ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

リモコンで電源が入りません。

こちらは新品パソコンのセットアップ作業です。
今回のパソコンは、NECの2006年夏モデル、VALUESTAR L スタンダードタイプ VL500/FG(PC-VL500FG)です。

B000FCJU7W
NEC VALUESTAR L (CelD-346 3.06GHz 512MB 250GB DVDスーパーマルチ 17型SXGA WinXP-MCE)[PC-VL500FG]

最近流行のテレビ内蔵パソコンです。
「インスタント機能」搭載で、テレビなどが、いちいちWindowsの起動を待たなくても起動できるスグレモノです。
詳細については以下を参照。

インスタント機能 - Wikipedia
1年前から大きく進化、夏モデルのテレパソに注目 / デジタルARENA :NikkeiBPnet

今回の機種は、Windows XP Media Center Editionによって、休止状態を利用したものですが、機種によっては、Windowsの起動どころか、なんとBIOSのPOST処理さえすっ飛ばして、ほんの数秒で起動しまうものもあります。
この辺は、自作パソコンではなかなか実現が難しい、メーカー製パソコンならではの部分ですね。

ということで、一通りのセッティングが完了して、さぁインスタント機能を使ってテレビの起動だ!と、リモコンの「テレビ」ボタンをポチッとな。
これでパソコンの電源が入り、テレビが起動するはずなんですが…起動しません。

な、なんで????
まさか初期不良???

-------

インスタント機能は、メモリ追加だとかBIOS設定変更の際に、再セットアップが必要な場合があります。

[PDF]インスタント機能ご使用時の注意事項 :NEC 121ware.com

メモリ追加などでインスタント機能が起動できなくなった場合は、リカバリシステムから、インスタント機能のみの再セットアップができます。
以前にも経験があるので、まさかこれか?と思ったんですが…。

待て待て、慌てるな。
こんなときこそ説明書。

…うーむむむ、わからん!!
どうも機種によってはリモコンでは起動できない場合があるとかなんとか書いてある。
でもそれがどの機種とか明確に書いてない。

こんなときはインターネット(笑)。
幸いにも、ネットを含めた全てのセッティングは完了しているので、NECのこの機種のホームページを開いてみました。
すると…。

121ware.com > 知る > VALUESTAR L スタンダードタイプ 2.快適機能

このページによると、

*2:VL500/FGではキーボード操作により、パソコンを起動します。

∑( ̄□ ̄;
な、なんだとぅ~!!!

確かに、キーボードには、電源ボタンの左隣に「AV」「CD/DVD」というボタンがあります。
ということで、とりあえず電源を切ってみて、「AV」ボタンをポチッとな。

…起動するよ…。

よく考えたら、17インチ液晶モニタの赤外線受光部は、裏では本体とUSBでつながっているだけ。
これで電源は入るの?と疑問に思いながら接続したんですけど…やっぱり入りませんでした。
上位機種では、リモコン専用の端子で接続されているので、きっちりリモコンで起動するわけですが。

ってか、説明書に明確に書けよそれぐらい!!

どっと疲れました…。

2006年08月31日(木) ハードウェア不具合関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

またもやSystemDoctor2006と、セキュリティ対策の重要性。

こちらはタウンページ経由のお客様。

「ウイルス感染らしく、まともに起動しなくなってしまったんです…」

うーん、これだけではなんのこっちゃさっぱりわかりません。
でも、お客さんもどうやらそんなに詳しいわけではないらしく、うまく説明ができない模様。
ただ、最初の画面で英語名のウィルス感染を知らせるウィンドウが出て、それっきり起動が進まないとか。

うーむ、それって…。

-----

お伺いしてみたら…やっぱりそうですね。
以前にも対処したことのある、SystemDoctor2006です。

Windowsが起動すると、勝手に起動して、スキャンを始めます。
いらんので、速攻で止めます。
すると…
Systemdoctor2006_01

SystemDoctor 2006 はまだ実行中でコンピュータを保護しています。アプリケーションをもう一度開くにはシステムトレイアイコンをクリックしてください。SystemDoctor 2006 を閉じるには、トレイメニューに「終了」を選んでください。

…うーむ、「トレイメニューに『終了』を選んでください」ってなんじゃいな…。
相変わらず怪しい日本語です。
おまけに「コンピュータを保護しています」って…大ウソツキ野郎です。

こちらも前回と同じく、スタートメニューから、 SystemDoctor2006 の項目を探し、アンインストールのアイコンをクリックするだけ。
これで軽く駆除できてしまいました。
WinAntiVirusPro2006と並んで被害が多いようですが、まぁまだ素直なほうですよね。
他にも怪しげなツールバーがいくつも並んでいたので、Spybot1.4とAd-AwareSEでスキャンして駆除です。

「以前はノートンを使っていたんですが、それと似た表示だったので、ついだまされてしまいました」

そう、同じ黄色で紛らわしい名前なので、勘違いしてしまうのでしょうね。
とりあえず駆除できたので、まぁよしとしましょうよ。

「ああ、それはそうと、この起動の遅いのは何とかなりませんか?」

うーん…これはメモリが少ないですねぇ。
そこに加えて、ウイルスバスター2006が入っていては…ちょっと荷が重いですね。

お客さんの機種は、ソニーのVAIO RXシリーズのPCV-RX56L5
メモリは標準のままの256MB。
しかもXPのSP2が当たっていません。
これではセキュリティ対策の基本であるWindowsUpdateもできません。

-----

私は、セキュリティ対策のことは、「家の戸締り」にたとえて話をしています。

WindowsUpdateは、窓や玄関などの鍵をかけるような、日常的な戸締り。
セキュリティ対策ソフトは、マンションで言うオートロックや、一戸建てで言うSeコム(笑)などの警備会社との契約みたいなもの。

新築の一戸建てを買ったはいいけど、後からハウスメーカーから連絡がきます。
「すんません、トイレの小窓の鍵が、納品が間に合わなくて付いてません。送りますから付けておいてもらえますか」
そんなもん付けてくれてないまま引き渡してくれるのもどうかとは思いますが(笑)、付いていなければ鍵がかからないので、付ける必要はあるでしょう。
で、実は同じ構造の建売住宅は近所にいっぱいあって、全戸に連絡は行くんですが、ついでに町内掲示板でお知らせをしてくれているわけです(笑)。
それを見たドロボーさんは、「おーなるほど、トイレの小窓は外から簡単に開くわけだ」ということで、人通りの少なくなった夜中に、片っ端から開けまくっていくわけです。
開いてしまえば、やすやすと入り込むことはできてしまうわけです。

これがパソコンで言う、ウイルスなどの悪性ソフトの製作者の行動パターンの一つなわけですね。

だからSeコム(笑)などの警備会社と契約をしたりするわけですが…「10分で駆けつけます」といううたい文句があったとしても、その10分の間にコトを済ませて出て行ってくれてたら何にもなりません。
ただ、警備会社のセンサーがあると無いとでは、ドロボーさんも狙わなかったりするわけではありますが。

「なんだ、そこまでしてても入られてしまうんじゃ何やっても一緒じゃん」

とおっしゃる向きもあるでしょう。
でも、お出かけするときは、必ず鍵をかけますよね。
いくらなんでも、カギどころか玄関を開けっ放しで出かけるようなことはしませんよね。

昔の田舎の家なんかだと、鍵もかけずに農作業で出かけてたりしたもんです(笑)。
帰ってみたら、隣の家のおじさんが、自分の畑で取れた野菜を置いて行ってくれていた、みたいなこともあったわけですが…。
現在の街中の家では、同じようなことをしていたら、金目のものをごっそり盗まれていても不思議じゃないです。

そりゃ、いくら窓の鍵をかけていても、窓ガラスを割られたら入られてしまいますが、それはそれで仕方のないことですし、だからと言って、窓の鍵をかけない人は、おそらくいないはずです。
鍵をかけないでドロボーにやられても、「そりゃ鍵をかけないあんたも悪いよ」と、あまり同情されませんよね。

厳密には、パソコンの状況と同じではないのですが、感覚としては同じような感じですので、こんなたとえでセキュリティ対策の重要性をお伝えしています。

-----

ということで、SP2とウイルスバスター2006の組み合わせで、起動速度の改善をするには、メモリ追加が必須となります。
調べてみたら、この機種はDDRのDIMMスロットが3本あり、最大1.5GB(512MBのメモリが3本)搭載できるようです。
今、空きスロットが2本なので、とりあえず512MBを1本追加すればかなり実用的かと思われます。

という提案をさせてもらって、メモリ追加とSP2化の作業依頼をいただきました。
次回はその作業でお伺いすることになります。

2006年08月30日(水) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月28日 (月)

Windowsが起動しません。でもこれでは直りません。

こちらはタウンページ経由のお客様。

「ソーテックのデスクトップパソコンなんですが、Windowsが起動しないんです。なんか真っ黒の画面で『ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした』とか出て、WindowsXPロゴが出たらまた最初に戻って…の繰り返しなんです」

…うーむむむ。定番のトラブルですねぇ。

ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。

コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため自動的にシャットダウンした場合、前回正常起動時の構成を選択して、正しく機能した最新の設定に戻してください。

前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。

  セーフモード
  セーフモードとネットワーク
  セーフモードとコマンドプロンプト

  前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)

  Windows を通常起動する

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enter キーを押してください。

このメッセージで、どれを選んでも同じ、というもの。

実を言うと、ここ最近、8月だけで、これで4件目です。
やたらと続いてくれます。
全てハードディスクにエラーが出て、ハードディスク交換に至るものばかりでした。

去年の年末、12月も同じように何件もこのトラブルで呼ばれまくりでした。
どうも、こういうハードディスクのトラブルは、急に冷え込んだり、急に暑くなったり、というタイミングで頻発するようですね。

…とまぁ、ここまではよくある話ですが。
実際にお伺いしたら…。

-----

まずはとにかく現象確認です。

先のエラーメッセージでまずは止まり、カウントダウンの後に起動が始まり、WindowsXPのロゴが出てしばらくしたら…ぷちっと再起動がかかり、メーカーロゴが出ます。

もう今月は見飽きた感のあるトラブルです。

最近はきっちり持ち歩いている「Ultimate Boot CD」を使ってハードディスク診断です。
こちらはウェスタンデジタル社のものでしたので、チェックのみしかできませんでしたが、やはりエラーが出ます。
こりゃ交換ですね。
リカバリCD-ROMがあれば、ウチで引き取って交換できますが。

「え?リカバリCD-ROM?そんなのありませんよ?」

∑( ̄□ ̄;
それじゃハードディスクは交換できんじゃないですか…。
なくしちゃったんですか?

