ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« フォントが減ったって本当ですか? | トップページ | ココログがやっと復旧しました…。 »

2006年3月 9日 (木)

XPアップグレードとリカバリディスクの微妙な関係。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

前記事「フォントが減ったって本当ですか?」の続きです。

トラブル復旧後にお客さんが質問してきました。

「ところでこれ、WindowsXPとか入ります?」

んー…基本的にMeプリインストールなら、メモリ追加程度で充分いけますよ。

「こないだ光引いた時にメモリが足らんってことで増やしたけどね」

見てみましょう…システムのプロパティは…CPUは800MHzのメモリは512MB(!)。
XP入れる分には全然問題ないですね。Meにしては多すぎるぐらいですが…。
リカバリディスクがあれば取りかかれますよ。

「何それ?」

(出た!まさか付属品ゼロじゃ…。)

「説明書?付属品?うーん、捨てたんちゃう?」

∑( ̄△ ̄; や、やっぱり…。
だ、ダメですよ~…付属品のたぐいは、パソコンの場合、普段使わないけど、いざという時になくてはならないものなんです。
娘さんから与えられたと聞いてます。おそらくどこかに仕舞い込んであるだけじゃないでしょうか?

メーカー製パソコンのMe→XPアップグレードの場合、使い方が良ければ、もちろんそのままアップグレードも問題なくできる場合があります。
しかし、何か問題が発生した場合、リカバリからやり直さないと、単にXPクリーンインストールではあれこれ問題が発生することが多いのです。
このお客さんのパソコンは富士通製なので、比較的素直なつくりですから、XPクリーンインストールでも何とかなるかもしれませんが、やはり何かあった場合の基本はリカバリからです。
今回の場合は、もちろん現状のままXPへのアップグレードを試みることになりますが、予備としてリカバリディスクがないと、問題が発生した場合、元に戻せなくなります。
…といったことを説明しておきました。

「そのなんたらディスクってのは市販はされとらんの?」

∑( ̄△ ̄;
こ、これもこういう場合によく聞かれる質問です…。
リカバリディスクは、その機種専用ですし、パソコンを買えば何らかの形で必ず付属しています。
「その辺で売っているもの」ではありません。

メーカーに言っても…Meですから、もう販売できない時期かもしれないので、メーカーも売ってくれない可能性があります。

「うーん、じゃあとにかく付属品を探しとくわ。みつかったらまた電話するんで」

…はい、よろしくお願いします。
せっかくのご依頼も、付属品なしでお断りすることもあるのがつらいところですね。

-----

ちなみに、ウチでこうしたXPへのアップグレード作業をお受けした場合、料金的には大体28,000円ほどになります。
WindowsXPアップグレード版そのものの値段は、ほぼ違いはないので、作業費を含めるとこんな感じです。
バックアップ作業などが入ると、さらに割増になりますが。

でも、メーカーに依頼すると…いまどきMeからのアップグレードになると、メーカーもやってくれない可能性がかなり高いでしょう。
もしやってくれたとしても、こんな値段では済まないと思います。

この辺りは、こんな興味深い記事があったのを発見したのでご紹介します。

特集 日経PC21 液晶が壊れたら修理代10万円!? パソコン修理料金の謎 :デジタルARENA nikkeibp.jp

ここでは、みなさんがお感じになっている「メーカー修理はボッタクリ」の実態が書かれています。
実例として、
総論 どうしてパソコンの修理料金は高いのか?
こんな感じです。
まぁ見ていただければわかりますが、キーボードで1万円なんて、もうボッタクリとしか言い様がありません。
動作確認のできている純正部品という部分を差し引いても、まだ高いぐらいですね。

上乗せされる“技術料”、1万5000円は妥当か
この辺は消費者の立場から言えば微妙ですよね。
でも、記事にもある通り、本来はこれぐらいは妥当な金額と言えます。
メーカーの保証範囲から考えれば、あれだけの人員が動いてそれなりのクオリティを提供できるのであれば、どちらかといえば安いぐらいです。
でも、パソコン本体の価格から考えれば、躊躇してしまう金額なのは確かです。

-----

ただ、ひとつ言えることは、メーカーの責任の範囲はあくまで「出荷時の性能を再現すること」ですので、保証はそれについてのみです。
「なんでもいいから動けばいい」とか「改造・アップグレード」に関しては、保証できない(あるいはしない)のが普通です。

そういったニーズに対応できるのが、我々のような「メーカーとは離れた業者」ということになるんですが、メーカーが変に高い価格を提示してくれるので、「修理は高いし、データを初期化されてしまう」というマイナスイメージばかりが先行してしまい、利益は「買い替え」に依存する構図を作ってしまっています。
しかし、パソコンは、「データのバックアップ」という初心者には敷居の高いテクニックをマスターしていないと、おいそれと買い替えができない機械です。

初心者は、とりあえずインターネット(ホームページ)にメール、エクセルにワードなどの「パソコンを使った何か」をまずマスターする必要があり、初期設定や故障時の対処方法など、パソコンの中身については二の次です。
そしてたいして大きな問題がないまま、2台目に買い替え(もしくは買い増し)となるケースがほとんどです。
そして今時は、「家族全員が社会人」という家庭になると、1人1台体制も不思議ではなくなってきました。
特に最近は、学生から社会人になるにあたっての就職活動では、パソコン・インターネットが使えないと話にならない状況が当たり前です。
それに、私も学生さんからサポートの依頼を受けることもよくあります。
学生だからパソコンは初期設定からトラブル対処までできる、ということは決してないようです。
こうなると、誰もインターネット接続の初期設定ができないまま1人1台体制、という家庭も珍しくありません。

