ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月23日 (火)

晩方の設置屋。

Urbannight実は最近になって、某家電量販店の仕事をいただくようになりまして、新品パソコンをお客さん宅まで持っていってセッティングをする仕事をすることになりました。
私自身は、こういう仕事の方が「設置屋」という言葉にしっくり来ると思うんですけど、どうでしょうかね?

このブログで相互リンクをいただいている同業者の中にも、いわゆる「設置屋」といわれる仕事をされている方もおられるんですが、この場合の「設置屋」という定義は、

「ADSLや光ファイバーのモデムを設定し、インターネットを開通させる人」

というもののようです。でもこれって、「設置屋」というよりは「開通屋」というのがしっくり来るような気がしますね。

とまぁ、そんな独り言は置いといて。

-----

今回は夜8時の時間指定のお客さんです。
神戸市から明石市にかけての海沿いの地域は、物凄く坂が多い地域です。
その坂だらけの住宅街のど真ん中にそのお客さん宅はありました。
入ってみると、すでに箱から出してありました。
抱え上げる労力がかからずに済みましたが、これで欠品があったら…なんかねぇ。

以前、別の量販店からの仕事で同じような仕事があったんですが、最近多い「大画面LCD付き」の機種まで同じ料金で運べ、という無茶苦茶なモノ。
正直、一人だけでやってても、クルマ出したら原価割れギリギリの安いギャラなのに、「二人必要なこともありますよ」なんて言われたら、やってられません。
そもそも宅配便にちょっと上乗せ程度のギャラで、二人も出せるか!っちゅーねん。

このたび来た別の量販店の仕事は、クルマで持って行ける大きさのモノ以外は別便配送になっていましたので、お受けすることにしました。

-----

それにしても、最近の新機種のテレビ搭載率のすごいこと。
来る仕事の半分近くに「テレビ設定」という項目が入っています。
こちらのお客さんのところも、テレビ設定が入っていました。

さらに驚いたのは、リモコンの「インスタントTV」ボタンで、一発でテレビが見れるという機能。
なんと、パソコンの起動を待つ必要がありません。
ほんの数秒で、テレビ画面がぱっと出てきます。
こりゃパソコンが使えなくても、地上波デジタルなんかの絡みで買い替え需要に乗ってくるのは当然でしょうね。

設定作業は、プリンタを含めて2時間弱で終了。
帰途に着いたのは10時ごろ…。

-----

これからは、こんな感じの仕事がメインになるようです。
でも、こういう仕事でいろいろと「ネタ」になるようなことがもしあったとしても、残念ながら「大人の事情」で詳細までは書くことができません。
普段の私の直接のお客さんの作業内容でも、個人情報を特定できるような内容は一切書いてませんし、「事例として個人情報を伏せた形で公開しますので」と断りを入れてますので、基本的には問題ないと考えてます。
ただ、こういった委託の案件だと、書くとすれば、いつもよりさらに「ボカシの入った表現」になりそうです。
今後、奥歯に物のはさまったような書き方をしている場合は、そちらの案件かも知れないような、そうでもないような、ようなような…(笑)。

2006年05月23日(火) パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

火点は前方の標的。

02AO16パソコンの仕事でのネタもそこそこあるんですが、最近はちょっと「大人の事情」があって(笑)書けない内容が増えてきています。
まぁ内容を考慮しつつ、これからもどんどん書いていきますので、それ以外の内容でもお付き合いを。

最近は、仕事の後に消防署に通っています。
以前にも書きましたが、消防団に入ったため、放水ポンプ操法の練習ということで。

しかし、実を言うと、消防団の「小型ポンプ操法」というのには全国大会があるのです。
全国大会の前に、この東播磨地域の場合は「東播大会」というのが先にあります。
なにやらそれに、明石市消防団の代表として、2チームが選ばれていて、それの1チームが、私の所属している消防班なんだそうです…。
6月18日(日曜日)に、三木で実施される東播大会に向けて、週に4日ほどの練習をしています。

さて、その「小型ポンプ操法」ですが、どんなことをしているかといいますと…。

-----

:::: 防災・危機管理 eカレッジ :::: :総務省 消防庁

こちらのサイトから、

消防団員の方へ 中級コース ポンプ操作 ②小型ポンプ操法 :eカレッジ

こちらに動画入りで解説があります。

私は、この1チーム4人の中の、「指揮者」担当です。
これがまた、やたらセリフが多くて(笑)

残りの3人に、伝達をするセリフがこれ。

「火点は前方の標的! 水利はポンプ右側後方、防火水槽! 手びろめによる二重巻きホース一線延長! 定位につけ!」

これを絶叫するわけです(笑)。
それから筒先(放水ノズル)とホースを一本担いで走り、定位置でホースとつなぎ、火点に向けて放水し、標的を倒して、元の位置に戻るところまでやります。

メチャクチャしんどいです…。

仕事の後ということもありますが、走り回ったり、普段使わない筋肉を使ったりで、かなり来ますね~。
18日の本番まで練習が続きます。
同じ兵庫県で神崎町消防団の演技が収録されたものを、参考ビデオとして渡されましたが、もうアレは人間ではありません。ロボットです(笑)。
まぁ、あそこまでできないと優勝できないんでしょうから、ウチの班は、おそらく優勝は無理でしょう…。
でも、私なんかよりもっと激務の消防署員の人が教えてくれているわけで、まじめに練習はしなければなりません。
おかげで、普段でも立ったままの時なんかでは、「整列休め」のポーズが定着してしまいました(笑)。
本当に火事の時なんかは、こんな型どおりのことなんてできないでしょうけど、やはりやらないよりやっていた方が絶対にいいと思いました。
しんどいのであまり進んで習おうとは誰も思わないでしょうけど(笑)、チャンスがあったなら、やっておいた方がいいのは確かでしょうね。
消防団の広報ビデオでは、銀座のど真ん中にも消防団があるというのを伝えていました。

地域のことは地域にいる人が自分で守れるようにする。

これが消防団の基本理念なんでしょうね。
地域の活動なんて鬱陶しい…とか思わずに、何かの折には顔だけでも出しておくのがいいと思いますよ。

2006年05月22日(月) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月21日 (日)

キャンプの下見。

Aa049_lこの日は、コドモの学童保育で夏休みに実施するキャンプの下見に行ってきました。
ほとんど高学年の親ばかりで行ってきたんですが…。

-----

市の学童保育の運営方針としては、本当なら3年生までの低学年が学童保育の対象らしいのですが、このところの小学生を狙った事件が多発している現状を考慮して、なんとか高学年も面倒を見てくれるようにしてくれているようです。
基本的に両親とも働いているコドモが学童保育にいるわけですが、すぐ近くにある市立の保育所からの付き合いのおかーさんがたも多いので、意外としっかりしたつながりになっています。

保育所というのは、0歳児~就学前のコドモまでを、朝から夕方まで預かってくれる施設なんで、平日の3時ぐらいまでで帰ってきてしまう幼稚園とは扱いが微妙に違います。
監督省庁も、保育所は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と、いわゆる縦割り行政のおかげで、いろいろと弊害が多いです。
問題が多くても、お世話になるコドモが就学してしまったら関係なくなるので、関係省庁もあまりまじめに見直しをしないようです…。

そんな時期からのお付き合いですので、ちょくちょく子供連れで居酒屋で宴会&カラオケをしているという「不良親子グループ」なわけですが…(笑)。

今回も、キャンプの下見という名目で、実際に飯盒炊爨(はんごうすいさん)をして、カレーを作って食べてきました。
なんだか、仲良しグループで、レジャーでバーベキューをしに行ったのと感覚的には変わりませんでしたね(笑)。

-----

土日にも仕事を詰め込んでいてもいいんですが、やはりこういう、家族や家族とつながりのある人とのふれあいって、大事だと思います。
核家族化が進んでいるとは言え、家族だけで生活しているわけではないわけですから。

同じ学童保育の中でも、「土日は家族とのふれあいを大切にしていますので、行事があっても参加しません」という、なにやら「ふれあい」の意味を履き違えている親も実際にいます。
家族のふれあいは確かに大事ですが、それで周りの人との付き合いを希薄にしているようでは、子供の社会性をはぐくむ障害になってしまうように思います。

最近こういう親の存在を見ていて思うんですが、

「プライバシー」だとか「個人情報」だとか、なんでもかんでもそれで周りを拒絶して、結果的に孤立して、相談できる人もいないで困っている人

というのが多いような気がします。
私の仕事も、そういう人が多くなってきたからこそ、お呼びがかかることが増えてきたのかもしれません。
まぁ、単純に「パソコンを使う人が増えてきたから」、と思いたいものですが。

2006年05月21日(日) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

メモリ増設の必要性。

Ah032_lいつも書類作成のお手伝いで呼んでいただいているお客さんなんですが、先日、よくよく見てみたら、WindowsXPの起動画面で「HomeEdition」という表示が出ていました。

うーむ、これは…SP2にアップグレードしていませんね。

でも、うかつにSP2にアップグレードするのは危険です。
中には起動しなくなるものもありますから。
でもこのお客さんの機種は該当しないようで、思い切ってSP2にしてしまいましょう。
ただ、ちょっとした不安は、メモリ容量

-----

あまり騒がれていないことですが、SP2になると、256MBではどうしてもちょっと厳しくなります。
私の体感ですが、WindowsXPのSP2になると、それ以前のXPで、256MBでもそれなりの動きをしていたものでも、SP2になると、256MBでは動きがあまりよくないように感じます。
セキュリティセンターなどの機能が追加されたからでしょうか?
事実、SP2が標準装備になって久しい近頃のメーカー製の新機種は、512MB搭載がほぼ標準です。

ということで、できたら512MBにしておきたい。
でも確かこの機種は、以前関わっていたパソコン教室の機種と同じで、メモリ容量が128MBしかなかったはず。
システムのプロパティでチェックしてみたら…うーむ、256MBです。

このパソコンをセッティングしてくれたのは、このお客さんの知り合いの人なんですが、どうもその時に増設もしてくれたらしい。
状況から考えると、128MB×2枚というのが自然でしょうけど…なんとも言えません。
この機種の情報をチェックしてみると、どうもメモリスロットは2枚分しかありません。
これではメモリ調達のやり方がちょっと違ってきます。

こういうのは箱を開ければすぐにわかりますが、開けなくてもEVERESTというツールでチェックできます。
EVEREST Home Edition :海外のソフトウェア(フリーウェア/シェアウェア)がダウンロード出来るサイト
たとえばこんなところからダウンロードできたりしますが、CPUの温度だとかメモリの枚数やメーカーなど、いろんな情報がわかりますので、かなり便利です。

チェックしてみたところ、どうやら予想通り128MB×2枚です。
これだと、どうやら追加ではなく差し替えになりますね。
256MB×2枚で512MBにすることになりました。

-----

ということで、早速メモリを調達しに行きました。
お客さんのパソコンにメモリの追加をする場合、基本的には新品を使います。
古いパソコンで、PC100やPC133なんかの場合は、新品の調達が難しいので中古になりますが。
新品でも、最近では箱なしのバルクメモリと、箱入りのリテールメモリがあります。
最近はどうだかわかりませんが、VAIOはなぜか専用のメモリを要求するようですので、かなり注意が必要です。
この場合は、きちんとその機種対応をうたっている箱入りメモリを用意します。
それ以外は、メモリのスペックにあわせたバルクメモリを使うことが多いです。

しかし、最近のバルクメモリは、箱入りの半額以下という激安品も出回っています。
何でそんなに安いのか店の人に聞いてみたら…。

  • 基板が安っぽく、熱による劣化がよくあるらしい
  • 適当に買ってデュアルチャンネルで使うと、てきめんに相性が出るらしい
です。
つまり、2枚セットで使うなら、激安品はお勧めできない、ということですね。
デュアルチャンネルにするなら、チップメーカーとかロットとかをきちんと合わせて買った方がいい、とのこと。
つまり、箱入りの高い価格は伊達ではない、ということですね。

ということで(どういうことだ)、バルクメモリの激安品でないもので、メーカーやロットを合わせたものを選んでもらい、購入しました。

-----

お客さんのところでパソコンの箱を開けたら…ものすごいホコリです…。
掃除機をお借りして、エアスプレーを併用して掃除です(笑)。

刺さっていた128MBのメモリを2枚とも抜き、買ってきた256MBメモリ2枚を刺しました。
電源を入れると、無事認識して、Windowsが起動しました。
さらにWordやExcelを起動してみました。問題ないですね。

お聞きしてみたら、お客さんの体感では「かなり速くなった」らしいです。
Windowsの起動も、WordやExcelの起動も。
言われてみれば、WordやExcelの起動時に出てくるタイトルロゴの表示時間が短くなったような気がします。
CPUは速くなったわけではありませんので、やはりメモリ増設の効果があったということでしょう。

結論:
WindowsXPには、できれば512MB以上のメモリを与えましょう。

2006年05月20日(土) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ハードウェア不具合関連(メモリ), パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

接続しているユーザーが1人います。

03_AS35最近、かなり忙しくなってきたので、すっかり更新が後回しになってます…。
書くネタはいっぱいあるんですけどねぇ。書く時間が…。
仕事があるってのはいいことなんですけどね。

こちらは、以前の記事「誰に言えばいいんでしょう?」の続きにあたる作業になりますが…。

実は前回問題だった無線LANの設定で呼ばれたわけではありません。

「電源を切ろうとしたら、『接続しているユーザーが1人います。接続を解除すると…』ってメッセージが出たんですが、大丈夫でしょうか?」

は、はぁ??
確か、ノートパソコン1台だけでしたよね??

とにかく、「誰かに接続されている」という状態は気持ちが悪いということで(そりゃそうだ)、私がお伺いするまで電源を入れない、とのこと。
こうなるとお伺いするしかありません。

しかし、行ってみてびっくりなのは、前回の続きの経緯。
ちょっとNTTさん、情けなさ過ぎです…。

-----

今回の症状は、残念ながら(?)再現はしませんでしたが、とにかくそういう事態にならないように原因を潰すしかありません。
まずは状況を確認です。

電源を入れて起動するまでお話を聞いてみると…。

「このたびは、前回の続きとしての基本操作説明を、本当ならささもとさんにお願いするところだったんですけど、私がNTTに言ったらグズグズ言って来ようともしなかったのに、主人がクレームを入れたら飛んできましてね」

…まぁ普通はすぐに飛んでくるもんでしょうけどねぇ(^^;

「無線の接続とセキュリティの設定をやってくれて、本来ならささもとさんが来てくれた時に終わってたはずの、基本操作の説明をやってもらいましたよ」

ウチとしては仕事をいただきそこなった格好なんですが、これはお客さんの立場からすれば当然の選択だったんでしょう。
まぁ、私は前回は前回で一応ギャラをもらってますから、お客さんからすれば私がもう一度基本操作の説明でお伺いしたら、本来1回分のはずが2回分のギャラをいただくことになるわけですから。
NTTにきっちり責任を取っていただいた形ではありますが…。

起動させてみてあれこれチェックしていると…んんん??