「いいえ、最初から付いてなかったですよ…」

…うーむむむ。
ソーテックのデスクトップですよねぇ。
説明書、見せてもらえます??

付属品は、Officeを含めてきっちり置いてありました。
確かに、この状態だと、リカバリディスクだけ紛失した、ってのはなさそうな…と思いながら付属品リストやら説明書の記述をパラパラ読んでいると…あったあった。

「このパソコンにはリカバリディスクは付属しておりません。ハードディスクからリカバリを行ないます」

( ̄□ ̄;
うんがぁ~出た出た、ハードディスクリカバリ
事前にリカバリディスクは作成できるようになっているらしいんですが、そんなことをきっちりやっている初心者なんているはずもなく…。
今回は、ハードディスク自体の問題で交換が必要なわけですが、交換してもこれではリカバリ不能です。

とりあえず、選択肢としては、

  • ソーテックに連絡して、リカバリディスクを購入して、改めてご連絡いただく
  • ソーテックへ修理に出す
  • あきらめて買い換える
のいずれかですね。
ということで、診断のみで引き上げとなりました。

ハードディスクリカバリというのは、確かに便利です。
かなり速くリカバリできるので、お手軽に初期状態への復元ができますから。
でも、それが利点となるユーザーは、ほんの少数です。
メーカー以外で修理をさせないという戦略の一つなんでしょうかねぇ。
でも、年数が経つと、リカバリディスクの供給すら止められてしまうことがあるので、そうなると完全に修理不可です。
ハードディスクを交換するだけで元通り使えるものであっても、これでは捨てるしかない状態になります。

リカバリディスクを添付しない理由を「環境保護の観点で」と書いてあるメーカーがありましたが、最終的にCD-ROM数枚のゴミが増えるのと、パソコン本体がゴミとして出てしまうのが早まるのと、どっちが環境保護になるんでしょうかね?

2006年08月28日(月) 定番トラブル, ハードウェア不具合関連(ハードディスク), パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

eoなのに「Yahoo!がつながらない」??

こちらは「Yahoo!がつながらないので、とにかく来てほしい」とのこと。
でも、お客さんの回線は、YBBではなくeo光だそうです。

うーむ、なんですかそりゃ??

聞いてみると、用語などがうまく理解できておらず、電話だけでは状況確認もままならない状態なようです。
話をすればするほどわからなくなり、「とにかく来てくれ、来て状態を見てくれ」ということになりました。
前にも書きましたが、こういうのは、準備するものがよくわからないので、一発で片付かない可能性があり、あとあと尾を引くことになりかねないんですけどねぇ。
でも、いくら電話で話をしていてわからなくても、現場で見れば一発でわかる事も、少なからずあるのは確かです。

お客さんも、そういうもどかしい状態で、顔見知りならともかく、初めて電話したようなところに「とにかく来てくれ」とは、本来ならなかなか言えないものだと思います。
でも、パソコンのトラブルで本当に求められているのは、

  • 気軽に声がかけられる
  • 気軽に来てもらえる
そういう存在なんですよね。

まぁそれはそれとして、今回のトラブルは…。

とにかくお伺いの前に、いつもどおり電話を入れます。

「こちらはケイ・オプティコムです。ただいま電話が使えない状態です」

( ̄△ ̄;

-----

とにかくお伺いするしかないのでお伺いしてみました。
とりあえずご在宅でしたが…電話がつながらないことをお伝えすると、

「え~?電話がつながらん?ゆうべはつながってたけどなぁ」

電話機の横のONUを見せてもらうと…電源が切れてます。(--;
受話器を取って耳に当てても、音がしません。eo光電話をご利用ですので当然ですが。
ONUにつながっているACアダプタを探してみると…ゆるんでがっくりと抜けてます。
築年数の経っているお宅では、こうしてACアダプタを支えきれないゆるゆるの壁面コンセントがしばしば見受けられます。
コンセントがゆるゆるのACアダプタを改めてきちっと刺しなおすと、音がするようになりました。
受信も発信もOKです。
おいおい、まさかYahoo!がつながらんちゅーのは、これで解決するんとちゃうやろなぁ~…。

でもよく考えると、「ゆうべはつながってた」とおっしゃってますし、トラブルの連絡をもらったのはそれ以前。
電話がつながらなかったのはこのせいでしょうけど、呼ばれた現象はおそらく無関係でしょう。
ノートパソコンを起動してもらうと、案の定、やっぱりつながりません。
ブラウザを起動しても「ページを表示できません」です。

「ほら、Yahoo!がつながらへんねん」

…( ̄△ ̄;
いやまぁ、そりゃ、ブラウザの最初のページとして設定された「Yahoo!のトップページ」は開きませんけどねぇ。
それと「つながらない」とは現象が違いますって…。

まぁ、突っ込んだところを理解されておられない、世の中の大多数の「初心者」の方は、なんでもかんでもひっくるめて「つながらない」になってしまうんですよね。
そこをうまく聞き出すのが、電話を受けた人間の力量が試されるところです。
「何がどうつながらないのか」がわかれば、現場での対処や事前の準備が大きく変わるからです。

で、画面をよく見ると、ワイヤレスネットワークが接続できていないようです。
ノートパソコンに刺さっている無線LANのアダプタはバッファロー製ですが、光回線につながっている無線ルーターはNEC製。うーむ、よーわからんなぁ(笑)。
この組み合わせなら、変にらくらく無線スタートEXを入れるよりは、とりあえず手動でWEP設定するのが最も確実なところでしょう。

とりあえず、説明書を出してもらって読んでいたら、WEPキーがメモしてあるので打ち込んでみましたが…なぜかWEPキーが通りません。
また、ESSIDも変です。
なんか女性の名前のローマ字読みになってますが…。

「ああ、これ、ワシのムスメの名前や。そういえばなんか大学が夏休みで帰ってきてて、コチャコチャいじっとったなぁ」

…( ̄△ ̄;
そ、それを早く言ってくれ…。

とりあえず、いつものロングLANケーブルで有線接続して、設定画面を開いてWEPキーを拾ってみます。
拾ったWEPキーをノートパソコンに設定して、問題なくつながるようになりました。

家族が勝手にいじっておかしくしてる、という件は珍しくありませんが…たとえ家庭内のことでも、勝手にいじったのなら、責任を持って元に戻しておいてほしいもんです。

2006年08月27日(日) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

それではプリンタがつながりません。

こちらはADSLから光プレミアムへの回線乗り換えに伴う設定変更です。
小さな事務所でしたので、パソコンが6台ほどありました。
それらのインターネット接続とメール設定を一通り確認することになったので、金額的にはそこそこ張ります。
でもまぁ、もともとADSLで有線ルーターでの接続をしていたらしいので、たいしたことはないだろうとお伺いしてみたんですが…。

-----

お伺いしたら、光の開通直後だったようで、ONUとCTUが置いてあります。
NTTはそこまでしかしてくれませんので、ここから先の作業が私の仕事です。

作業にかかる前に、現状確認です。

ADSLモデムから有線ルーター、そこから先は…なんかHUBがつながって、けっこういろいろつながってますよ?
まぁとりあえず、この調子なら、ルーターを単にCTUへつなぎかえてブリッジ設定にすればいいんじゃないかと思われます。

ADSLモデムにつながっていた有線ルーターのWAN側の線を抜き、CTUに接続し、有線ルーターの設定画面を開いて、ルーター機能をOFFに。
一応、これでインターネット接続はすぐに出来るようになりました。
光プレミアムの「セキュリティ対策ツール」ですが、こちらの事務所はノートンインターネットセキュリティを導入されていましたので、とりあえず使わずにおいておきます。

ホームページが問題なく表示されるのを見て安心して、ふと顔を上げると…プリンタが2台並んでます。
うーむむむ…まさか…。

「ええ、このプリンタ、共有で使ってますよ」

…うーむ、どうやってます?

