ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Macでつながりません。 | トップページ | USB端子が折れました。 »

2006年4月23日 (日)

インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。 解決編。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

Ah083_lこちらは、前回の記事「インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。」の続きです。
どうやらELECOM製のLANアダプタがウイルスセキュリティ2006との組み合わせではつながらないらしい、という現象の解決編です。

前回の記事では一応、代替品の初期不良はないことを確認はしてますが…。

-----

今回の作業は単純です。
ノートパソコンにドライバを組み込んで、それの動作確認だけですから。

いくつかの記事で散々引っ張ってきましたけど、結論から言えば、エレコムから送ってもらった代替品でうまく動作しました。

ただ、前回すでにウイルスセキュリティ2006をインストールしていたので、やはり最初はうまく動作しませんでした。
一度ウイルスセキュリティ2006をアンインストールして、もう一度インストールしたところ、うまく動作するようになりました。
しかし、かんたんCDナビ同梱のチェック用ツールは、やはり「ルーターと通信できない」というエラーが。
でも、ウイルスセキュリティ2006のアップデートも問題なくできましたし、ブラウザの表示も問題なし。

これで使っていただくことになりました。
なんともあっけない幕切れです。

-----

エレコムのサポートに報告の連絡を入れました。

とりあえず向こうは、代替品が動作したことでほっとしたようですが、なにやらそれだけで終わらせようとしたので、話を引き伸ばしてクレームを入れました。

  • 一体原因は何だったのか?

  • エレコムの代わりに客に頭を下げているのに、代替品送付だけで終わらせるつもりか?

  • こっちから送った品物はどうするつもりか?

端的に言うと、エレコムの回答はこうだ。
  • 販売終了品なのでこれ以上は何もしない

  • 代替品送付以上のことは何もできない

  • 交換なのでお返しできない

まぁある程度は予測できる回答だけど、メーカーとしての姿勢と考えると、何か間違っちゃおらんかい?

-----

トラブルがあり、クレームがあったのに、原因の調査もせず、技術者の派遣もせず、単に現物を送りつけて交換だけで終わらせる。

以前のブラザーの件もそうだったが、コストダウンの名の下、こういったトラブルは、特に突っ込むこともなく、こっそりドライバやファームウェアのアップグレード配布をしてオシマイ。
クレームがきても、(失礼を承知であえて書かせてもらいますが)責任のかけらもない下っ端部署「お客様窓口」で適当に受け流して、お客様を丸め込んで、何の保障もせずに、登録ユーザーに知らせることもなく、それでオシマイ。

似たような話として、

ナショナルFF式石油暖房機を探しています :松下電器産業株式会社

ここ半年ほどずっと繰り返し流され続けているこのお知らせ。

一応、以前は保守という仕事を通じて製造部門にも関わったいた時期もあったので、この辺の「メーカーの気持ち」というのは理解できなくもない。
要するに、間違いを間違いとして公に認めると、会社の信頼に関わり、なおかつ莫大な損害補填を行なう必要が出てくるので、そんなことは下っ端の「窓口」でせき止めさせろ、ということ。

この松下の件のように、死亡事故でニュースにでもならない限り動くことは一切ないだろうし、そういう体質の企業であれば、たとえ動いたとしても、

FF式石油温風機「山形での事故」に対する『緊急対策の実施』について :松下電器産業株式会社

回収し、修理したものですらまた問題を起こしていたという体たらく。

JR西日本も、尼崎の福知山線脱線事故という死亡事故を引き起こしておきながら、1年経っても体質はほとんど変わらないと聞きます。
企業が大きすぎて、重大死亡事故が起こっても、改革すらままならない。
結局は、ちょっと大きな企業になれば、こういう体質になってしまうということでしょう。

「大企業病」という言葉があります。

大企業病 【だいきぎょうびょう】 :goo 辞書

大企業病 - コミュニケーション理論 :起業アドバイザー奮闘記

1990年代前半の話ですが、元いた会社で、この言葉で討論をしたことがありましたので、個人的には懐かしい言葉です。
松下電器も、JR西日本も、ブラザーもエレコムも、間違いなくコレですね。
いち早くそれに気づいた企業であれば、

コラム:第10回「大企業病番外編―カリスマと大企業病-」(2002/05/20) :NIKKEI NET Biz-Plus

このようにまた違った展開もありうるんでしょうけど、ここまでドラスティックな切り替えができる会社はまれでしょうね。

パソコン業界は、私のような零細修理業者から巨大メーカーまでいろいろありますが、まだまだ未成熟な業界です。
正直なところ、大企業病なんかにやられている場合ではないはずですが、それに気づいているところは、おそらくほとんどないでしょうし、気づいていても、目先の利益優先「見なかったことにしよう」となることでしょう。

最近は、「景気はすでに回復した」とか「戦後最大の成長」とか言っていますが、こういう企業体質の企業ばかりで、人件費カットなどで目先の利益が上がりさえすればそうなることに気づいている人は少なくありません。

働くことのできない人が世の中に溢れ、製品の品質やサービスが価格の下げ幅以上に低下していても、本当に景気は回復したといえるのでしょうか?
気づいていない会社は、そろそろ気づいてほしいものです。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年04月23日(日) ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき |

« Macでつながりません。 | トップページ | USB端子が折れました。 »

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9773663/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにつながらない。ノートパソコンLANアダプタ編。またまた。 解決編。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Macでつながりません。 | トップページ | USB端子が折れました。 »