ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« Yahooがらみのトラブル2つ。 | トップページ | 「手が離せない」は言い訳になりません。 »

2006年7月 3日 (月)

「もったいない」の精神。その2

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

03_AW14以前の記事の続きではありませんが…。

この日、お客さんから依頼されていた、WindowsMeノートパソコンXP化作業が完了したので納品しに行きました。

作業的には、メモリ増設(256MB)+WindowsXPアップグレードインストールの引き取り作業ですので、ウチの作業料金としては、メモリとXPパッケージと手数料で4万円台前半。
古いパソコンの処分で「ハードディスクの内容を消去して欲しい」という依頼もあり、合計で5万円弱程度になりました。

5年前のパソコンとは言え、WindowsMeの使い方がキレイだったせいか、リカバリしなくてもすんなりアップグレードできましたし、非常に軽快な動きでいてくれます。
メモリは、最初の128MB+増設分256MBの、合計384MB。
CPUはアスロン800MHz。ハードディスクの空き容量は4分の3程度。
CPUパワーやメモリ容量から言っても、XPは充分動作します。
ウイルスバスター2006が入っていましたが、起動もそう遅くなく、充分実用的です。
OfficeXPもちゃんと起動しますし、Excel/Word以外は、メール程度の使い方ですので、おそらくこれで困るような事態にはならないでしょう。

ウイルスバスターはもうすぐ期限切れとのことで、後日ウイルスセキュリティZEROをインストールすることで話がついています。
これでさらに軽くなるでしょう。

正直なところ、この程度のパソコンであれば、買い換える必要は当面ないと言えます。
5年前のパソコンに4万円のアップグレード費用は確かに微妙なところですが、今ノートパソコンのOffice入りエントリー機を買えば、安くても9万円程度。
その安く上げたパソコンを購入しても、おそらく体感的には、5年の進化を感じることはほとんど無いでしょう。
そう考えると、4万円ちょっとのアップグレードは、決して高いものでもないと言えます。
なんでも買い換えればいいというものではないと考えます。

嘉田氏「もったいない」に有権者共感──女性で5人目の知事「県政変えたい」(7月3日) :日経ネット関西版

たまたま前日にあった選挙で、滋賀県知事が決まったニュースがありました。
この女性知事の押し出したアピールポイントは、

「税金の無駄遣い、もったいない」
「選挙権があるのに投票しない、もったいない」

「もったいない」がキーワードでした。
私自身は使えるパソコンを捨ててまで新しいパソコンを買う必要は無いと考えています。
ただ、以前の記事でも書きましたが、新しい製品が売れなくては、この業界はしぼんでいってしまいます。
しかし、なんでもかんでも買い換える必要も無いはずです。
その辺を正しくコンサルティングできれば、と思っていますが…今、家電量販店に関わって仕事をしていると、なかなかそういうことを言えない立場でもあります。
買い替えをしてくれるからこそ、今こうして仕事がたくさんある、という状態なのですから。

でも、イケイケだけでは、いずれしっぺ返しが来ると考えています。
家電量販店でも、お伺いしているお客さんの話を聞いていると、私の関わっている店以外で、「安さだけがウリ」という店舗は、やはりお客さんにそっぽを向かれつつあるのは確かなようです。
この辺は、さじ加減が難しいですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2006年07月03日(月) ソフトウェアアップグレード関連, ニュース, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« Yahooがらみのトラブル2つ。 | トップページ | 「手が離せない」は言い訳になりません。 »

ソフトウェアアップグレード関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/10782766/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 「もったいない」の精神。その2:

» 自作パソコン 松風2号でリナックス使ってます。 トラックバック 東方見聞人
この間、完成した自作パソコン「松風」。調子が良いので、自分のデジタルライフ、、充 続きを読む

受信: 2006/07/07 18:41:05

コメント

こちらのブログにコメントを頂きありがとうございます。

自分もPENⅢマシンを使っていると、「買い換えれば?」と散々言われました。
しかし、なんとか部品の流用で自作して、今は全くのストレスフリー環境です。
もったいないもですが、お金の節約もうれしいですね。
自作をしたという事で、パソコンの知識もつきました。

でも、もったいないと言うことを考えていかなくては、、、とこれからの社会、、思いますね。

投稿: だいまつ | 2006/07/09 19:06:22

だいまつ さん
どこかでも書いた記憶があるんですが、基本的に普通の人の用途(エクセル・ワード・ホームページ・メールだけ)に限れば、PenIIIで充分です。
時期的にWindows98SEの頃のPCであれば、そういう要望は満たされているんですよね。

それだけに、Vistaの要求スペックって、尋常じゃないですよね。
たかがメールのためだけでビデオメモリ512MBはありえない(笑)。

投稿: ささもと | 2006/07/19 20:30:52

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« Yahooがらみのトラブル2つ。 | トップページ | 「手が離せない」は言い訳になりません。 »