「えーとですね、こういう接続用のソフトがあって…あれ、つながりませんね」

そのソフトをよくよく見たら、どうもコレガのプリントサーバーの接続用ソフトで、同時に複数台からは利用できない仕様です。変なの。
で、ウィンドウにIPアドレスが表示されていますが、プリントサーバーは192.168.1.*で設定されています…。
今回変えた設定では、CTUが配布している192.168.24.*のIPアドレスをLANに流しているので、セグメントが違うということで、当然つながりません。

( ̄△ ̄;

これじゃ、ルーターのブリッジ設定だけではダメじゃん…。
でも、プリントサーバー2台の設定まで入れると、さらに料金が上乗せにされます。
それもどうもなぁ…。

あちこち相談した結果、光の回線はホームページ閲覧とメール送受信でしか使わない予定とのことなので、CTU配下でルーターを稼動させる方法で行くことにしました。
ルーターのブリッジ設定を解除し、WAN側をDHCPにしておきました。
特殊なことをしているわけでもなく、テレビ電話やフレッツスクエアのv6ステージを使うわけでもないので、これで行くことにしました。
今までADSL回線で、それの差し替えなのですから、これで何も困ることはありません。
光プレミアムの本当の真価は、IPv6にあるんでしょうけど、この使い方では、それでなければならない理由は全くありません。

ということで、ネットもメールもプリンタも、元通り使えるようになりました。

IPv6って、いろいろ水面下の動きがあるわけですが、なかなか一般の人の大きなメリットとして見えてこないのがちょっと寂しいですね。

2006年08月26日(土) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

何でこんなに回線速度が遅いのか?

こちらはすでにノートパソコンはご購入済みで、有線で接続されていましたが、離れた部屋にあるデスクトップパソコンを無線で接続してほしい、とのご依頼でした。
無線ルーターとUSBタイプの子機のセットをお持ちしての設定です。

お伺いして、まずは回線がきちんとつながっていることを、既設のノートパソコンで確認しておきました。
ルータータイプのモデムですので、今回はルーターに差し替えても、設定変更をする必要がなさそうです。
ということで、別室のデスクトップパソコンの設定と参りましょう。

デスクトップパソコンの電源を入れて、デスクトップが現れました。

…うーむむむ。WinMXのアイコンがあるじゃないですか…。
とりあえず、見なかったことにして(笑)作業に入ります。

心配していた無線接続性も、それほど受信強度が弱くないので、問題なくつながっているようです。
しかし…何だこの遅さは??

-----

WinMXとかありますし、その辺を疑うのもいいんですが…。
まぁまずは適当なスピードチェック用サイトに接続して、回線速度のチェックです。
以前は「ブロードバンドスピードテスト」というサイトをちょくちょく使っていたんですが、怪しげな出会い系サイトの宣伝が節操なくバリバリ表示されるので、お客さんのところで使うのはためらわれるので、使わなくなりました。

Yahoo! BB ADSL Speed Checker | Yahoo! BB サービス

お手軽ですし、お客さんにも名前が通っていますので、こちらを使っています。

で、チェックしてみたところ…ん~~、0.9Mbpsですか…。
何度測っても同じです。
こりゃどうしたことでしょう?

もう一台のノートパソコンでもチェックをかけてみましたが、全く同じです。
こりゃどうやら回線そのものが遅いようですねぇ…。

と悩んでいたら、

「ああ、ここは距離が遠いので、速度が出ないから1メガの契約なんですよ」

( ̄△ ̄;

そ、それを早く言ってください…。
でも、1Mbpsの回線で0.9Mbpsって、そんなもんなんですかねぇ。
割ときっちり出るもんですね。

とりあえず、MX関連の疑いは黙っておきましょう。
量販店案件ですし、変に突っ込むとヤヤコシイことになりますし、今いらっしゃるのは奥様だけで、このデスクトップはだんなさんのものらしいですし。

「このパソコン、変でしょう??ダンナはいろいろいじってるらしいんですが、よくわかりませんわ」

…じゃ、なおさらこれ以上突っ込まないでおきます( ̄▽ ̄;

2006年08月25日(金) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

やっぱりバンドルソフトは少ない方が…。

パソコンの初期セットアップとネット接続を依頼されて行ったのですが、ここのお客さんは、「とにかく安くてシンプルなのを」ということで、NECのValueOneシリーズを買われたようです。

121ware.com > 知る > ValueOne MT アドバンストタイプ

とにかくシンプルです。
Officeすら入ってません(笑)。

「インターネットとメールと、PDFが見れたらいいし、プリンタとスキャナがつながって、ウイルス対策ができてればそれでいい」

事務所での利用のお客さんでしたが、なんともシンプルなご要求です。
でも、Officeもあったほうがいいような気もするんですけどねぇ。
とりあえず、こちらは要求された作業をこなすだけです。

いつもどおり、お客さんとパソコン関連の雑談とかしながら作業を進めていましたが…。

-----

特に問題があったわけでもないので、ネットとメールの設定をこなしたら、あとはセット購入割引のついたパッケージ版のノートンインターネットセキュリティ2006をインストール・セットアップです。

ノートン・インターネットセキュリティ 2006 キャンペーン版
B000FPFZG4

ノートンの場合は、セットアップ後、必ず1回はフルスキャンをしなければなりません。
いつものテレビ内蔵パソコンなんかだと、これがまた1時間以上かかることになります。
普通なら、作業の最後にスキャンをかけたまま引き上げるんですが…。

「まぁまぁコーヒー入れたからゆっくりしていってよ」

…えーっと、いやその…次があるんですけど…。

まぁとりあえずコーヒー飲むぐらいの時間はあるかな?と雑談の続きをしていたら…。

「あ、スキャン終わったね」

へ?
そ、そんなバカな??
10分ぐらいしか経ってませんよ??

よく見たら、スキャンしたファイルの数が、いつものテレパソよりも圧倒的に少ないです。

うーむむむむ…。
そりゃバンドルソフトが少なければ、スキャンするべきファイルが少ないわけですから、当然といえば当然なんですが。
ちょっとした発見でした。

-----

よくある誤解として「変なソフトがいっぱい入っていると重くなる」というのがあります。

いろいろインストールされていると、デスクトップにアイコンが増えたり、スタートメニューが巨大化するので、視覚的には

こんなたくさんインストールされてると、モノスゴイ容量を食っているんじゃないのか?

という誤解をしがちです。

でも、最近のパソコンは、ハードディスクは飛躍的に大容量化していますので、ちょっと前に比べれば、ハードディスクの空き容量を圧迫して困る、というほどではありません。
最近のパソコンは、ハードディスク容量に対するバンドルソフトの占める割合は、逆に少なくなってます。
バンドルソフトって、確かにどんどん増える傾向にありますけど、それ以上に空き容量も増えているんですよね。
また、「ハードディスクの使用領域」と「CPUの負荷」は、比例するわけではありません。

それに、ここまでバンドルソフトが増えると外すのも大変ですし、外したあとはきちんとデフラグかけないと、かえって変な断片化を起こしかねません。
また、外す手間に見合った快適さが得られるとは限りません。

そんなに「見える項目」が気になるのなら、スタートメニューの項目の削除と、デスクトップのアイコンの削除でいいんじゃないかという気もするぐらいです。

私としては、起動しっぱなしの常駐物の使わないソフト以外は、変に外さないほうがいいと考えていますが、みなさんはどうでしょう。

2006年08月24日(木) ウィルス・スパイウェア関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

フルーツフラワーパークと記録的雷雨。

D10002698/22、8/23はお休みをいただいて、家内の妹と両親の家族とで、神戸市北区のフルーツフラワーパークへ泊りがけで行きました。

神戸市立フルーツ・フラワーパーク

ここの近所は、とある案件でしばしば通りかかるんですが…(^^;
施設自体は、意外と「目玉」が少ないので、単にゆっくりしに行っただけなんですけどね。

この日は、朝からかなりいい天気でした。
でも、どうにも雲行きが怪しい感じが…。

昼食を取って、さぁあとはプールで遊ぶぞ!とコドモが意気込んでいたんですが…写真の通りでなんと突然モノスゴイ雷雨が!!
当然ながら、遊泳は中止。
一時的な通り雨だろうと楽観して待っていたんですが…なんと「本日の営業は中止」
なんだとー!!

係員に聞いてみたら、気象警報が出ているとか。
警報って言っても…こんな夕立、よくあることじゃ??

なんて思ってたら、この日の雷雨は、大阪あたりでモノスゴイことになっていました…。
豊中あたりでは、1時間に100ミリを越す記録的な大雨で、大変なことになっていたようです。
実際、このフルーツフラワーパークあたりでも、しばらく雷雨がやみませんでしたので、部屋の中でおとなしくしているしかありませんでした。

-----

結局は、プールは翌日に持越しです。

翌日は、プールで遊ぶ家族を尻目に、別件で用事があった私は、お昼過ぎに引き上げました。

しかしまぁ、あんな強烈な雷雨は久しぶりでした…。

2006年08月22日(火) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

きちんと確認してください。またまた。

こちらは先週のお客さんの再訪問。
今度は電話でYBBモデムが届いていることを電話で確認してからの訪問です。

実際にお伺いしてみて、開通作業を始めました。
いつものようにモデムの箱を開けてコンセントや電話線やLANケーブルをつないでいきます。
なにやら、電話回線にはNTTのADSLスプリッタがぶら下がっています。

「ああ、それね。以前はNTTのADSLを使っていたんで」

なるほど、ADSLは使えていたわけですか。
それなら問題ないだろう、と思ったのはいいのですが…。

-----

モデムのランプを確認し、ADSL接続が確立するのを待って、おまかせセットアップCD-ROMを使ってセットアップを始めたのですが…妙に遅い。
気がついたら、モデムがカチカチ言ってます。

…うーむ、どうもリンクが不安定みたいですねぇ。

もしかしたら距離が遠いのか?と思ったんですが、リンクが確立しているスキ(?)を狙って線路長を確認してみたら…1700メートルほど。これでそれほど問題があるとも思えない。

そうこうしている間に、なにやら電話がかかってきてお客さんが取られましたが…数秒程度で切れてしまいました。
モデムを見ると、ADSLリンクの確立ができておらず、BBフォンのランプが消えています。
うーむ、ダメだこりゃ。
でも、なんでだろ?
フレッツは使えていたんですよねぇ?

