ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 起動してるのに画面が映りません。 | トップページ | Macでつながりません。 »

2006年4月21日 (金)

インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。 検証編。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

Ah085_l以前の記事で問題となったLANカードですが、代替品を送ってもらったはいいですが、いくらなんでも使えるかどうか全く不明の状態で、行ってみて「ダメでした」では話になりません。

そこで、動作確認のため、なんとかWindows98SEの動いているノートパソコンを調達してみました。
お客さんのお使いの富士通ではありませんが、別メーカーのモノが使えました。

さて、早速エレコムから届いた代替LANカードをインストールしてみました。
果たして結果は…?

-----

エレコムのLANカードをインストールする前に、まずはパソコン自身が問題ないことを確認しておきます。

この時点では、あらかじめウイルスセキュリティをインストールしておいた環境で、別のLANカードで動作確認をしてみました。
動作確認だけなら、無料お試し版でも充分です。
LANカードは、前回お客さんのところで動作確認した3Com EtherLinkIIIです。
こちらは当然ながら全く問題ナシです。


次に、エレコムから届いたLANカードのインストールです。
まずは動作確認用の3Comのカードを抜き、LANカードのない状態で、説明書通り「かんたんCDナビ」でドライバをインストール。
インストーラーの指示通り、いったん電源を切り、LANカードをスロットに刺しこんで再起動。
Windowsが起動したところで、WindowsはLANカードを認識し、ドライバを自動的に探し出し、インストールが完了しました。

「かんたんCDナビ」のCDにはエレコム製LANカード専用チェックツールがあり、インストール後の動作確認ができるようになっています。
こちらで確認してみたところ…なにやらIPアドレスが取れていません。
当然ながら、ブラウザも…「ページを表示できません」

うーむむむむ。
やっぱりあかんやん…。

とりあえず、ウイルスセキュリティのこの手のトラブルの定番、「アンインストールして再インストール」をやってみました。
エレコムに送り返したLANカードでは、これをやってもダメでしたが…。

再インストール後の再起動をかけて、再度動作確認です。
ブラウザでホームページを表示させてみたら…おお!表示できます!
今度は大丈夫なようです。

一応、「かんたんCDナビ」の専用チェックツールを使ってチェックをかけてみたら…IPアドレスは取れていますが、なにやらDHCPサーバーと交信ができていないとか言っています。
でも、実際には、きちんとルーターからIPアドレスをもらえていて、インターネット接続もきちんとできていて、ホームページ表示もできています。
うーむ、ナニが不満なんじゃ??

一応、ウイルスセキュリティがインストールされている状態でも、問題なく通信できているようです。
(専用チェックツールではエラーが出ていますが…)
今回は単純にウイルスセキュリティの再インストールで問題は回避できました。
前のLANカードはナニが問題だったんでしょう?
ここまでくると、ドライバの問題としか言いようがないんですけどね。

おそらく、いつぞやのお客さんも、単純にウイルスセキュリティの再インストールで直っていたのかも知れません。
ただ、こちらの場合は、USBメモリ(同じくエレコム製)のおまけで入っていたものでしたから、通常のパッケージのようにCD-ROMがあるわけでもないので、再インストールもままならなかったんでしょう。
結局、ここでもエレコムは自分で自分の首を締めることをしていたわけです…。
まぁそれはさておき。

何度かインストールと再インストールを繰り返して検証してみましたが、どうやらウイルスセキュリティのインストールは、LANカードのインストール後に行うのがベストのようです。
仮にダメでも、とりあえずアンインストールして再インストールで改善する見込みはあります。
前回のような、古いLANアダプタで、ドライバの更新もできないようなものだと、直らない可能性もありますが、こういうメーカーはまれであると思いたいです…。

-----

とりあえず、エレコムから送ってもらったLANカードは、なんとか使えそうであることはわかりました。
あとはお客さんのところで実際にインストールして、使い物になってくれることを祈るしかありません。
一応、もしダメだった時のためのLANカードはこっそり用意しておきましたが。

今回の動作確認は富士通製のノートパソコンではなかったわけですが、まぁ、まさか富士通の独自仕様でダメになる、ということは…おそらくないでしょう。
富士通のパソコンは、割と基本に忠実に作られていますから、こういった基本部分に独自仕様が盛り込まれていることはないと思われますので。
これがNECだったらわかりませんけどね…。
NECは、基本の部分に独自仕様が意外と多く盛り込まれていて、たまに「やられた!」ってことがありますからねぇ。(--;

…しかし、たかがLANカードごときで、ここまで振り回されるとは思わなかった…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年04月21日(金) ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« 起動してるのに画面が映りません。 | トップページ | Macでつながりません。 »

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9941760/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。 検証編。 :

コメント

こんにちは。
(名前にはあまり深い意味はありません。
ご存知のように商圏も明らかに違いますし。^^ )

ウイルスセキュリティは説明書に
『新たにLANカード/ボードなどをパソコンに導入される場合は、
必ず「ウイルスセキュリティ」をアンインストールしてから行なって
ください。「ウイルスセキュリティ」をインストールした状態で
導入すると、インターネットに接続できなくなる場合があります。』
という制限事項がありますね。
(現在確認しているのはWebで公開されているオンラインマニュアル
ですが、パッケージにも記述があったかも…)
この制限事項自体どうかと思いますが。

個人的にはELECOMもBUFFALOもウイルスセキュリティも同程度に
「使えない場合(組み合わせなど)には使えないけど、使える分には
使える」程度の物と思っています。
実は私も古くから3C589Dを確保してありまして、こいつはとても信頼
しています。10Baseではいまさら常用はできませんが。

投稿: 元同業 | 2006/05/10 1:14:19

元同業 さん

∑( ̄□ ̄;)
た、確かに書いてあります…添付の冊子にも。
すっかり見落としてました。
やっぱり説明書は大事ですねぇ~…。

>この制限事項自体どうかと思いますが。

この辺は仕方ない部分なのかもしれません。
Windowsだって、ドライバのインストールはもとより、ネットワークプロトコルの変更程度で再起動をさせられます。
この制限の弁護をするつもりはないのですが、インストールをやり直すことによりLANアダプタを認識させなおすというものでしょうから、基本はあまり変わらないと感じます。

>「使えない場合(組み合わせなど)には使えないけど、使える分には使える」程度の物と思っています。

私もそう思います。
ただ、お客さんは「そんな認識でない人しかいない」というのが現実です。
徐々にお伝えはしてますけどねぇ…。

ただ、ハードウェアとソフトウェアは同列には扱えません。
ドライバなどでは吸収できない「相性」というものもありますので、組み合わせの問題はどうしようもないのですが、ハードウェアの不良品は、ソフトウェアの場合で言う「メディア不良」ですので、交換以外では話になりません。
ハードウェアの不良なのか、組み合わせの問題なのかは、きちんと切り分ける必要がありますね。
素人レベルで何も考えずに「相性」で切り捨てるのは仕方ないですが、プロがそれをやるのは「チェンジニア」という恥ずべき行為です。
時間がなくて仕方なく、ということは当然あるでしょうけど、プロの場合は同じ現象に再び直面することもありえますから、原因はきちんと把握するべきだと考えます。

投稿: ささもと | 2006/05/11 7:14:05

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 起動してるのに画面が映りません。 | トップページ | Macでつながりません。 »