無線ルーターのセキュリティ設定ができとらんとですよ…( ̄△ ̄;

「えーっ!そんなバカな。NTTさんは『セキュリティ設定が重要なんですよ』って言って、設定してくれましたよ??」

…確かに「セキュリティ対策ツール」はインストールしてくれてましたね(^^;
でもそれはあくまで「LAN内ではなく外部からのアクセス」に対する防御でしかないわけでして。
ルーターが管理するパソコン同士では、「セキュリティ対策ツール(ウイルスバスター)」はあまりガチガチの対策はされていないんですよねぇ。
逆に、LAN内パソコン同士の共有を妨げないような初期設定になっているぐらい。

今回のように、無線ルーターがまったくセキュリティ設定なしだと、いとも簡単にLANに参加できるわけで、ちっともセキュリティ対策になっていないのです。

NTTの人ねぇ…、無線LANまで設定しているくせに、「セキュリティ対策ツール」だけでセキュリティを語るなっちゅーねん。
とにかく、無線LANのセキュリティ設定をしなければなりません。
よりにもよってNTTの尻拭いかよ…。

この無線ルーターは、NTT印のコレガのルーターですので、最近の機種についている、気の利いたJumpStart機能もありません。
それに、ノートパソコンの内蔵無線LANでは、無線チップ依存の大きいJumpStartが使えない場合も多く、手動でWEPなどの対策が必要です。
で、その設定をしようとしたら…コレガのこの機種は、ブリッジ設定をする際に、ルーターにIPアドレスを手動で割り当ててあるわけですが…そのIPアドレスがどこにもメモられていません…。
これでは暗号化設定なんてできません。
こんな大事なことをメモってなくてどうするね…。
とことん手抜きなNTTです。

仕方がないので初期化して、ブリッジ設定のやり直しです。
そう、光プレミアムなので、ブリッジ設定にしなければならないのです。
これがまた、コレガのこの機種は、説明書見ながらでも面倒なんですよねぇ…。

とりあえずLANケーブルでつなぎ、設定画面を開き、ルーター機能をオフにして、DHCPをオフにして、ルーターに手動でIPアドレスを割り振ります。
この時点で、接続が切れるので、割り当てたIPアドレスを手打ちして設定画面を開きます。
無線LANにセキュリティ設定をかけて、WEPキーをかけて、CTUと接続し、無線LANでの接続をします。
うまくつながったところで、つながっているPCのリストを出し、今つながっているノートパソコンのみを接続許可するようにしておきました。
ついでにステルス機能もかけました。
これで無線はほぼ完璧です。他人につながれることはほぼないと思っていい状態です。
しかし…めんどくさー…。
バッファローのAOSSや、NECのらくらく無線スタートなら、この辺は全て一発でできるのになぁ。

一応、これで様子を見てもらうことにしました。
まぁしかし、無線のセキュリティ設定もせずに、よくもまぁ偉そうにセキュリティを語る業者がいるものである。

2006年05月19日(金) ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

光ファイバになったのはいいんですが…。

Ah144_lこちらは、以前「とりあえずマカフィーを使わずにやってみてください。」でお呼びいただいたお客さん。

「ささもとさんのおっしゃる通り、不安定なADSLに見切りをつけて光ファイバーを契約したんです。無線LANを別に買う必要があって、バッファローの無線ルーターを買ったんですが、これがまたつながらんのです」

…うーむむむ。
ば、バッファローっすか…。
まぁその辺はおいといて。

ここで予想できることはいくつかありますが、思いつく限りを電話で指示しても、解決できなかったらただの時間の無駄です。
早く解決させるのも一つの対処ではありますが、やはり的確な対処できっちり片付けたいものです。
不適切で無駄な作業によって、「二次災害」が発生しないとも限りませんから。

とりあえず、今は無線ではなくONUをパソコンの近くまで引き寄せて使っている、とのこと。
光ファイバーを変に引きまわすのも、ファイバーの折れを発生させる要因になりますのであまりよろしくありませんが、とりあえずはしかたないでしょう。
全くつながっていないわけではありませんので、対処するまではこれでもたせてもらいましょう。

ということで日を合わせてお伺いです。

-----

一応、先にどんなことが考えられるか予想してからお伺いしましょう。

  • 前回インストールしたウイルスセキュリティがLANアダプタと当たっている(相性)

  • LANアダプタの交換をウイルスセキュリティが認識できていない

  • その他、何らかの要因で無線LANの接続ができていない

  • 無線ルーターの初期不良
こんなもんでしょうかね。
もっとも確率が高いのは、2番目のものでしょう。
これはよくある話ですし、特に今回はLANアダプタを交換しているのでありがちです。
いくらバッファローとはいえ、4番目の「初期不良」は…ないと信じたいですね。

お伺いしたら…光ファイバが空中を飛んでいます(笑)。
ペットもいらっしゃる状態だったのに、よくここ数日もったものです…。

光ファイバーの業者はケイオプティコム。EOですね。
この状態で、一応「広帯域接続」で接続はできています。
とりあえず、心配していたファイバーの折れはないと思われます。

まずは無線ルーターの状態からチェックです。
パソコンからLANケーブルを抜き、USBの無線LANアダプタを取り付けました。

ルーター自体の設定を確認するために、ルーターへログインします。

…ん??
なんかIDがすでに入ってますよ?
このルーターのログインの初期設定は、IDが「root」でパスワードはなしです。
もう設定変更しているんですかね??

「そこでEOからもらったIDとパスワードを入れてるんですけど…つながらないって出ます。何度やってもダメなんですよ」

…は?
ログインパスワードをこれに変えたんですかね?
でも…これでログインできないんですけど…。

ためしに、初期設定のrootでログインしてみました。

…んーと、ルーターの設定画面は開けますねぇ。
ということは、…もっとも恐れていた「ウイルスセキュリティとLANアダプタの相性」ではありませんでした。
まずは一安心です。
そしてよくある無線のトラブルでもありません。
無線自体は全く問題なくつながっています。

じゃあ…何が問題なんでしょう?

「あれ?こんな画面開けるんですか?」

そこでピンときました。
どうやら、ルーターの最初の設定画面のログイン時のID・パスワードが、EOから支給されたものだと勘違いされていたようです…。
そうとわかれば、あとは説明書通り設定をするだけです。
PPPoEの設定をして、接続確認の画面が出ました。

「ああ、こんな画面は初めて見ましたよ」

…まぁそうでしょうねぇ。
ここまで到達できてなかったわけですから。
まぁそれはそれ。
ルーターが壊れていたわけでもなさそうですし、単なる設定不良ということで、大事に至らなくてよかったですよ。

あとは、ファイバーケーブルをまとめて、元Yahoo!BBのモデムの置いてあったところへONUと無線ルーターを置いて、最終的な動作確認をするだけです。
ファイバーが折れないように注意して、きちんと置いてみました。

「なんかねぇ~、光に変えたのに、ADSLより遅いんですよね」

…へ?
もしかしたらそうかも知れませんが、ADSLは不安定ですぐに速度低下が起こって実用速度にならなかったですよね。
そもそもADSLは、電話線の本来持っている品質の、想定外の速度をムリヤリ押し込んでいますので、電線の距離や外的ノイズ等で回線品質の問題が大きく出ます。
光ファイバーの場合は、ADSLのように回線品質自体の問題で速度低下などの問題は起こらないと思います。
逆に、もっと高速でも充分耐えうる性能があるものだとも言える場合もあるほど、速度的には充分な品質を持っているのです。
遅くなるとすれば…やっぱり回線の混雑でしょうねぇ。

実際に速度を測ってみた。

EOのスピードテストのサイトによると…下りが6~10Mbps、上りが10~15Mbps。
他の計測サイトでも、似たり寄ったりの速度です。
うーむ、こんなもんかなぁ?

なんだか電波の強度がイマイチです。
木造の一軒家で、たかだか隣の部屋に置いた程度で、40%台にまで落ち込んでいます。
アクセスポイントのリストを見ても…すぐに見当たるのは、電波強度の弱い2箇所程度。
ステルスのアクセスポイントが多いんでしょうかね?

そういうことであれば、使う電波を変えてみましょう。
今回お客さんが買われたルーター/子機セットは、802.11b/g/a全てに対応しています。
標準では802.11gを使っていますが、屋内専用規格の802.11aを使ってみましょう。
ルーター設定の画面にまたログインし、電波を802.11aに変更しました。

…うん、電波強度がかなり上がりました。
強度のふらつきもありません。
この状態で、再度計測です。

…うーむむむ。
それでも下りは16Mbps程度です。
ちょっとだけ速くはなりましたが、どうやらボトルネックは無線ではなかったようです。
とりあえず改善はしましたが、これでは「ADSLの方が速い」とおっしゃるお客さんの体感はごもっともです。

まぁ体感ということであれば、一応、Yahoo!動画Gyaoの無料動画などを見てみましたが、比較的スムーズに再生されます。
前のYahoo!BBのADSLでは、これがコマ送りになったりすることが多かったわけですので、光ファイバーに変えて、10Mbps以上をキープできているのなら、(「最大100Mbps」といううたい文句にはかなり語弊があるものの)動画再生にはなんら問題はありません。
その辺に関しては、お客さんも満足していただいたので、これにて一件落着です。

2006年05月18日(木) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

起動しても壁紙しか表示されません。

2009/10/23追記:画面が真っ黒でマウスカーソルのみになるトラブルに関しては、別記事がありますのでご参照願います。
2009年10月22日 (木) Windowsロゴが出た後、真っ黒の画面にマウスカーソルだけ。

03_AS06こちらは、以前にもお伺いしたお客さんから。
前回の作業は、EO光回線のトラブルでしたが…。

「WindowsXPを起動しても、壁紙が表示されたところで止まってしまうんです。でも、フリーズしたと思ってCtrl+Alt+Delでタスクマネージャを起動すればその先に進むんですが…」

うーむ、変な現象ですねぇ。
聞いたことないなぁ。

今回は、ちょっと突っ込んだところもいじることのできる息子さんからのご相談。
どうも現象が怪しいので、一応リカバリも視野に入れて欲しいとは言っておきましたが、

「リカバリはできたらやりたくないんですよね」

いやまぁそうなんでしょうけどね(^^;
ご本人もいろいろやった末にお呼びいただいたので、そうとう厄介な現象と思いましたが…。

-----

お伺いして現象確認。

電源を入れていただくと…確かに、壁紙しか表示されません。
そこで、お客さんの言うとおり、Ctrl+Alt+Delを押してみると、そこから起動プロセスを再開します。

最初に思ったのは…何かの理由で読み込みに時間がかかっている、かも?
ということで、再起動をかけてしばらく待ってみた。
5分ほど待ってみましたが、壁紙を表示したまま、そこから進展する気配が全くありません。
ハードディスクのアクセスランプも全然点滅しません。
こりゃ本格的に止まってますね…。
ここでCtrl+Alt+Delでもいいんですが、タスクマネージャの起動なら、Ctrl+Shift+Escでも起動します。
Ctrl+Shift+Escを押してみたら…タスクマネージャの起動と共に、起動プロセスも再開されました。

つまり、タスクマネージャさえ起動させれば、後は普通に使える、でも起動のたびにタスクマネージャを起動させないとWindowsが使えない、という状態。

うーむむむむむ。
確かに、これだけのためにリカバリするのも…という気持ちはわかりますが。

お客さんの言うには、別アカウントを作ってみても現象は変わらなかったらしい。
あとでこの記事を書くにあたって調べてわかったんですが、この情報を試されたようです。

Windows へログオン時、タスク バーが表示されない :マイクロソフト サポートオンライン

ということは、アカウント依存の環境によるものではないみたいですね。
話をしていると、どうもいろいろできる人のようなので、その辺は一応信用してみました。

となると…起動プロセスに何らかの問題があると考えるのが自然なようですね。
いきなりHijackThisでもいいんですが、とりあえずmsconfigコマンドでチェックしました。

「ああ、それも見ましたよ。全部外しても同じでしたよ」

うーむ、やはりその程度はチェックされたんですね…。
一応、見るだけ見ましたが………うっ、こ、これは…。

なんだか怪しい起動項目のオンパレードです。
見たこともないようなプログラム名がぞろぞろ。

確かに、起動したときに、いろんなデスクトップアクセサリが出てましたので、それらがぞろぞろ並んでいるってことでしょうけど…こういうのって、何が怪しいかわかりづらくなるので、やりにくいなぁ…。
でも、ご本人の言うには、msconfigコマンドで全て外してみても変わらなかったらしいので、それだけが原因ではなさそうです。

うーん…こうなったら、いつもどおりHijackThisでのチェックですね。

早速チェックしてみましたが…ん~、なんかいっぱい起動してますねぇ。
今回は、ちょっと長いですが、思い切って一発目のログを全公開してみましょう。
まぁ、これだけで個人が特定できるわけではないので。

Logfile of HijackThis v1.98.2
Scan saved at 10:26:18, on 2006/05/17
Platform: Windows XP SP2 (WinNT 5.01.2600)
MSIE: Internet Explorer v6.00 SP2 (6.00.2900.2180)

Running processes:
C:\WINDOWS\System32\smss.exe
C:\WINDOWS\system32\winlogon.exe
C:\WINDOWS\system32\services.exe
C:\WINDOWS\system32\lsass.exe
C:\WINDOWS\system32\Ati2evxx.exe
C:\WINDOWS\system32\svchost.exe
C:\WINDOWS\System32\svchost.exe
C:\Program Files\TGTSoft\StyleXP\StyleXPService.exe
C:\WINDOWS\system32\spoolsv.exe
C:\PROGRA~1\COMMON~1\Stardock\SDMCP.exe
C:\WINDOWS\system32\Ati2evxx.exe
C:\WINDOWS\Explorer.EXE
C:\WINDOWS\system32\drivers\CDAC11BA.EXE
C:\Program Files\Common Files\New Boundary\PrismXL\PRISMXL.SYS
C:\WINDOWS\system32\sdpasvc.exe
C:\WINDOWS\system32\svchost.exe
C:\WINDOWS\system32\wuauclt.exe
C:\WINDOWS\system32\taskmgr.exe
C:\Program Files\Digital Media Reader\shwiconem.exe
C:\Program Files\Java\jre1.5.0_06\bin\jusched.exe
C:\WINDOWS\SOUNDMAN.EXE
C:\WINDOWS\vsnpstd.exe
C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD\PDVDServ.exe
C:\Program Files\MessengerPlus! 3\MsgPlus.exe
C:\Program Files\iTunes\iTunesHelper.exe
C:\WINDOWS\System32\svchost.exe
C:\Program Files\D-Tools\daemon.exe
C:\WINDOWS\zHotkey.exe
C:\Program Files\ATI Technologies\ATI Control Panel\atiptaxx.exe
C:\Program Files\iPod\bin\iPodService.exe
C:\Program Files\Skype\Phone\Skype.exe
C:\WINDOWS\NCLAUNCH.EXe
C:\Program Files\MSN Messenger\msnmsgr.exe
C:\Program Files\Messenger\MSMSGS.EXE
C:\WINDOWS\system32\ctfmon.exe
C:\Program Files\AveDesk13\AVEDESK.EXE
C:\Program Files\Rainlendar\Rainlendar.exe
C:\Program Files\Rainmeter\Rainmeter.exe
C:\Program Files\Stardock\ObjectDock\ObjectDock.exe
C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\HijackThis1.98.2\HijackThis.exe