「んー、フレッツもしょっちゅう切れたり遅かったりしたのが気に入らなかったので、今回ヤフーに切り替えたんだけど…」

うーむむむむ…。

そこでピンと来た。
ま、まさかガス検知器とかつながってませんよね…?

「ガス検知器?ああ、プロパンのね。付いてるよ」

( ̄△ ̄;
だ、ダメじゃん…。

よくよくお話を聞いていると、どうやら先にフレッツを使っていたことを伝えたことで、店舗担当者もガス検知器などのヒヤリングをしなかったらしいのです。
確かに私もそれで油断しましたけど…受付する時にちゃんと確認してくださいよぉ…。

ということで、また来週~…はぁあ~。

追記:
次の週にお伺いして、ガス会社の対策が済んだら、いともあっけなく接続成功でした。
おまかせセットアップCD-ROMはそれなりの時間がかかりましたが、とにかく使えるようになってお客さんもようやく一息つけました。
ちなみに、再訪問分の経費は、店舗負担となりました。
店舗はお客さんに「訪問対応は料金のかかることなので、ご負担いただけないでしょうか?」と聞いていたようですが…そんなもん、聞くまでもなく、出してもらえるわけがないでしょうに。

2006年08月20日(日) ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

地域コード表って?

今回は東芝のテレビ内蔵ダイナブック、Qosmio(コスミオ)のチューナー設定です。

このテレビパソコン、テレビ製作班が関わるぐらい、かなりAV機能にこだわったものらしいんですが…うーん、その割にはタマ数が出てないような…。

他のメーカーでもテレビパソコンはいろいろ設定しましたけど、コレが他のメーカーのものとちょっと変わったところは、「地域コード表」を使うということ。
他のメーカーは、チャンネル設定の際、地域設定は全て画面上のプルダウンメニューなどから選択するんですが、このコスミオは、添付の「地域コード表」から地域を選び、そのコード番号を入力するというもの。
確かにこれはテレビやビデオなど、設定画面がリモコンで設定するタイプの機器では一般的ですが…テレビ製作班が関わると、こういうことになるんでしょうかねぇ。

要はプルダウンメニューなのか地域コード入力なのか、というだけの違いではあるんですが、他のメーカーの設定に慣れていたら、わざわざ添付の地域コード表を見なければならないというやり方がピンと来なくて、しばしそこで悩んでしまいました…。

2006年08月19日(土) パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

Excelを使う必然性。

今回は、とあるルートでの出張対応依頼。
Excelの操作で困っておられるお客さんの操作指導をしてきてほしい、というもの。
なにやら、特定のボタンが表示されなくなったとか、表の中のデータを変更できないだとか、いろいろあるようです。

この程度の話は、直接の依頼ででもない話でもありません。
でも、どちらかというと、こういう操作の出張指導依頼というのは、

「お金がかかる」

と言われると、ついつい

「お金がかかるならやめとく」

という感覚になることが多いと思います。
それに、何らかの形で顔見知りならばともかく、初対面の、知っているかどうかもよくわからない人に教えに来てもらうというのは、かなり抵抗があると思います。
事実、私がそういった操作をお教えしているお得意様は、別の形でお会いした方ばかりで、「知ってるなら料金払うから教えてよ」とおっしゃっていただけたのでお教えしている人ばかりです。
まぁその辺は置いといて。

今回のお客さんは、確かにExcelの操作でつまづいておられたのですが…。

-----

このお客さんの場合は、ご自身の趣味のコレクションが膨大な数なので、それの一覧表を印刷するために、Excelで表を作っておられたもの。

要は単純に印刷するためだけのものだったわけですが、なぜかセルの結合やら表示形式の変更やら細かい小手先のテクニックがあちらこちらに使われていて、後からいじろうにも、そういうセルの設定が不規則で、下手にいじることすらままなりません。

とりあえず、特定のボタンが表示されないなどのトラブル?をとっとと片付けて、Excelの使い方のレクチャーをしておきました。

Excelの使い方、というよりは、Excelを使うならこう使うべきものという部分のレクチャーになりましたね。

よくあるおかしな使い方としては、

長文コメントが1行の枠で収まらず、直下のセルに2行目、3行目をぶつ切りにして入れている

というもの。
これは、紙に印刷する際には全く問題ないので、それだけが目的ならそれで済ませてしまうことも多い使い方です。
しかし、それをデータとして他人に渡すとなると、話は変わってきます。
たかだか2~3行のコメントではありますが、2~3のセルにまたがっているため、わざわざ結合させなければ流用もままならないのです。

私が会社にいた頃によくあったのは、会議の議事録をExcelで作って、改行は次のセルに行くような入れ方にしてあるというもの。
これは集団において、作業の効率を落とす元となり、やるべきではないことの一つなんですけどねぇ。

たとえばその中の文章をメールに転記したくても、セルを一行ずつコピーしては貼り付け、コピーしては貼り付けの繰り返し。
それが20行もあったりすると、殺意さえ芽生えかねません(おいおい)。
そういう議事録を作る時も、わざわざ打ち込みを一定量おきにぶつ切りにし、別のセルに打ち込むという手間をかけなければなりませんし、打ち込んでいる間に文章の挿入が発生したりすると、その編集の手間はただならぬものがあるはずです。
せっかくそこまで手間をかけて文字データにしてあるというのに、印刷以外には全く使えない、つぶしの利かないデータと言えましょう。
文字データにする意味が9割方失せてしまっています。

また、もう一つのありがちな使い方が、

その項目(セル)が上の行と同じ内容なら「〃」という記号(もしくは空白)で済ませている

というもの。
印刷して人間が見るものであれば、それもアリですけど、データとして扱った場合、それは「上の行と同じ」という意味ではなく、「『〃』というデータ」として扱われることになります。
データとして扱う場合、しばしばソーティング(並べ替え)を行なったりします。
その場合、「〃」としか書いていないデータは、ソーティングを行なった瞬間に意味を失います。
データとして扱うことが少しでも想定される場合、これはやってはならないことになります。

今回のお客さんは、それに加えて、データの横軸「項目」の内容が不明確で、勝手なコメントが加わっていたりで、人間が見る「表」としても不完全なものでした。
もうここまで来ると、Excelうんぬんの話ではありません。

仕方がないので、少しだけ時間をかけて、1ページだけ表の整理を行いました。
とりあえずそこに至るまでの過程の説明は省略し、お客さんに項目のヒヤリングを行ないながら、項目とデータ(セル)の整理をし、一つの完成形を作り上げてみました。
本人が「完成形」のイメージを持っていなければ、そこにたどり着くことは決してできないのです。
そこに至る過程は、それからの説明でも遅くはないのです。
ゴールの見えない作業と、ゴールに向かって着々と完成しつつある過程が見える作業とでは、そのモチベーションや習得しやすさが大きく違ってきます。
まずはゴールを明示するところから入ったわけです。

「おー、なるほど。こういう風に作るんだねぇ。データがまとまってキレイに見えるね」

お客さんも、そこまで出来上がって、ようやくイメージがつかめたようです。

「でも、これだと、印刷したらゴチャゴチャしそうだね」

そこは目的が違うから仕方がありません。
印刷してキレイな表と、データとして使い回しがきちんとできる表は、なかなか両立させることが難しいものです。
そこら辺は、Excelの使い方をマスターし、データの扱いをきちんと把握した人でなければできません。

「見やすい印刷」「データとしての扱いやすさ」を両立させるのは次への課題として、今回はその違いをご理解いただいて、お困りの操作の解決をしましたので、次へのステップができ、お客さんもご満足いただけたようです。

-----

今はパソコンが世の中へ浸透していく過渡期です。
まだまだこういう「データにする意義」というところが理解されておらず、

わざわざデータとして打ち込んで、自分にも相手にも手間をかけさせてしまう

というトホホな事象は後を絶ちません。

よくあるのは、

Microsoft Office Specialist 公式サイト :(株)オデッセイ コミュニケーションズ

Microsoft Office Specialist(MOS)の検定試験に受かったからといって、「資格を持ってるならすごい書類が作れるんだ」と周囲が勘違いすること。

MOSを持っているからって、使えるファイルを作成できるとは限りません。
あれはあくまで「操作のスペシャリスト」という観点の検定ですので、操作をマスターしたという一つのステップに過ぎません。
結局は、本当に意味のあることというのは、「その技能を使ってどう仕事に活かせるか」ということです。
資格や検定というものは、「受かればそれで終わり」ではなく、「受かったらどう活用するものなのか」を見据えてこそ初めて意味のあるものとなります。

