ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« WindowsMediaPlayerでストリーミング再生できません。 | トップページ | 出初式。 »

2007年1月 6日 (土)

本当に重いのはそれではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらはチラシを見てご連絡いただいたお客さん。

「動作が重いのでいろいろプログラムを削除していたら、インターネットにつながらなくなってしまいました」

うーむ、おそらくシステムの重要なファイルを削除してしまったんでしょうねぇ。
夕方からお伺いです。

まぁ、結局は最終的にリカバリしかなかったんですが…。
その過程が…。

-----

お伺いして状況を確認です。

起動した状態で置いててくれたんですが…確かにインターネットに全然つながりません。
回線はADSL、接続は通常のLANケーブルで、「ローカルエリア接続」は、どうやら192.168.*.*のIPアドレスをもらえてはいますが…そもそもPINGが全く通りません。
デフォルトゲートウェイになっている、192.168.*.1にさえも。

…ああ、こちらのお客さん、私が勧める前からウイルスセキュリティを入れてはります。
とりあえず、192.168.*.*を許可アドレスにしたり、ウイルスセキュリティを無効にしてみたりしてみましたが、結果は同じ。
うーむ。
何しててこうなったんですか??

「えーとですね、iTunesとか入れて動作が重たくなってたので、正月で時間があったので『プログラムの追加と削除』から、あれこれ外していたんです」

…うーむむむ…どんな基準で外されました?

「利用頻度とか最終使用日とか出ますよね?あれで。基本的に使ってないプログラムなんて要りませんよね?外せば軽くなると思って」

…いやまぁ、要らないと言えば、そりゃそうなんですけどね。

基本的には、重くなるのは常駐物などの頻繁に使っているプログラムの方に問題があるからなんですけどね。
使っていないプログラムなんて、ハードディスクの容量を食っているだけで、目に見えて動作が重くなる要因にはなりえないんです。

この辺はよくある誤解で、

ハードディスクの容量を食っている

イコール

パソコンの動作が重くなる

という

間違った認識

が世の中を席巻しているようです。

いやまぁ確かに、

起動ドライブの空き容量が1割を切っているなら動作が緩慢になるのは確か

なんですけど、最近のパソコンのハードディスクは40ギガバイト以上あるのが当たり前ですので、

CD-ROM2~3枚分のデータが増えようが減ろうが、目に見えて動作が緩慢になったり速くなったりすることなどありえない

のです。
つまり、

動いてもいないプログラムやデジカメ写真のデータが多々少々減ったところで、緩慢なパソコンの動作が劇的に改善されるはずがない

ということです。
まぁ要するに、そういった部分にも気を配っていれば動作が重くなりづらい、ということはないでもないでしょうけど、動作が目に見えて重くなってから慌ててそんなことをしても、なんの足しにもならないのです。

確かに、一桁ギガバイト程度のハードディスク容量が当たり前の、かれこれ10年ほど前なら、まずできることとして不要ファイルの削除などをやって、ある程度の回復は見込めたとは思いますけど。
つまり、

ファイルを溜め込んでるから動作が重い、というのは古い常識

と言えるでしょう。
正直、空き容量が逼迫していないなら、時間をかけてムキになって使っていないプログラムの削除を繰り返したところで、それに見合うだけの効果は見込めません。
効果があるどころか、かえってファイルの断片化を誘発して、余計に重くなる原因を作っているようなものです。
そうなるぐらいなら、いさぎよく放置しておいた方がまだマシというもの。


「ああ、それと、ServicePack2とかいうのも削除しました」

…( ̄□ ̄;

…は??

さ、サービスパック2を?さ、削除した??

「ええ、なんかサービスとかいって怪しげでしたし…無料のものってどうもねぇ」

む、無料って…。

サービス - Wikipedia

サービスとは - はてなダイアリー

カタカナ辞典 「サービス」で始まる言葉の検索 - Infoseek マルチ辞書

そう、日常的に「サービス」という言葉は、確かに「無料のもの」というニュアンスで使われることが結構多いです。
しかし、これは日本独自の解釈のようで、日本以外ではそうではないようです。
というよりは、言葉の意味そのものが本来「無料のもの」という意味を含まないわけでして。