O2 - BHO: Yahoo! Companion BHO - {02478D38-C3F9-4efb-9B51-7695ECA05670} - C:\PROGRA~1\Yahoo!\COMPAN~1\Installs\YCOMP5~1.DLL
O2 - BHO: AcroIEHlprObj Class - {06849E9F-C8D7-4D59-B87D-784B7D6BE0B3} - C:\Program Files\Adobe\Acrobat 7.0\ActiveX\AcroIEHelper.dll
O2 - BHO: IDN Helper Object - {118CE65F-5D86-4AEA-A9BD-94F92B89119F} - C:\WINDOWS\DOWNLO~1\CNSMIN~1.DLL
O2 - BHO: (no name) - {724d43a9-0d85-11d4-9908-00400523e39a} - C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\roboform.dll
O2 - BHO: SSVHelper Class - {761497BB-D6F0-462C-B6EB-D4DAF1D92D43} - C:\Program Files\Java\jre1.5.0_06\bin\ssv.dll
O2 - BHO: Google Toolbar Helper - {AA58ED58-01DD-4d91-8333-CF10577473F7} - c:\program files\google\googletoolbar1.dll
O3 - Toolbar: &Yahoo!ツールバー - {EF99BD32-C1FB-11D2-892F-0090271D4F88} - C:\PROGRA~1\Yahoo!\COMPAN~1\Installs\YCOMP5~1.DLL
O3 - Toolbar: &Google - {2318C2B1-4965-11d4-9B18-009027A5CD4F} - c:\program files\google\googletoolbar1.dll
O3 - Toolbar: &RoboForm - {724d43a0-0d85-11d4-9908-00400523e39a} - C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\roboform.dll
O4 - HKLM\..\Run: [Tweak UI] RUNDLL32.EXE TWEAKUI.CPL,TweakMeUp
O4 - HKLM\..\Run: [SunKistEM] C:\Program Files\Digital Media Reader\shwiconem.exe
O4 - HKLM\..\Run: [SunJavaUpdateSched] C:\Program Files\Java\jre1.5.0_06\bin\jusched.exe
O4 - HKLM\..\Run: [SoundMan] SOUNDMAN.EXE
O4 - HKLM\..\Run: [snpstd] C:\WINDOWS\vsnpstd.exe
O4 - HKLM\..\Run: [RemoteControl] "C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD\PDVDServ.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [Reminder] %WINDIR%\Creator\Remind_XP.exe
O4 - HKLM\..\Run: [Recguard] %WINDIR%\SMINST\RECGUARD.EXE
O4 - HKLM\..\Run: [QuickTime Task] "C:\Program Files\QuickTime\qttask.exe" -atboottime
O4 - HKLM\..\Run: [PHIME2002ASync] C:\WINDOWS\system32\IME\TINTLGNT\TINTSETP.EXE /SYNC
O4 - HKLM\..\Run: [PHIME2002A] C:\WINDOWS\system32\IME\TINTLGNT\TINTSETP.EXE /IMEName
O4 - HKLM\..\Run: [NeroFilterCheck] C:\WINDOWS\system32\NeroCheck.exe
O4 - HKLM\..\Run: [MSPY2002] C:\WINDOWS\system32\IME\PINTLGNT\ImScInst.exe /SYNC
O4 - HKLM\..\Run: [MessengerPlus3] "C:\Program Files\MessengerPlus! 3\MsgPlus.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [iTunesHelper] "C:\Program Files\iTunes\iTunesHelper.exe"
O4 - HKLM\..\Run: [IMJPMIG8.1] "C:\WINDOWS\IME\imjp8_1\IMJPMIG.EXE" /Spoil /RemAdvDef /Migration32
O4 - HKLM\..\Run: [FPPIN2Save] C:\Program Files\NTT DoCoMo\FirstPass PCソフト\F-PassPCPIN2.exe -s
O4 - HKLM\..\Run: [FPPIN2Reg] C:\Program Files\NTT DoCoMo\FirstPass PCソフト\F-PassPCPIN2Regist.exe -s
O4 - HKLM\..\Run: [DAEMON Tools-1033] "C:\Program Files\D-Tools\daemon.exe" -lang 1041
O4 - HKLM\..\Run: [CnsMin] Rundll32.exe C:\WINDOWS\DOWNLO~1\CnsMin.dll,Rundll32
O4 - HKLM\..\Run: [CHotkey] zHotkey.exe
O4 - HKLM\..\Run: [ATIPTA] C:\Program Files\ATI Technologies\ATI Control Panel\atiptaxx.exe
O4 - HKLM\..\Run: [ASRInst_V] C:\WINDOWS\system32\regsvr32.exe "C:\Program Files\Common Files\Panasonic\PSL_DMOG726Dec.dll" /s
O4 - HKLM\..\RunOnce: [Windows Security Manager] C:\WINDOWS\system32\Microsoft\svchost.exe -c -ax
O4 - HKCU\..\Run: [STYLEXP] C:\Program Files\TGTSoft\StyleXP\StyleXP.exe -Hide
O4 - HKCU\..\Run: [Skype] "C:\Program Files\Skype\Phone\Skype.exe" /nosplash /minimized
O4 - HKCU\..\Run: [NCLaunch] C:\WINDOWS\NCLAUNCH.EXe
O4 - HKCU\..\Run: [msnmsgr] "C:\Program Files\MSN Messenger\msnmsgr.exe" /background
O4 - HKCU\..\Run: [MSMSGS] "C:\Program Files\Messenger\MSMSGS.EXE" /background
O4 - HKCU\..\Run: [ctfmon.exe] C:\WINDOWS\system32\ctfmon.exe
O8 - Extra context menu item: Google 検索(&G) - res://c:\program files\google\GoogleToolbar1.dll/cmsearch.html
O8 - Extra context menu item: JWordでウェブ検索(&J) - res://C:\WINDOWS\DOWNLO~1\CnsMin.dll/203
O8 - Extra context menu item: RF ツールバー - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComShowToolbar.html
O8 - Extra context menu item: RF フォーム保存 - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComSavePass.html
O8 - Extra context menu item: RF フォーム記入 - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComFillForms.html
O8 - Extra context menu item: RF メニューカスタマイズ - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComCustomizeIEMenu.html
O8 - Extra context menu item: このページのキャッシュ - res://c:\program files\google\GoogleToolbar1.dll/cmcache.html
O8 - Extra context menu item: リンク元 - res://c:\program files\google\GoogleToolbar1.dll/cmbacklinks.html
O8 - Extra context menu item: 翻訳(&T) - res://c:\program files\google\GoogleToolbar1.dll/cmwordtrans.html
O8 - Extra context menu item: 関連ページ - res://c:\program files\google\GoogleToolbar1.dll/cmsimilar.html
O9 - Extra button: (no name) - {08B0E5C0-4FCB-11CF-AAA5-00401C608501} - C:\Program Files\Java\jre1.5.0_06\bin\ssv.dll
O9 - Extra 'Tools' menuitem: Sun の Java コンソール - {08B0E5C0-4FCB-11CF-AAA5-00401C608501} - C:\Program Files\Java\jre1.5.0_06\bin\ssv.dll
O9 - Extra button: フォーム記入 - {320AF880-6646-11D3-ABEE-C5DBF3571F46} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComFillForms.html
O9 - Extra 'Tools' menuitem: RF フォーム記入 - {320AF880-6646-11D3-ABEE-C5DBF3571F46} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComFillForms.html
O9 - Extra button: 保存 - {320AF880-6646-11D3-ABEE-C5DBF3571F49} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComSavePass.html
O9 - Extra 'Tools' menuitem: RF フォーム保存 - {320AF880-6646-11D3-ABEE-C5DBF3571F49} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComSavePass.html
O9 - Extra button: JWord (日本語キーワード) - {5D73EE86-05F1-49ed-B850-E423120EC338} - http://www.jword.jp/intro/?partner=AP&type=lk&frm=iebutton (file missing)
O9 - Extra button: ロボフォーム - {724d43aa-0d85-11d4-9908-00400523e39a} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComShowToolbar.html
O9 - Extra 'Tools' menuitem: RF ツールバー - {724d43aa-0d85-11d4-9908-00400523e39a} - file://C:\Program Files\Siber Systems\AI RoboForm\RoboFormComShowToolbar.html
O9 - Extra button: Messenger - {FB5F1910-F110-11d2-BB9E-00C04F795683} - C:\Program Files\Messenger\MSMSGS.EXE
O9 - Extra 'Tools' menuitem: Windows Messenger - {FB5F1910-F110-11d2-BB9E-00C04F795683} - C:\Program Files\Messenger\MSMSGS.EXE
O11 - Options group: [!CNS] JWord (日本語キーワード)
O16 - DPF: {0CBF7EDC-17EC-442C-8AE9-5E804707B6CA} (NeffyClient Class) - http://dist.cdnetworks.co.kr/cdndist/neffy/Neffy.cab
O16 - DPF: {17492023-C23A-453E-A040-C7C580BBF700} (Windows Genuine Advantage Validation Tool) - http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=39204
O16 - DPF: {1C42FF99-7E25-4023-9FF7-67F3C057FC4A} (MsgrWeb Control) - http://www.jenka.com/jenkamsgr.cab
O16 - DPF: {20050325-D35A-4233-926E-2E801AE25949} (NMJPStarter15 Class) - http://www.netmarble.jp/_common/cab/NMStarterJP5.cab
O16 - DPF: {2917297F-F02B-4B9D-81DF-494B6333150B} (Minesweeper Flags Class) - http://messenger.zone.msn.com/binary/MineSweeper.cab31267.cab
O16 - DPF: {2931566C-B8A6-46C5-BF4D-E6AB9251E953} (Nexon Package Manager Control) - http://www.nexon.co.jp/JP/f/ActiveX/Public/nxpm.cab
O16 - DPF: {4F1E5B1A-2A80-42CA-8532-2D05CB959537} (MSN Photo Upload Tool) - http://spaces.msn.com/PhotoUpload/MsnPUpld.cab?10,0,911,0
O16 - DPF: {5082D9B5-5538-4C50-BDB1-C5F44BFB98CC} (HgRunPub Class) - http://www.hangame.co.jp/publish/HgRunPub.cab
O16 - DPF: {70EE0AA4-5A3A-4052-8FFA-2EEDA43F7942} (Innotive Cibrowser Control 1.1) - http://ipqwww.shufoo.net/cibrowser_1_1_1_109_jp.cab
O16 - DPF: {74D05D43-3236-11D4-BDCD-00C04F9A3B61} (ウイルスバスター On-Line Scan) - http://a840.g.akamai.net/7/840/537/2005111401/housecall.trendmicro.com/housecall/xscan53.cab
O16 - DPF: {8E0D4DE5-3180-4024-A327-4DFAD1796A8D} (MessengerStatsClient Class) - http://messenger.zone.msn.com/binary/MessengerStatsClient.cab31267.cab
O16 - DPF: {B38870E4-7ECB-40DA-8C6A-595F0A5519FF} (MsnMessengerSetupDownloadControl Class) - http://messenger.msn.com/download/MsnMessengerSetupDownloader.cab
O16 - DPF: {B905F63D-7489-4B3D-9B62-49A1B8647E2A} (HgPluginJP21 Class) - http://down.hangame.co.jp/jp/dist/hgstart/HGPluginJP21.cab
O18 - Protocol: msnim - {828030A1-22C1-4009-854F-8E305202313F} - "C:\PROGRA~1\MSNMES~1\msgrapp.dll" (file missing)
O20 - AppInit_DLLs: MsgPlusLoader.dll

いかがでしょう?
どれが怪しいのか、わかります?(^^;

私が見た第一印象から言えば、かなりの玉石混合なので、どれが怪しいのかはさっぱりわかりませんでした(笑)。
ただ、msconfigで全て外しても同じ、というところを考えると、ピンときたのは、

O4 - HKLM\..\RunOnce: [Windows Security Manager] C:\WINDOWS\system32\Microsoft\svchost.exe -c -ax

これですね。

RunOnceというのは、起動時に1回実行した後はもう起動しない、というもの。
これ自体は、msconfigでは表示されません。
というよりは、起動してしまえば、この項目はなくなってしまうので、msconfigでは見ても仕方ない、ということなんでしょうね。
svchost.exe自体は、本来存在するものではありますが…「RunOnce」ってのがどうも…。
で、またプロセス名が[Windows Security Manager]ってのも…よく見たら、プログラムの位置も「C:\WINDOWS\system32\Microsoft\」ってのは…なんか怪しいニオイがプンプンしますねぇ。

調べてみました。

W32.Antinny.AX :Symantec Security Response

もう、そのものズバリです。
世間を騒がせているWinnyの暴露ウィルス、Antinny/アンティニー(仁義なきキンタマ)そのものじゃないですか…。

「ああ、アンティニーですか。それなら駆除したんですが」

( ̄△ ̄;
…うーん、えーと、そのー、あー…ま、まぁいいです。
あまり深くは突っ込まないことにします。

とにかく、この起動項目が引っかかっている可能性がかなり高いです。
おそらく、中途半端に感染ファイルを駆除しただけで、この起動項目が残ったままだったのでしょう。
しかしまぁ…相変わらず紛らわしい名前だ。
多分、起動するはずのファイルが見つからず、起動プロセスが止まっていた、というのが真相なのではないでしょうか。

ということで、HijackThisでこの項目をFIXして再起動。

…おおっ!!まともに起動できたよ!!

ウイルススキャンは複数の方法で調べた、とのことで、とりあえずSpybotとAdAwareSEでチェックをかけてみましたが、Cookie以外は、これと言って何も出ませんでした。
とりあえずはこれで一安心ですね。

「実は質問サイトでいろいろ探してたら、同様の症状が出ている人はたくさんいたんですが、みんな尻切れトンボかリカバリなんですよね。半分あきらめていたんですが、助かりました」

「壁紙しか」で検索 :教えて!goo

確かに、いくつもありますね…。
それにしても、この手のトラブルは、キーワードの特定が非常に困難ですね。
ここに書いてあるものだけでも、

  • デスクトップに壁紙しか表示されない

  • デスクトップが立ち上がりきらない?