資格も検定も、取っただけなら、ただの紙切れ、ただの肩書きに過ぎません。

2006年08月18日(金) パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

なかなか電源が入りません。

この日は特筆すべきこともなかったので、これより前に実施したトラブルのことなんぞ書いてみます。

こちらは、直接電話がかかってきたお客様。

「自作機なんですけど、電源がなかなか入らないんです。5分ぐらいがんばってるとなんとか起動するんですが…」

うーむ、5分ぐらいがんばったら、ですか??
なんとなく、電源スイッチの不良という気がしないでもないですねぇ。
自作機ですからなおのこと。

「えーと、私もそれを疑って、電源スイッチは買ったんですよね。でも同じなんです」

うーむむむ。
そこまでやっておられるなら、行くしかないですね。
ってか、どっちにしても依頼であれば行くんですけどね(笑)。

-----

時々おられるお客様で、「とにかく来てくれ、見てくれたらわかるから」と、何が何でも来させようとする人がいます。
行くのはかまわないんです。
逆に、行かなければお金にならないんですから。
でも、現場で「お金の取れる仕事」をするためには、それなりの準備が必要なんです。
そのために、状況確認は必須です。

作業に必要なものを何でもかんでも持って行けるわけでもありませんし、「ソレを聞いてたらアレを持ってきてたのに…」という事態が発生していては、一発で片付きません。
一発で片付けてこそ、「お金の取れる仕事」なんですから。
いわゆる「工事屋さんのクルマ」みたいに、何でもかんでも積んで持って行ければ理想ですが…。
コストを抑えているということもありますが、クルマが横付けできるところばかりでもないということもありますので、本来、私の仕事の「足」はバイクです。
ですので、持てる装備は限られています。
限られた中で、いかに効率よく装備をそろえるかがポイントですね。

それは、私のサラリーマン時代も同じでした。
遠くの顧客からのトラブルコールで、工具カバンひとつで新幹線や飛行機で現地に向かう仕事をしてましたので、そういうのには慣れています。
工具カバンと一口に言っても、その中身が重要になります。
そこはサービスマンとしての腕の見せ所のひとつですね。
まぁそれはさておき。

-----

お伺いして現象を確認してみました。
電源ボタンをいくらプチプチ押しても反応がありません。
もちろんコンセントは確実に刺さっています。
うーん、確かに電源が入りませんね。

同じような「電源が入らない」トラブルは、以前にもありました。
それ以来、動作検証用の電源ユニットは用意しています。
併せて電源ユニットの動作確認用治具も用意していますので、電源ユニット自身のトラブルかどうかはすぐにわかります。
まずは電源ユニットの冶具を使って、お客さんの電源ユニット自体のトラブルかどうかを確認してみます。

冶具をつないで電源ボタンを押すと…電源は入ります。
テスターであたると、電圧も問題なさげです。
単体でなら、電源はきちんと入るということは、どうやら電源ユニットだけのトラブルではないようです。
では、電源ボタンか、マザーボードか、それとも電源ユニットの劣化か…。

ふとCPU周りを見てみると…。

D1000194

げっ!
こ、コンデンサがパンクしてますがな…。

5分ほどがんばったら電源が入る、というのはおそらくこのパンクした/しかかったコンデンサが、何度も電源を入れることにより電荷を貯め込める状態になるから…でしょうかね?
それとも、この夏の暑さで、ある程度コンデンサが温まりやすくなるから…でしょうか?

まぁいずれにしても、これではまともに使い続けることはできないことだけは確かです。
こうなるともう、マザーボード交換がもっとも確実な修理と言えましょう。
でも、見ての通り、CPUはPentiumIIIタイプの古いもの。
同じマザーボードを入手するのはかなり困難ですし、マザーボードを新調するとなると、CPUからメモリから、さらには電源まで総とっかえとなります。

以前に一度、同じように電源の入らなくなったマザーボードのコンデンサを交換してみようとパーツ屋さんに行ってみたことがあります。
この手のコンデンサは、普通に売っているタイプとは違い、温度耐性が強化されたタイプです。
普通に売っているものは80℃程度ですが、このタイプは100℃程度。
容量などにもよりますが、単品で購入すると1個200円以上したりします。
ボード上のコンデンサを全部交換していると、部品代だけで2000円程度かかる計算になります。
それを交換して確実に治るのであれば、マザーボードを買い換えるよりは安く上がる可能性はありますけど、それは確実に半田付けができる人だけです。
このタイプのマザーボードはスルーホール基板ですから、基板をいためずにコンデンサを外して、きちんと半田付けをやり直す技術を持った人は、おそらくかなり少数です。
私もそういう作業をする現場からは退いてしまっていますし、道具が揃っていないと、個人の趣味の範囲ならまだしも、それではお金の取れる仕事はできません。
それに、電源が入らない原因が明確でない以上、コンデンサ交換だけで確実に治る保証はありません。
この時は仕事ではなかったのですが、手間と値段とリスクを考えて、その時は断念しました。

そんな話をお客さんにしてみて、お客さんも修理を断念されました。
ということで、今回は診断のみです。

「治らないのは残念ですが、とにかく原因がわからない状態だったので踏ん切りがつきませんでしたから、原因がわかって、すっきり買い替えに切り替えることができます。ありがとうございました」

こういう相談に乗ってくれるために出張してくれる業者って、確かに少ないですからね。
お役に立ててよかったです。(^^)
でも、診断だけではあまりお金にならないんですけどね…。

2006年08月12日(土) ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(電源), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ガソリン代の裏技とダイヤルアップ接続。

D1000258
こちらははるばる淡路島まで行きました。
明石海峡大橋を渡り、インターをいくつか通過した先のお客さんです。

明石海峡大橋を渡り切ったところに、淡路SAがあります。
ここには、なぜか観覧車があります。
まぁ、景色がいいので、あってもいですけどねぇ…。
夜にはイルミネーションが点くので、対岸の神戸は垂水区あたりからキレイに見えます。
でも、採算取れてるんでしょうかねぇ。

で、帰りにこのSAでガソリンの給油をしました。
高速道路のSAの給油所は、基本的に一般道より高いはずなんですが…。

-----

これはニュースなどでもやっていたので、ご存知の方も多いことでしょう。
高速道路のSA/PAの給油所の価格は、前月の小売価格の平均から算出されるんだそうです。
(細かいところは忘れましたが、だいたいそんな感じの算出方法だったはずです)
八月に入ったあたりから、急激にガソリン価格が高騰し始めましたので、7月の平均小売価格より、現状の小売価格の方が高くなってしまったために、従来ならば高速道路の給油所の方が割高だったんですが、この八月に限って言えば、高速道路の給油所の方が割安になってしまったのです。

D1000187

ご覧の通り、レギュラーが137円。
同じ日の一般道のレギュラーは144円前後。
リッター当たり7円ほど違うわけです。

知ってる人は知ってたので、給油所にはやはり行列ができていました(笑)。

-----

今回のお客さん、ネット接続はダイヤルアップでした。
よくよく事情をお聞きすると、一応光回線は申し込んでいるそうなんですが、1年待ちだそうです…。
で、ADSLはというと、電話局が対応していないんだそうです…なんとまぁ。

最近、「光ファイバー1年待ち」という話をよく聞きます。
今回のような山間部などの人口密度の低い地域ならまだわからなくもないのですが、神戸市西部の住宅密集地でも1年待ちとか言われたりしています。
それでもガンガン光ファイバの宣伝をしているのを見かけます。
かれこれ社会問題にならないのか?と疑問なんですが…。

ダイヤルアップは、今回のようなやむをえない事情でもない限り、避けた方がいいと考えています。
今時ダイヤルアップ接続のルーターはほとんど市販されていませんので、ダイヤルアップの場合は、パソコンに直接グローバルIPが割り振られます。
セキュリティ対策ソフトやルーターなどがない場合、パソコンが直接インターネットに晒されるため、ウイルス感染や悪意の攻撃などを受けるリスクが飛躍的に高くなります。
この辺は、広帯域接続やフレッツ接続ツールなどで接続する場合も同じなんですが。

しかし、ダイヤルアップの場合、つい

「こんな遅い回線でつないでいたら、ウィルスなんかにやられないだろう」

という変な安心感を持ってしまう人がとても多いのです。
大間違いです。
特にブラスターなんかは、本体は、ちょっと重いホームページ程度の容量しかありませんから、いくつかサイトを見ている間に、やすやすと入り込めるだけの大きさでしかありません。
回線のスピードは、速かろうが遅かろうが関係ありません。

逆に、そういったセキュリティホールを埋めるための修正パッチの方が容量が大きいことも珍しくないので、ダイヤルアップではそれのダウンロードはついつい面倒になってしまいますし、電話代も異様にかかってしまうことになります。
また、セキュリティ対策ソフトをインストールしていても、ろくにパターンファイルの更新もできない状態になります。
その結果、充分な対策が取れない状態となり、下手なADSLなんかより回線利用料金がかかる割に、リスクの高い状態になります。

よく聞かれるのは、

「そんなに使わないからダイヤルアップでいいや」

という声。
今時は、1時間以内の利用なら月額1000円を切る回線もあったりしますので、ダイヤルアップで毎月2000円ほどもプロバイダの基本料金を払うぐらいなら、こういう回線に乗り換えたほうがはるかにマシです。
そんなに使わないならなおさら、なのです。

ただ、今回のお客さんのように、地域によっては無理な場合もあるわけです。
つながなければそれでいい、というものかもしれませんが、今時はなかなかそうもいきませんから、ダイヤルアップしか使えない地域の方は大変だと思います…。

2006年08月11日(金) ニュース, ネットにつながらない・遅い, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

またもやCATVで…。

今回は、無線接続のノートパソコンのリプレース。
回線はCATV。
お伺いすると、お客さんがリプレース直前の旧パソコンでメールなどの移行データをまとめておられました。
無線はつながっているようなので、回線はルーターへの接続設定をすればいいだけだから楽勝だな…と思いきや。

-----

無線ルーターとケーブルモデムの場所をお聞きしたところ、台所の水屋(食器棚)のキャビネットの中とのこと。
開けてみたら…。

∑( ̄□ ̄;)
こ、これは…無線アクセスポイントじゃないですか!!!