ましてやWindowsのリカバリやアップグレードなんて、できないのが当たり前です。

趣味でパソコンをごちゃごちゃいじる人なら、それなりにできるでしょう。
でも、世の中そんな人ばかりとは限りません。
Windows普及以前は、個人では「いじることが趣味」の人でなければパソコンは買いませんでした。
今は「インターネットやメールだけ」「エクセルやワードだけ」のためにパソコンを買う、という人が大多数です。

本来ならば、パソコンの利用にあたっては、初級シスアドレベルの人間が、そういった人たちの助けになるように、身近にいるのが理想的なのですが、現実には「怪しい中級者」「知ったかマニア」が非常に多く、悪の道に引きずり込む(笑)ことはあっても、正しい使い方を教示できる人は本当に少ないです。

だからこそ、ウチのような商売がなんとか成り立っているんだと考えてます。

今年の後半には、WindowsXPの次の、WindowsVistaが世に出まわります。
WindowsMeパソコンなら、今のうちにWindowsXPにアップグレードするのが得策です。
Windows98がまだ現役で使えることを考えれば、WindowsXPにしておけば、(ハードディスクが壊れなければ)あと2年は現役で活躍できそうだと考えています。

広告の宣伝文句に、「アップグレード」ってのも入れようかな?(笑)

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年03月09日(木) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« フォントが減ったって本当ですか? | トップページ | ココログがやっと復旧しました…。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(リカバリ)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9051085/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: XPアップグレードとリカバリディスクの微妙な関係。:

コメント

リカバリからやり直さないと、単にXPクリーンインストールではあれこれ問題が発生

一番懸念されるのは、ドライバが無かったり
ソフトが不具合出たり。。
特にソフトは往生しますわ。。

メーカーとは離れた業者

良い表現されますね。。
メカのとばっちりを諸に食ってます。

「データのバックアップ」という初心者には敷居の高いテクニックをマスター

何であないにムズイのか疑問ですね。

広告の宣伝文句に、「アップグレード」

初心者は、アプグレド はて?
では無いでしょうか?


投稿: p | 2006/03/12 21:48:46

トラックバックありがとうございました。
私の場合は価格云々よりも、“来月また来ますからしばらくこれで様子見てください。”ができるのが“うり”だと思っています。“同じ人にまた見てもらいたい”ご要望は個人の場合は多いんだと思っています。うまく棲み分けできるようになるといいですね。

投稿: pts. | 2006/03/13 7:24:56

pさん

型落ちのパソコンを長く使いたい、という要望はかなりのものですよ。
特にここ数年のパソコンは、普通に使うだけなら何ら不便はないので。

pts.さん

そう、やはり個人の業者には個人の業者のメリットを強調しなければならないんですよね。
張り合っても仕方ないと思ってます。
タイトルとは違いますが、いつぞやの「複数台のパソコンを使っている家庭はある程度知識があるのか?」の内容もこれには書いてますのでそちらの件も何かありましたらぜひ。

投稿: ささもと | 2006/03/13 13:21:56

失礼しました、そうでしたね・・・。
私のところの本文で、“一人に一台”と“一人で複数台”が混ってしまいましたね、もうちょっとわかりやすく書きたいと思いますのでまたよろしくお願いします。
パソコンが複数あるご家庭はこれからもっと増えていくでしょうから、対応できるように勉強しておきたいです。

投稿: pts. | 2006/03/14 8:24:04

pts.さん
ご足労をおかけしてすみません。(^^ゞ
なるほど、「一人一台体制」と「一人複数台」ですか…。
言葉の意味合いは確かに違いますが、「一人複数台」は、一くくりでの認識は出来ないように感じます。
おそらく大きく二分するに「わかってて複数台」と「わかってないけど捨てられなくて・家族用にも・なし崩しに等で複数台」とに分類できそうです。
というよりは、出張サポートに頼る時点で「自分はわからないんです」と白旗揚げてるわけですけどね(^^;
クルマと同じで、利用台数は関係なく、今後は「いじれる人」と「いじれない・いじらない人」の2極分化が進むはずだと考えてます。

投稿: ささもと | 2006/03/14 9:51:35

お尋ねします。NECのパソコンでXPホームエデュションが内蔵されていて、それをXPプロフェッショナルにバージョンアップしたいのですが、基本的に出来ないと言われました。
何とか出来ないでしょうか。

投稿: 吉見洋一 | 2006/09/05 10:59:09

吉見洋一 さん
「基本的にできない」とは、誰に言われたんでしょう?
それによってずいぶん変わると思いますが。
ご希望の内容を満たすには、「ステップアップグレード」というパッケージがあります。もうないかもしれませんが。
あとは、何のためにProが必要なのか?ですね。
仕事で必要なら、Proプリインストール機に買い換えるべきですし、趣味なら自己責任でProをクリーンインストール、でしょうね。
メーカー製のXPパソコンなら、ドライバなどの関係で、まともに動くとも思えませんが。
ご参考まで。

投稿: ささもと | 2006/09/05 23:51:06

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« フォントが減ったって本当ですか? | トップページ | ココログがやっと復旧しました…。 »