コンピューターで開発に近いところで仕事に携わる人間であれば、「サービス」という言葉の概念が、世間一般に言う「無料のもの」という意味などない、特にコンピューターにおいては全然意味の違うものであることは重々承知のことと思います。
しかし、世間一般にはそうではないということをまざまざと見せ付けられましたねぇ…。

どのタイミングでおかしくなったのかをお聞きしていくと、どうやらServicePack2削除のあとからおかしくなったのは確かなようです。
うーむむむ、こうなったら、そのServicePack2を削除する前の状態までシステム復元をかけてみるか。
ぽちっとな。

………

……

…やっちまいました。
全然起動しなくなってしまいました…。

いや、起動しなくなったというのは正確ではありません。
起動までにメチャクチャ時間がかかるようになってしまったのです…。
5分やそこらの話ではなく、10分15分のレベルです。

まぁそれでも何とかしようともがいていると、なにやらServicePack1のCD-ROMを要求してくれます。
うーむ、こりゃ、ServicePack2削除をまたがってのシステム復元はダメってことですかいね?
というよりは、システム復元でも元に戻せないぐらいのダメージを食らってたってことでしょうか?

しかたがない、奥の手、手持ちのXPのCD-ROMを使って、回復コンソールからの手動システム復元だ。

これをメーカー製のPCでやると、以前もやったように、回復コンソールも使えなくなる恐れがあります。
まぁダメもとでやるしかない。

以前の作業の時は、C:¥System Volume Informationフォルダにアクセスできなくて手こずりましたが、あらかじめ以下の方法で対処しておけば問題ないようです。

System Volume Information フォルダへアクセスする方法 :マイクロソフト サポートオンライン

前の時も、ハードディスク抜かずにこれでも良かったんですけどね。
このページの中の、

NTFS ファイル システムを使用している Windows XP Home Edition での Cacls の使用

って項目に書いてある、caclsコマンドを使ってのアクセス権奪取(笑)を行なうことになります。
XPのHomeEditionは、こういった「フォルダのアクセス権」をいじる設定画面を持ち合わせていませんので、コマンドプロンプトで操作することになるわけです。
同じXPでもProなら、2000のように、マウス操作でアクセス権を設定できるんですけどね。
とりあえず、XPのコマンドプロンプトが起動できる間に、アクセス権を奪取して、開腹…いや(笑)回復コンソールを使っての起動です。

まぁ、C:¥System Volume Informationフォルダにも無事アクセスできて、手動リカバリの作業自体は成功しましたが…、

ServicePack2のアンインストール前後のどこに復元してもダメです。

どうも、ServicePack2のアンインストールが、かなり深刻なダメージを与えてくれていたようです。

おそらく、ServicePack2インストール直後なら、元に戻せたんでしょう。
ServicePack2自体も、インストールしてからかなり多数の修正がかかっています。
それらをすっ飛ばして、ServicePack2のみを外しても、うまくいかないのでしょう。
もっとそれに早く気がつけばよかった…。

この時点で、もう2時間をとっくに過ぎてます。
こりゃダメだ。
持って帰らせてゆっくりリカバリかけさせていただこう…。

「あのー、引取りで2~3日もかかるのは困るんですけど…」

( ̄△ ̄;

そちらも困るんだろうけど、こちらにも予定というものがある。
明日すぐに持ってくるということもできません。
つまり…うーむ、ここでやれってことですよねぇ。
日付変わりますけど?

「今夜復旧するなら何時でも」

…わ、わかりました…。

とりあえず、必要なデータをDドライブへバックアップです。
これだけでも、1時間以上かかりました…ずいぶんデータを溜め込んでおられたもんです。
そこから、Cドライブのみ初期化・リカバリです。
例によって、システム自体は1時間もかからないのですが、なにぶんメーカー製なので、アプリケーションのインストールがあり、それに1時間以上かかります。
さらにOfficeのインストールや、ServicePack2適用準備とか、さらに時間がかかります。
そしてServicePack2で30分程度、さらにそれの修正が30分以上…。
仕上げに、バックアップデータの復元作業。