いやな予感がして、つながっている旧パソコンのIPアドレスをチェックしてみたら…や、やっぱりグローバルIPです。
あっちゃ~、やっちまったよ…。
以前の記事でもある通り、神戸のCATVは、接続した機器のMACアドレスを1時間保持します。
今回の場合は、接続していたのは無線ルーターではなく無線ブリッジだったので、CATVが保持しているMACアドレスは、おそらく無線ブリッジのものではなく、旧パソコンの無線LANアダプタのものでしょう…。

とりあえず、リプレースする新品パソコンをざくざくと初期設定。
Windowsの初期設定後、再起動を待って無線の設定をしてみたら…やっぱりダメです。無線はつながっても、回線はつながってくれません。


しかたがないので、回線接続は後回しにして、プリンタ設定やデータ移行など、他の設定をやってしまいます。
その間に、CATVがMACアドレスを忘れてくれることを期待しましょう。

いろいろやってる間に、なんとかMACアドレスを取り直してくれました。
ホームページ閲覧も、メール送受信も問題なし、無事完了です。

まぁ、CATVへ電話して「MACアドレス開放せんかいゴルァ」とかねじ込めば、とりあえずリセットはしてくれるのでしょうけど、あんまり何度もやってると、目を付けられそうですし、「電話でねじ込めばOK」では、それをやってる意味がイマイチ薄いので、そのうち「もうそういうことはお受けできませんので」と言われるようになってしまっては目も当てられません。
まぁ、CATVのお宅の場合は、訪問直前に、なるべく旧パソコンをつながないようにお願いもしくは期待するしかないでしょうね…。

2006年08月10日(木) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(有線LAN), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

つながらないのは無線LANだけ?その2

こちらはパソコンが2台あって、一台は電源が入らなくなった、もう一台は無線LANによるインターネットがつながらない、とのことで、お伺いしました。

こちらのお客さんは、光プレミアムのマンションタイプNECの無線ルーターをお使いでした。
古いパソコンは有線で、ちょっと前に買った新しいパソコンは無線でつながっていました。
なにやら、数日前の雷の日に停電があってから、古いパソコンは電源が入らなくなり、新しいパソコンはインターネットにつながらなくなったんだそうです。
うーん、落雷で停電ねぇ…。

まずは電源の入らない、古いパソコンから見させていただきましたが…NECのWindows98で、しかもPentiumIIです…。
正直なところ、これを修理してまで使うのはちょっと…。
たとえ電源を直しても、次はいつハードディスクがクラッシュするやら。
数万円の修理でいつまた壊れるか?という心配をしながら遅くて容量の少ないパソコンを使い続けるのか、10万円前後の新品で劇的に速くて容量の多い快適な環境を手に入れるのか。
これはちょっと、修理をオススメできる状況ではありません。
これはこれとして…。

さて、今回の問題は、もう一台の無線LAN接続のパソコン。

-------

もう一台の無線接続のパソコンは、確かに接続が確立できていませんでした。
ブラウザを起動しても「ページを表示できません」です。

とりあえず、いつも持っている長いLANケーブルで接続したところ、CTU直付けでは、IPアドレスは取れていてもインターネットにつながっていない状態。
こ、これは…こないだの件と同じじゃ…。

CTUへログインしてみたところ、プロバイダ接続が切れている状態。
「接続」ボタンをクリックして接続はOKとなりました。
やっぱり同じかよっっ!!

一応、NTTに電話して聞いてみました。
やはり、電源断でつながらなくなることは、かなり多いようです。
単純に電源断での再接続失敗なら、ONU→CTU→光電話ユニット→無線ルーターの順番で電源を入れなおせばうまくいく可能性はあるらしいですが、NTTもなぜそういった接続失敗が発生するか把握できていないようです。
とりあえず電源の入れ直しを試していただいて、それからCTUログインで接続ボタンを押すことをしてもらっているのが現状だそうです。

ということで、光プレミアムでの接続不良は、まずはCTUログインから疑った方がよさそうです。

-----

で、無線LANはというと…やっぱり接続が確立できていません。
うーむむむ。
いくらなんでも、CTUの接続が切れたぐらいでは…。

無線で接続しているのは1台だけだとのことで、ルーターは初期化してから単純にルーターモードの設定に。
まずはCTUにつながずに、無線子機との接続を確立させることにします。

パソコン本体の無線LANアダプタは、ルーターとセットのモノでしたので、とにかくドライバやユーティリティをインストールしなおしました。
しかし、どうにもうまくいきません。

よくよく見てみたら、この機種は、無線LAN内蔵機種。

B000DZVJWU
富士通 FMV-DESKPOWER LX50R (C-D341 512MB 17"TFT 300GB スーパーマルチ TV機能 XPH/Personal) [FMVLX50R]

このシリーズは、「無線LAN内蔵」なんですが、正確には「PCカード型無線LANアダプタ標準装備」というもの。
PCカードスロットに無線LANアダプタを取り付けた状態で出荷されているんです。

で、よーく調べてみると、付属の無線LANアダプタから無線ルーターにセットの無線LANアダプタへ差し替えたにもかかわらず、付属の無線LANアダプタのドライバが削除されていませんでした…。
「プログラムの追加と削除」のリストに残っていたんです。

付属の無線LANアダプタを抜いて他社製品に差し替えるときは、きちんとドライバを削除するように、と付属の注意書きにちゃんと書かれています。
前回の作業者は、これをやらなかったわけですね。
お客さんに聞くと、同じ量販店から来てもらって設定してもらった、とのこと。
おいおい誰だよ、こんな作業したのは…。

付属の無線LANアダプタのドライバを削除して、ドライバの再インストールは問題なし。
で、NECのユーティリティー「らくらく無線スタートEX」をインストールしたんですが…なぜかうまく使えません。
セキュリティ対策ソフトを無効にしているにもかかわらず。
AOSSにしても、らくらく無線スタートにしても、やはりこういうのが時々ありますね…。

しかたがないので、WEP128bitの手動設定をかけて、問題なくつながりました。
これでブラウザも問題なく表示できています。
何度も再起動をかけて、インターネット接続が問題ないことを確認。

確か、こないだの件も、AOSSがうまく動作していませんでした。
うまく動作していなかったというか…つながっていたのに、CTUがつながらなくなった拍子に、つながらなくなってしまった、という症状。
最初はつながっていた、というのが…どうも油断ならないですねぇ。

無線ルーターからCTUへの接続は、光プレミアムのマニュアルでは、「ルーターはブリッジ設定にしなさい」とあります。
でも、ブリッジ設定にせずローカルルーター設定でも、CTUログインも問題なくできるので、あえてブリッジ設定にせず、そのままでいくことにしました。
手動でWEP設定しただけに、変にブリッジ設定にすると、あとで大変ですから…。

何が大変かって?
ブリッジ設定にすると、ルーターにIPアドレスを手動で割り振る必要があります。
同じセグメントなら、設定画面は問題なく開ける場合が多いのですが、違うセグメントに設定してしまったら、設定画面がうまく開かないことがあります。
また、割り振ったIPアドレスがわからなくなった場合、初期化するしかなくなるからです。
ということで、個人的にもブリッジ設定って、あまり好きではないです。

なんだか似たようなトラブルが短期間に続いたわけですが、CTUはともかく、無線が変な切れ方するのが気になりますね。
原理からすれば、因果関係はないはずなんですけどねぇ…。

2006年08月08日(火) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

無線プリントサーバーは簡単か?

こちらは、無線プリントサーバーの設定のご依頼。

B00065PS2E
Canon 無線プリントサーバー NetHawk WP100

店頭価格では、18000円ほどしていたものです。

しかし…そこに待ち受けていたのは、ひたすらヤヤコシイ事情でした。

-----

お客さん宅のネットワーク構成は…。

  • 回線は、YBBの12M、無線LAN対応トリオモデム(黒箱に無線LANカードを刺すタイプ)
  • デスクトップPC(1F)は、有線でトリオモデムに接続
  • デスクトップPC(2F)は、無線でトリオモデムに接続
  • 無線プリントサーバー(1F)は、無線でトリオモデムに接続

…って、これじゃ無理と違います??

