ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ビデオチャットで自分の画像が映りません。

こちらは前日に、急に入った案件。
これがなかったら、家の片づけをゆっくりできていたんですけどねぇ…(--;
まぁ仕事なんで仕方ないですね。

今回はお客さんが自分でできると思って、パソコンを自宅へ配送してもらったはいいのですが、配線のヤヤコシサにギブアップしたそうです。
設定しに来るついでに、WEBカメラも持ってきて欲しいとのことで、WEBカメラ持参でお伺いしました。

今回のパソコンは、SONYのVAIO | type R master

バイオ type R master VGC-RM50L9 (19型液晶ディスプレイ付属) [VGC-RM50L9 ]

本体価格が23万ほどする、Windows Vista Home Premium対応の、とんでもないハイスペックPCです。

しかし…ツインユニットという懲りすぎの本体のために、配線がヤヤコシイのです!!

実際、お伺いして、ちょっとヤヤコシイので確かにてこずりましたが…。
VAIOのtype Rって、大体配線がややこしいんですよねぇ(笑)。

何とか配線も終わり、ネットもつながったのでWEBカメラをセッティング。
お客さんの目的は…ライブチャット。
いわゆるビデオチャット、TV電話機能ですね。

まぁ別に、私はそれ自体がおかしいとか不純だとか思いません。
それもパソコンの利用形態のひとつですので。

いつもご利用のサイトへログインし、適当な相手を選んでチャットをはじめたら…相手の画像は映るんですが、自分の画像が映りません。
当然ながら相手にも映ってません。
うーむ。

-------

何人かの相手に接続して、何度も画像が出るかどうかを確認させてもらったんですが、どうにも画像が出ません。

とある人とチャットしてたら、「自分の画像のところを右クリックして設定してみては?」と教えてくれました。
すみませんねぇ~、なにしろこういうのは、個人的にはぜんぜんやったことがないので(^^;
右クリックしてみたら、MacromediaFlashPlayer8の設定が出てきて、カメラの設定には、確かに画像ソースが3つぐらい出ました。
今回は、ロジクールのQcamを使っていたので、その名前をクリックしてみました。

確かに画像は変わりましたが…ぜんぜん何も表示されません。

相手の人も困った様子でしたが、とりあえず、お客さんがその相手の方と雑談している間に…といろいろ設定を探りましたがダメ。

「一度再起動してみては??」

おー!!そうだった。
こういう時はとりあえず再起動。基本でしたよね。
言われてみれば、WEBカメラのセッティング後、まだ再起動してなかったなぁ。
実は相手の方はうら若き女性で(笑)、ちょっとドキドキしながらだったので、ちょっと自分を見失ってました(^^;
再起動後にもう一度接続するということで、いったん切断して再起動。

再起動すると…ありゃ?FlashPlayer8のアップグレードを促す画面が出てきました。

Flashplayer

「今すぐインストール」をクリックしてアップグレード。

そして、もう一度先ほどのライブチャットサイトに接続して、先ほどの人に接続。

…おー!!出てきた出てきた!!!
部屋着姿のお客さんと、スーツ姿の私の顔が(笑)。
この絵面では、スーツ姿ではものすごいマヌケです、私…(^^;

相手の女性の方には、

「大晦日なのに、お仕事ご苦労様でーす(笑)」

なーんて言われてしまいました…。
うーむむむむ。

…とまぁ、こんな仕事納めでした(笑)。
みなさま、よいお年を。

さぁ、お正月休みには、ちょっとはブログの穴埋めができるかなぁ…。

2006年12月31日(日) ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

最新版がいいとは限りません。

こちらは、直接お電話いただいた方。

「筆まめの印字をしようとすると、変なエラーが出て印刷できないんです…」

お名前と住所をお聞きすると、どうやら以前にもお伺いしたお客様です。

とにかくお伺いしてみます。

-----

こ、これは…!!
以前お伺いした時には、「買い替えを検討してる」って言ってたじゃないですか~…( T△T)
買い換えてあるのはプリンタだけっす…。

B000BK68JG
EPSON カラリオ・プリンタ PM-A890 [PM-A890]

あ、あの~、もう年明けにはWindowsVistaが出るんですから、いくらなんでも、ペンティアム2のWindows98マシンはもう寿命ですよ…。

まぁ、そんなことを言ってても始まらないので、とにかく対処です。
現象を確認してみると…。

Uidll

UI DLL Message
Version Error ucf file

へ?