結局トータルで5時間弱かかってしまいました。
もう夜が明ける直前です。
土曜の晩ということで、お客さんはお付き合いくださいましたが…。

まぁ最初からきっちりやらせていただいたおかげで、いたって快調に動いています。

それにしたって、きっちりやればリカバリも(モノにもよりますが)1日仕事なのに、トラブルの対処で気軽に「リカバリすれば?」なんて言うヤカラの多いこと多いこと。
まぁバックアップ用にハードディスクイメージがちゃんと取れてれば、2時間程度でなんとかなる場合もあるでしょうけど、そんなのきっちりできてる人なんてどれだけいることやら。
それはさておき。

まとめ。
今回のトラブルの原因は、

とにかくファイルやプログラムを消しさえすれば動作が軽くなる、という誤った認識

を基にいろいろプログラムを削除していったこと。

本当に動作を軽くしたいのなら、きちんと原因を突き詰めないとダメです。

引き上げる道すがらは、新聞屋さんが走り回ってました。
うーむむむむ…。
個人さん相手に、こんな時間になるなんて思ってもみませんでした…。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年01月06日(土) パソコントラブル, パソコン・インターネット, フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« WindowsMediaPlayerでストリーミング再生できません。 | トップページ | 出初式。 »

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フリーズ・ブルースクリーン・再起動・電源切れる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/13484911/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に重いのはそれではありません。:

コメント

リカバリ作業大変ですよネェ;
特にメーカー製だとめんどくさかったり
直接WINDOWS-CDからインストールできないから
SP2適用済みディスク作ってそれからアップデートなんてのもできないですし・・・

今回のご質問はここです
>XPのHomeEditionは、こういった「フォルダのアクセス権」をいじる設定画面を持ち合わせていませんので、コマンドプロンプトで操作することになるわけです。

上記は私の記憶では、セーフモードからの起動で
Administratorでのログインを行えばHOME EDITIONであっても
ディスク/フォルダのプロパティから
GUIを用いて設定が出来たと思います。
ただ、それを私がやってたのが大学時代(2年ほど前)のため
当時の私の知識では半分ほどしか理解できなかった記憶があります。
一度お試しになってみると良いかと思われます。

投稿: ゆき | 2007/01/19 8:33:31

いつも参考に見させていただいてます。

初カキコさせていただきます。 

5時間も作業お疲れ様でした^ー^;

リカバリーはホント時間との戦いですよねw

質問なのですが・・・。

>>この辺はよくある誤解で、

ハードディスクの容量を食っている

イコール

パソコンの動作が重くなる

という

間違った認識

が世の中を席巻しているようです。


というのは、たしかにそうなのですが

以前マイピクチャにデジカメの写真を1Gほど

溜め込んでる方がいらして、

パソコンの動きがかなり遅いのがあったのです。。。

それで、いろいろ原因をみていると

マイピクチャを開こうとすると、5分くらいかかるのですw

で、デジカメの写真がかなりでてきたので

ダメもとで日付ごとにフォルダでまとめると

PCの処理が全体的に早く動くように改善されたんですw。

HDの空き容量は、20Gほどあったんですけどねぇ・・・。

こんなことって原因あるでしょうかねぇwww???

参考にと思いカキコさせていただきました。

投稿: オクッチ | 2007/01/19 13:05:57

 PC関連の素人さんって、「リカバリーって一番簡単でしょ」とこともなげに言ってくれますからね。職場でずいぶんとやらされましたよ、リカバリー。毎月1回くらいはやってましたね。Win98とか2000が中心だったけど。

 ほんと、リカバリーって1日仕事です。リカバリーもOSだけインストールして「ハイおしまい」って出来るなら良いけど、大抵は「入ってたソフトは使えるようにしてね」ってことが多いから、OSのアップデートにアプリのアップデートが必要だし、それ以前にプライベートIPアドレス振ってのLANなんか組んでると、それも設定しないといけない。場合によってはメーカーのサイトからディスプレイドライバとか拾ってこないといけなかったりするし...。
 会社の中ではPCのリカバリーが出来ることとか知られないほうが良いですね。でないと、こき使われちゃいます、便利な修理屋として。

投稿: straysheep | 2007/01/19 14:09:59

僕の場合「BartPE」ていう方法でレジストリハイブの復旧しますよ。
多分知ってるかと思いますが、CD起動するWindowsXPですね。
これだとトラブルの起こったシステムドライブを完全にただのデータドライブとしてぶら下げるんで、いじるの楽なんですよね。
万能じゃありませんが、かなり使えます。
しかしリカバリはほんと大変。
へたするとクリーンインストールのほうが楽ですね。

