ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 新しいパソコンだけ無線がつながりません。 | トップページ | PICTY960が印字できません。 »

2006年3月19日 (日)

消えたWord文書の復元。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは以前、引越し後の設定とCDドライブの交換でお世話になったお客さん。

「Wordを使っていたら、突然のエラーで消えてしまって…まめに保存はしたはずなんですが、見当たらなくて…」

うーむ、お気の毒としか言いようがありません。
お使いの環境は、WindowsMeとOffice2000。
WindowsMeなだけに不安定なのはどうしようもないですね。
問題は、保存したはずの文書がどこにあるかです。
一見さんではありませんので、電話である程度の指示はしてみましたが、微妙な部分のファイル操作になりますし、電話ではどうにも埒があかないので、夕方の日の暮れかけた時間でしたが、お伺いいたしました。

-----

まずはどういう状況でそうなったかを問診です。

・Word文書は、メール添付で届いたもの。
・メールソフトは、OutlookExpress。
・メール添付の状態から直接ダブルクリックで開いた。
・一応こまめに保存はしていたつもり。
・メールの送信は、Wordからメールボタンで。
・それまで、そのやり方で何度もやりとりをしていた。

…うーむむむむ。
今までよくそれで何も問題が起こらなかったものだ。
MicrosoftOfficeには、古くから相互の機能を連携できるようなボタンが存在しますが、私にとっては、経験上、あまり望んだ形で連携してくれなくて、事実上「使えない機能」として形骸化していました。あくまで私にとっては、ですが。

また、メールの添付ファイルを直接開くと、ハードディスク上で「どこのファイルを開いているのか」が不明確で、上書き保存もあまり有効とも言えなくなります。
そりゃまぁ、そのままメールボタンを使ってまた送信する分には、「ハードディスク上のファイルの場所」なんて、ほとんど意識する必要なんてないわけですけどね。
本来、メールの添付ファイルを開く場合は、いったん保存するのが一番です。
こうすれば、上書き保存をしても、どこのファイルが上書きされたかが明確になります。

まぁ、今ごろ「べき論」を言っても仕方ないんですけどね。

こういう場合は、テンポラリフォルダ(一時ファイルを保存するフォルダ)を探すことになります。
Windows自体のテンポラリフォルダは、大体は「C:\windows\temp」になります。
しかし…ありません。
いや、正確には、「メール添付されていたファイルはありましたが、ご所望の追加編集したファイルはありません」ですね。
さて、それじゃどこに保存しているんでしょう??
とにかくワードを起動して、設定を確認しよう…と思ったら、なんとメモリ不足で開けません!!
∑( ̄□ ̄;
ま、まじかよ~…。

WindowsMeなだけに、リソースの整理が必要なようです。

デスクトップから、マイコンピュータを右クリックして、プロパティをクリック。
システムのプロパティを確認したら、メモリは64MB。
システムリソースにメインメモリは関係ないとはいえ、ちょっとこれは…。
ちなみにこの時点でのシステムリソースの空きは、残り10%台。こりゃだめだ。

こういう場合は、とにかくタスクトレイの整理からです。
スピーカーアイコンは表示不要なアイコンの筆頭ですので表示しないように設定します。
また、使っていない翻訳ソフトやら、「ポータルPC」やら「ランチNX」など、まったく用のないものも削除。
いろいろアイコンをとっぱらって、最終的にウイルスセキュリティ2006を含めてタスクトレイのアイコンは3つにまで絞り込みました。
それと、用もないのに居座って無駄にリソースを消費するAOLを削除しました。
また、Bフレッツなのでもう使わないモデム関連のデバイスをすべて無効にしました。

いろいろ整理して、なんとかシステムリソースの空きを40%台後半にまで回復しました。
さてこれでどうだ。

やっとWordが起動しました。
設定を確認してみると…。

Word2000_defaultfolder

おっと、こんなところに保存することになってるのね。
この絵では省略されていますが、フル記述は「C:\Windows\Application Data\Microsoft\Word」です。

そのフォルダを開くと…おお、一時ファイルが残ってたよ!
ファイルを開いてみると…全部ではないにしろ、半分まではなんとか残っていたようです。
まぁお客さんも半分あきらめていたものですので、これぐらい救出できれば…とご納得はいただけました。

実はこれを書いていて気が付いたんですが、今更ながら、最初の時点で、「ワードのファイル限定」で、「その日に更新されたもの」という検索をしたら、もしかしたら出てきたんじゃないか?という気がしてきました…。
でも、TempolaryInternetFilesフォルダに残っていました、とかいうことになっても、私のお客さんの場合は、リソース整理やウイルスチェックをする時点で、InternetExplorerの設定を、

Internetproperty_ifbrowserclosed

「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダを空にする」

にチェックを入れるようにしています。
よくあるスパイウェアやアドウェアは、ここに入り込んでここから実行を始めるものが多いからです。
何かあっても、ブラウザを全て閉じてしまえば、ファイルは消滅します。
ということで、Windowsを再起動した時点で空っぽになってしまいますから、もしそこにあったとしても、消えてなくなってしまいます…。
ってか、もしそうだとしても、こんな場所に保存して作業をするOutlookExpressの方が悪いと思うんですけど…どうでしょうかね?

-----

「あのー、ついでなんですけど…プリンタが印字できないのは何とかならないでしょうか?」

…いいですよ、どうせまだ時間はありますので、時間の許す限りはやってみましょう。

これがドツボの始まりでした…受けなきゃよかった。
ということで次回に続く。もうこれ定番っすね(笑)。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月19日(日) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

« 新しいパソコンだけ無線がつながりません。 | トップページ | PICTY960が印字できません。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9233793/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 消えたWord文書の復元。:

コメント

、「ポータルPC」やら「ランチNX

懐かしい名前です。確かどっちかのお陰で、デバネが非j表示の憂き目に。。。。

Application Data\Microsoft\Word

こんな所に旅行してましたか。。なるほど。見付からない訳だ。


ドツボですか。。

こっちも相当ドドドツボに嵌っています。。

投稿: p | 2006/04/01 1:59:46

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 新しいパソコンだけ無線がつながりません。 | トップページ | PICTY960が印字できません。 »