-----

何とかネットはつながるので、ちょっと検索してみた。

「UI DLL Message Version Error of ucf file」エラー :教えて!goo

うーん、そのものズバリですね。
プリンタアイコンからプロパティを開こうとしてもこのエラーが出るところまで同じです。
筆まめと筆ぐるめの違いはあるものの、Windows98ということとEPSONプリンタということで、おそらくほぼ間違いないでしょう。
「プリンタドライバの入れ直し」で直ったそうですので、入れ直しです。

…え~っと、CD-ROMはありますか??

「…ないです…」

…( ̄△ ̄;

しょうがないですねぇ、ネットはつながっているので、EPSONのサイトからダウンロードです。
最新版なら間違いないでしょう。
ということで、スッパリとダウンロードしてインストールです。
ケーブルは抜いておいて、インストーラーの指示で接続、という基本中の基本は当然おさえてあります。
インストールが完了して、プリンタアイコンのプロパティを開くと…。

Uidll

∑( ̄□ ̄;
な、なんだとぅ~!!!
そんなバカな!?

きちんとWindows98/Me対応のドライバをダウンロードしたはずなのに…。
もう一度ダウンロードしなおして、元のドライバをきっちり削除して、インストールし直してみたんですが、結果は変わらず。
うーむむむむむ…。

無印Windows98ということを考えると、そもそも対応していなかったんじゃないのか??とも考えましたが、

「うーん、このプリンタを買ってきた時はちゃんと印刷できてましたけどねぇ…」

うーむむむ…ということは、考えられるのは以下の2点。

  • システムのファイルが破損して印刷できなくなった
  • 最新版ではなくプリンタ付属のCD-ROMのドライバであれば動作する?

システムファイルの破損は、システムファイルチェッカーを使えばわかります。
Windows98には、SFCコマンドが装備されています。なぜかMeにはありませんが…。
スタートメニューから「ファイルを指定して実行」、「SFC」と打ち込んで実行です。

…破損はゼロです…。
うーん、こうなるとあとは、プリンタの元のCD-ROMからのインストールしかないんじゃないかなぁ。
でも、現行機種ではなくなっているので、いつも案件をいただいている量販店ルートをあたっても、すぐに手に入るとは限りませんよねぇ…。
特に年末ですし。

…CD-ROMが見つからないとなると、すぐには直りませんよ。
 年賀状ですよね?こりゃ新品を買いに走るか、手書きになりますよねぇ…。

とお伝えすると、お客さんは泣きそうになりながらCD-ROMを探しています。

その甲斐あってか、なんとか見つかりました!
さっそく、元の最新版を削除して、インストールCD-ROMから説明書どおりのインストールです。
再起動の指示が出て、祈るような気持ちで再起動をまちます。

プリンタのプロパティを開くと…妙な間のあとに、待ちに待ったプロパティ画面が開きました!!
成功です!!

テスト印字も問題なくOK。
何とか解決です。

それにしても、今度こそ買い替えをご検討いただきたいものです。
特に、この時期は、XPからVistaへの移行直前なので、不具合の枯れたXPの一番最後の機種をゲットできるチャンスなんですから。
メーカーによっては、無償もしくは優待価格でVistaへのアップグレードディスクが手に入るかも知れないんですから。
今こそが数年に一度の、パソコン買い替えの絶好のチャンスなんです。
逃すと痛いですよ…。
私も買い換えたいです…(泣)。


しかしひどいぞEPSON。
最新版ドライバを入れてるのに、まともに動かんって、どーゆー了見ですかね??
つい数日前に公開されたものならともかく、ダウンロードページでの「PM-A890 Windows98/Meドライバ Driver Ver.7.03」の現時点での日付は「2006-09-05」と3ヶ月以上前のものですから、もし不具合があるなら、とっくに修正されているはず。
しかも先の教えて!gooの質問者も、エプソンへ直接問い合わせて、ドライバの問題なのに、「自分のところの問題ではない」と取り合ってもらえなかったって…ちょっとなぁ。

2006年12月27日(水) ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

明石海峡大橋の横風。

この日の作業内容としては、特筆するべきところはなかったのですが、この日は日本列島を襲った、季節はずれの台風並みの「爆弾低気圧」の影響で、モノスゴイ横風だったのです。

そんな日に限って、淡路島への設定訪問案件でした。

通常ならば、明石海峡大橋を使って、お客様に大橋通行料金の請求をさせていただくところですが、強風で通行止めとかになると…まぁたこフェリーもあるわけですが、荒天ということになると、こちらも危うくなります。