確か、このタイプのトリオモデムは、有線と無線の間で通信はできないはずです。
実際、できませんでした。

お客様が無線プリントサーバーを買った際は、「簡単にできますよ」と言われたそうですが、結局2ヶ月ほどつながらずにあれこれいじって悩んでいたようです。
あとでよくよく確認してみたら、そう勧めたのは、どうも店舗の人ではなく店舗に来ていたメーカーの人らしいです…。
メーカーの人間なのに、なんちゅうえーかげんな…。

で、店から「無線ルーターを追加すれば…」と買わされたはいいものの、私も現地に行ってから、何をどうすればいいのかさっぱりわからず、しばし店舗担当者とやり取りをしました。

おそらく黒のトリオモデムでは不可能な有線と無線の接続をするためにバッファローの無線ルーターを用意したんでしょうけど、YBBトリオモデムと2階のデスクトップは無線接続をされていて、それをバッファロー無線ルーターにリプレースするとなると、2階のデスクトップの設定変更をしなければなりません。
しかし、それでは1台分の設定変更の料金を追加しなければなりません。
また、YBBの無線LANを使わない(契約解除)となると、2階のデスクトップにつないであるYBB無線LANパックの無線子機アダプタは返却しなければならず、別に無線子機アダプタを買う必要があります。

…あ~、なんちゅうヤヤコシイ…。

結局、YBBの無線はそのまま、追加の無線ルーターは無線プリントサーバーへの無線接続と1階のデスクトップへの有線接続で使うことになりました。
つまり、

  • 回線は、YBBの12M、無線LAN対応トリオモデム(黒箱に無線LANカードを刺すタイプ)
  • バッファロー無線ルーターは、トリオモデムに接続
  • デスクトップPC(1F)は、有線でバッファロー無線ルーターに接続
  • デスクトップPC(2F)は、無線でトリオモデムに接続
  • 無線プリントサーバー(1F)は、無線でバッファロー無線ルーターに接続

ということになりました。

無線プリントサーバーを使うためだけに、無線の親機が2台も存在するという、わけのわからない構成です…。

そして、さらに問題が…。

-----

問題のプリントサーバーは、とりあえず、バッファロー無線ルーターに無線接続する設定になったわけですが、これがまたヤヤコシイ。
手順としては、

  • 手動設定にて無線接続を確立する
  • ネットワークプリントの接続を確立する

という手順。
やったことがある人はわかると思いますが、これはそれぞれにメンドクサイのです。
お客さんも、付属の紙の説明書だけでは理解できず、CD-ROMに収録されたPDFのマニュアルをプリントアウトされていました。
なんと200ページ近くあり、プリントアウト(片面)を製本までされていました…。
これと2ヶ月も格闘されていたわけですが…こんなもん、ネットワークをいじったことのない素人で理解できるわけありませんがな…。
そもそも、ネットワークプリントだけでも、慣れてない人ではまともに設定なんてできないのに、そこへ無線が絡んだら、そう簡単につながるわけがない。

で、無線の手動設定がまたヤヤコシく(AOSSなんて対応していませんので…)、何度もやり直しをして何とかつながり、プリントサーバーへの接続も何度もやり直しをしてようやくつながりました。

苦労してつないだ結果、無線でプリントアウトできるのは1階のデスクトップPCからだけ。
無線接続している2階のデスクトップPCからはプリントアウトできません。
出張設定費2ヶ月の期間をかけて、さらにYBB無線LANパックの月額料金を支払って、この構成。
こう言ってはナンですが、かなりトホホですね…。

これが最初から私の直接のお客さんなら、もっと違うアプローチができていたと思うんですが…。
こんな仕事をしなきゃならないっていうのは、プロとして情けないんですが、事情が事情だけに、どうしようもないのがつらいところです。


-----

追記(2006/10/20)

その後、この機種はAOSSに対応したようです。

ニュースリリース:「NetHawk WP100」にバッファロー社の「AOSS™」を採用しました

ファームウェアをVer1.40からVer1.60へ書き換えることにより、AOSSに対応するようです。
ダウンロードサイトからアップグレード用のファイルをダウンロードできます。

うーむむむ、この作業時点でこれが出ていれば、こんな悩まずに済んだのに…。

2006年08月07日(月) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

たまの休みに。

この日は休みを取りました。
夏休みということもありますので、上のムスメから「どこか連れてけ」というリクエストがあったので…。

子供たちも平日は部活などで空いていなかったりするので、行くとすればどうしても土日です。
しかし、最近は量販店の仕事がかなり入るようになったので、土日はまさしく「書き入れ時」です。
家内のスケジュールが埋まっていたりで、夏休みの土日は、この土日ぐらいしか空けられませんでした。
とはいえ、私も土曜日までは空けることができなかったので、土曜日の晩出発という強行軍でのドライブと相成りました…。

-----

今回の目的地は、岡山は鷲羽山ハイランド(リンククリック注意:いきなり音が出ます)という遊園地。
子供の学童保育の、ほかのおかーさん方からチラッと聞いたアトラクションの一つ、「断崖絶壁の上を走る自転車コースター」というのが気になっていたのと、一泊ドライブの距離としては最適かな?ということで、こちらを目的地にしました。
日程がかなり直前に決まったので、旅行会社だとか宿泊情報サイトなどは、今回はあてにしないことにしました。
いずれにしても、早くて夕方移動のため、宿泊地でゆっくりしている時間はありませんので、いい宿をとっても素泊まりですから、お金をかけても仕方がないからです。
要は泊まれればよい、という観点で行けば…勘のいい人はわかりましたよね。

そう、いわゆる健康ランドに泊まればいいのです。

今回泊まったのは、稲荷山健康センターというところ。
あまり家族向けの宿泊施設とは言えませんけど、一泊朝食付きでも家族5人で2万円程度で済みました。
宿泊施設というよりは、基本的には「仮眠施設」ですから、個室はありません。
仮眠スペースは男女別れていますので、子供たち(ムスメ3人)は家内に任せました。
出発は20時前、到着は23時前でしたので、とりあえず大浴場で風呂に浸かって寝る程度しかできませんでした。
子供たちからは特に文句は出ませんでしたが、まぁこれも一つの経験でしょう。
この夏は、もう一回、別のところに泊まりで遊びに行く予定ですので…。

明けて8月6日当日は、朝からかなりいい天気。絶好の行楽日和です。

-----

バイキング形式の朝食を済ませて、ロビーでテレビを見ていたら、広島の平和記念式典の中継をやっていました。
そう、この日は広島に世界で初めて原爆が投下された日です。
地元広島ですら、「8月6日は何の日?」と聞かれて、答えられない小中学生が多い、と報じられていました。
61年も経ってしまうと、原爆体験を持つ人がどんどんいなくなっていき、その記憶が風化されてしまうのは仕方ないとは言え、忘れ去られてしまうのは…。

-----

前日到着時にはよく見えなかった稲荷山の大鳥居も、今朝は晴天をバックにはっきり見えます。
明るいうちなら、遠くからでも目印になるのでわかりやすいでしょうけどね。

稲荷山を後にして、一路、鷲羽山へ。

途中、倉敷あたりを通過するので、美観地区に立ち寄ってみました。
江戸時代の風情を残した観光地です。
何度か来たことはあるのですが、そう広い場所でもないので、ちょっと立ち寄る分にはちょうどいいので寄ってみました。
倉敷アイビースクエアの駐車場に停めて、徒歩で美観地区へ向かいました。

Img080603
倉敷アイビースクエアの裏の、オルゴールミュージアムあたりから。

来たことのある方はご存知かと思いますが、ここも多くの観光地とおなじく、小さな土産物屋さんがかなり多く軒を連ねていますので、家内も子供も、そういうところでかなり立ち止まっていましたので、かなり時間を使ってしまいました…。

Img080604
有名な大原美術館です。
入ってみてもよかったのですが、お土産物屋さんでかなり時間を食ってしまったのでパスしました…。

結局、鷲羽山ハイランドに到着したのは昼食後。

戻りの時間の関係で、ゆっくり遊園地で遊ぶ時間がなくなってしまいました(--;
結局、2~3時間程度、子供たちをプールで遊ばせて終わりでした。
一泊かけた距離を走ってきて、プールだけってのもなぁ…。

せめていい景色を堪能してから帰りたいもんです。
ということで、鷲羽山から瀬戸大橋の眺めをチェックしに行きました。

Img080606

今回の記事に使った写真は、こないだ購入したW-ZERO3[es]を使って撮ったんですが、どーも様子がおかしい。
なんかぼやけているんです。

よくよく見てみると…マクロモードになっていました(--;
そりゃボケボケにもなるわなぁ。
これはデジカメの弱点ですね。
撮った画像を確認するのはあくまで液晶画面なので、液晶が屋外できちんと確認できるものでないと、細かい部分は現場ではほとんど確認できません。
W-ZERO3[es]も、屋外では液晶がかなり見づらくなるので、こういうところの確認がしっかりできていませんでした。
同じデジカメでも、一眼レフなら、従来どおりきちんと光学ファインダーで確認してから撮れるので、失敗は少ないと言えますけど、そこまですると気軽に使えませんしね。
ということで、マクロモードを解除して撮影。

Img080607

Img080608

今度ははっきり見えますね。
最後にいい景色を堪能できたところで、帰路につきました。

-----

行きは、岡山市内までは国道2号線をひたすら走っていきました。
帰りも同じだったんですが、高速道路を使わなかったのは、一番近い山陽道でも、わざわざ高い料金を払ってまでそれを使うだけのメリットがなかったからです。
兵庫県から岡山市内にかけての国道2号線は、かなりの部分がバイパス化されていて、広くて走りやすく、信号も少ないので、ほとんど高速道路感覚なんですよね。
兵庫県内も、岡山との県境から姫路市にかけてもほぼ同じで、姫路近辺も無料化された「太子・龍野バイパス」「姫路バイパス」「加古川バイパス」があるので、我が家のある明石市内までは、快適に走ることができます。
明石市内に入ってから、ようやく有料道路の「第二神明道路」になるわけですが、我が家の近所までは100円しかかかりません。
岡山方面は、またドライブで行ってみたいですね。

ただ、この日は、通過する時間帯に、加古川で花火大会があり、加古川市内を抜けようとするまさにそのタイミングで花火大会が始まりました(笑)。
おかげでけっこうな渋滞にハマってしまいましたが、子供たちは花火が見れて満足げでした。
私は運転中で全く見れませんでしたが…。

2006年08月06日(日) 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

つながらないのは無線LANだけ?

