ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ELECOMとの攻防。その2。 | トップページ | OutlookExpressへの縮小写真添付。 »

2006年4月18日 (火)

お願いですから電話だけで済ますのは勘弁してください。その4

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03_AW13こちらは…以前にも電話してきたことのある人

なぜわかったかといいますと…ナンバーディスプレイです。
この人から以前電話もらった時にも出ていた番号と一致したからです。
実を言うと、それ以前にも何度か電話だけの質問をしてきていた人なのです。

こんなことを書くと個人攻撃になってしまうので、あまり感じはよくないのですが、どうにも「なんでも聞けばいつでもタダで教えてもらえる」と思ってもらっては困るので、あえて書かせてもらいます。

困るというよりは、この人の場合、どうにもちぐはぐなんですよね。
わかっているんだかわかっていないんだか…。

その問い合わせはこんな内容。

「USBからPS/2への変換コネクタってあるんでしょうか?」

…は?

「いや、ノートパソコンなので、USBのコネクタをつなぐところがもういっぱいで、マウスだけでもPS/2へつなぎたいと思いまして」

…うーむむむ。

要はこういうものでしょう。

SANWA SUPPLY MA-50AD USB-PS/2変換アダプタ
SANWA SUPPLY MA-50AD USB-PS/2変換アダプタ

確かに、USBとPS/2両対応のマウスやキーボードはあります。
しかし、基本的には、つなぐマウスやキーボードの方にUSBとPS/2両方に対応するような回路を持っているからできることであって、どんなマウスやキーボードでもそれが実現するわけでは決してありませんし、変換コネクタにしても、どれでもおそらく中身はほとんど同じものでしょうけど、違うメーカーのものをつないでも動作する保証はありません。

「えー?そうなんですか?でもつないでみないとわからないでしょ?」

…( ̄△ ̄;
もしもし?人の話、聞いてます?

昔はシリアルマウスというのがありまして、PS/2ポートがなかった頃は、マウスはシリアルポートにつないでいました。
最近ではまれにPS/2ポートのないPCがあり、その場合は、以前の記事のようにシリアルマウスが役に立つ場合もあります。
シリアルマウスは、今となってはシリアル専用のマウスはほとんど見当たりません。
だいたいはPS/2への変換コネクタ付属でPS/2にも対応しています。
逆に、PS/2マウスでシリアルマウスモードを内蔵していて、変換コネクタでシリアルポートにつなぐタイプもあります。
でも、これも基本的には「それ専用」で、マウスにそのモードが存在しなければ使えません。

…そもそも、マウスのメーカーや型番がわからなければ、確認の取りようもありません。
(仮にわかったところで、そんな簡単にその辺の店でそれだけ買う、なんてできる保証はありませんが…)

「ああ、使っているのは、オームとかいう安っす~いメーカーのワイヤレスマウスなんですけど…」

…いや、ですから、メーカーだけではどっちにしてもわかりませんから…。
この困った人に限った話ではないんですが、どうしたわけか、この手の問い合わせで、パソコンの機種名をお聞きしても、たとえば「FMVです」「Lavieです」「VAIOです」とかいったシリーズ名だけしか言ってくれない人、ひどい人になるとメーカー名しか言わない人がいます。
たとえばクルマの部品を買おうとした時、カー用品店で「車種は?」と聞かれて「トヨタです」とか「カローラです」とだけ言っても適切なものが出てくるわけがないのと同じなんですけどねぇ…。

-----

この人の場合、以前いただいた電話にしてもそうですが、どうも中途半端に「知っているつもり」であれこれやっているような感じです。
普通、そんな安物のマウスを選んで買うような人なら、USBハブを買ってきて、USB端子を増設すれば済むことぐらいわかりそうな気がするんですが…。

とにかく、こちらは出張サービスを商売としているので、一度も呼んでくれない人に、そう何度も何度も質問をされても困るわけです。

初めてお電話いただいた人でも、単純にすぐわかる内容、たとえば「電源が切れなくなった時にどうすれば電源が切れるか?」みたいなことであれば、もったいつけずに教えて差し上げなくもないんですが、この人の場合、調べないとわからないようなことまでタダで教えてもらえると思っているあたり、ちょっと…いや、かなり困りますね。

-----

ちなみに、この記事を書くにあたって、ちょっとだけ調べてみました。

OHMマウス ラインナップ :株式会社 オーム電機

ここにあるワイヤレスマウスは…PS/2にも対応しているものと、USB専用のものがあります。
やっぱり型番がわからないと話になりませんでした…。

余談:

「オーム電機」の名前は、ホームセンターなどでおなじみなんですが、ためしに「 http://www.ohm.co.jp/ 」でホームページが出るかと思って打ってみましたが…。
こちらは「オーム電機株式会社」というぜんぜん別会社でした…(^^;

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年04月18日(火) パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« ELECOMとの攻防。その2。 | トップページ | OutlookExpressへの縮小写真添付。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マウス・キーボード関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/9866726/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: お願いですから電話だけで済ますのは勘弁してください。その4:

コメント

ささもと様

 あきれ返ってしまいました。
 礼節以前の問題ですね。

  合掌

投稿: 弓龍 | 2006/05/03 1:50:55

はじめまして。
個人で同業の者です。最近こちらのブログを発見しまして、「あ~、あるある」とニヤリしてますw

うちは電話無料相談を謳っているのでこういう質問も多いのですが、無事に電話で解決した後に「今日の分おいくらでしたか?」と聞いていただけるお客様はうれしいですね。(無料なのでいただきませんが)

やはり自分の名前も名乗らずにいきなり質問される方はいます。
「家電店に行けばあると思いますので店員さんに聞いてみてください」と逃げるか、出来るだけ出張につながるようなトークをするようにしています。まぁ、名乗らない人で出張につながるケースは少ないのですが…


投稿: teltel | 2006/05/03 13:34:28

弓龍 さん

どうも単なる「知り合い」と認識されているような感じがします(^^;
特に今回は、伝言を受けて折り返しこちらから電話してこれですので…。
個人攻撃になりますのでこの辺にしておきますが。

teltel さん

ご同業の方ですか。
ブログなどありましたらぜひ情報交換でも…。
無料電話相談というのも一つの手段ではありますね。
でも、ウチにかかってくるもののほとんどは、電話ではすまないような症状がほとんどですね。
最近は件数が増えてきたため電話番を女性にさせているので、ウチでは無理ですけど…。
名乗らずいきなりの質問で(しかも番号非通知)の人は確かにいますね。
おっしゃる通り、問い合わせのみで終わることがほとんどです…。

投稿: ささもと | 2006/05/04 8:36:38

>ささもとさん

以前から仕事のブログ、というか自分の覚え書き、というかよくある質問のTIPS、のようなものは書いてみようと思ったのですが、忙しさに波のある仕事ですので、

忙しい→書けない
暇→ネタがない

で、二の足を踏んでおりました^^;
ささもとさんのブログを拝見していると、なるほどここから新しいお客様につながる窓口にもなるんだなと感心しました。がんばってみようかな・・・w

投稿: teltel | 2006/05/04 18:27:36

teltel さん

すっかり元記事とは内容が離れますが…。

私はこういう「トラブル対処法」のようなデータベースを組むような仕事をしたことがあります。
今で言えばSEO対策のようなことをやってましたね。
「適当に入力された情報を、どうやれば検索しやすくできるか?」みたいな話です。
かなりの人数が絡んだ末に頓挫しました。
PCの技術よりは、「入れるべきデータを作る人間」の方に問題が多すぎたからです。

ですので、こういった日誌的なものは、正直なところ、覚書でもいいんですが、実際には「読んでもらえる覚書」でなければ意味がありません。
その時その時で「自分が判ればいいや」的な書き方をしていると、3ヵ月後に読んだらもう何を書いてるのやらさっぱり(汗)です。

以前Web作成に関わっていた時に、とある人に言われました。
「3ヶ月前の自分はもう他人」
そう、3ヶ月も前のスクリプトは、自分で組んだものでも容易には解析できません。
書き残すなら、それぐらいのつもりで書き残さなければ意味がないのです。
単なるメモのつもりなら、定期的に整理しなければなりません。放って置けば、確実に「誰にも読めないもの」になりますので。


また、こういったブログをご新規さんの窓口にしたいならば、もし仮にそうであっても「片手間に…」とか「週末に…」なんて感覚は捨てましょう。
その手の感覚はすぐ文面に表れます。
(というよりは、この手の仕事を「週末起業」や「趣味の延長」でやっていたら結果は出なくて当然ですが(^_^;)
お客さんというのは、意外と鋭く読み取られてますよ。
がんばってくださいね。

投稿: ささもと | 2006/05/06 16:59:41

ありがとうございます^^
確かに新規さん獲得となると、全国にブログを見ている人がいて、そのうちの数%の方が営業範囲内で、さらにその数%の方が困った末に連絡をくださるのですから、簡単ではないでしょうね^^;

これからもじっくり拝見させていただいて勉強します^^

投稿: teltel | 2006/05/10 12:44:56

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ELECOMとの攻防。その2。 | トップページ | OutlookExpressへの縮小写真添付。 »