なんとか通行止めは免れましたが、橋上は時速50km/h制限です。
たまたま高速バスと一緒に橋上に差し掛かったんですが…モノスゴイ横風に、ハンドルを取られそうになりますし、バスもかなり揺れながら走っています…。
天気は良かったんですが、かなり怖かったですねぇ…。

風の強さを見るための吹流しもありましたが、その吹流しが、なんと真横を向いています!!
しかも、時折斜め下を向いたりしています…。

吹流しが真横もしくは斜め下を向くほどの風の中を走るなんて経験は初めてでした。
これがバイクだったら…明石海峡に真っ逆さまかも知れませんね(--;

-------

ああ、ところで内容にあんまり関係ありませんが、明石海峡にかかっている橋は、「明石海峡大橋」です。

「明石大橋」と言う人がよくいますが、間違いです。

「明石大橋」というのは、国道2号線で明石川を渡るところにかかっている橋です。

ちなみに、愛称の「パールブリッジ」は、地元ではほとんど使われていません…。
全国レベルでは、どれだけの人が知っていることやら…。
まぁ、イルミネーションはフルカラーで変化しますので、「パール」と言うには全然そぐわないからなんでしょうけどね。

2006年12月26日(火) 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月25日 (月)

顔文字が登録できません。

こちらはつい先日お伺いして、無線の接続設定をしたお客さんだったんですが…。
顔文字の登録ができなくなったらしいのです。

うーん、顔文字の登録って…無線の設定とは何の関係もないはずだけどなぁ。

とりあえずお伺いです。

-------

お伺いしてみて、実際にその操作をやってもらいました。

  1. とある顔文字サイトをIEで開く
  2. 辞書登録したい顔文字を選択しておく
  3. IMEのツールバーからツールボタンをクリック
  4. 「単語/用例の登録」をクリック
  5. 読みを打ち込んで登録ボタンをクリック
  6. 登録完了、「閉じる」ボタンをクリック

としたかったそうなんですが、3.のところでIMEツールバーのツールボタンがクリックできないのです。

この場合、私の知っている手順であれば、「2.」と「3.」の間で「選択した顔文字を右クリックして[コピー]をクリック」という手順が入るはずです。
お客さんからマウスを持つ手を替わってもらって、そういう操作をしてみたら…やっぱりIMEツールバーのツールボタンが押せない。
うーむ。
とりあえず、タスクバー(スタートボタン左側のバー)の何もないところをクリックしてみたら、ツールボタンのグレーアウトが解除されたので、「4.」以降の操作を継続できました。

…なんだ、できるじゃないですか。

「え~?そんな面倒な操作になるんですか?? [コピー] なんて操作は、やったことないですよ。いつもは選択して辞書ツールを起動して、読みを入力するだけでいけますよ?」

んんん~…。

試しに、メモ帳に顔文字サイトのデータをコピペで貼り付けて試してみた。
こちらだと、おっしゃるとおりで、選択だけでツールボタンは有効になっており、辞書ツールを起動したら、選択した文字列は[コピー]操作をしなくても入っていました。

まぁ要するに、

[コピー]操作をしなくても辞書ツールに値が代入されるのは、「文字入力」状態でないとダメ

だということだろう。
IEの文字を選択した状態というのは、「文字入力」状態ではありませんから。
実際、IMEスタンダード2003のヘルプファイルにも、

アプリケーションによっては、文字列を選択した後、[単語/用例の登録] ダイアログ ボックスを表示すると、[語句] ボックスに選択した文字列が表示されることがあります。

とも書いてある。
(Microsoft IMEスタンダード日本語入力システムのヘルプ → 単語登録の方法 → 単語を登録する → 入力中に単語を登録する の記述より)
ここにも、Ctrl キーを押しながら C キーを押してクリップボードにコピーしてから、となっています。

メモ帳ならOKで、IEだとNGだとはハッキリと書いていません。「アプリケーションによっては」としか書いてありません。
うーむ、これでは「IEだとこうなる/こうならない」という証明にはならないよなぁ。
もしかしたら、お客さんは、別の操作での思い違いをしておられる可能性もあるのですが…こればっかりはなんとも言いようがない。
さらに突っ込んで、いつの時点でその操作ができていたのかを聞いてみました。

…私が前回設定する前に、お客さん自身でリカバリをされたらしいです。

リカバリ前はOK、リカバリ後に無線の設定をするまではインターネットの利用はなく、前回ご訪問時に私がつないでインターネットが使えるようになってからだったことを考えると…

その操作は、どうやらお客さん実施のリカバリ前しかできていなかった

ということになります。
これで私の前回の作業に因果関係がないことはハッキリしましたが…どんな設定であればそんな操作ができるんだろう?

