ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 「手が離せない」は言い訳になりません。 | トップページ | 無線LANチェッカー「電波男」購入。 »

2006年7月 5日 (水)

地デジが映りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03AK18今回は、新品のパソコンの納入にともなって発生した、非常にややこしいトラブルです。
トラブルというか…結果から言えば、「そんなもん知るわけなかろう!」と言いたくなるような原因だったわけですが。

最近のメーカー製の新品パソコンは、かなりの確率でテレビ内蔵です。
地上波デジタルチューナー内蔵のものも珍しくなくなりました。
アナログ放送が2011年に終了することもあり、世の中全体的に、テレビはブラウン管(CRT)から液晶などのフラットパネルに急激に移行しつつあります。
ただ、移行期なだけに、とんでもないトラブルも発生していることは事実です。

今回のパソコンはこちら。

富士通 FMV DESKPOWER LX50SD

富士通FMV-DESKPOWER LXシリーズの地デジ対応モデルです。

お客さんの家には、すでに地デジ対応の液晶テレビがあり、きちんと映っています。
お客さんにとってみれば、まさかパソコンの地デジが映らないなんて考えもしなかったことでしょう。
しかし…映らなかったのです。
そう、テレビでは地デジが映っているのに、パソコンでは地デジが映らない、という不可解なトラブルなのです。

-----

地デジが映らない、というトラブルでよくあるのは、

  • そもそも放送地域外である
  • 放送地域内でも電波が弱い
  • ケーブルの結線・配線不良
  • 分配器やブースターがデジタル非対応
などなど。
しかし、同じケーブルでテレビでは映っているわけですから、ここですぐに疑えるのは、テレビケーブルの不良。

とにかく地デジの映っているテレビからケーブルを抜いてつなぎ替えましたが…映りません。
チューナー設定画面では、オートスキャン・オートチューニングとなっているので、人の手が介在する部分は、基本的にありません。
そのオートスキャンが終わったら、無情にも「電波が受信できません」

うーむむむむ…。

一応、アナログチューナーも搭載されているのですが、そちらはすでに設定済み。何の問題もありません。
新品とはいえ、初期不良はあるでしょうけど、地デジチューナー部分だけ壊れてしまった、とも思えない。
じゃあ一体…。

買った店舗に聞いてもいいけど、結局はメーカーに聞くだろうから、直接メーカーに聞いたほうが早い。
ということで、故障受付のフリーダイヤルに電話してみた。

なんか、メーカーの担当者の言うには、

同一周波数パススルー方式でないとダメ

らしいのです。

なんじゃそら?

お客さんの家は、すぐ南側に建っているマンションによる電波障害対策のため、共聴ケーブルが引かれているようですが、アナログの受信状況から考えて、ケーブルテレビの電波が入っているらしいのですが、メーカーの人の言うには、お客さんの地域のJ:COM神戸・三木(旧:ケーブルテレビ神戸)は、「同一周波数パススルー方式」と「周波数変換パススルー方式」のどちらからしいんですが、お客さんの家がどちらなのかは、聞いてみないとわからないらしいです。

確かに、マニュアルのQ&Aのページには、同じことが書いてあるのは、あれこれやっている過程で見つけたのは確かだけど…なんのことやらわからなかったし、お客さんにアンテナケーブルのことをお聞きすると、どうも直接ケーブルテレビと契約しているわけではなく、周波数がどうとかいう部分は、直接聞くための連絡先がわからない、とのこと。
うーむむむ、それはそれで仕方ないんですが…テレビでは映ってるのにパソコンでは映らない、という事態は変わりません。
メーカーの人も、確認する手段が全く無い状態になり、かなり困っていましたが、翌日午後に電話します、とのことで電話は切れた。

うーむむむ…メーカーにさじを投げられたよ…。
仕方ない、今日開けたばかりの箱に詰め直して、買った店舗に持ち込むか…。

-----

店舗に持ち込んでチェックしてみたところ…店舗のアンテナ線につないだら、きちんとオートスキャンが完了し、地デジが見れるようになりました。

( ̄□ ̄;

