ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 光ファイバになったのはいいんですが…。 | トップページ | メモリ増設の必要性。 »

2006年5月19日 (金)

接続しているユーザーが1人います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03_AS35最近、かなり忙しくなってきたので、すっかり更新が後回しになってます…。
書くネタはいっぱいあるんですけどねぇ。書く時間が…。
仕事があるってのはいいことなんですけどね。

こちらは、以前の記事「誰に言えばいいんでしょう?」の続きにあたる作業になりますが…。

実は前回問題だった無線LANの設定で呼ばれたわけではありません。

「電源を切ろうとしたら、『接続しているユーザーが1人います。接続を解除すると…』ってメッセージが出たんですが、大丈夫でしょうか?」

は、はぁ??
確か、ノートパソコン1台だけでしたよね??

とにかく、「誰かに接続されている」という状態は気持ちが悪いということで(そりゃそうだ)、私がお伺いするまで電源を入れない、とのこと。
こうなるとお伺いするしかありません。

しかし、行ってみてびっくりなのは、前回の続きの経緯。
ちょっとNTTさん、情けなさ過ぎです…。

-----

今回の症状は、残念ながら(?)再現はしませんでしたが、とにかくそういう事態にならないように原因を潰すしかありません。
まずは状況を確認です。

電源を入れて起動するまでお話を聞いてみると…。

「このたびは、前回の続きとしての基本操作説明を、本当ならささもとさんにお願いするところだったんですけど、私がNTTに言ったらグズグズ言って来ようともしなかったのに、主人がクレームを入れたら飛んできましてね」

…まぁ普通はすぐに飛んでくるもんでしょうけどねぇ(^^;

「無線の接続とセキュリティの設定をやってくれて、本来ならささもとさんが来てくれた時に終わってたはずの、基本操作の説明をやってもらいましたよ」

ウチとしては仕事をいただきそこなった格好なんですが、これはお客さんの立場からすれば当然の選択だったんでしょう。
まぁ、私は前回は前回で一応ギャラをもらってますから、お客さんからすれば私がもう一度基本操作の説明でお伺いしたら、本来1回分のはずが2回分のギャラをいただくことになるわけですから。
NTTにきっちり責任を取っていただいた形ではありますが…。

起動させてみてあれこれチェックしていると…んんん??

無線ルーターのセキュリティ設定ができとらんとですよ…( ̄△ ̄;

「えーっ!そんなバカな。NTTさんは『セキュリティ設定が重要なんですよ』って言って、設定してくれましたよ??」

…確かに「セキュリティ対策ツール」はインストールしてくれてましたね(^^;
でもそれはあくまで「LAN内ではなく外部からのアクセス」に対する防御でしかないわけでして。
ルーターが管理するパソコン同士では、「セキュリティ対策ツール(ウイルスバスター)」はあまりガチガチの対策はされていないんですよねぇ。
逆に、LAN内パソコン同士の共有を妨げないような初期設定になっているぐらい。

今回のように、無線ルーターがまったくセキュリティ設定なしだと、いとも簡単にLANに参加できるわけで、ちっともセキュリティ対策になっていないのです。

NTTの人ねぇ…、無線LANまで設定しているくせに、「セキュリティ対策ツール」だけでセキュリティを語るなっちゅーねん。
とにかく、無線LANのセキュリティ設定をしなければなりません。
よりにもよってNTTの尻拭いかよ…。

この無線ルーターは、NTT印のコレガのルーターですので、最近の機種についている、気の利いたJumpStart機能もありません。
それに、ノートパソコンの内蔵無線LANでは、無線チップ依存の大きいJumpStartが使えない場合も多く、手動でWEPなどの対策が必要です。
で、その設定をしようとしたら…コレガのこの機種は、ブリッジ設定をする際に、ルーターにIPアドレスを手動で割り当ててあるわけですが…そのIPアドレスがどこにもメモられていません…。
これでは暗号化設定なんてできません。
こんな大事なことをメモってなくてどうするね…。
とことん手抜きなNTTです。

仕方がないので初期化して、ブリッジ設定のやり直しです。
そう、光プレミアムなので、ブリッジ設定にしなければならないのです。
これがまた、コレガのこの機種は、説明書見ながらでも面倒なんですよねぇ…。

とりあえずLANケーブルでつなぎ、設定画面を開き、ルーター機能をオフにして、DHCPをオフにして、ルーターに手動でIPアドレスを割り振ります。
この時点で、接続が切れるので、割り当てたIPアドレスを手打ちして設定画面を開きます。
無線LANにセキュリティ設定をかけて、WEPキーをかけて、CTUと接続し、無線LANでの接続をします。
うまくつながったところで、つながっているPCのリストを出し、今つながっているノートパソコンのみを接続許可するようにしておきました。
ついでにステルス機能もかけました。
これで無線はほぼ完璧です。他人につながれることはほぼないと思っていい状態です。
しかし…めんどくさー…。
バッファローのAOSSや、NECのらくらく無線スタートなら、この辺は全て一発でできるのになぁ。