一応、検証用パソコンでも確認しましたが、同様に、ブラウザの文字列を選んだだけではツールボタンはグレーアウトでクリックできません。
やはり標準ではこうなっているのであろう。
リカバリしたことでできなくなったのはもっともだ、ということになります。

お客さんが「[コピー]はやっていない」とおっしゃる以上、やっていないのでしょう。
そんな設定がどこかにあるのかもしれない、といろいろ探してみましたが、それらしき設定はみあたりません。
こういうのは、インターネットオプションの「セキュリティ」か「詳細設定」に、全然違う名前で項目があるものなんですが…どうにもそういった操作ができるようにならない。

一応、料金内での対応のできる時間いっぱいまで粘りましたが時間切れ。
お客さん的には、[コピー]という操作でできるようになる、それが本来の操作であり[コピー]操作なしのものは何か特殊な設定だった、前回の無線設定とは関係ない、ということがわかって、辞書登録ができればOKということで、正規の料金を頂けることになりましたが…個人的にはイマイチ釈然としません。

その後もいろいろ調べていますが、どうもそういう操作ができる設定が見当たりません。
どなたかご存じないでしょうかねぇ。

2006年12月25日(月) ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月24日 (日)

プリントサーバーはまだまだ…。

今回はプリントサーバーの設定です。
有線接続のデスクトップが1台、無線接続のノートが2台、という構成の設定です。

以前にも似たような構成の設定はやったことがあります。
記録に残している範囲では、

パソコントラブル出張修理・サポート日記: 無線プリントサーバーは簡単か?

パソコントラブル出張修理・サポート日記: それではプリンタがつながりません。

というところでしょうか。
今回も、お客さん自身が設定しようとして、うまくいかなくてご依頼をいただきました。
今回のプリントサーバーはこれ。

B00094ATYE
Canon C-6500U2 キヤノンプリンタ専用USBプリントサーバ

うーむ、個人的には見たことなかったんですが、いろんな製品がありますねぇ。
双方向通信に対応していまして、複合機のスキャナー機能まで対応しています。
ということで、お客さんのところへお伺いしたわけですが…。

-------

お客さんの回線はeo光。
光電話アダプタ(VoIPアダプタ)のところから、無線ルーターがつながっていて、そこからパソコンがぶら下がっている格好でした。

外してあったプリントサーバーを無線ルーターのLAN側ポートにつなぎ、セキュリティソフトの動作を停めておいて、所定のソフトをインストールしたら…あっさりつながりました。

「ええ~~??なんで??いくらやってもダメだったのに…」

よくよくお聞きすると、プリントサーバーをつないでおられたのは、どうやらVoIPアダプタのLAN側ポートにつないでおられたようです…。
これは以前の件で私も勘違いしたことがありました。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: Windowsが起動しない。再起動を繰り返す編・納品編。

VoIPアダプタは、ルーターではなかったってことなんですよね。
っていうよりは、その後に無線ルーターを設置しているとなると、そっちへつないでも、そのままではルーター越えで認識できるはずもないんですよね。
こういう環境ではルーター越えをさせる意味もありませんし。

あとはノートパソコンですが…1台はプリインストールのノートンが残っているところにウイルスバスターが2重インストールされていたり、もう1台はマカフィーがプリインストールされていました。
なんか、ウイルス対策ソフトの見本市みたいですね(笑)。
2重インストールのものに関しては、やはりうまく動作しなかったので、とっくに期限切れのノートンを外してみたところ、うまくいきました。

それにしても、何度設定しても感じるのですが、ネットワーク共有をするプリントサーバーって、まだまだ初心者が安易に導入できるに至らないものですね。
まぁ、ネットワーク環境って、ホントに千差万別ですので、きちんとネットワーク環境を理解していないと、なかなかうまく設定できないのはしかたないことです。
いずれなんとか解決できる日が来るのかもしれませんが…。

2006年12月24日(日) ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(有線LAN), ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

勝手にログオフします。外科手術編

こちらは、以前お世話になった方からのご依頼。

「起動してログオンしたら、すぐにログオフしてしまって全く操作できなくなったんだよね」

∑( ̄□ ̄;
そ、それって、以前にも対処したことのあるアレでは…。

「ああ、そうなんだよ、ウイルス対策ソフトを動かしてて、なにやらウイルスを発見したらしく、ファイルを削除したあとに再起動したらこうなってしまったんだよ」

ますます以前のアレと同じ状態ですね…。
アドウェアのBlazeFindという凶悪なのを、起動項目の修正をせずに該当ファイルのみを削除すると発生する症状です。
ちなみに、今回のパソコンは、東芝ダイナブックDynaBook T5/512CME

