い(ちょっと力の要る)部分で押されていたそうです。
ダブルクリックが苦手だとは聞いてましたが、どうもこんなところでつまづいていたようです…。
持ち方一つで使い勝手が変わる典型ですね。

一応、ダブルクリックもやりやすいように、マウスのプロパティで、ダブルクリックの反応速度を遅いめにしておきました。
それでもダブルクリックがうまくいきません。

…ああ、やっぱり。ダブルクリック中にマウスが動いてますね。
これも中高年や初心者でよくあるパターンですね。

こちらも、先のテキストにも出ている通りでいいと思います。
机に掌底をくっつけたままで使うようにしてやれば、このテキストでは「疲れにくくなります」と書いてあります。
でも基本的には、

掌底をくっつけたままで、親指と薬指ではさんだまま、手のひらの中で泳がせるように動かすのがベスト

だと考えてます。
ダブルクリックの際も、その時だけはマウスが動かないように手のひらで押さえつけておいて、人差し指でカチカチッとすれば、マウスはブレません。

よく二の腕辺りから腕全体を使い、手首から上をマウスと一緒に移動させる使い方を見かけますが、こういう不安定な「腕使い」では、ダブルクリックで力を入れると、まず間違いなくマウスがブレて失敗します。
また、肩から腕を動かすので、慣れない人だと、机の高さが不適切だと肩こりの大きな要因となります。

今回のお客さんは、「掌底をくっつけたまま」すぐにうまくいくようになりましたので、しばらくはそれで練習していただくことにしました。

-----

さて、基本操作ができたところで、早速インターネットに入りますが…。

…って、「ページが表示できません」だとぅ??

あろうことか、さっきまで使えていたインターネットが使えません。

ということで次回へ続く。 なんか最近、このパターンが定着してきたような気が(笑)。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月16日(木) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(電源), パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 光に変えたらメールが使えなくなりました。 | トップページ | 誰に言えばいいんでしょう? »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(電源)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マウス・キーボード関連」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9142139/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 電源ボタンは押してはダメです。:

コメント

こんにちは。uzと申します。

このお客様の案件は、私の所属する会社の作業員が対応したのだと思います。
ご迷惑をおかけいたしまして、恐縮至極です。

もしかしたら今回は違うかもしれませんが最近、WLBARGSFの案件でよくはまっています。
今日、お伺いしたお客様宅でもルーターのDHCP機能が効いていないのかCTUとブリッジ接続すればOKなのですが、IPアドレスが取得できません。ハードウェアリセットで2度初期化して、やっとルーターからのIPアドレスが取得できました。
セキュリティーの設定をし、動作モードをアクセスポイントに変更してやっと終了です。
昼からは家族サービスの予定が、時間が圧してしまい嫁さん小爆発の日となりました。

蛇足:WLBARGSFはファームウェアに問題がありました。
http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/gsf/index.html
(現在は、1.20で出荷されているようですが。)

投稿: uz | 2006/03/18 16:36:11

あろうことか、さっきまで使えていたインターネットが使えません

こんなのウチじゃ日常ちゃ判事でっせえ。へへ。

投稿: p | 2006/03/18 19:42:58

こんにちは。お邪魔いたします。

電源ボタンで終了処理についてなんですが、
最近の富士通のデスクトップのマニュアルでは、
「電源を切るのは電源ボタンを押してください。(『スタート』から終了もできます)」
なのに、同社のノートでは
「電源を切るのは『スタート』から行ってください。(電源ボタンは強制終了時のみ)」
なんですよね。(違うのもあるかもしれませんが)

私は電源ボタンと『スタート』からは処理が違う気がしています。
なんらかの操作が必要な場合(応答の無いプログラムがある場合や、保存されていない文書が開いたままの場合など)の挙動かなという気がしますが、検証もしていません。

まぁ、ブラックボックスが多すぎるので、マニュアル通りに使うのが無難、ということにしかならないですね…
(実際まず問題ないとも思ってますが)

投稿: 元同業? | 2006/03/20 6:47:33

スイッチでの電源オン・オフが問題なければ、シニアにとって他の電気製品と同様になるのであまり口を酸っぱくして言う必要はなくなりますね。
NEC VALUESTAR VL500/3 で確認しましたところ、チョイ押しで数秒後に電源が切れました。再投入しても取り立ててPCに文句は言われませんでした。でもマニュアル書には、スタートボタンからと説明してあります。

ただ生徒さんのXPタイプのノートPC(おそらく東芝製)でスイッチを押して切ってしまったとき、途端に電源が切れたことがあるので、本当に大丈夫なのか? です。

願わくば、シニアのために、電源はスイッチで入り切りするようにして欲しいところです。

投稿: paso | 2006/03/20 11:31:36

元同業? さん
うーん、先日の記事で出した「IP地域検索」で地域を調べさせていただきましたが、「元同業」ってのは…含みがありますねぇ(笑)。
それはいいとして。

情報ありがとうございました。
なるほど、同じ富士通でもデスクトップとノートで記述の違いがあるのがおもしろいですね。
おっしゃるとおり、電源ボタンでのシャットダウンと終了オプションからのシャットダウンでは、もしかしたら違うのかもしれませんが、所詮はWindows上のものですので、私は同じじゃないかな?と思ってます。
まぁ、どちらでも、電源ボタンを押して電源を切る操作をしなければ一緒ですが(笑)。

なんにせよ、「マニュアルは大事だよ~」に違いはありませんね。(^^)

投稿: ささもと | 2006/03/20 12:04:04

paso さん
XPプリインストールなら、電源ボタンを押してWindowsの管理以外での電源断はないと思います。わざとそういう設定になっていなければ。
できたら、今回も書いた推奨の設定にしてみてください。
うっかり電源ボタンを押しても、対処が可能になりますので。

あそうそう、同じ九州方面の方から最近コメントをいただいてました。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/03/ip_2f4c.html#c6849016
こちらのコメントをご参照いただければと。

投稿: ささもと | 2006/03/20 12:34:34

uz さん
どうもNTT案件のコレガのルーターは問題が多いようですね。
これからはウチの推奨無線ルーターはNECで決定です(^^;
「らくらく無線スタート」もありますし、トラブルが他に比べて少ないですしね。

ああ、それと@niftyの案件を扱われているようですが、
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/01/lan_0131.html
こっちの業者みたいなことはしないでくださいねー…(--;

投稿: ささもと | 2006/03/20 12:51:31

ささもと様こんばんは

たぶんこっちの業者だと思います。
重ね重ね.....

投稿: uz | 2006/03/20 21:51:01

T.zaitsuさんのブログ記事を先週たまたま訪問したところ、すでにささもとさんがコメントをされていていました。距離的には遠いですが、同じ九州の方ですから親しみを持って読んでいます。腰の痛みもそろそろ消えてきましたので、また徘徊します。
電源設定に関してはそのように設定しようと思います。ありがとうございました。

投稿: paso | 2006/03/21 17:38:11

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 光に変えたらメールが使えなくなりました。 | トップページ | 誰に言えばいいんでしょう? »