  • デスクトップに壁紙しか表示されなくなった

  • タスクバーとデスクトップアイコンが消えました

  • デスクトップの画面が表示されない

  • ディスクトップが壁紙だけになった!!!
とまぁ、表現は実にさまざまです。
検索するにしても、的確な情報を探し出せる検索キーは、ちょっとわかりづらいですね。
「壁紙しか」というのは、意外と的確だったようです。

その中でも、

PCが正常に作動しません。 :教えて!goo

これは、そのものズバリですね。

質問サイトにありがちなんですが、どうしても「現象の出ているパソコン」そのものを操作できるわけではないのと、操作している人が初心者なのとで、的確な状況判断がなかなかできなくて、結局は時間がかかりすぎてあきらめてしまい、リカバリで直してしまう、というパターンになりがちです。
今回のように、実際にパソコンを操作できれば、すぐに怪しいところを発見できたりするんですが、質問サイトでこの手のトラブルを解決するのも、なかなかスキルが必要なものですね。

ある程度のスキルがあれば、この手の情報で何とかできたりはするわけですが…やはり経験がものを言うのはここでも同じです。

とはいえ…やはりWinnyに手を出すのはやめた方がいい、という典型的な例ですね。

「ああ、アンティニーにやられたので、もうWinnyに手を出すのはやめました。それと、今はチェックのために外してますが、NOD32というウイルス対策ソフトを入れてます。あとでもう一度インストールしますね」

ぜひそうしてください(^^)

2006年05月17日(水) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月16日 (火)

同業者との対話。

03_au32先日、とある記事を偶然発見された同業の方からメールをいただきました。

Panasonic そらみみ工房 * パソコンのお医者さん

メールをいただいたのは、こちらの代表の方で、稲澤さんとおっしゃる方。
稲澤さんのところは、パソコン修理を高砂市を中心に兵庫県全域で引き受けておられるそうです。

私もパソコン修理を、明石市、神戸市西区、垂水区など神戸市西部で業務として展開していますので、すぐご近所というわけでもなく、商圏が露骨にバッティングするわけでもありませんし、純粋に「情報交換でもしませんか?」といった内容でしたので、一度お伺いしてみようと思って、何度か日時の変更がありましたが、この日にお伺いできました。

基本的には、こういう商売は「客の取り合い」という側面もないではないですから、あまり近所の同業の人だと、いがみ合いの元になりがちですが、ここの稲澤さんは、ちょっと違った考え方をお持ちでした。

即、仕事の話につながるようなことはなかったわけですが、やはりまだまだ未成熟な業界ですので、変な競争意識を持たない関係で、同業としての情報交換ができたという、ちょっと新鮮な体験でした。

-----

お伺いして出てこられた稲澤さんは、私の第一印象は「ヨン様スマイル」の好青年、でした(笑)。
(ご本人がお読みになって、もしお気を悪くしたらごめんなさい)

スタッフを数名抱えておられて、ウチなんかよりは着実な会社運営をされておられますので、見習わなければならない部分はたくさんあります(^_^;
同業の私に声をかけていただいたのは、先にも書きましたが、「まだまだ未熟な業界」なので、同業の潰し合いではなく、共に成長していけるようになれれば、とのお考えのもとだったそうです。
基本的に、私も同じ考えです。
こうしてブログで事例を公開しているのは、同業もしくは同じような業務をしている人にとって、この手の情報は絶対的に不足しているはずだと考えているからです。
現に、質問サイトが結構繁盛していたり、同じデータで別の質問サイト同士でデータや回答者IDが共有されたりしているのは、同じような思想や需要があるからだと思っています。

-----

また、以前勤めていた会社では、同じ思想で計画されたデータベースを組んでいました。
私はその会社でも同じように、とある産業機械の修理や設置などをしていたわけですが、全国規模の会社でしたので、あちこちの営業所にいる社員が、同じように日々トラブル対処をしていました。
あるところでは、とあるトラブルで「こうやって対処した」という情報を持っていたのに、別のところで同じトラブルが発生して、その情報を知らなかったがために何日も機械が停止していた、ということが結構多かったのです。
それが、インターネットがようやく世に定着し始めた1990年代後半、当時まだGoogleはありませんでした。
その当時のパソコンの状況をご存知の方ならおわかりかと思いますが、今のGoogleのように、膨大な情報を一瞬にしてキーワード検索をかけられるようなシステムは、一般レベルでは存在していませんでした。
当時、ものすごい予算をかけて、かなりの人数が関わって開発をしました。

私はそのプロジェクトの、比較的現場に近いところで、データ収集とキーワード作成に関わっていました。
ついでに、各営業所にデータベース端末兼メール端末として配布されたパソコンの管理も任されていたりしましたので、今のようにパソコンのトラブルの対処を毎日やっていました。
その頃の経験が、今に活かされているといっても過言ではないでしょう。

結局このプロジェクトは途中で頓挫しました。
なぜかというと、効率のいい検索のできるデータを蓄積できなかったのです。
今で言えば、SEO対策がまるっきりなっていないホームページから希望の情報を引き出す、という作業に似ていますね。
質問サイトなどで質問している人が、時々「すでにその質問は出てるよ」「検索してから質問しろ」とか怒られているのを見かけることがあります。
そういうのを見る度に、勤め人当時のデータ整形作業に関わっていた頃のことを思い出します。
用語や言葉の言い回しなどが、まるっきり統一されていないがために、希望の情報を引き出せないのです。
これは検索する側の「検索スキル」が要求される部分ではありますが、インターネットのように混沌とした秩序のない情報の洪水ならともかく、社内データベースでは、検索スキルうんぬんではなく、「一発で情報が取り出せること」が要求されます。
それが、人間の弱い部分で、大きな企業であるだけに、末端の現場まできちっと統一された周知徹底が難しいのです。
通常の物販などであれば、POSレジ導入でなんとかなるわけですが、機械の修理というのは、実にさまざまな現象、さまざまな用語、さまざまな対処方法があるだけに、結局は入力されるデータの質の高さが要求されるわけです。
それを末端の現場全てに要求するのですから、あくまで人間側の問題であって、パソコンの技術の進化程度では対応できないのです。

ちょうどその時期に、日経コンピュータという雑誌での名物記事「動かないコンピュータ」に出会いました。
それをまとめた書籍も出ています。

4822207846動かないコンピューター ― 情報システムに見る失敗の研究
日経コンピュータ

日経BP社 2002-12-06
売り上げランキング : 21420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私の見た記事そのものは読めませんが、
「動かないコンピュータ」とコンサルタントの関係:ITpro
こちらの記事で、その片鱗を読み取ることはできます。
「動かないコンピュータ」は今に始まった話ではなく、80年代、それ以前からあった話なのです。
結局は人間の使う物、人間がきちんと使えなければ、まさしく「ただの箱」、いや、「高いだけで使えない箱」となってしまうのです。

-----

系統化された大きな企業ですら、そういう状況です。
私たちのような、パソコンの修理をする現場の技術者に関しては、企業の情報だけではかなりの偏りがあるわけですし、かといって各家庭の状況をきちんと把握できている企業などどこにもないわけです。
特に、メーカー修理や販売店修理などでは、販売者の責任として「販売時の性能の再現」までしかできないので、ウイルスやスパイウェアの対処は、原因や現象はともかく、「おかしくなったのならとにかくリカバリ、リカバリできないならハードウェアの故障」しかありません。
でも、ほとんどのお客さんは、リカバリで治す方法を望んでいるわけではありません。

現象には原因があり、適切な対処が存在するのです。
それが「リカバリ」だけで全て何とかなるわけでは決してないのです。

パソコンという、難しい機械のトラブルの対処には、こうした「非常に人間くさい部分での対処」というのが必ず必要になってきます。
しかし、そういう部分は、現状ではどうしても「すき間の需要」的なイメージしかありません。
それゆえに、なかなか成熟できない業界でもあるわけです。

-----

また、難しい機械であるだけに、やはり経験はものすごく重要になってきます。
最近時折見かけるのは、

  • たまたまパソコンの組み立てがちょっとできる程度で、周囲から「あの人はものすごくパソコンに詳しい」とおだてられて商売を始めた人

  • それでいて、実はWindowsXPから98ぐらいまでしか知らない人

  • 週末起業で趣味の延長でやっている人
などがいます。
私は、そういう人が組み立てたパソコンの面倒を何度も見させてもらっています。
まぁどれもマニアチックで趣味丸出しのものばかりです。
中には、OSが違法コピーでインストールされていたりすることすらあります。
これは経験ぬんぬんより、お金を取る商売としてどうかと思いますが…。
経験に関して言えば、やはり自分の知り合いの範囲でちょっとトラブルの解決ができた程度で始められるような仕事ではない、ということ。
今回お話をさせていただいた稲澤さんも、私と同様、8ビットパソコン(当時は「マイコン」と呼んでいた)頃からいじっていたそうで、サポートスタッフもそれぐらいの経験を持っている人ばかりだそうです。
パソコン暦もそうですが、やはり「対人スキル」というものも必要になってきます。
単にパソコンの組み立てができる程度では、お客さんが満足できる対応はできません。
症状を見て「めんどくせぇなぁ」と心の中で舌打ちして「あ、これはリカバリですね。データは消えますがよろしいでしょうか?」みたいな対応では、決して長続きしません。

そういった部分でのポリシーでも、稲澤さんのところとは、相通じるところがありました。

実は、稲澤さんのところに、以前同業の方が、同じようにお話しをしに来たことがあったそうです。
「未熟な業界なので、共に成長し合えるようになればいいですね」という考え方は、この人からいただいたそうです。
私も一度お会いしてみたいものだと思いましたが…。

私のところは、タウンページやホームページなどからの依頼がメイン、稲澤さんのところは、企業・法人もですが、個人の方からも依頼を受けておられるので、スタッフを抱える必要があるほどの件数を取っておられます。
企業スタイル・ターゲットの客層に若干の違いはありますが、同じ志で近所で商売されているのがわかって、うれしく思いました。
即提携だとかいった話はちょっとしづらいとは思いますが、とりあえずお互いに情報交換をしていって、励ましあえるような関係でいられれば、とは思っています。

パソコンだから機械的な対応、ではなく、やはり人が使う道具だからこそ、

人と人とのつながり

というものが大事だと思っています。

実はいろいろと、同業者の裏事情なんかも交換し合ったんですが…さすがにおおっぴらに書けないようなことばかりですので、その辺は伏せておきます(^^;
また時間があればお話させていただければ、と思います。

他の同業の方も、もし私の考えに賛同できるようでしたら、お会いしませんか?
でも、賛同できなくていがみ合うようなものでしたらやめておきますが…。

2006年05月16日(火) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

ルーターがあるのに…。

03_AT05今回のお客さんは、去年にウイルスセキュリティをインストールしたお客さん。

ウイルスセキュリティの有効期限が切れかかっているんですけど」

基本的には、ウチはウイルスセキュリティを売っても、吹けば飛ぶような微々たる利益しか出ません。
お客さんの利便性を重視してインストールさせていただいているわけですが、やはりこうしてアップグレードの際に「なんとかして」とご連絡をいただくことがあります。
それだけのために出張費をいただいていては、お客さんの負担もそこそこ大きくはなるわけですが、別の見方をすれば、大手のセキュリティ対策ソフトでも、同じように手がかかるわけでして、逆にフレッツ光プレミアム付属の「セキュリティ対策ツール」も、月次更新なので1年ごとに更新処理をする必要はないのですが、逆に言えば、「放って置いても大丈夫だから」といった変なメンテナンスフリー感覚ができてしまい、何かのはずみで更新されていなくてウイルスなどにやられてしまって大騒ぎ、なんてこともよくある話です。
ソフトに頼り切ってしまうのではなく、常に更新情報には気を配るのが基本なんですが、世間一般のほとんどの人が、どうもそういう感覚が欠けているように感じます。

さて、ウイルスセキュリティ2006の更新はたいしたことはないのですが、今回気になったのは、ネットへの接続方法。

-----

「ちょっと聞いていい?このインターネット接続でフレッツのアイコンをクリックしないと使えないのは何とかして欲しいんだけど、どうにかならない?」

前回お伺いしたときは、フレッツ8メガ?のADSLブリッジモデムだけしかなく、今回も接続は「フレッツ接続ツール」をお使いでしたので、てっきりそのままだと思っていました。

そこで、いつもどおりセキュリティ対策のためにも、インターネット接続の簡略化のためにも、ブロードバンドルーターをいれたほうがいいですよ、という話をしていたんですが。

「もしかしてそれって、これのこと?」

と出てきたのは、今回のパソコンの陰に隠れていたルーター。
なんと、向かいの机には真新しいパソコンが置いてあって、それも稼動しているらしいのです。

「あっちの新しいのは、フレッツのアイコンを使わなくてもインターネットにつながるんだけどね」

…うーむむむ。
ルーターにつながっているから、フレッツ接続ツールは要らないはずなんですけど?
てか、なんでルーター越えでPPPoEが普通につながるのか、さっぱり理解できません…。

まぁ、新しいパソコンのセッティングって、基本的には新しいパソコンだけしか面倒見てくれないのが普通ですが、こういうのって、ホントは何とかしてあげないと、結局「今までのパソコンがつながらなくなった」という苦情をいただくことになるはずだから、別料金とか言わず、きっちり面倒をみてあげるべきだと思うんですけどねぇ。

また別業者のチョンボの尻拭いです。
変にガチガチに作業項目で料金を細分化するのも考え物ですよねぇ。

2006年05月15日(月) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

町内一斉清掃。

02AL30なんだかパソコンとはかけ離れた記事が続きますがお付き合いのほどを(笑)。

私は町内会の役員にもなっていますので、どうしてもこういう行事には顔を出さなければなりません。
こういう日は仕事を入れることができなかったりするわけですが、仕方ないですね。

やはり生活している以上、地域とのつながりは切っても切れないものです。
最近は子供が被害に遭う事件が増えているので、そういう年齢の子供がいると、近所づきあいが全くない、というのは自分の首を絞めているようなものです。

核家族化が進んできて、マンション住まいが増えている昨今、「向こう三軒両隣」という感覚は薄れつつありますが、やはりご近所の方々ときちんと交流を持つのは悪いことではない、というよりは、こういう時代に子供を持つ親としては必然、と考えています。

でも、変に知り合いになると、ちょっとしたパソコンの相談程度ではお金が取れなかったりするのが…(^_^;

2006年05月14日(日) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

京都北山・京北は周山へ。

D1000141sこの日は、大阪で月一程度で集まっている、いわゆる一つの異業種交流会のようなもので毎年春先に企画している「野外活動」の日です。

6人程度のメンバーですが、全員が全く違う業種で、全く違う会社にいるので、連絡はメーリングリストが便り、いや、頼りです(笑)。
おかげで、毎回こういうのは直前になってバタバタと決まることが多いですね…。

今回は、メンバーの一人からの提案で、京都北山は周山というところにある、知る人ぞ知る「お肉屋さんのステーキ」を食べに行こう!ということになりました。
ステーキだけではイマイチなので(笑)、そのすぐ近くに常照皇寺(じょうしょうこうじ)という名刹があるらしいので、そちらも見に行くことになりました。

-----

今回はいろいろあって、クルマで行くことになりました。

いつもは、TVCMで超有名な、関西人で知らない人はいないといわれる京橋グランシャトー…の近所にある(笑)「木乃実 本店」で集まってます。
このお店、このすぐ近所に在住のメンバーの知り合いということで、いつも融通を利かせていただいています。
「ロシアン東京コロッケ」という、8個ぐらいの一口コロッケがあるんですが、一つだけ激辛コロッケが混じっているという、ロシアンルーレットができるメニューがあります(笑)。

今回はそのメンバーがクルマを出してくれることになり、土曜の朝に京橋駅で待ち合わせとなりました。
いつもはにぎやかな時間帯にしか来たことのない京橋界隈も、休日の朝ともなると、いたって静かなものです。
ということで、小雨の降る中、今回の参加メンバー4人がそろったところで、京都へ向かって出発。

名神高速道路で京都南インターから降りて、京都市内を抜け、国道162号線・周山街道から京都北山方面へ。
一条通りを過ぎたあたりからは、あっという間ににぎやかな京都の街並みは消えて、山間部を走る道になります。

しばらく走ると、紅葉で有名な、高雄にさしかかります。
嵐山高雄パークウェイという有料道路の終点にある観光地ですね。
この辺は、おそらく紅葉の時期なら、かなりいい眺めになるであろう地形が続きます。
今は新緑の季節ですが、この観光地のシーズンではないようで、道はかなり空いています。
こんな市街地から離れた場所でも、「京都市右京区」なんですよねぇ…。

空いた道を快調に飛ばして、関西電力京北開閉所あたりの峠道を抜けて、目的地の周山に到着。
目的のお肉屋さんの開店時間には、まだ少し時間があったので、近くの「魚ケ渕の吊り橋」というのを見に行くことに。
ちょっと迷って着いた吊り橋は、

Pic_0013

こんな感じ。

写真左側、つり橋の入り口あたりにある樹は、枝垂桜のようで、これが咲く頃は、写真を撮りに来る人が多いらしいです。
でも、この時期はとっくに葉桜で(笑)、さくらんぼになりかけの緑色の実ができかけの状態でした。

-----

この時点で、ほぼちょうど目的のお肉屋さんの開店時間でした。
目的のお肉屋さんというのは…。

D1000138

「登喜和(ときわ)」というお店です。

「行きたい!」と言い出しっぺのメンバーの言うことには、かの2001年9月の、ニューヨークで発生した同時多発テロで、ワールドトレードセンタービルに旅客機が突っ込んだ、あの時間にニューヨークにいた、という人なんです。
事件のあった場所あたりへ向かう地下鉄に乗っていて、途中で止まって引き返したそうなんですが…タイミングが違っていたら、巻き込まれていたかもしれなかったらしいです…。
で、その帰りのANA機の機内誌に、京都北山の特集が載っていたんだそうです。
その記事に載っていたのが、このお店だった、ということです。

4人でそれぞれ頼んで、みんなでつつこう!ということで、ステーキやら定食やら頼みました。
ステーキや定食は1日限定××名とか書いてますし、事前の情報では、夕方5時以降の食事は要予約とのこと。
焼き方だけでなく、モノ自体もレアみたいです(笑)。

D1000139

うーむ、これが噂に聞く「固体識別番号」なんですねぇ。
携帯電話でチェックできるということで、早速見てみました。

http://www.id.nlbc.go.jp/mobile/

たとえば、Aの固体をチェックしてみたら…なになに?