ということでお伺いして、現象を確認して、とりあえず前回対処した手法を試してみた。
WindowsXPのCD-ROMから起動し、回復コンソールを使って起動し、userinit.exeをwsaupdater.exeとしてコピーして再起動。

…ダメでした。何も変わりません。

こうなると現地での対処はほぼ不可能です。
持ち帰り修理とさせてもらいましたが…これでダメだと、一体どうしたもんか…。

-----

基本的には、userinit.exeというプログラムがうまく起動できずに失敗した結果、すぐにログオフしてしまうという現象です。
BlazeFindにやられていたなら、原因ははっきりしているのでなんとかなるんですが、今回はそうではないらしい。
userinit.exeに関する情報をいろいろ探ってみても、これといって明確な情報もなく、同じような現象の解決例もほとんどない。
とりあえずCHKDSKでディスクチェックはやってみたものの、ファイル修復はいくつかやったみたいですが、勝手にログオフする現象は変わらず。
うーん、こりゃ弱ったなぁ…。

仕方がない、勝手にログオフの原因を探るよりも、復旧を最優先させよう。

「パソコンの機能の復旧」という観点であれば、リカバリしかない。
しかし、バックアップの済んでいないデータがあるので、これは本当に最後の手段です。

ということで、以前の記事「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。 復旧編その2。」でもやってみた大技、

手動によるシステム復元

をやるしかないでしょう。
ただしこれは、以前にもやってしまったことがありますが、メーカー製のパソコンの場合は、回復コンソールですら起動できなくなるという危険性をはらんでいます。
こうなるとお手上げですが、やってみるしかないでしょう。
ということでやってみました。
再起動してみたら…

システム エラー Lsass.exe
パスワードを更新しようとしたときに、このリターン状態は、現在のパスワードとして指定した値が正しくないことを示します。

∑( ̄□ ̄;
こ、これは…!!!
以前失敗した時と同じではないですか!!
回復コンソールを起動してみましたが、Administratorのパスワードが通りません。

ああ…やってしまいました…。
もうリカバリしかないのか???

…いや!どうせリカバリしかないのなら、いろいろ試してみましょう!

この状態では、症状の出ているパソコン単体ではどうにもなりません。
しかし、別のパソコンでハードディスクを操作してみれば何とかなるのでは?
レジストリハイブファイルは、こうなる前に控をコピーしています。
メンテ用パソコンにつないで、レジストリハイブファイルを元に戻せば、とりあえず元通りになるはず。

ということで、Windows2000のメンテ用パソコンに接続してみました。
…うん、ファイルの操作は問題なくできそうだ。
でも、ここまで来たなら、手動システム復元を別の日時の分で試してみてはどうだろう?

システム復元用のレジストリハイブファイルは、System Volume Information フォルダにあります。
ここから、希望の日時のレジストリハイブファイルをコピーすればいいはずです。

レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法 :マイクロソフト サポートオンライン

こちらの内容の「パート 2」の作業になるわけです。
しかし、ここでも書かれている通りで、System Volume Information フォルダへのアクセスが拒否されてしまいました。
でも、これはたいしたことはありません。
このフォルダのアクセス権を、「Everyoneフルコントロール」にしてしまえばいいだけです。
Windows2000からなら問題なくできます。
そしてその中に数ある「RP*」のフォルダから、まともに起動していたであろうタイミングのものを探し出して、そこからレジストリハイブファイルをコピーすればいいはず。

もうここまで来たら、ほとんど外科手術の世界ですね(笑)。

注意深く指差し呼称しながら(笑)、レジストリハイブファイル5個をシステムフォルダへコピー。
ハードディスクを元のノートパソコンへ戻して、祈るように電源オン。

ようこそ画面からデスクトップ画面へ切り替わるまでずいぶん時間がかかっています。
心臓に悪いので、とっとと起動しちゃってください…。

…デスクトップが現れました。
今度は勝手にログオフしません!! 成功です!!!