一応、これで様子を見てもらうことにしました。
まぁしかし、無線のセキュリティ設定もせずに、よくもまぁ偉そうにセキュリティを語る業者がいるものである。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年05月19日(金) ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 光ファイバになったのはいいんですが…。 | トップページ | メモリ増設の必要性。 »

ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール)」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(無線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/10371287/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 接続しているユーザーが1人います。:

コメント

UZと申します。
ネ〇メイトの方が設定済みの後によくお伺いしています。
NTTの営業さんが、ネ〇メイトとプロバイダーの双方に設定の依頼をかけられている場合が多いようです。

NTTのプレゼントルーターは、WLBARGSFが提供されている場合が多いようですね。
これは、設定画面でAP動作が選択できるので大分楽になりました。
当然IPアドレスは、光プレミアムの場合192.168.24.*に手動で設定する必要がありますが。

性能うんぬんは抜きとして、Buffaloの最近の機種(横から見ると「D」のやつ)はスイッチで動作モードが変更できるのでお気に入りです。
私はどのメーカーのルーターでも、光プレミアムの場合はブリッジ接続しますが、ルーター+ルーター動作でも、フレッツスクエアやフレッツ速度測定サイトなど問題なく接続できます、
とくに、既存のネットワークが存在する場合は助かります。

投稿: UZ | 2006/06/06 10:24:52

NTTの(下請け業者の?)サポートマンの能力にもよるんでしょうが、尻拭い的なサポートに行くと設定もまちまちです。
ルーターにアクセスするためのID,パスまで変更してあって、それをクライアントにちゃんと伝えてなくて、電話して担当者呼び出してもらって…と大変なこともありました^^;
結果的には初期化が早かった・・・

投稿: teltel | 2006/06/06 11:59:28

NTTに限らないんですが、来る人によってレベルがバラバラですねぇ・・
3時間かけても、バファローの無線設定すら出来ない人もいましたし(汗
しかもお客様に何か捨て台詞を吐いていったらしく、PC販売店側へのクレームになりかけました・・・・
「こんなに難しい事なら何で購入時に行ってくれなかったんだっ!」て。


まぁ、(有料だけど)尻ぬぐいに行ったら10分で終了w
そりゃPCメーカー&windows標準無線管理ソフトが生きてる環境に、さらにバファローの無線管理ソフトまで入れたらおかしくなるって・・・・

投稿: 名無し | 2006/06/06 13:52:06

UZ さん

いつもどうもです(^^;
最近はお客さんに聞かれたら、安定性重視でNECを勧めてます。
でも、バッファローのブリッジ設定はずいぶん楽になりましたよね。
それはそれで歓迎できますが…オススメとまではいきません。だって、設定なんて最初だけのことですから(笑)。
我々は楽ですが、お客さんにとっての問題はその後の話ですので(^^;

teltel さん

そう、こないだもありました。
ルーターのログインパスワードを設定されてた件が。
パソコンに記憶させてあったので、その時は、私は知らなくてもログインできて設定できたんですが、そのパソコンがメーカー修理に出されてしまい、パスワードがわからなくなったんです(笑)。
後日、私のところに電話がありましたが、私がわかるわけもなく(^^;

名無し さん

こういう仕事は、ホントに作業者のレベルがまちまちです。
とはいえ…。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2006/02/post_2f9e.html
私も3時間ほどかかったことがありましたが(汗)。
まぁ捨て台詞を吐くのはどうかとは思いますが、変なはまり方をすると、バッファローの場合は抜け出しづらいことはあるようですね。
特に初期不良の確率も意外と高い(笑)ため、判断つきづらいんですよねぇ~…。

しかし、10分で終わる尻拭いならいいですよね~。
でも、経験の浅い人や、中途半端にパソコン暦のある人、特に「その時点までは『パソコンに詳しい人』と呼ばれてた素人」なんかは、最近のノートパソコンの内蔵無線LANの管理ソフトの状況をよくご存じなくて、それなのに説明書も見ずにホイホイ設定して、動かなくて悩む、というパターンも多いと思いますよ。
私も先の記事では、説明書をすっ飛ばしてはまったわけですし、やっぱり基本は説明書です。

投稿: ささもと | 2006/06/07 6:45:51

どうもでうす、書き込みさせて下さい。
NTTマークのコレガルータならまだ設定は楽チンですよ。
光プレミアムの契約でweb casterV110が送られている
ことが、良くあるのですが、コレが(笑)また、しなんのワザ
なんです。といえば大げさですが、コレガでめんどくさいと
言っていれば、V110はもっとですよ、今日もありました。
なんで、あんなモン使わせるのでしょうかね?
レンタル料が入るからでしょうかね。

投稿: B/b | 2006/06/07 21:16:23

B/b さん

コメントありがとうございます。
コレガがめんどくさいというか…バッファローやNECのに比べて、ってことですが。
本来なら、そこまで手動でやってあげないとダメだってことなんでしょうけど、一旦AOSSなんかの一発設定に慣れてしまうと…ねぇ。
web casterブランドのはあまり触ったことがありません。
NTTでしか扱ってないからでしょうかね。

投稿: ささもと | 2006/06/09 8:44:08

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 光ファイバになったのはいいんですが…。 | トップページ | メモリ増設の必要性。 »