ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ELECOMとの攻防。 | トップページ | マイドキュメントとOutlookExpressの保存先。 »

2006年3月28日 (火)

マザーボード入れ替え。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

先日の記事の持ち帰り作業分の記録です。

パーツがそろったところで組み立て…いや、組み替えです。

とりあえず一通りのケーブルを全て外します。
電源やフロントパネル周りのケーブルは、万が一の場合は元に戻せるように、ケーブル接続をデジカメなどで撮影しておくことも忘れずに。

ケーブルが全て外れたら、今度はユニットの取り外し。
電源ユニットとマザーボードのねじを外して取り出します。

最近の電源は、エアーフローを良くするために、ユニット下部にファンが付いていたりします。
通常のケース構成では、電源ユニットのすぐ下にCPUファンがうなりを上げていますので、そこの熱気を効率良く排気するためです。
この時期のケースは、電源ユニットが上下逆さに付くことがある、とショップの人に聞いていましたが、まさしくその通りでした。
ファンが付いていても、上下がひっくり返っていては何の役にも立ちません。
ファン付きのものを買わなくて良かったです…。

ケースには、おそらく後付けのものでしょう、結構大きめのファンがケース上部真ん中についていますので、排熱に関してはおそらく問題ないかと思われます。
そんなこんなで電源ユニットを取り付けました。

マザーボードはI/Oパネルを装着し、CPUをソケットに刺してリテールクーラーを取り付け、メモリ2本を刺してからケースにねじ止めです。
このメモリ2本も、きちんとデュアルチャンネルで動作するように、4本のスロットの中で、同じ色のスロットに刺しておく必要があります。
たいていは同じ色がひとつ置きに互い違いにあり、何も考えずに並べてメモリを刺してしまうと、シングルチャンネル動作となり意味がありませんので、注意が必要です。

よくあるのは、英語のマニュアルしか付属しないため、「英語なんか読めねーよ」とか言って、説明書を読まずにテキトーに組んでいる人。
最近では、そういう人が自作をしていることが多いように感じます。

自作パソコンの一番大きな意義は、安く上げることではありません。
自分の好みの構成に組み上げたり、ちょくちょく開けて構成をいじれる、ということにあります。
安く上げたいだけなら、動くかどうかわからない、という不安を感じながら組み立てるより、確実なところでショップブランドのベアボーンキットにするか、格安メーカーのBTOにすれば、よっぽど安全に、しかもパーツをバラバラで買うより保証などがしっかりしています。

最近は「安くできるよー」とかマニアな知人に勧められて(そそのかされて?)一からパソコンを自作する(させられる?)が多いようですが、だまされてはイケマセン。

なぜマニアな知人に自作を勧められるか?

単純な話です。

とにかく自分が作りたいだけなのです。

そのマニアさんは、パソコンをごちゃごちゃいじくりたいだけであって、その人のことを本当に思って言っているわけではないのです。

閑話休題。

今回のお客さんは、どうもこういう「自分でもいじくれそうなパソコン」というのがいいみたいで、自分で組み立てるのもいいんだけど、いざ一から組み立てるとなると、そういう情報をいろいろ探したりショップを巡ったりしなければならないのが面倒らしいのです。
まぁそういう考え方もあるんでしょうけど、こういうのって、本来そういう過程を楽しむためのものなんですけどねぇ…。
お預かり開いたパソコンも、そうやって誰かに組んでもらったものらしく、自分ではあまり構成を把握してないようでしたから。
まぁ、おかげで私も仕事がいただけたわけですが、どうもこういう仕事は、儲けが取りにくいです。
パーツの値段なんておおよそ決まっているもんですし、利益を取れるほど上乗せすると、目立って割高感がありますから…。

-----

ということで、一応組み上げは完了です。
お客さんのリクエストどおり、

・CPUは2GHz以上 (CeleronDの2.5GHz)
・メモリは512MB以上 (1GB 512MB x 2のデュアルチャンネル)
・DVDの読み書きができるように (DVD-RW/+RW)

という仕様を満たしています。
インストールも特に問題なし。

あとは、継続してきちんと動くかの動作チェックです。

3DMark2001 Second Edition Build330(MadOnion.com) :4Gamer.net

以前からこのベンチマークソフトを動作チェックに使っています。
音が出るかどうかとか、適度な負荷があるとか、いろんな要素があるので。

今回組んだマシンでは、1024x768の環境で、12000程度出ました。

グラフィックが内蔵チップセット任せのウチのCeleronD/2.3GHzマシンでは、全体的に7割引程度(涙)、性能の関係ですっ飛ばされる項目も多いので、全体では結局9割引程度になってしまいます…(ToT)
要は、いいグラフィックボードがついているかどうかで、このベンチの数値はかなり変わります。
通常の実用上で一桁もの差があるわけではありませんが…こんなにも違うもんなんですねぇ。

…とまぁ、大体の実力がわかったところで、お客さんに連絡。
納品は明日となりました。

-----

ちなみに、今回のトラブルの原因となったハードディスクですが…「帰らぬ人」となりました…。

単純に起動できないだけかと思っていたんですが、ウチのメンテナンス用PCにつないでも、USB外付けドライブに入れても、まるっきり認識できません。
MBRが壊れたのかと思い、FDISK /MBR などのコマンドを試しましたが、どうにもMBRの書き換えができません。
そもそもFDISKコマンドが、このHDDをどうしても認識してくれません。
PowerMaxではやはり認識はしてくれるのですが…ちょっと予想外の反応でした。
こうなると、物理フォーマットしか助かる道はなさそうですので、ちょっとでもデータを取り出したい、というお客さんのご希望に添えませんので、これはそのまま返却です。
うーん、こんな症状もあるんですねぇ…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月28日(火) データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« ELECOMとの攻防。 | トップページ | マイドキュメントとOutlookExpressの保存先。 »

データ救出・バックアップ」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9486200/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: マザーボード入れ替え。:

コメント

ケーブル接続をデジカメなどで撮影

プロの仕事か、と。pなら可笑しくなって、あたふたする口です。

HDDが逝く。

以前冷蔵庫云々の記事書きましたが
懐かしく感じました。

投稿: p | 2006/04/11 19:48:01

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ELECOMとの攻防。 | トップページ | マイドキュメントとOutlookExpressの保存先。 »