ここまで緊張して作業したのは久しぶりです…。
以前は失敗していた作業なだけに、これでうまくいくとは思いませんでした。
でも、考えてみたら、ファイルのコピーだけなら、ハードディスクをメンテ用パソコンへつなげばできるんですよね。
レジストリの編集は無理みたいですけど…。

まぁ今後へのいい経験になりました。
時間がある限り、最後まであきらめずにベストを尽くす。これですね。

でも、その「時間」がないことが多いのは確かなんですけどね…。

2006年12月23日(土) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(リカバリ), ソフトウェア不具合関連(設定不良), データ救出・バックアップ, パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月分~12月分について

長らくご無沙汰しております。

公私共に多忙を極めておりまして、なかなかこちらのブログの更新に至らず、すっかり放置状態でした。
年末年始あたりでなんとか時間が取れれば、過去分の書き込みをしていきたいと考えています。

とにかく、書いて残しておくべき事例がたまりすぎて、書ききれない状態です。
事例の公開は、こうしたトラブル対処の際の共有資産となるため、今後も進めていきたいと考えています。
もちろん、個人情報や機密情報には配慮した上で、ですが。

今後ともよろしくお願いいたします。

2006年12月23日(土) お知らせなど | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。 またまた。

こちらは直接お電話いただいたお客様。
インターネット接続の設定をしてほしい、とのこと。
回線はISDNです。
なぜADSLとかにしないんですか?とお聞きしたら…。

「電話回線が2つ必要なんですよね。もう1本引こうと思ったんですが、マンションの配管の関係で難しいらしいんです。かなり値段が上がるそうなので…。」

うーむむむ、そういう事情なら仕方ないですよね。
まぁこちらはどちらであっても接続の作業をするだけなんですが。

契約は、フレッツISDN。
プロバイダはアットニフティ。
ダイヤルアップ番号は、局番なしの「1492」のみです。
説明書にある通り、ダイヤルアップの設定をすればいいだけなんですが…。

エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。

うーむむむむ…どこかで見たような。
そうだそうだ。
先週対応したトラブルだ。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。

あの時は…確かアクセスポイントが間違っていたんだよなぁ。
でも、今回はNTTの書類にも@niftyの書類にも、フレッツISDNは局番なしの「1492」、と書いてあります。

うーむ、なんでじゃ???

-----

今回も試しに私のIDを入れてみた。
…やっぱりはねられます。
おかしいなぁ。
こりゃやっぱり回線の問題かなぁ。
電話して聞いてみるしかなさそうです。

訪問時刻の関係で、アットニフティはサポートダイヤルが時間外ですので、NTTに連絡。
116に電話したら、IPカスタマーサポート(0120-248-995)にかけ直せといわれてかけなおして聞いてみたら…。

単純な設定ミスでした。

接続ユーザー名は、「(アットニフティのID)@nifty.com」なんだそうです…。

…うーむむむむ。
確かに、フレッツですし、共通番号にかけるから、ユーザーIDの後ろにプロバイダの識別記号を入れないといけませんよねぇ。
でも、そんなことは、どこにも書いてないぞ。
いろいろ設定書類を見てみたんですがねぇ…。

まぁとりあえず、お客さんのID@nifty.comで問題なくつながりましたのでよしとしましょう。

でもなぁ…なんだかなぁ…。
釈然としなかったので、後でNTT西日本のサイトで調べてみましたが、どうもハッキリ書いてあるところがすぐに出てきません。
どういうこっちゃねん。

2006年12月21日(木) ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

電話が鳴りません。

こちらは無線ルーターの設定依頼です。

いつもどおり、訪問前の電話をご自宅に入れてみたのですが…誰も出ません。
うーむ、これから設定だというのに、お留守ですかねぇ。

携帯電話の番号も書かれていたので、そちらに電話してみたら、つながりました。

…もしかして外出中ですか?

「いいえ~家にいますよ。気をつけて来て下さいね」

…うーむむむむ。
だったらなんで電話に出てくれんとですか??

-------

行ってみてわかりました。
引越ししたばかりで、まだ電話をつないでおられなかったのです。
ADSLの契約手続きはすでに終わっていましたが、電話機の接続まではまだでした。
それを含めての接続作業だったようです。
うーむむむむ。無線ルーターだけじゃなかったんですね。

ということで、ADSLモデムと、今回持参の無線ルーターの設定です。
なにやらIP電話対応のモデムでしたが、設定情報にはIP電話の項目が書かれていません。
実は学生さんで、親御さんが各種手続きをしてくれたらしく、設定情報はワープロ打ちのメモ書きでした…。
ちゃんと設定情報の書類は原本を置いといてほしいものです。

無線の設定は特に問題もなく、きちんとつながりました。
ということでお客さんに引渡しとなるわけですが、最終的に電話回線がきちんとつながるかどうかを確認しなければなりません。

家でお使いだったらしい電話機がエアキャップにくるまれて置いてありましたので、それを開けてモジュラージャックをプチッとつなぎ、私のケータイにかけてみました。
きちんと番号が出ますので、発信はOKのようです。
その番号に折り返しかけてみましたが…なんと、電話が鳴りません!