H15.05.23、宮崎県西都市生まれの黒毛和種のメスで、
H16.04.27、京都府に転入、
H17.05.14、北海道に転入、
H18.01.11、京都府に転入、
H18.04.24、京都市南区の京都市中央卸売市場第二市場に搬入
H18.04.25、と畜。

で、今料理されてるわけですね…。
牛の場合は、しめてすぐではなく、しばらく熟成させると聞いたことはありますが、どうなんでしょうね。

出てきた料理はというと…。

D1000141

こちらは限定ステーキセット、3850円(だったかな?それぐらいでした)。
薄く見えますが、1センチぐらいのけっこう分厚いステーキですよ。
中身はレアでしたが、きっちり火が通っていた上に、とても柔らかく、思わず笑みがこぼれるおいしさです。
よく霜降りが珍重されますが、こちらは霜降りではないのに柔らかくておいしかったですね。
こんな価格のごちそうなんてそうそう食べませんが(苦笑)、値段だけのことはあると思います。
前述の紹介記事では、このステーキを目当てに、それだけのためにやってくるファンもいるとか。
関西で牛肉といえば神戸牛(但馬牛)が有名ですが、それに勝るとも劣らないものなんだそうです。

D1000140

こちらは肉めし、1200円(だったかな?こればっかし)。
これも柔らかい牛肉と一緒にご飯が炒めてあり、牛肉のうまみがご飯に染み込んでいて、これをおかずにご飯が食べれそうなぐらい(笑)。
他、ハンバーグステーキ定食やメンチカツ定食(いずれも数量限定680円)も頼みましたが、肉が違うだけに、その辺のカフェや喫茶店などのランチより数段おいしくて、お得感たっぷりです。(^o^)

さて、おなかがいっぱいになったところで、もう一つの目的地、常照皇寺(じょうしょうこうじ)へ。

-----

こちら常照皇寺は、やはり桜が名物で、桜のシーズンにはかなりの人出があるようで、駐車場はかなり広かったんですが、この日は私たち一行と他にクルマが1台のみ。
ほとんど貸し切り状態ですね(笑)。

D1000137

花もほとんど終わってました…。
左上に見えている樹は、「御車返しの桜」だそうです。

D1000136

右に見えているのが天然記念物の九重桜だそうです。
桜の季節だと、さぞかし綺麗なんでしょうね。
今回のような、雨の中の新緑もなかなか綺麗ですけどね。

D1000135

お寺の本堂を望む。
手前の池とその上を渡る廊下など、なかなか渋いつくりです。

D1000134

裏庭です。
右側に見えているのは、先の本堂への渡り廊下です。

ホントはもっと上の方まで、自然の地形を利用した美しい庭が形作られていて、4人で時間を忘れてしばし見入っていました。

D1000133


裏庭の左側です。
誰もいない貸し切り状態で、思う存分堪能できました。
その美しさをお伝えしきれないのが残念です。

何かの折があれば、ぜひとも訪れてみてください。
旬なのは桜の季節と雪の季節。
空いているのは、今ぐらいの新緑の季節のようです。(^_^;

-----

今回訪れた京都北山・京北地域の景勝地は以下のサイトでまとめてあります。

京北地域-景勝 :京都市ホームページ

このページにも出ていますが、滝又滝(たきまたのたき)という滝もあったんで、行ってみようということになったんですが…直前までの「道なき道」をクルマで入っていきましたが、駐車場のような場所から徒歩で1キロほど歩く必要があり、天候も良くなかったので今回は見送りました。

直前にバタバタ決めた割には、なかなか楽しめた野外活動でした。
また来年か、秋ごろにでも企画したいですね。

2006年05月13日(土) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

Eigerはどうなった?

03_AU11みなさんは「Windows Eiger」をご存知でしょうか?
これは、1年ほど前、コンピューター業界で一時飛び交ったニュースです。

MS、低スペックマシンでも利用可能なWindows XP“Eiger”を準備中 :ITmediaニュース

マイクロソフト、古いPCに命を吹き込む新Windowsを開発中 :CNET Japan

マイクロソフト、古いPCに命を吹き込む新Windowsを開発中 :ZDNet Japan

米MS,セキュリティ強化のため低性能PC向けに軽量版Windows XPを開発中 :ITpro 日経BP

次期Windows「WindowsVista」発売も、一般向けは来年に延期になったことですし、さて、Eigerもそろそろ具体的に形となって出てきてもいい頃ではないかと思うんですが…。

マイクロソフトのサイトでは、

Windows Fundamentals for Legacy PCs

といった発表があります。今年の3月30日付ですね。
え?英語だから読めない?
じゃ翻訳サイトを使いましょう。

遺産PCのためのウインドウズ・ファンダメンタルズ :Infoseek: AmiWeb

なるほど、Legacyって「遺産」なんですね…(^^;

総括して言えることは、

  • CPUはPentium初期バージョンやIIあたりで、メモリは64MB/128MBあたりでも動作する
  • セキュリティ的にはWindowsXP SP2クラスの性能
  • 一般向けにパッケージ販売されるかどうかは不透明
ということですね。

しかし、ハードウェアのスペック的には、Windows95プリインストールマシンでも動く、ってことですよねぇ。
つまり、10年ほど前のパソコンでも使えるってことです。

このブログでよくコメントをいただいているmaruさんも、1年ほど前に記事を書かれています。

Eiger :manabiBlog

maruさんもおっしゃっている通りで、このOSが出回ることにより、ハードウェアの買い替えが促進されなくなるので、ハードウェアメーカーもマイクロソフトも困ることにはなるわけですが、日本ではPCリサイクル法というものがあり、メーカーは(料金はユーザー負担とは言え)古いパソコンの処分を請け負う必要があります。
正直なところ、配送料込みでこの引き取り価格では、メーカーにとってあまり割のいい話ではないはずです。
できれば古いパソコンもそれなりに使い続けてもらって、新しいパソコンを「買い足して」もらう、というのがハードウェアメーカーの希望ではないかという気がします。

個人的には、この「Eiger」が、安価でパッケージ販売されることを希望しています。
まぁ、趣味の部分でも、という面も当然あるわけですが(笑)、パソコン用途が「ホームページ閲覧とメールだけ」というユーザーはかなりの数に上りますので、そういうユーザーのために、古いパソコンがセキュリティ対策も含めてきちんと使えるようになる、というのは、非常に意義のあることだと思うからです。

まぁ、そこまで古いパソコンだと、電源トラブルやハードディスクのクラッシュなどの可能性が決して低くないので、Eigerを発売して「Windowsでのインターネット利用」が定着し始めた頃にハードウェアがぶっ壊れて(笑)、「新しいの買わなきゃ…」という気にさせる、という「裏の裏をかく」マイクロソフトの戦略、とも考えられなくもないですね(笑)。

ともあれ、安価にパソコン利用の裾野が広がるのは、個人的には歓迎です。
マイクロソフトからの続報が楽しみです。

2006年05月12日(金) ソフトウェアアップグレード関連, ニュース, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: Windows\System\Vgaoem.fon

01AE33こちらは、単純にリカバリ後の設定をさせていただいただけのお客さん。
このお客さんは、メーカーに問い合わせをした結果、リカバリを「させられ」ました。
しかし、その後のインターネット接続やメール設定ができなくて、私をお呼びいただきました。

メーカーに問い合わせをしたりした場合、よく「リカバリしてください」なんて気軽に言われます。
そりゃ、リカバリすれば、ソフト的な障害がなくなって、パソコン自体はきちんと起動するでしょう。
買ってきた状態になって快適に動くようになることでしょう。
しかし、インターネット接続やメール設定は戻ってきませんし、Officeは手動で再インストールしなければなりませんし、サービスパックなどのWindowsの修正もやり直さなければ、まともに使えません。

しかし、トラブルによっては「ちょいちょいっ」と設定などを修正すれば、たかだか1時間以内で治るものもあるのに、リカバリで2時間も3時間もかけなければ元通りの状態に仕立て上げることができない上に、大事な大事なデータは余波で吹っ飛んでしまった、なんてことも起こり得ます。

ですので、このブログでは何度も書いていますが、安直なリカバリはお客様のメリットにはなりえないのです。

パソコンメーカーとしての責任は、あくまで「購入時の性能の再現」なんでしょうけど、お客様のご要望はそこじゃないんですよねぇ。
我々のような「パソコンサポーター」にしても、「単にトラブルを出なくすればいい」「ごちゃごちゃもがかず、とっととリカバリ」というだけでは、お客さんの満足は決して得られません。

閑話休題。
リカバリ後の設定のことでしたね。

でも、タイトルどおり、今回の記事のメインは、そういうありきたりな作業ではなく、リカバリにいたるきっかけです。
さて、どうしてリカバリしかない状況になったのでしょう?

-----

まずはトラブルの現象。

タイトルどおりで、こういうエラーが出ていたのです。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:\windows\system\vgaoem.fon.
オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。修復するには、最初の画面で 'R' キーを押してください。

まぁ読んで字のごとく、なんですが…。

要するに「vgaoem.fon」というフォントファイルがない/壊れてしまったので起動できなくなった、ということ。
これに関しては、そのものズバリの解説が、マイクロソフトサポートオンラインに出ています。

Windows XP へアップグレード後のエラー メッセージ : 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: Windows\System\Vgaoem.fon :マイクロソフト サポートオンライン

こちらにある通りで、回復コンソールを利用して、セットアップCD-ROMからこのフォントを取り出せば、起動する見込みはあります。
しかし、(このお客さんのパソコンは富士通製のノートパソコンだったんですが)富士通に問い合わせたところ、「それはリカバリしか方法がない」という回答でした。
そりゃそうですよね。
メーカー製のノートパソコンの場合、「リカバリディスク」のCD-ROMは存在しますが、ほとんどは、あらかじめその機種用ドライバを組み込んだ状態を再現するための「ディスクイメージ」のデータディスクになっています。
中には、デルのように、OEM版WindowsXPのCD-ROMにほぼ近いものもあったりしますが、そういうメーカーはまれです。
つまり、先のマイクロソフトのサイトの内容のように、購入した付属品の中には、回復コンソールの起動できるCD-ROMは存在しない場合がほとんどです。

単に回復コンソールの起動だけなら、

Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法 :マイクロソフト サポートオンライン
1CDブート回復コンソール作製法 :「すっきり!! デフラグ非公式ヘルプ」のページ

フロッピー6枚ないしそのデータを加工してCD-Rに焼いて起動する方法がありますが、残念ながら、WindowsXPのCD-ROMでないと、壊れたファイルの元ファイルが存在しないので、あまり意味がありません。

つまり、メーカー製パソコンの弱点が如実に出た結果になってしまったわけです。

WindowsXPのCD-ROMさえあれば、一発で治る可能性のあったトラブルですが…。
メーカーの対応としては、これは「リカバリしかありません」と言うしかなかったのでしょう。

しかし、このパソコン自体はWindowsXPプリインストールでしたから…なぜこの「Vgaoem.fon」というファイルが壊れたのか、それが問題なのかもしれません。

とはいえ、メーカーの指示通りリカバリしてしまった後では、原因の探りようもありません。
とにかくご依頼のインターネット接続とメール設定を済ませて、作業は完了です。

お客さんは、バックアップを取ってなかったマイドキュメントの文書などが消えたことでずいぶん不満げでした。
まぁ、「パソコンを使ってるならバックアップぐらい取れ」という正論は後からいくらでも言えますが、我々のような訪問サポートを行なう人間がそれを言ってはいけないと考えます。
同じ言うにしても、「今回のトラブルを痛い教訓として、今後はバックアップを念頭に置きましょう」と前向きに言えば、ずいぶん印象は違うはずなんですが…。

訪問サポート業者の企業ポリシーとして、あまりアクロバティックなことを現場でやらない、というところもあるでしょう。
でも、なんでもかんでもリカバリ程度で済ませておきながら、お客さんからバカ高いサポート料金を取っているとしたら、同業者として心苦しいですが、それは「ボッタクリ」と言わせていただきます。
この辺は、時間との兼ね合いなどケースバイケースではありますが、安直なリカバリでお客さんの満足は得られない。私はそう考えています。

参考記事:
STOP: c0000218 :清水 隆夫の「Good Job !」

こちらのブログでも同様の起動トラブルの対処をされたようですが、復旧方法に関しては、RAID環境など、環境が一般的ではないので、あくまでも参考記事ということで。

2006年05月11日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

ウイルスセキュリティの登録では、メールアドレスとパスワードはセットです。

03_AU35こちらは、「ネットワークプリンタで印刷できません。」でお伺いした作業の続きです。

スイッチングHub(ハブ)が壊れていた(劣化していた?)ので、簡単には壊れそうにない、アライドテレシス製のメタル筐体の頑強な8ポートハブをお持ちしました。
ついでに、ハブの口が足りなくて取り付けができなかった残りの1台のパソコンもネットワーク接続の設定をすることにしました。

ハブの取り付け作業をしている間に、ここの事務所の所長さんはでかけてしまいました。
事務の女性もいますので、料金さえいただければと思っていたんですが…ここで思わぬアクシデントが。

-----

すでに接続済みの他の3台には、ウイルスセキュリティ2006がインストール済みでしたが、手渡されたパッケージには、4台分のシリアルが入っていました。
単純に他のパソコンを起動させてシリアルを確認すれば、どのシリアルが使えるかは判断できます。

一応、事務員さんの2台のパソコンのシリアルは判明しました。
しかし…あろうことか、所長さんのパソコンは、ログインパスワードがかかっていました…。

まぁ、かなりの数の個人情報を扱う事務所でしたので、これも仕方のないことでしょうけど。
でも、起動ができないと、確認ができません。
セーフモードなどでムリヤリにでも起動して…ということもできたでしょうけど、そういうのもちょっとはばかられます。
とはいえ、えいやっ!でうっかり登録をかけてしまうと、所長さんのパソコンのウイルスセキュリティ2006が使えなくなります。
そう、登録済みのシリアルをあとから別のパソコンで登録操作をすると、あとのパソコンの方で有効になってしまうのです。
うーん、これではどっちを登録すればいいかわからんぞ。

仕方がない。ソースネクストに問い合わせてみましょう。

実は、以前にもウイルスセキュリティ2006のシリアルナンバーが使えるかどうか、の確認を電話でしたことがあります。
すでに登録済みのシリアルかどうか、まだ未使用のシリアルかどうか、ぐらいは電話でも答えてもらえるようです。

