ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ウイルスセキュリティの登録では、メールアドレスとパスワードはセットです。 | トップページ | Eigerはどうなった? »

2006年5月11日 (木)

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: Windows\System\Vgaoem.fon

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

01AE33こちらは、単純にリカバリ後の設定をさせていただいただけのお客さん。
このお客さんは、メーカーに問い合わせをした結果、リカバリを「させられ」ました。
しかし、その後のインターネット接続やメール設定ができなくて、私をお呼びいただきました。

メーカーに問い合わせをしたりした場合、よく「リカバリしてください」なんて気軽に言われます。
そりゃ、リカバリすれば、ソフト的な障害がなくなって、パソコン自体はきちんと起動するでしょう。
買ってきた状態になって快適に動くようになることでしょう。
しかし、インターネット接続やメール設定は戻ってきませんし、Officeは手動で再インストールしなければなりませんし、サービスパックなどのWindowsの修正もやり直さなければ、まともに使えません。

しかし、トラブルによっては「ちょいちょいっ」と設定などを修正すれば、たかだか1時間以内で治るものもあるのに、リカバリで2時間も3時間もかけなければ元通りの状態に仕立て上げることができない上に、大事な大事なデータは余波で吹っ飛んでしまった、なんてことも起こり得ます。

ですので、このブログでは何度も書いていますが、安直なリカバリはお客様のメリットにはなりえないのです。

パソコンメーカーとしての責任は、あくまで「購入時の性能の再現」なんでしょうけど、お客様のご要望はそこじゃないんですよねぇ。
我々のような「パソコンサポーター」にしても、「単にトラブルを出なくすればいい」「ごちゃごちゃもがかず、とっととリカバリ」というだけでは、お客さんの満足は決して得られません。

閑話休題。
リカバリ後の設定のことでしたね。

でも、タイトルどおり、今回の記事のメインは、そういうありきたりな作業ではなく、リカバリにいたるきっかけです。
さて、どうしてリカバリしかない状況になったのでしょう?

-----

まずはトラブルの現象。

タイトルどおりで、こういうエラーが出ていたのです。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:\windows\system\vgaoem.fon.
オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。修復するには、最初の画面で 'R' キーを押してください。

まぁ読んで字のごとく、なんですが…。

要するに「vgaoem.fon」というフォントファイルがない/壊れてしまったので起動できなくなった、ということ。
これに関しては、そのものズバリの解説が、マイクロソフトサポートオンラインに出ています。

Windows XP へアップグレード後のエラー メッセージ : 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: Windows\System\Vgaoem.fon :マイクロソフト サポートオンライン

こちらにある通りで、回復コンソールを利用して、セットアップCD-ROMからこのフォントを取り出せば、起動する見込みはあります。
しかし、(このお客さんのパソコンは富士通製のノートパソコンだったんですが)富士通に問い合わせたところ、「それはリカバリしか方法がない」という回答でした。
そりゃそうですよね。
メーカー製のノートパソコンの場合、「リカバリディスク」のCD-ROMは存在しますが、ほとんどは、あらかじめその機種用ドライバを組み込んだ状態を再現するための「ディスクイメージ」のデータディスクになっています。
中には、デルのように、OEM版WindowsXPのCD-ROMにほぼ近いものもあったりしますが、そういうメーカーはまれです。
つまり、先のマイクロソフトのサイトの内容のように、購入した付属品の中には、回復コンソールの起動できるCD-ROMは存在しない場合がほとんどです。

単に回復コンソールの起動だけなら、

Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法 :マイクロソフト サポートオンライン
1CDブート回復コンソール作製法 :「すっきり!! デフラグ非公式ヘルプ」のページ

フロッピー6枚ないしそのデータを加工してCD-Rに焼いて起動する方法がありますが、残念ながら、WindowsXPのCD-ROMでないと、壊れたファイルの元ファイルが存在しないので、あまり意味がありません。

つまり、メーカー製パソコンの弱点が如実に出た結果になってしまったわけです。

WindowsXPのCD-ROMさえあれば、一発で治る可能性のあったトラブルですが…。
メーカーの対応としては、これは「リカバリしかありません」と言うしかなかったのでしょう。

しかし、このパソコン自体はWindowsXPプリインストールでしたから…なぜこの「Vgaoem.fon」というファイルが壊れたのか、それが問題なのかもしれません。

とはいえ、メーカーの指示通りリカバリしてしまった後では、原因の探りようもありません。
とにかくご依頼のインターネット接続とメール設定を済ませて、作業は完了です。

お客さんは、バックアップを取ってなかったマイドキュメントの文書などが消えたことでずいぶん不満げでした。
まぁ、「パソコンを使ってるならバックアップぐらい取れ」という正論は後からいくらでも言えますが、我々のような訪問サポートを行なう人間がそれを言ってはいけないと考えます。
同じ言うにしても、「今回のトラブルを痛い教訓として、今後はバックアップを念頭に置きましょう」と前向きに言えば、ずいぶん印象は違うはずなんですが…。

訪問サポート業者の企業ポリシーとして、あまりアクロバティックなことを現場でやらない、というところもあるでしょう。
でも、なんでもかんでもリカバリ程度で済ませておきながら、お客さんからバカ高いサポート料金を取っているとしたら、同業者として心苦しいですが、それは「ボッタクリ」と言わせていただきます。
この辺は、時間との兼ね合いなどケースバイケースではありますが、安直なリカバリでお客さんの満足は得られない。私はそう考えています。

参考記事:
STOP: c0000218 :清水 隆夫の「Good Job !」

こちらのブログでも同様の起動トラブルの対処をされたようですが、復旧方法に関しては、RAID環境など、環境が一般的ではないので、あくまでも参考記事ということで。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年05月11日(木) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« ウイルスセキュリティの登録では、メールアドレスとパスワードはセットです。 | トップページ | Eigerはどうなった? »

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(ハードディスク)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/10246150/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: Windows\System\Vgaoem.fon:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ウイルスセキュリティの登録では、メールアドレスとパスワードはセットです。 | トップページ | Eigerはどうなった? »