かけた方のこちらのケータイは、呼び出し音が鳴り続けているように聞こえていますが、実際には電話機はうんともすんとも言いません。
はて、困ったなぁ…。

電話機をよく見ると、内線だとか見慣れないボタンがついています。
お聞きしてみると、どうやらご実家ではホームテレホンをお使いのようで、その端末の一つを送ってきたようです。
こちらに届いてからまだ開けていないので、これがここで使えていた実績はない、とのこと。

残念ながら、私の仕事は電話接続がメインではないので、回線確認用の端末は持ち合わせていません。
まぁ、とりあえず当面はケータイで何とかしていただいて、早いうちに普通の電話機をご用意いただくようご案内をして退出です。
というよりは、最近ではケータイだけでも何とかなるもんですけどね。

しかしまぁ、電話がきちんと鳴らないと焦りますねぇ。
これからは、確認用の端末も常備しておかないとダメですかねぇ。

2006年12月15日(金) パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。

こちらはISDN接続がうまくいかないとのこと。

お伺いしてみたら、パソコンは某ショップブランドのノートパソコン。
なぜにこちらにご依頼を?とお聞きしたら、ショップブランドだけにサポート対応がイマイチだったとか。
ショップブランドがなぜ安いのかを、今一度ご考慮いただけないかと…。

…とにかく、さっそく現象確認です。

ブラウザを起動して、自動的に接続が始まり、

エラー 691: ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。

と出る。
うーむ。
ID・パスワードを書類どおり打ち直すが同じ。メモ帳からコピペしても同じ。
まさかIDが無効とか…そんなことないですよねぇ。

とか思いながら、同じアットニフティだったので、私のIDで試してみたら…なんと結果は同じ。

ぁんだとー!?

-------

そこでピンと来たのは、接続先の電話番号
ISDNとはいえ通常のダイヤルアップ接続です。
アクセスポイントが間違っていては、つながりようがないからです。

お聞きしてみたら…やはりそうです。078で始まる、市内のアクセスポイントの番号です。
どうも、古い設定情報しか手元になかったようです。

とりあえず携帯電話で@niftyのモバイルサイトへアクセスして調べてみたら…ありました。
@niftyの全国共通アクセス番号は、 0035-055-200 だそうです。

早速、古いアクセスポイント設定から電話番号を書き換えて、再度接続です。

…つながりました。
やはりアクセスポイントの設定が間違っていただけのようです。

それにしても、電話番号が間違っていたら「ユーザー名かパスワードが無効」とかって…ちょっとなぁ。
そりゃ@niftyユーザーなのにBiglobeとかOCNとかにつないでたらそう言われても仕方ないけど、同じ@niftyのアクセスポイントなんですからねぇ…。
古い設定情報をもとにしての設定とは言え、「ユーザー名かパスワードが無効」って言われたら、接続先が間違っているなんて思いませんよね。

接続に関するトラブルは、インターネットにつなぐところの話ですから、「ネットで調べる」と簡単にいかないのがツライところです。
最近は携帯電話でもそういう情報を調べられるようになってきたので、便利といえば便利ですが…。

2006年12月13日(水) ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

msxml4-KB927978-enu.log ってナンですか?

こちらは電話がかかってきたお客様に折り返し応対したところ、開口一番、

「コピーしていただいたDドライブのファイルがなくなって、替わりに文字化けしたような変なファイルがあるんです!!」

はい??

で、よくよくお聞きすると、先日セッティングした新規パソコンのDドライブに、ランダムっぽい10桁以上の半角英数のフォルダがあって、その中に、

msxml4-KB927978-enu

というファイルが一つだけだそうです。

うーむ、なんじゃそら???