なかなかつながらない窓口の電話を、辛抱強く待って、何とかつながったところで聞いてみました。
使っていないシリアルが判明したところで、実際に登録をかけてみようとしたら…「パスワードまたはメールアドレスが違う」と怒られました。

「ええと…メールアドレスとパスワードはきちんと一致していますか?」

サポート窓口のおねーさんの言うには、

複数のシリアルを一つのメールアドレスで登録する場合には、メールアドレスとパスワードは同じものを使う必要がある

んだそうです。

シリアルごとに別のパスワードが使えるのかと思っていましたが、どうやら違うようです。
シリアルとパスワードがセットなのではなく、メールアドレスとパスワードがセットらしいです。
うーむ、知らなかった。

ということで、メールアドレスとパスワードを同じものにして、シリアルを登録したらうまくいきました。

こうして一箇所で何台もウイルスセキュリティ2006をインストールしていると、こういう管理が必要になるようです。

2006年05月10日(水) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

診断すらできません。

Ah015_lこちらは何度か呼んでいただいているお得意さま。

「なんかなぁ、起動せんようになったんやけどなぁ。見てくれへんか?」

い、いやあの~…(^_^;
それだけではナンにもわからんのですけど…(笑)。

何度もお伺いさせていただいてすっかり顔なじみになったからこそできるコールですね。
まぁ実際、「詳しい状況を教えてください」と言ってもそこまで気を利かせていろいろ調べてくれるような人でもないということは私も知ってますし、そういう状況に陥ったのであれば電話ではどうしようもないのもわかっていますので、とにかくお伺いです。

-----

このコールがあったのは、実は前日。
パソコンは、Windows98プリインストールの、IBMのAptiva。
後ろにLANポートが付いているのに、なかなか有効にする設定ができない、アレです。

前にお伺いした時は、「よくこれが一度もリカバリもしないで動いてますねぇ~いつ壊れてもおかしくないですよ?」なんて言ったばかりのパソコンです。

お伺いして、状況を確認してみたら…起動はしましたが、様子がおかしい。妙に時間がかかっている。
とりあえずInternetExplorerを起動してみたら、これまた妙に時間がかかっている。
おかしいなと思ってNumLockキーを何度か叩いてみたけど、ランプは点灯しません。Windowsキーも利きません。Ctrl+Alt+Delも利きません。
いわゆる「固まった」「フリーズした」状態です…。
強制電源断でもう一度電源を入れると…今度はWindows98ロゴが出る前の、MS-DOSの黒い画面でカーソルが左上で点滅しているだけの画面で止まります。

とりあえずセーフモードでは何とか起動しますが、それではメインの作業「ホームページとメール」「デジカメのプリントアウト」が全くできそうにありません。

前日は特に何かしたわけではない、ということを考えると、おそらく、ハードディスクに何らかの障害が発生したと考えるのが自然でしょう。
セーフモードででも起動はする、ということであれば、通常モードでの起動に関わるファイルが損傷を受けたと考えられます。
まぁ、Windows98プリインストールのパソコンでは、発売から7年ほどということを考えると、時期的に壊れてしまっても不思議ではありません。

とりあえず、診断ツールでも使ってみようと思い、フロッピーを突っ込んで再起動しましたが…ツールが起動しません。

「ああ、フロッピーはだいぶ前から使われへんで」

( ̄△ ̄;
は、早く言ってください…。

確かに、パソコンの前には灰皿が置いてあるので、こりゃダメになってても全然不思議ではありませんね(^^;
じゃCD-Rで作った「Ultimate Boot CD」も…ダメですよね。
そう言えば、以前にお伺いした時も、CD-ROMが読まなくて外付けのドライブを使った記憶があります。
こりゃダメですね…診断すらできないとは。

こうなると、このパソコンを使えるようにするためには、

  • フロッピードライブ交換
  • CD-ROMドライブ交換
  • ハードディスク交換?
がセットになりそうです。
部品代は、ハードディスク以外はたいしたことはありませんが…私が修理しても全部で2万は下らないですね。
そこまでかけるかどうかは、微妙なところでしょうねぇ。

「しゃーないなー。オークションとかでも、中古でやっすいの出てるし、新品としても、デルとかでも本体だけで5万とかで最新のがあるしなー。買い換えるわ」

ただ、メールアドレスやお気に入りやCookieで残ってるパスワードとかの、ハードディスク内に残ってるデータがありますので、それの救出は必要でしょう。

とりあえず、新しいのが手に入るまでは電源を入れないようにして、これ以上ハードディスクの被害が増えないようにしておいてもらうしかないでしょうね。
新しいパソコンが来たら連絡をいただくようにお願いしておきました。

2006年05月09日(火) データ救出・バックアップ, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ファイル 'B:' にアクセスできません。

03AY13前回の記事「ネットワークプリンタで印刷できません。」の続きです。

プリンタが印刷できないのはどうやらスイッチングハブが壊れているらしい、ということで私のメンテ用ハブで様子見をしている間に、あれこれ別件を片付けていきます。

そういえば、とある1台で、なにやらExcelが変なエラーを出していましたね。

Excelnotaccessb

ファイル 'B:' にアクセスできません。次のいずれかの理由が考えられます。

・ファイル名またはパスが存在しません。
・ファイルが他のプログラムによって使用されています。
・保存しようとしているブックと同じ名前のブックが現在開かれています。


後回しにしていたエラー対処です。

でもまさか、どこかで見たトラブルと同じだったとは…。

-----

なんとなく、メッセージを読んでいてピーンと来るものがありました。

いろいろゴチャゴチャ触る前に、その直感を確認するべく、とりあえず聞いてみました。

…これ、何をしていて出たエラーですか??

と。

…まさか、エクセルでファイルを開いたまま、フロッピーを抜いたりしてませんよねぇ…。

とも。

「え?なんでわかったんですか??」

( ̄△ ̄;
…や、やっぱり???

フロッピーのファイルを別のフロッピーに移すために、Excelでファイルを開き、開いたままフロッピーを抜いて差し替え、上書き保存。

これはまさしく、以前「フロッピーのファイルが開けません。」問題となったやり方そのものです!!

…うーむむむ。
確かに、中身の確認をして、そのままコピーができるという一石二鳥的なやり方ですが…。

ファイルを開いたまま、メディアを抜いてはいけないのです!

これは、フロッピーディスクというものが世の中に出回ってから、変わらず続いている厳然たるルールです。

そして、このフロッピーですが…なぜBドライブになっていたかというと、以前Aドライブで同じことをやっていてフロッピーが読めなくなり、「てっきりフロッピードライブが壊れたんだと思っていた」んだそうで、USB接続の外付けドライブをわざわざ買ったんだそうです…。

( ̄△ ̄;

もちろん、フロッピードライブが壊れたのではなく、操作を間違えたためにファイルが壊れただけです。
実際にもともと装備されているフロッピードライブ(Aドライブ)にフロッピーを入れて読ませても、全く問題ありませんでした。
まぁ、抜いてはいけないタイミングで抜いていた、という操作上の問題もあったわけですが、土足で入れる部屋の足元にデスクトップパソコンの本体が置いてあるので、ホコリでフロッピーディスク自身がおかしくなった、という原因も考えられなくもありませんが。

とにかく、フロッピーの使い方自体に問題があったことは確かでしたので、

  • フロッピーのファイルを開いたままでフロッピーの抜き差しは絶対にしない

  • なるべくExcelからフロッピーへ直接上書き保存をしない
ということを、
[XL2002]フロッピーディスクに保管されているファイルを扱う際の注意点
[XL2003] ファイルにアクセスできなくなった場合の原因と対策
いずれもマイクロソフトサポートオンライン

このマイクロソフトのサイトをお見せして、明確に「データの保管や運用は、ハードディスクで行なうことをお勧めします。」と書いてあることを示し、

フロッピーディスクはデータの移動にのみ利用する

という運用をお勧めしておきました。

「え~~?! ずっとこういう使い方してましたけど、ダメだったんですか??」

はい、ダメでした(^^;

-----

ということで、そもそものお呼びいただいた問題「ネットワークプリンタで印刷できません。」は、手持ちのメンテナンス用ハブで現象は出なくなりましたので、犯人はバッファローのハブで確定です。

いずれにしても、もう一台ネットワークにつながっていないパソコンがあるので、それをつなぐためにHubの増設が必要でしたから、ついでに8ポートHubを導入することにしたようです。

「なんかいいハブがあったら持って来て」

そうですね~、少なくともプラスチック筐体のバッファローの安物のハブは避けた方がいいですね。
ちょっとしたあてがあったので、
アライドテレシス ファーストイーサネットスイッチ8ポート CentreCOM FS708TXL [39892]
アライドテレシスのCentreComブランドのメタル筐体スイッチングハブを手配することにしました。
こちらは、メタル筐体ということもありますが、業務利用には抜群の信頼性を誇りますのでお勧めです。
会社勤めだった頃も、事務所内のLAN用Hubは全てこのタイプでした。
業務利用であれば、予算が許す限り、こういったタイプをお勧めします。
特に今回は、Hub不良でしたので、こちらにします。

後日納品時まで、私のメンテ用Hubを使っておいていただくことにしました。

2006年05月08日(月) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

とあるコンペにて。

01_AH24この日の夕方(というか晩方)、知人のヘルプ要請でとあるコンペのプレゼンに参加しました。
とある団体のホームページ制作のコンペです。
関係者で見ている人がいるかも知れないので、あまり詳細は書きません。
(といっても、関係者ならわかってしまうでしょうけど)
やはりここで気になったのは、世間一般にはびこるホームページというものに対する「幻想」は、いまだに拭い去れていないということ。

-----

90年代の終わり頃、ITバブルと言われた頃は、まさしく「ホームページを作れば、ものすごい反響があるんだ」という幻想に踊らされていました。
すぐにそれは幻想だとばれてしまい、あっという間にITバブルは弾け、「ITで『すねに傷を持つ』人」が世の中にたくさん出てしまいました。
しかし、その間もITは進化を続け、5年ほど経った今、気がつけば、就職活動ではメールでの連絡が当たり前、小学校ですら授業で応用までやっている、アフィリエイトやデイトレーダーで儲ける人が珍しくなくなってきた、といった状態。

そうなってくると、しばらくほったらかしだったホームページをなんとかしてみよう、と考えるのも不自然ではないですね。

確かに、5年ほど前に比べれば、インターネットを利用する人の裾野は、比較にならないほど広がってきました。
しかし、何も手を入れていないホームページには魅力はありません。

ウチのブログのように、情報の蓄積に意味があり、検索で過去記事への訪問が大半を占めるところばかりではありません。
通常は、商売の看板・名刺代わりのサイトがほとんどでしょう。
しかし、小売店で「利益を出すホームページ」というのは、常に新しい情報を提供し、繰り返し何度も見に来てもらうことを意識したホームページです。
ホームページというのは、テレビコマーシャルのように「出せば見てもらえる」というものではありません。
見てもらうための努力を怠っているホームページは、2度目までは見てもらえるでしょうけど、2度目に見に来て同じ内容だった場合は、「もう変わらないんだな~」ということで、3度目以降はありません。

よく聞くのは、逆に「どうせ大して見られてないから」という声。
5年ほど前ならそれであきらめてやめてもよかったでしょう。
しかし、今はユーザーの裾野がけた違いに増えているのと、検索エンジン利用の定着とで、それなりの努力をすれば、5年前の超人気ホームページ程度の数字は軽く稼げます。

要はそれなりの手をかけているホームページかどうかで差がついてくるわけです。

手のかけ方もいろいろありますが、「お金さえかければ」「毎日何か書いていれば」ではダメです。
この手の話は、本屋さんの店頭に並んでいる解説書に詳しく書かれていますので、あえてここでは詳しくは書きません。
小手先の技術は、そういう本などで簡単に手に入ります。
あとは、実際に「ホームページのオーナー」になった時に、どういう心意気で取り組むか、で展開は大きく変わってきます。
くれぐれも「ほっといても見てもらえる」「誰かに丸投げすれば見てもらえるようになる」などと考えないことです。
ホームページで結果を残している人は、0から始めて結果が出るようになるまでにお金はほとんどかかっていないことがほとんどです。
お金をかけない代わりに、別の何かをかけているんです。
それを考えれば、今「結果の出ていないホームページ」に何が足りないのかは、ある程度わかるはずです。

ひとつだけ確実に言えることは、最初は即効性を求めないことです。
即効性が出てくるのは、ある程度の結果を出せるようになってからです。
「結果が出ない」と途中で投げ出す人は、こらえ性がないのでしょう。
結果が出ないならやり方を変えて粘り強くやること。
この辺は広告宣伝でも言えることです。

始めたのなら、投げ出さずに、目的を見失わずに、根気よく。

商売のサイトなら、やめることはできませんから、とりあえず残すことにはなりますが、多分、「欲を捨てて」「それなりの更新」を「継続」している方が、よほど結果が出るでしょう。

一番いけないのは、更新をあきらめて放置すること。
本当に結果を出したいなら、チラシを発行しているつもりで、知恵を絞り出して更新を続けていくことです。
今なら、それを容易に実現できるツールがブログなのです。

「結果が出ていない」と嘆く前に、自分の手をかけてじっくり育てるようにしていくことを考えていただきたい、と思います。
「お金さえ出せば」と無駄金を突っ込むよりは、数倍マシだと思います。

2006年05月08日(月) ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, ホームページ制作関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

ネットワークプリンタで印刷できません。

Ad071_l
こちらは連休前にいただいた電話だったんですが、お客さんも連休に入るとのことで、連休明けに持ち越していたトラブル。

「ネットワークプリンタに印刷できなくなって、同時にインターネットも使えなくなります」

お聞きすると、そういう症状が出たり出なかったり、また夕方になったら出なくなる、というもの。

…うーむむむ。
ゆ、夕方って…なんか変な症状だなぁ。
とにかくお伺いして現象を見ないことには判断がつきませんのでお伺いです。

-----

お伺いして現象を見せていただきました。

とある1台では、なにやら変なエラーが出ています。

Excelnotaccessb

ファイル 'B:' にアクセスできません。次のいずれかの理由が考えられます。

・ファイル名またはパスが存在しません。
・ファイルが他のプログラムによって使用されています。
・保存しようとしているブックと同じ名前のブックが現在開かれています。


うーむ、なんだこりゃ?
とりあえず、こちらはお聞きしてなかった症状なので後回しです。

別のパソコンで現象の確認。
ネットワークプリンタへ印刷ができない、インターネットがつながっていない、という現象。
もうすでに現象は出ていました。

とりあえず、二つの現象に共通する確認としては、IPアドレスが取れているかどうか。
ローカルエリア接続のプロパティや、コマンドプロンプトでipconfigコマンドなどで確認はできます。
しかし…どうやらIPアドレスは取れているようです。
念のため再起動してみると…取れなくなった。
うーむむむむむ…。

ここのネットワーク構成は、ADSLモデム(ルーター内蔵)+5ポートHub(ハブ)で、そこへパソコン3台+ネットワークプリンタ1台。
パソコンは、実は4台あるんですが、ハブのポートが開いていなかったので1台はつないでいない、とのこと。

ふとその5ポートハブを見てみると、なにやらひっきりなしに全ポートのステータスランプが点滅しています…。
LSW10/100-5PW
このハブはバッファローのスイッチングハブです。
すべてのポートのステータスランプが一斉に点滅するのは、

  1. 10Base-T通信モードになっている

  2. 本当にすべてのポートが一斉に通信をしている

  3. どこかのポートのPCがパケットを吐き出しまくっている

  4. ハブが壊れている
ぐらいしか考えられない。
1と2はありえないので、とりあえずどこかのPCがウイルスにやられておかしくなっている可能性をあたってみよう。
最近よくある話なので。

今通信が切れて困る状態ではないことを確認した上で、まずは1本LANケーブルを抜いてみた。
…なんと、点滅が止まってしまった。
いきなり原因判明か??
しかし、そのポートにつながっているPCは、なんとこの事務所の所長さんのPC…。
とりあえずチェックしてみるしかないでしょう。

まずはHijackThisで起動項目の確認。
…特に怪しいところはないようだ。
ただ、ちょっと気になったのは、

O4 - HKLM\..\Run: [VirusScan] c:\PROGRA~1\mcafee.com\vso\mcvsshld.exe
O4 - HKLM\..\Run: [SSC_UserPrompt] C:\Program Files\Common Files\Symantec Shared\Security Center\UsrPrmpt.exe
O4 - HKLM\..\Run: [SetDefPrt] C:\Program Files\Brother\Brmfl04a\BrStDvPt.exe
O4 - HKLM\..\Run: [ControlCenter2.0] C:\Program Files\Brother\ControlCenter2\brctrcen.exe /autorun

使ってもいないマカフィーやシマンテックのソフトや、もうつないでいないプリンタの監視ソフトが起動項目に入っていること。
このお客さんは、すでにウイルスセキュリティを導入されていて、プリンタも起動項目に入っているブラザーではなく、ミノルタのネットワークプリンタですので、この辺は外したほうがいいのかもしれません。
ただ、どうもこれが原因ではないんじゃないかという気もする。
ネットワークにバリバリと影響を与えるようなものじゃないだろうから。

ふとハブを見てみると、またビカビカと点滅している。
うーん、こりゃもしかしたら…ハブがおかしい??