今回の案件は、無線LANがつながらないんだそうです。

実は、先に量販店の人が無線ルーターを設定してくれていたのですが、どうもその設定がまずかったのか?といったところです。

お伺いしたところ、毎度のことながら意外な症状が…。

お伺いしてみたら、確かにつながってません。
無線の電波は拾っていましたが、アドレスが正常に割り振られていません。

よく見ると、無線設定をしに来た店の人は、どうやらAOSSで設定していたようです。
こちらのお客さんは、無線LAN内蔵ノートパソコンで、以前にもありましたが、これもAOSSとの相性が悪かったようです。
ということで、AOSS用ソフト(クライアントマネージャ3)を外して、手動でWEP設定をやり直して、とりあえず無線はつながるようになりました。
とりあえず無線は。
とりあえず?
そう、それだけではなぜかホームページの表示ができなかったのです。

回線は光プレミアムなので、ブリッジ接続設定になっている無線ルーターなら、それだけでつながるはず。
現にIPアドレスも取れているのに…。
な、なんで??

-----

わからないなら、とにかく最初からたどるか…。
とりあえず、光プレミアムのCTUの設定画面を開く。

…OCNとの接続が切れていました。

本来は、CTUの電源を入れなおすなどすれば接続し直しが行なわれるはずのものなのに、その時はCTUへログインし、接続ボタンを押さなければつながりませんでした…。
これはちょっと原因不明ですが、どうもこれでつながらなくなっていたようです。
フレッツの設定マニュアルのパンフレットにも、Q&Aで書かれていたので、実はよくある話なんでしょう。

それに加えて無線までつながなくなっていたのは、果たして偶然なんでしょうか…。

-----

ついでですが、OCNシアターのセットトップボックスの設定もお付き合いしました。

セット割引に組み込まれた、1ヶ月限定の無料お試しセットだったわけですが…見放題のものは、それなりにあるようですが、どうも無料お試しでは、さらに限られてくるようです。
メニューに出てくるものもそんなにコンテンツはたくさんなく、これで月額料金なんか取ってたら誰も使わんよなぁ…というのが正直な感想。
オンデマンド(観たい時に観れる)をウリにお金を取るのなら、これではちょっとなぁ。
無料お試しをするんなら、もっと見せないとダメじゃないですかねぇ。

このセットトップボックスは、光回線の高速データ転送に対応した、リモコンだけでかなり使える、出来のいいものであるだけに、コンテンツがそれについてきていないのがもったいないですね…。

2006年08月05日(土) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

捨てなくても使えます。

こちらは新品の無線ルーター(バッファロー社製)の接続、という案件だったのですが…。

お伺いしてみると、すでにNEC製の無線ルーターがつながっています。
はてさて…???

よくよくお聞きすると、当初、お客さまの認識は、説明書を無くしてしまった無線ルーターでは設定変更もできないので捨てるしかない、と考えておられたようで、単純に買い替えで依頼されたようです。

そういう事情なら、そのルーターを一度見てみましょう、ということになりました。
新品もありますので、最悪そちらへ付け替えれば済むので。

しかし、そこに待ち受けていたものは…。

-------

お伺いした状況では、無線はつながっていなかったものの、有線では問題なくつながっていたので、単純に無線の設定ができていないだけでした。

接続する機種は、すでに先日ご購入済みの、ソニーのVAIOノート。
無線LANは内蔵しているタイプでしたが、説明書がなく設定ができないため、ルーターの買い替えを考えたのだそうです。
でも、このルーターは、らくらく無線スタート対応の機種。
単純に、らくらく無線スタートEXをダウンロードしてインストールすれば使えるはず。

しかし…ダメです。つながりません。

どうもVAIOノートにプリインストールされているノートンインターネットセキュリティのバンドル版が邪魔しているようです。
単純にコイツを無効にすればいけるはずなのですが…あろうことか、インストールはされているものの、きちんとインストール作業を完了させないと、設定用コンソールが開きません!!
つまり、設定画面が開かないので、ファイヤーウォール設定を無効にできないのです。
(でもあとからよく考えたら、新品のルーターにしてもAOSSを使うなら同じでしたよね…)

とりあえず設定画面を開いてWEPキーを拾えば、手動でもWEP設定ができるよなぁ…と思いきや、今度は設定画面を開くためのパスワードがわからないと来た。
ダメだこりゃ。

無線は1台しか使っておられないようですし、この機種は、初期化ボタンがありましたので、それを使って初期化することにしました。
プロバイダの書類はお持ちでしたので、それを使ってPPPoEの設定をやり直せば、元通りつながりますので。

改めて設定画面を開き、PPPoEの設定をし、無線セキュリティ設定を手動でWPA/PSK(TKIP)で実施。
無事につながるようになりました。

無線LANは、かなり簡単に使えるようになったとは言え、やはりまだまだ敷居が高いですねぇ。

2006年08月04日(金) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

話題のS社の…。

この日は特に記事になりそうな作業は、これといってなかったのですが、お伺いしたマンションのエレベーターが…最近話題のシンドラー社製のエレベーターでした…。

まぁ、シンドラーであろうとなかろうと、エレベーターである以上、落ちる時は落ちますし、閉じこめられる時は閉じこめられるわけですので、実はメーカーは関係ないんですよねぇ…。

とはいえ、世間を騒がせたシンドラー社製の実物を見たのも乗ったのも初めてでしたので、お客さんには申し訳ないですが、やっぱりドキドキしたのは確かでした…。
でも、逆に言えば、これだけ話題になっているわけですので、2度目3度目はないように厳重に目を光らせている時期ですので、かえって安全なのでは?という考え方もあるんですけどね。

でも、最近はエレベーターに乗るのに、やっぱりついついメーカーの確認をしてしまうんですよねぇ…。

2006年08月03日(木) 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

出張修理の必要性。

今回はネット設定とプリンタ設定とソフトのインストール、ということでお伺いしました。

作業内容的には、確かにそんな内容ではありました。
しかし、お客さんとお話をしていると、なにやらかなりご不満のご様子。
どうにも話がおかしいのでよくよく聞いてみたら…。

-------

よくよく聞いてみると、どうも引き取り修理上がり後のサポート作業だったようです。

で、新品で買った時には設定してくれていたプリンタ設定ができていなかったのと、ソフトが何も入っていなかったことがいたくご不満だったご様子。
そういう話は、ちゃんと先に伝えておいてほしいんですけど…。

このパソコンの修理上がり状態は、ハードディスク交換でしたので当然ながらリカバリ状態ではありましたが、今回のはOfficeはおろか、その他のバンドルソフトまで、付属ソフトが全く入っていない状態でした。
パソコンメーカーは富士通でしたが、ご存知の方はご存知でしょうけど、富士通のパソコンは、最初からバンドルされているソフトの数が半端ではありません。
人によっては、「無駄なソフトなんていらねぇ」とおっしゃる向きもあるでしょうけど、今回の修理がメーカー送りだったかどうかはわかりませんが、本来は「出荷状態に戻す」のが基本かと思われます。

つまり、説明書記載どおりのリカバリ操作(Officeなどのソフトも含む)をするのが筋だと思います。
私の直接のお客さんに関しては、引き取り修理の際は、そうしています。

Officeは、お客さんのお持ちのプロダクトIDがわからなければインストールができないのは仕方がないとしても、富士通がバンドルしているソフトはインストールするべきだと考えます。
お客さんによっては、バンドルしているソフトを頼りにしている場合もあるわけですから。
現に、今回のお客さんも、某有名年賀状ソフトをお使いでしたので、それが入っていなかったことがご不満だったようでした…。

プリンタ設定は、どうも最初にお買い上げの時の担当者が、かなり気の利く(?)店員さんだったようで、プリンタとセットでお買い上げでしたので、プリンタの設定もやってくれていたんだそうです。
おそらく、展示品処分の品物か何かだったのでしょう。
お聞きしたら、その店員さんはもうすでに辞めていたらしく、そういう話が通らないまま修理から戻ってきたようです。

まぁ、今回はプリンタをセットで修理に出したわけではありませんから、プリンタ設定はできてなくても仕方ないと思いますが、修理受付時に「初期状態になるので再度設定が必要ですよ」とご案内しておけば、こういうクレームにもならずに済んだでしょうし、ソフトに関して追加でリカバリ作業が必要かどうかぐらいはきちんと見極めがついたはずです。

修理上がり品引渡し時のご案内不足と感じました。
それより以前の話として、付属ソフトのリカバリ作業をやらないのはどうか、とも思いました。

パソコンの持ち込み修理に関しては、量販店だと単に受付のみになってしまうことも多いわけですが、結局はお客様個別の事情などがあまり加味されないまま受付・返却となる場合が発生してしまいます。
こういう事例を見るたびに、やはり出張修理の必要性を感じてしまいます。

2006年08月01日(火) パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (9) | トラックバック (0)