-------

お伺いしてみて、パソコンの中身をチェック。
実は、前回の作業で、旧パソコンのDドライブのファイルやマイドキュメントのファイルなどを、新しいパソコンのCドライブへコピーしたのです。
その際に、一応はコピーした場所をお伝えしておいたんですが…お客さんはついつい今までの癖でDドライブを開いたらしいのです。
コピーした旧パソコンのデータは、一応残っていましたので、改めて場所をお教えして、間違えないように改めてDドライブへコピーした上で、デスクトップにショートカットを作っておきました。

これでバックアップデータはとりあえず問題なし。

問題は、その変なファイルです。

画面上では、「msxml4-KB927978-enu」という名前のテキストファイルに見えますが、拡張子を表示する設定に変えてみたら、

msxml4-KB927978-enu.log

というファイルでした。
メモ帳で開いて中身を見てみたら…うーむ、どうもマイクロソフトの何かのアップデーターのログファイルのようです。
こういうときは、そのものズバリのファイル名で検索すれば、たいていすぐに答えは出ます。

msxml4-KB927978-enu というログファイルが勝手に作成されていた :教えて!goo

全く同じです…。

KBってコード番号(KB = Knowledge Base、マイクロソフトが使ってるコード番号)があるので、マイクロソフトのサイトで調べてみたら…

[MS06-071] Microsoft XML コア サービス 4.0 用のセキュリティ更新プログラム :Microsoft サポートオンライン

なんかファイル名が微妙に違うのが悩ましいところ。
こんな目立つところに勝手にファイルやフォルダを作らんといてほしいもんである。
おとなしく「c:\windows\」以下に作っておいてもらいたいもんだ。

でも、とりあえず問題ないもののようなので、気にしないようお伝えして引き上げです。

まぁしかし、たまたまこういうトラブル?で発見したわけですが…なんだかなぁ。

2006年12月04日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

メールが送信できたりできなかったり。

こちらは先日の作業の続きです。

こちらのお客さんは、このブログのサイドバーにも出ている

GyaO光なんですが、こちらで標準でついているメールアドレスが使えなくなった、というもの。

「こないだまで使えてたんだけど、使えなかったときもあったんだよねぇ」

うーむむむむ…。
使えてたり使えなかったりって…。

-----

まぁまずは設定確認です。
とりあえず、トラブルの原因がウイルスなどではないということは、前回の作業ですでに判明しています。
となると、設定ぐらいしかありませんので。

設定方法は、会員専用ページに出ていますので、ここで提示できないんですが、設定としては、

お客さんのメールアドレス:gate01.com
メール送受信サーバー:gyao.ne.jp

という、ちょっとちぐはぐな設定。
会員専用ページに出ている設定画像にも、そんな感じで書いてあります。

うーん、どうもちぐはぐだなぁ。そんなもんかなぁ。
でも、この日も「受信できても送信できない」という症状に変わりはありません。
何度かメール設定のやり直しをしてみましたが、同じ。
メール設定の削除をしてやり直しても同じ。

うーん、これって、プロバイダ側の問題じゃないでしょうかね?
ということで、メンテナンス情報・障害情報をチェックしてみても、それらしき情報はなし。
というよりは、前回の作業から1週間ですから、そんなに止まってたら大問題です。

しかたない、電話で聞いてみましょう。

電話でのやり取りは省略しますが、なんとも意外な回答が返ってきた。

「メール送受信サーバーの設定は、今の設定のgyao.ne.jpでも送受信できることがありますが、基本的には***.gate01.comでお願いします」

…へ??
「gyao.ne.jpでも送受信できることがありますが」って…なんですかそりゃ?
会員専用ページの記述にも、確かに「お伝えしてあるメールサーバー情報を入力」といった記述がある。
でも、普通、メールサーバーの設定を間違えたら、送受信できないでしょうに…。

「ええ、なぜそれで先日まで使えていたかは確認できていませんが、障害で使えなくなったわけではありませんので…」

結局、教えてもらった***.gate01.comの設定を入力して、送受信共にOK。

うーむむむむ…。
それだったら、会員専用サイトの設定画像はなんだったんだ?

まぁとりあえず、お客さん的にはメールの送受信が今までどおりできるようになったのでOKということで。

-----

前回の話の続きとなりますが、ウイルス感染再発防止策としては、

  • 1台だけでの利用でもルーターを導入する
  • WindowsUpdateを欠かさず実施する
  • ウイルス対策ソフトのアップデートを欠かさず実施する
ってところでしょうね。
USENの場合は、昔の黒いトリオモデムのYahoo!BBと同じく、DHCPでインターネットのグローバルIPを自動で割り振りするタイプなので、パソコンはウイルス(ワーム)の直接攻撃の対象として晒されています。
セキュリティ対策を完備したいのであれば、ルーター導入は必須です。
また、今回は9月に出たばかりのセキュリティ修正がかかっていなかったことがウイルス感染の直接原因だったわけですから、WindowsUpdateもきっちりやらないとダメですね。
でもまぁ、最近は電源を切る際にダウンロードファイルから自動的に適用するようになりましたので、基本的にはUpdateのやり忘れはなくなるんですけどね。

2006年12月03日(日) ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)