手を当ててみると…うーん、かなり熱いですね。
熱くなるのは仕方ないんですが…ちょっとこれは…どうなんでしょうね。
まぁ、ちょっと見ている間にこんな状態になるようでは困るので、手持ちのメンテナンス用のハブにつなぎ替えて様子を見ることに。

さて、所長さんのPCと、他2台のPCも同様に、なぜかマカフィーとシマンテックの設定が入っていたのでこれの除去と、ファイヤーウォール設定も、ウイルスセキュリティが入っていたのにWindowsファイヤーウォールが有効だったので、Windowsファイヤーウォールを無効にしました。

一応、プリントアウトをかけてみたら…何の問題もありません。
どうやら犯人は、バッファローのハブだったようです…。
よくよく聞くと、お客さんも、ハブの電源を抜いて対処されていたようです。
それならそうと、早く言ってほしいです…。

ということで、様子見の時間稼ぎがてら、さっきの変なエラーの対処をしましょう。
こちらは別記事に…ということで、続く。

2006年05月08日(月) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

モデムでダイヤルできません。

Dp150_lこの日は全国的にゴールデンウィーク最終日。
一応、家族に合わせて家にいました。
まぁ、珍しく3連休がキレイに晴れていたのと対照的に、この日は雨でしたので、どこにも行けませんでしたが。
連休最終日で一息ついて、何か依頼が来るのかと期待してましたが…期待はずれでした(^^;

個人的な内容の記事が続きましたが、やはり本来の「仕事日誌」「事例集」としての基本に立ち返った内容に戻していきます。

ということで今回は、以前の記事「光ファイバーがつながらなくなりました。」で書き落としていたことを書いてみたいと思います。

この対処の際、「ダイヤルアップ接続の設定をし、」とかさらっと書いてますが、実はちょっとつまづいたんですよね…。
そう、最初はつながらなかったんです。

ダイヤルアップの設定って、めったにやりませんが、これは意外と落とし穴ですので書いておきます。

-----

このお客さんの回線はパルス回線でした。

おそらく、プッシュ回線にすると300円程度の差額があったからパルス回線のままにしているんでしょうけど、実は今はプッシュ回線でも差額がありません。
(NTT西日本の場合、地方などで、アナログ回線で基本料金が1550円/1450円の場合は、プッシュ回線にすると1600円とわずかに値上がりします)

電話ご利用ガイド|電話料金について :NTT西日本

料金については余談として、設定はパルス回線にしなければつながらないので、パルス回線の設定にします。
実はXPの場合、これが曲者なんです。

トーンとパルスの変更は、コントロールパネルの「電話とモデムのオプション」で、

Modem01

変更したい「所在地」をクリックし、「編集」ボタンをクリック。

Modem02

「所在地の編集」ウィンドウが開くので、「ダイヤル方法」「パルス」にすればいいんですが…。

何度これをやっても、どうしたわけかプッシュ音が出てきます。
パルス回線ですから、プッシュ音を流しても、当然ダイヤルはできません。

…うーむ、なんで??

あれこれ確認してみて、ようやくわかりました。

今回作ったダイヤルアップ設定アイコンを右クリックして「プロパティ」を選び、

Dialup01

外れていた「ダイヤル情報を使う」チェックを入れてやったところ、パルスでダイヤルできて、無事つながるようになりました。

VAIO | サポートからのお知らせ|Windows XP ダイヤルアップ接続でダイヤル方法を設定する方法について :Sony
[winxp] ネットワーク|モデムでパルス発信ができません :WinFAQ
アクセスポイント変更方法 - Windows - :OCN

WindowsXPは、デフォルトでトーンダイヤルなんですね~。
知らなかった…。

2006年05月07日(日) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 6日 (土)

リカバリ後の無線再接続。

AH101_Lこちらは以前の記事でお電話いただいたお客さん。

起動しなくなってリカバリまでしたのはいいんですが、無線の接続まではできなかった、という状態。

作業的にはたいした問題はなかったわけですが…そのリカバリをかけるきっかけとなった症状が、ちょっと気になります。

-----

正直なところ、無線LANに関しては、前回の作業でいともあっさりつながっていますし、今回も説明書どおりで全く問題なく完了です。

らくらく無線スタートEXで、無線LANの設定は飛躍的に簡単になりましたが、それでもやはり、少し敷居が高い状態に違いはないようですね…。
リカバリまでできる(説明書どおりにできる)ことと、インターネット接続の設定ができる(場合に応じて応用を利かせられる)こととの違い、ということでしょうか。

どうしてリカバリまでやらなければならなくなったのかをお聞きしてみましたが…。

どうもiTunesが原因だったらしいです。

前回の作業(無線LANの入れ替え)をした時に、ついでにWindowsの動作が重い件の対処としてソニーのネットワークウォークマン用のソフト「CONNECT Player」を外しました。
この時は、iTunesも外したと思いましたが…どうももう一度入れたか、アップグレードがかかって再インストールがかかったかのどちらかで、調子がおかしくなったらしいのです。

iTunesは、一緒にQuickTimeもインストールしますし、意外とシステムに深く食い込むようです。
iTunesのインストールでおかしくなった、という記事をどこかで見かけた記憶はあるのですが…やはりWindowsでのソフトウェアのインストールは、インストーラーが目に見えない部分でいろいろ勝手にやってしまうので、システムに深く食い込むものとそうでないものの見分けがつきません。
実際、iTunesはかなり重量級のソフトです。
CPUが2GHzぐらいのものでも、かなり起動には時間がかかります。

実際に、リカバリにいたる状況を見ていないので何ともいえませんが…iTunesのインストールで、リカバリしかないと判断されてリカバリにいたるケースって、多いもんなんでしょうかね?
ちょっと気になるところです。

2006年05月06日(土) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

ソフマップの安売りとインフォラータこうべ2006。

D1000124この日はこどもの日、全国的に休日です。

この連休は、神戸ハーバーランドにあるソフマップギガストアで毎日日替りで特価商品があり、開店前に整理券を配ることになっていました。
5月5日には、MP3プレイヤーがなんと500円で30台もの大放出があり、さらに日替り抽選販売が開店後にあるんですが、NintendoDS Liteが1台のみですが、なんと2000円!!
とまぁ、目玉商品があったので、MP3プレイヤーを欲しがっている2番目のムスメを連れて、朝8時前に家を出ました。
正直、こんなに並ぶのが予想されるモノに、朝8時では遅いんじゃないか?とは思っていましたが…。

-----

JR神戸駅からムスメを引きずって走り(笑)、店の前に着いたのは9時前。
すでに店の人が入り口に立っていましたが、整理券発行なので行列は見当たりません。

張り紙を見ると…

∑( ̄□ ̄;ガーン

も、もう売り切れでした…。
店の人に聞いてみると、

「私が整理券を配りに出たのが8時前で、そのときにはすでに30人近く並んでおられましたね」

( ̄△ ̄;
家を出た時には、すでに終わってたのね…。
じゃ、次の日替り抽選販売のNintendoDS Liteの2000円を狙うしかないね…。

ということで、開店時間11時まで、ムスメと時間つぶしをしなければなりません。
一応、暇つぶし用に、すでに持っているNintendoDSは持ってきていましたが、ここにいなければならないわけではなく、これで暇つぶしをするのもイマイチなので、ちょうどこの時期やっている、インフォラータこうべ2006を見に三ノ宮まで行くことにしました。

人ごみをウロウロする前に、最近ムスメどものお気に入りの

おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森
任天堂 2005-11-23
売り上げランキング : 7,477

おすすめ平均 star
star迷わず買いの傑作
star「どうぶつの森」で何をしようか?
starゆとりのある生活

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「すれちがい通信」をセットして行きました。
この状態だと、人ごみの中などで、同じ状態にしてある見ず知らずの人と、すれ違いざまに「メッセージボトル」の交換ができるのです。
いやぁ、こんな発想もアリなんですねぇ。

-----

三ノ宮駅を出て、北野坂を登ったところにそれはありました。
普段は車道のところを、完全通行止めにして、花を敷き詰めた絵を作ってありました。

Pic_0007

こちらはトトロが鼻血を吹いているところ…あ、違いますね(笑)。

Pic_0012

こちらはこの秋開催されるのじぎく国体のマスコットキャラクター「はばタン」です。
今年は兵庫県で国体が開催されるんですよね!

Pic_0008

北野坂を登りきったところから海側を望みます。
この辺は、異人館街の中心部にあたりますので、インフォラータがなくても観光客でいっぱいです。
正面に見える大きなビルは…神戸市庁舎ですね。
神戸はこういう具合に坂の多い街です。
だからこそ絶景ポイントも多いんですよね。

Pic_0009

こちらは有名な「風見鶏の館」
異人館を見に来た人はご存知ですよね。
ケータイのデジカメでしかも解像度を抑えて撮ったものですので、ちょっとわかりづらいですが、中央部あたりの風見鶏の館の向こうに見えるのはポートタワーです。
普段はあちこちクルマで出歩くことが多いので、神戸の中心地へはあまり来たことがありませんでしたので、今回はこの風見鶏の館へ入ってみました。
大人300円、小学生は無料でした。(^^)

時間の関係で、風見鶏の館だけとなりましたが、またあちこちゆっくり見に来たいです。
実はこのすぐ近くにある某専門学校に通っていましたので、この辺は毎日来ていた時期があったんですけどね…。

Pic_0011

風見鶏の館前にこっそり一つ花の絵がありました(笑)。

-----

さて、そろそろソフマップへ向けて戻りますかね。

…と、さっき「すれちがい通信」状態にしておいたNintendoDSを開いてみると。
おー!!すごい!!
ホントに誰か知らない人からのメッセージボトルが届いてました!!

プレゼントとして何かアイテムを添付できるんですが、今回は「おんせんのもと」が入ってました(笑)。
さすが400万本超のソフトです。
すれ違う誰かがこういうことをしてくれているもんなんですねぇ…。


11時開店にちょうどいい時間で戻って来れました。
12時半抽選のNintendoDS Liteの抽選券を受け取り、あとは店内で商品を物色しつつウロウロ。

さて抽選の12時半。
たった一つのNintendoDS Liteを争う人が黒山の人だかりです。
抽選を見守っていた人だけで100人はくだらなかったんじゃないでしょうか?
結果は…ハズレでした。
まぁ競争率から言えば仕方ないでしょうね。

NintendoDS Liteも、一時期の「商品ゼロ」状態から少しずつですが状況は改善しつつあるようです。
もうとっくに1000万台を突破しているのにこの状態です。
どこまで売れるのか?って感じですね。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト
B000ELYHZY
任天堂 2006-03-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはAmazonなんですがびっくりしたのはその価格!!
まぁ一度クリックして見てみてください。
多分表示される時期によって価格は違うでしょうけど、この記事を公開した5/20時点(汗)では、

価格 ¥ 22,497 / ユーズド ¥ 23,290 [ 定価 ¥ 16,800 ]

( ̄□ ̄;
なんで定価より高いねん!!
しかもユーズド(中古)がさらに高い!!

どないなってまんねんな…。

2006年05月05日(金) パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

名水を求めて。

Tonomine01この日は、憲法記念日とこどもの日にはさまれた、いわゆる「国民の休日」です。
(なんか「みどりの日」になるんでしたっけ?)
例によって学校は休みで、前日に引き続き、天気予報どおり快晴です。

こんな日にどこにも遊びに行かないで文句を言わないコドモはいないでしょう(笑)。

ということで、兵庫県は神河町砥峰高原と、その近くにある宍粟市にある名水の一つ「文殊の水」のある福知渓谷までドライブに行きました。

-----

今回は、コドモのお友達2名を含めて、7人で出かけました。
私以外は全員女性です…。
道中のやかましいことやかましいこと(笑)。

明石市からは、第二神明→加古川バイパス→姫路バイパス→播但有料道路と乗り継ぎ、神崎南インターで降りる、というルートで走ります。
関西電力の大河内発電所の横を抜けて行きます。

ちなみに、大河内発電所は水力発電で、夜間電力を利用して山の上にある太田ダムで作られたダム湖へ水をくみ上げ、昼間は下の長谷ダムで作られたダム湖へ水を落とすことにより、その高低差394.7mを利用して最大128万kWの発電をおこなう揚水発電所です。

大河内発電所 / 揚水式発電所の仕組み :関西電力

水力では全国でも屈指の発電量を誇る水力発電所です。
また、ダム建設に伴い、住民の立ち退きがなかった、全国唯一のダムだそうです。

こちら、見学もできるんですが、今回はこちらが目的ではないので、長谷ダムの横を素通りして、細い峠道を抜け、砥峰高原へ向かいました。

とのみね自然交流館より砥峰高原を望む

これは「とのみね自然交流館」から撮った写真です。
ここの見ごろは、ススキのシーズン(10月末~11月初旬)と4月初旬の山焼きです。
この時期は、見事に何もないので、ちょっと見ごたえに欠けますが、あまり人もいないので、この時期のドライブとしてはちょうどいいですね(笑)。
実は以前、11月のススキの見ごろに行ったんですが、雨でした…。

写真が小さくてほとんど見えませんが、この写真の中央あたりに展望台があります。
コドモたちを連れて、その展望台をめぐる3km弱の展望ルートを歩きました。

砥峰高原展望台より とのみね自然交流館を望む

ということで、展望台から撮った写真です。
この写真の真ん中あたりに、とのみね自然交流館があります。写真が小さくてほとんど見えませんが(笑)。

ちょっと疲れましたが、ちょうどいい山歩きで、啄木鳥(キツツキ)の木を突く音とか、鳥のさえずりとか、鹿の糞とか(笑)、自然に触れることができて良かったです。
いや、鹿の糞は触ってませんよ?(笑)

