ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« とある休日の風景。 | トップページ | 光ファイバーがつながらなくなりました。 »

2006年5月 1日 (月)

今更ながらスーパーファミコン。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

Sfccontroler最近、更新が妙に遅れてるとお気づきの方もおられるでしょう。
実は…ゲームにハマッておりました。ごめんなさいm(_ _)m

あ、「ハマッておりました」ではなく「ハマッております」が正しいでしょうか…。

中古屋さんで、懐かしいゲームを見つけて、ムラムラとヤリたくなったもんで…(笑)。

見つけたゲームはコレ。

スターフォックス

ご存知の方もおられるでしょうか?
スーパーファミコンの「スターフォックス」という、もう13年ほど前のゲームです。
今度、NintendoDS/NintendoDS Lite用のゲームとして出るらしいですが、こちらも期待できそうです。
長女がおなかにいる頃、コレばっかりやってた記憶があります(笑)。
コレが、箱・説明書なしでなんと税込み105円!!

スーパーファミコン本体は、なぜかテトリスにハマった(笑)うちの親に譲ってしまったので、それを回収するか、改めて買い直さなければありません。
同じ中古屋に置いてあったジャンク品の中に、スーパーファミコンが本体のみでなんと税込み525円!!
こりゃ買うしかありませんね!

しかし、やっぱりジャンク品。
一筋縄ではいきませんでした…。

-----

本体のみでは、当然ながらゲームはできませんので、最低でもACアダプタビデオケーブルとコントローラーが必要です。

同じくジャンクをあさってみると…ACアダプタは840円ビデオケーブルは525円コントローラーは210円
カートリッジを除くと、合計2100円で買えてしまいました(笑)。
なんとまぁ安いこと。
定価だとこの10倍はしてたような気がします…。

さて、持って帰って早速接続です。

しかし…案の定、画面は真っ黒のまま。
まぁジャンク品ですからねぇ。
さて、どこがまずいのかをチェックです。

本体は電源ランプが付いているので、ACアダプタは問題なさげです。
ビデオケーブルは…なにやら黄色のビデオ単子のコネクタがグラグラです。
ペンチでつまんで黄色の被服からコネクタを抜き出すと…中で断線してました(-_-;
そのままでは長さ的に足りなくなるので、ちょっと細工して何とか半田付けでつないで、断線は修復できました。
再度つないでみましたが…やっぱり真っ暗。
うーむ。

とりあえず本体を分解してみました。

…と軽く書いてますが、実はスーパーファミコンを分解するためには特殊なドライバーが必要です。
当時も分解していじってましたので(笑)、まだそのドライバーも手元にあり、分解はいとも簡単にできました。
中はかなりホコリっぽかったので、キレイに掃除です。
とりあえず、フタを閉める前に、仮組みでカートリッジを取り付けて、電源を入れてみます。
…まだダメです。
カートリッジの端子が汚れてるのかな?と思い、カートリッジを抜いて、端子のところをアルコールを染ませた綿棒でシャカシャカこすってみました。
案の定、綿棒は真っ黒です…。
再度カートリッジを取り付けてスイッチオン。

スターフォックス・オープニング

…おおっ!!画面が出ました!!

懐かしい画面が復活しました。
この画面、このサウンド。当時のまんまです。当たり前か(笑)。
よしよし。
それではフタを閉めて…と。
きちんと組み立ててから、再度スイッチオン。

…電源ランプ点かないよ…( ̄□ ̄;ガーン

どうやらフタを閉めたときに、どこかでショートさせてしまったようです。
フタを開けてみて、メイン基盤に付いている温度ヒューズのようなものをチェックしてみたら、見事に導通がありません。ヒューズが飛びましたね…。
1.5Aと書いてありますが、ACアダプタが850mAなので、1Aのヒューズで充分でしょう。
サイズ的に、ガラス管ヒューズのミニサイズのものがぴったりですので、これまた半田付けで付け直して、またショートしてないことをテスターで確認した上で、慎重にフタを閉め、スイッチオン。

…電源は入ります。画面も出ます。
では早速、ゲームをやってみよう。
Startボタンをぽち。…ぽちぽちぽち。
ぐりぐり~っ!…ようやく利きました。

おそらく、コントローラー内部の接点が汚れているんでしょうね。
ジャンクなだけに、外側もなんかヤニっぽい汚れが付いてますし…。
これなら接点を掃除すれば治るでしょう。

早速コントローラーを分解です。
こちらは普通のプラスドライバーで回せるネジですので、いとも簡単にバラせます。

コントローラー外観
210円の値札はご愛嬌です(笑)。
この状態から、

コントローラー内部その1
こんな感じにバラしてみました。
赤丸の部分がStartボタンの接点になりますので、カートリッジと同じように、ここをアルコール拭きしてやりました。

コントローラー内部その2
こちらはフタの裏側です。
矢印の先のところにある、黒くて丸いのが導電性ゴムです。
ここの汚れも拭いてやりました。
まぁどうせ開けたついでなので、Startボタン部分だけじゃなく、接点という接点全てを拭いてやりましたが(笑)。

フタを閉めて、電源を入れて、Startボタンをぽち。
…今度は大丈夫です。
元通りゲームができるようになりました。

さてここからが大変(笑)。
ステージ1は、軽くクリアできました。きっちりエンディングまでたどり着きました。
まだそれほど腕は鈍っていませんでしたね。
スターフォックスはステージ3までありますが、ステージ2は途中で死にました…。
敵の位置とか、そういうのはかなり忘れてますので、またやりこむことになるわけです(笑)。

そして、ついでに買った箱なしソフト。

かまいたちの夜

「かまいたちの夜」です。
実は、どっちかというと、こっちにハマってましたね…(^^;
こちらの内容は、また別の機会にでも。

これだけ揃えて3000円もかかっていません。
いやぁ、恐ろしい時代になりました…。

え?
遊んでらんとブログ書け?
いや、ごもっとも…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年05月01日(月) ハードウェア不具合関連, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 |

« とある休日の風景。 | トップページ | 光ファイバーがつながらなくなりました。 »

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/10021941/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらスーパーファミコン。:

コメント

パソコンに限らず直す技術が有ると得をすると言う事例だ。

投稿: p | 2006/05/19 7:34:31

こいつらが主役だった頃は電気街に行けば内部パーツがばら売りされていて、自力で交換できたのに、
PL法のおかげでお掃除以上の事が出来なくなりましたからねえ。
なんでもレベルの低い方に合わせたがるのは問題だと思います。

投稿: 居酒屋狸 | 2008/10/12 4:01:28

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« とある休日の風景。 | トップページ | 光ファイバーがつながらなくなりました。 »