うーむむむ…こりゃメーカーの言うとおり、「同一周波数パススルー方式」ではないことが原因だとはっきりしましたね。

とはいえ…こりゃ責任の所在が微妙だなぁ。
まぁ、これは店員の勉強不足だといわれても仕方ない状況ではありますね。
お客さんがそんな細かいところまでわかるわけないですから。

この辺の細かい解説は、こちらの記事に詳しく出ています。

知っておきたい!地上デジタル放送の新常識・完全版 :デジタルARENA

実はこれ、2003年末の記事です…。
プロとしては「知らないお前が不勉強だ」と言われてもおかしくない情報です…。
でも、パソコンがそのどれかにしか対応していないなんていうのは、よくよく調べなければわからないような仕様です。
そんなもん、買う方が把握できるわけないっちゅーねん、みたいな。

ということで、ケーブルテレビや共聴で電波を受けている人は、これから地デジチューナー内蔵のパソコンを買う時は、3つの周波数方式、

  • 「同一周波数パススルー方式」
  • 「周波数変換パススルー方式」
  • 「トランスモジュレーション方式」
のどれに対応しているのかを見極めなければならない、ということのようです。

店舗の人に聞いてみたら、テレビのほうは、どれでも対応しているらしいんですが、パソコンはどれかだけの対応、というのはいくつもあるそうです。

おいおい、知ってるんなら買うときに教えたってくださいな…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年07月05日(水) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 「手が離せない」は言い訳になりません。 | トップページ | 無線LANチェッカー「電波男」購入。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/10841211/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジが映りません。:

コメント

maru です。

こんにちは。
この件は、メーカーの問題だと思います。テレビが対応出来ているので有れば、パソコンテレビでも
「同一周波数パススルー方式」
「周波数変換パススルー方式」
「トランスモジュレーション方式」
に全て対応すべきです。

顧客、販売店、設置業者の勉強不足を指摘する前に、メーカー側でややこし規格を作っているので有れば、機器側で全て対応すべきだと思います。設定の切り替え程度はユーザ側で行うのは仕方がないとは思いますが・・・。こんな状態で2011年は大丈夫でしょうか、地デジってテレビだけ対応してもアンテナの問題が有ると思うのですがあ・・・、室内アンテナ程度で大丈夫なんでしょうか。

量販店の仕事は大変だと思いますが、色々経験出来てよいですね。これからも頑張ってください。

投稿: maru | 2006/07/08 10:27:38

この手の依頼来たら、逃げるに限るな。
ややこしゅうて、頭いて。

投稿: p | 2006/07/08 20:55:39

maru さん
そうなんですよね。いずれはすべて対応になることでしょう。
でもいますぐどうこうできるものでもないようです。
店舗のカンペ(笑)には、いろんな組み合わせが書いてありましたから…。
今は販売店がきちんと把握して対応するべき時期なんでしょうね。

p さん
逃げてたら仕事来ませんってば…。
私の場合、なんか最近は、店舗経由でも「ご指名」がかかるようになりましたよ(笑)。
きちんと向き合えば、仕事も増えようというものです。
お互いがんばりましょう。

投稿: ささもと | 2006/07/09 16:47:02

全く同じ条件で僕も映らなかったのですが、本日原因を究明致しました。
J:COM神戸・三木(旧:ケーブルテレビ神戸)エリアは同一周波数パススルー方式です。
映らない理由はケーブル引き込み線の保安器に取り付けてあるフィルターが原因です。
このフィルターがあるとVHFの帯域以外はすべてカットされます。
僕が以前ケーブルTV他社で働いていた経験が役に立ちそれしか考えられないとJCOM神戸三木に電話して本日解決致しました。

ご参考になればと思います。

投稿: kazchinook | 2006/07/29 19:17:15

kazchinook さん
有益な情報をありがとうございました。
お礼が遅れてすみません。

VHF以外をカットということなら、パソコンは仕方ないとしてもテレビが見れているのは…。
とはいえ、引き込み部分にブースターがあったのは確かで、それが明確に対応をうたっている物でないならば、その可能性はあるでしょうね。
私は一作業員なので、その後どうなったかまでフォローできないのが残念です。

投稿: ささもと | 2006/08/24 5:12:31

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 「手が離せない」は言い訳になりません。 | トップページ | 無線LANチェッカー「電波男」購入。 »