投稿: ぶいち | 2007/01/19 19:30:07

ゆき さん
ご指摘の内容は、先のマイクロソフトのサイト「NTFS ファイル システムを使用している Windows XP Home Edition での Cacls の使用」項目にも書かれていましたね。
私が知らないだけだったようです(^^ゞ
また何かの折に試してみます。
でも、この手のトラブルって、GUIがまともに使えないために回復コンソールに頼ることにことになるんですけどね…。

オクッチ さん

>マイピクチャを開こうとすると、5分くらいかかるのですw
>で、デジカメの写真がかなりでてきたので
>ダメもとで日付ごとにフォルダでまとめると
>PCの処理が全体的に早く動くように改善されたんですw。
>HDの空き容量は、20Gほどあったんですけどねぇ・・・。

ここで確認ですが、大量にあるデジカメ写真ファイルを削除して軽くなったわけではありませんよね?

あくまで推測ですが、単純にファイルインデックスが壊れていただけなんじゃないかという気がします。
きっと、イベントログを見れば、ディスクエラーてんこ盛りだったんじゃないかと。
ファイルを別フォルダへ移動させることにより、問題部分のインデックスが再構築されて問題が解消し、エラー発生がなくなり、システムが軽くなった、という感じ。
似たようなトラブルとしては、インターネット一時ファイルを削除したら動作が軽くなった、ってなトラブル。
いかがでしょう。

straysheep さん
だれでも他人事だと「リカバリすれば?」って簡単に言えますけどねぇ。
確かにリカバリ「だけ」なら簡単ですけどね。
初心者に対してそれだけで済むのなら、私のような「パソコン設置屋」の仕事なんて成り立ちませんから(笑)。
「便利な修理屋」はいいんですけど、タダだと思われては、確かに大変ですよね…。

ぶいち さん
BartPEは…他人のシステムで使うにはちょっと不向きですよね。
まぁXPのGUIが使えるのは助かりますが、おっしゃるとおりどんなハード構成でも使える万能品ではありませんから…。
ところで、クリーンインストールとリカバリって同じじゃないですか?少なくともメーカー製PCにおいては。

投稿: ささもと | 2007/01/21 6:27:56

メーカーPCにおいては同じですね。
ウチはメーカーなんてやだ!作ってくれ!ってお客さんが結構いらっしゃるので・・・(^^;
あの最初からゴチャゴチャしてるのが嫌いでシンプルイズベストってなかんじみたいです。
そうなるといらんもん全部突っ込まれるリカバリよりクリーンインストールのが気が楽な感じです。
ウイルスやスパイが入ってない状態でディスクイメージ作ってくれなんて頼まれることもあったりします(笑)

投稿: ぶいち | 2007/01/26 20:31:36

ぶいち さん

まぁその辺は客層の問題ではないかと(^_^;)
CPUの性能が上がり、ハードディスクの容量や読み取り速度も改善されて、一昔前の「重さ」という問題はほぼ解決してますので、今の「重さ」の問題は、ほとんどセキュリティ対策ソフトに集中している感があります。
今度のVistaでは、おそらく表示関連に集中することでしょう。
それでもぶいち さんのところのお客さんは、エアロ付きビスタを入れたいと思うんでしょうかねぇ…。
シンプルイズベストの王道を行くのは2000ですので、私は個人的にはこちらの方がいいんですけどね。

投稿: ささもと | 2007/01/29 10:38:07

妻のパソコンはデスクトップ、ノート共2000です。
わたしは必要なのでXP Proとノートがhome。
さっそく「うちのパソコンはVISTAにならんか?」の問い合わせがあったのでこういっときました。
「インターネットとメールとワープロくらいならXPでいいですよ~。サポートも伸びたし、安定もしてるし。それでもVISTAにするならはあと1年は待ちませんか?その辺が頃合です。」
ぶいちさんがそういうなら、と納得してもらえました(笑)
各メーカーパソコンのオンボードのメインメモリシェアなチップで無理やりエアロ動かされてるパソコンが不憫で不憫で。

投稿: ぶいち | 2007/01/31 18:56:58

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« WindowsMediaPlayerでストリーミング再生できません。 | トップページ | 出初式。 »