その後は、森の中の1車線しかない狭い道を抜けて、福知渓谷へ。
こちらも紅葉の季節には見事な景観が望めますが…。
今回は水汲みのみで素通りです。
また秋に来ましょう( ̄▽ ̄;

この近所はいくつもの名水がありますので、名水を汲みに行くがてらのドライブとしては、なかなかいいところですよ。

以上、ドライブ情報でした(笑)。

2006年05月04日(木) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

チンドン屋。

この5月3日から全国的に3連休。
子供たちは土曜日も学校が休みなので、実質は5連休です。

こちらはしがない自営業なので、休んだ分だけ収入は減るわけです。
しかし、私が会社を辞めた大きな目的は、

  • 家族と一緒にいること
  • 転勤に振り回されず、地元で働くこと
でしたので、なるべく休日は家族と過ごせるようにしていますが、やはり通常の土日は仕事が入ってしまいます。
それでも、会社勤めの頃みたいに、家族といられる時間がほとんどない、という状態とは天地の差です。
とにかく、単発の依頼が少ない大型連休や盆暮れ正月ぐらいは、家族といるようにしています。
まぁ、仕事が入ればその限りではありませんが。

ということで、そんな休日の一風景です。

D1000128

近所の某大型スーパーでの光景です。
なんと店内でチンドン屋が練り歩いていました…。

兵庫の片田舎、明石で生まれて幼少期を過ごした私は、チンドン屋なんてあまり生で見たことがないのですが、おそらく京阪神地域や東京近郊あたりなら、けっこう見かけたんでしょうね。
私の幼少期の記憶の範囲では、誰かをののしる時の言葉で、

「あーほ、ばーか、チンドン屋! お前のかーちゃん、でーべーそー!!」

ってのが定番でした(笑)。
今考えると、特定の職業を名指しでバカにするという、とんでもないことが横行していたことになります。
この時期のチンドン屋さんというのは、きっと自分の子供に苦労をしいていたことでしょうね…。

今冷静に「チンドン屋」を考えると、要は「広告宣伝の一種」なわけですから、アドバルーンだとか、休日のガソリンスタンドで旗振ってるおねーさんとか、家電量販店の店頭で派手なミニスカート姿などでオッチャンの目を引いている(笑)携帯電話会社のおねーさんとか、コドモに「連れてってー!!」と言わせるデパートの屋上での被り物ショーとか、そういうたぐいの手法となんら違いはないわけでして。

私も自営業で、世の中に広く知ってもらって依頼をいただくためには、広告宣伝は切っても切れないものです。
移動手段として使っているバイクには、電話番号などを書いて走っていますが、これだけでは全く足りません。
でも、これでご依頼をいただくこともありますから、侮れませんね。
これももう一ひねり必要ですね。いつどうひねろうか(笑)。

2006年05月03日(水) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

光ファイバーがつながらなくなりました。

03AW07こちらはいつもお呼びいただいているお得意さまから。

「いつも使ってる、オンラインの発注システムがつながらないんだよね」

…うーむ。
ぱっと思いつくのは、

  • 大型連休中なのでシステムメンテナンス中

  • プロバイダや接続機器の問題でインターネット接続が切れている

このどちらかでしょう。
切り分け方法としては、その発注システムのサイト以外の、たとえばYahoo!などの適当なポータルサイトや、よく見に行くサイトなどを表示させてみればわかるはずです。

「…ああ、ダメだ。どれも表示されません」

こりゃ接続の問題でしょうね。

「そういえば、数日前に女房が掃除してたんで、コンセントが外れてておかしかったことはあったんだよね」

∑( ̄△ ̄;
そ、そういえば、こないだ書類を届けに行ったら、奥さんががっさがっさと掃除してましたね…。
も、もしかしたら、光ファイバのケーブルを折ってしまったんでは…??

もし光ファイバの折れだったら、かなり厄介です。
まず間違いなく、NTTに言ってファイバー接続のやり直し、最悪は電柱からファイバーの引きなおしです。
まぁ電柱からの引きなおしにならないように、ある程度の余裕はもたせてあるでしょうけど。

とりあえず、接続機器の問題がないかどうかの確認です。
ルーターとONUの電源が入っているかどうか聞いてみました。

「ルーターも光ファイバの機械も、どっちもランプは点いてるよ」

…うーむむむ。
これでは光ファイバかどうかの確認は、電話では無理ですね。
ということでお伺いです。

-----

まずはルーターが生きているかどうかの確認。
ルーターの設定画面をInternetExplorerで開きます。
ちゃんとログイン画面が出て、設定の確認はできます。

ということは、どこかであったようなウイルスセキュリティの拒否設定にInternetExplorerが追加されてつながらない状態、ということではないようだ。
症状の出たタイミングから考えると、どうもハード的な問題と考えるのが自然だとは思うのですが…。

ルーターのステータスページを見てみると、やはり未接続状態。
プロバイダからIPアドレスをもらえていません。
何度接続ボタンを押してもダメ。
一応プロバイダの設定は消えていないようなので、こちらは問題ないのでしょう。

じゃ、やっぱり光ファイバーでしょうかね?
ONUを確認してみた。
4つあるランプはオールグリーンです。
…ということは、ファイバーの折れではない、ということだと思われます。

うーむむむ。
こりゃ困ったなぁ…。
じゃ、一体なんなんだ?

-----

とりあえず、何かヒントはないかと、ルーターの接続ログを確認です。
なにかエラーメッセージからわかる内容があるかもしれません。

つらつら眺めていると……ん???

Autholization Fail って…認証エラーっすよねぇ。
(追記:後でログをよく見たら、「Authentication failed」でした…失礼しました)

ルーターがIDとパスワードを送った段階でこのエラーが出てるということは、IDかパスワードが間違っているか、あるいは…。

設定させている接続プロバイダはBiglobe
お客さんにBiglebeの契約情報を出してください、と言ったら…

「え?Biglobeはもう解約したよ?」

…( ̄△ ̄;

奥さんが掃除していたのは4月末、つながらなくなったのがわかったのは5月2日。
4月いっぱいでの解約ならば、タイミングはぴったりです。
全ての謎は解けました。
解約したBiglobeの接続情報ではつながるわけがありません。

実はこの光ファイバですが、NTTの営業マンが熱心に勧めるので契約したそうです。
その営業マンの言うことには、

「Biglobeとのセットで半年間はタダで使えます。お客様はOCNのメールアドレスを変えたくないとのことですから、OCNのADSL契約はそのままで、半年経ったらBiglobeは解約していただければ結構です」

なんだそうな…。
おいおいNTTさんよ、そんな営業トークでええんかい?

で、営業マンの言ったとおり、Biglobeの解約をしたそうですが…当然ながら設定は変えないとつながりません。
わかってる人ならそれぐらいはわかるんですが、このお客さんのようにご年配の「自称初心者」では、そんなことはわかるはずもありません。
その程度の説明すらしていない営業マンが一番悪いと思うんですけどねぇ…。

どうもNTTの営業マンって、こんな感じの話しか伝わってきません。
ここまで来ると、どうも私のお客さんのNTT営業マンの当たりがたまたま悪いだけとは思えないけどなぁ…。

しかたない、ぼやいててもインターネットはつながらないので、とっとと設定変更です。

とりあえず契約を継続しているOCNの契約書類を出してもらいました。
こちらは、当然ながら前のまま、ADSLの契約のままです。
そのままの設定ではBフレッツでつながるとは思えませんが、とりあえずそのまま入力。
…やっぱりダメです。当たり前か。

しょうがないなぁ、まずはダイヤルアップで接続するしかないか。
そこからOCNの会員情報サイトを開いて、契約変更しないと。

OCNのADSL契約でもダイヤルアップは可能かもしれませんが、それだと通話料金以外に追加で接続料金が発生する可能性があります。
微々たるものではありますが…。
とりあえず、通話料金のみでつながる、アルファインターネットの「アルファ無料接続サービス」を使うことに。
最近はさすがに使う機会が減りましたが、時折こうしてダイヤルアップでの接続をしなければならないことがあるので、携帯電話に接続情報(ID・パスワード・DNS情報)をメモして記録しています。
それを見ながらダイヤルアップ接続の設定をし、電話のモジュラージャックをパソコンへ差し替え、ダイヤルアップでOCNの会員情報ページを開き、契約IDとパスワードを打ち込んで、ADSL契約をBフレッツ契約に変更しました。

…へ?変更に3日かかる???
ま、マジかよ…。

一応、設定情報が表示されましたので、それをプリントアウトし、その通りにルーターのPPPoE設定を書き直しました。
やはりBフレッツはBフレッツ用の接続IDに変更しないとダメでした…。
3日かかると書いていましたが、とりあえず設定変更をかけて、ダイヤルアップを切断し、Bフレッツでの接続を試してみました。

ありゃ、無事つながったよ。
3日かかるってのは、新規の場合の話なのかな?
なにはともあれ、再訪問しなくて済むのは助かります。

とりあえず、その状態でお気に入りに入っていたサイトをいくつか開き、問題のオンラインの発注システムのサイトを開いてみました。
ちゃんと注文画面を開くことができました。

これでOKですね。

…おっと、モジュラージャックを元に戻さないと(笑)。
うっかりそのまま帰るところでした。
このまま帰ると、「電話がつながらない!」ってケータイで呼ばれるところでした(^_^;

-----

しかし、毎度毎度、悪徳商法ばりのNTTのトンデモ営業トークには驚かされます。
同じ通信系でも、ソフトバンクはたいがい強引な営業展開で批判を浴びますが、NTTのお役所体質やトンデモ営業トークが批判されることって、ほとんどありませんよね。
私の周りだけなんですかねぇ…。

2006年05月02日(火) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

今更ながらスーパーファミコン。

Sfccontroler最近、更新が妙に遅れてるとお気づきの方もおられるでしょう。
実は…ゲームにハマッておりました。ごめんなさいm(_ _)m

あ、「ハマッておりました」ではなく「ハマッております」が正しいでしょうか…。

中古屋さんで、懐かしいゲームを見つけて、ムラムラとヤリたくなったもんで…(笑)。

見つけたゲームはコレ。

スターフォックス

ご存知の方もおられるでしょうか?
スーパーファミコンの「スターフォックス」という、もう13年ほど前のゲームです。
今度、NintendoDS/NintendoDS Lite用のゲームとして出るらしいですが、こちらも期待できそうです。
長女がおなかにいる頃、コレばっかりやってた記憶があります(笑)。
コレが、箱・説明書なしでなんと税込み105円!!

スーパーファミコン本体は、なぜかテトリスにハマった(笑)うちの親に譲ってしまったので、それを回収するか、改めて買い直さなければありません。
同じ中古屋に置いてあったジャンク品の中に、スーパーファミコンが本体のみでなんと税込み525円!!
こりゃ買うしかありませんね!

しかし、やっぱりジャンク品。
一筋縄ではいきませんでした…。

-----

本体のみでは、当然ながらゲームはできませんので、最低でもACアダプタビデオケーブルとコントローラーが必要です。

同じくジャンクをあさってみると…ACアダプタは840円ビデオケーブルは525円コントローラーは210円
カートリッジを除くと、合計2100円で買えてしまいました(笑)。
なんとまぁ安いこと。
定価だとこの10倍はしてたような気がします…。

さて、持って帰って早速接続です。

しかし…案の定、画面は真っ黒のまま。
まぁジャンク品ですからねぇ。
さて、どこがまずいのかをチェックです。

本体は電源ランプが付いているので、ACアダプタは問題なさげです。
ビデオケーブルは…なにやら黄色のビデオ単子のコネクタがグラグラです。
ペンチでつまんで黄色の被服からコネクタを抜き出すと…中で断線してました(-_-;
そのままでは長さ的に足りなくなるので、ちょっと細工して何とか半田付けでつないで、断線は修復できました。
再度つないでみましたが…やっぱり真っ暗。
うーむ。

とりあえず本体を分解してみました。

…と軽く書いてますが、実はスーパーファミコンを分解するためには特殊なドライバーが必要です。
当時も分解していじってましたので(笑)、まだそのドライバーも手元にあり、分解はいとも簡単にできました。
中はかなりホコリっぽかったので、キレイに掃除です。
とりあえず、フタを閉める前に、仮組みでカートリッジを取り付けて、電源を入れてみます。
…まだダメです。
カートリッジの端子が汚れてるのかな?と思い、カートリッジを抜いて、端子のところをアルコールを染ませた綿棒でシャカシャカこすってみました。
案の定、綿棒は真っ黒です…。
再度カートリッジを取り付けてスイッチオン。

スターフォックス・オープニング

…おおっ!!画面が出ました!!

懐かしい画面が復活しました。
この画面、このサウンド。当時のまんまです。当たり前か(笑)。
よしよし。
それではフタを閉めて…と。
きちんと組み立ててから、再度スイッチオン。

…電源ランプ点かないよ…( ̄□ ̄;ガーン

どうやらフタを閉めたときに、どこかでショートさせてしまったようです。
フタを開けてみて、メイン基盤に付いている温度ヒューズのようなものをチェックしてみたら、見事に導通がありません。ヒューズが飛びましたね…。
1.5Aと書いてありますが、ACアダプタが850mAなので、1Aのヒューズで充分でしょう。
サイズ的に、ガラス管ヒューズのミニサイズのものがぴったりですので、これまた半田付けで付け直して、またショートしてないことをテスターで確認した上で、慎重にフタを閉め、スイッチオン。

…電源は入ります。画面も出ます。
では早速、ゲームをやってみよう。
Startボタンをぽち。…ぽちぽちぽち。
ぐりぐり~っ!…ようやく利きました。

おそらく、コントローラー内部の接点が汚れているんでしょうね。
ジャンクなだけに、外側もなんかヤニっぽい汚れが付いてますし…。
これなら接点を掃除すれば治るでしょう。

早速コントローラーを分解です。
こちらは普通のプラスドライバーで回せるネジですので、いとも簡単にバラせます。

コントローラー外観
210円の値札はご愛嬌です(笑)。
この状態から、

コントローラー内部その1
こんな感じにバラしてみました。
赤丸の部分がStartボタンの接点になりますので、カートリッジと同じように、ここをアルコール拭きしてやりました。

コントローラー内部その2
こちらはフタの裏側です。
矢印の先のところにある、黒くて丸いのが導電性ゴムです。
ここの汚れも拭いてやりました。
まぁどうせ開けたついでなので、Startボタン部分だけじゃなく、接点という接点全てを拭いてやりましたが(笑)。

フタを閉めて、電源を入れて、Startボタンをぽち。
…今度は大丈夫です。
元通りゲームができるようになりました。

さてここからが大変(笑)。
ステージ1は、軽くクリアできました。きっちりエンディングまでたどり着きました。
まだそれほど腕は鈍っていませんでしたね。
スターフォックスはステージ3までありますが、ステージ2は途中で死にました…。
敵の位置とか、そういうのはかなり忘れてますので、またやりこむことになるわけです(笑)。

そして、ついでに買った箱なしソフト。

かまいたちの夜

「かまいたちの夜」です。
実は、どっちかというと、こっちにハマってましたね…(^^;
こちらの内容は、また別の機会にでも。

これだけ揃えて3000円もかかっていません。
いやぁ、恐ろしい時代になりました…。

え?
遊んでらんとブログ書け?
いや、ごもっとも…。

2006年05月01日(月) ハードウェア不具合関連, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (2) | トラックバック (0)