ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 妙な問い合わせメール。 | トップページ | ファイル ××× は使用できません。 »

2007年1月26日 (金)

縦置きと横置き。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは、紹介で入ってきた案件。
フレッツ光プレミアムの回線に、無線LANを取り付けるという、それだけ聞けば、いたって普通の案件。
結果から言えば、まるっきりトラブルもなく完了できたんですが…まぁ聞いてくださいな…。

お伺いしてみたら、バッファロー製の無線ルーターは箱から取り出されていましたが…配線が違ってます(^_^;)
まぁ壊れはしないのでいいんですけどね。

無線の設定を先にやるつもりでしたが、とりあえずCTUの位置を確認。
どこにあるのか聞いてみます。

「ああ、あそこなんですけど」

その指差した先にあったのは…。

-----

フレッツ光プレミアムの場合、ほぼ間違いなく3台の機器が置かれます。
1つ目はONUもしくはVDSLモデム、2つ目はCTU、3つ目は光電話用VoIPアダプタ。

普通はその3つがトーテムポールか墓石のように並んで立っているんですが…どうしたわけか3台が鏡餅のように積み重ねられています!!!

…( ̄□ ̄;
な、なんちゅうことを…。

「え?ダメなんですか?でもこれ、光ファイバの開通をしていった人がこうして帰ったんですよ??」

…は、はぁあ???

「なんかここなら重ねたほうがいいからって、縦置き用のスタンドをわざわざ外して持って帰ったんですけど…」

…ど、どこの素人ですかそれは!

1台だけならともかく、3台の機器をビッタリ積み重ねて、熱対策はどうすんだよ全く…。
現に、3台重なった状態で持ってみたら、意外と熱い。
たとえて言えば、使い捨てカイロぐらいに温まってます。
これはまずいんでない…??

光プレミアムの3台の機器は、基本的には縦置きとして作られています。
機器のフタを開けたことはありませんが、放熱もそれに沿った設計になっているのでしょう。
スタンドも立てて置くようにしか想定されていないように見えます。
実際、私のお伺いした光プレミアム回線のお宅は、全て縦置きでした。
横置きのお宅を見たのは初めてです。

とりあえず、スタンドがないので、ないなりに立てて3台を離して置いてみます。
スタンドを持って帰ったバカがどこのどいつかはわかりませんが、送るか持ってくるかするように報告しておこう。

これはこれとして、本題の無線接続を片付けてしまおう。

-----

ルーターのWAN側の配線をCTUにつなぐ前に、ルーター~PC間の無線接続を確立させます。
これは無線ルーターの説明書とは手順が違いますが、お客さんの回線を、わずかな時間でもセキュリティ無しのフリースポット状態にしないようにする工夫です。
何しろ、バッファローの無線ルーターは、出荷状態ではWAN側はDHCPクライアント/無線はセキュリティ無し、という危険な代物ですから…。

まずはノートPCの内蔵無線LANの設定を、付属のCD-ROMから行います。
このインストール用ソフト、最近はトラブルの先回りをして、ウイルス対策ソフトやファイヤーウォールをオフにするように画面に指示が出ます。
その画面の指示通り、プリインストールのウイルスバスターを停止し、Windowsファイヤーウォールを無効にしました。
一通りのソフトとクライアントマネージャ3をインストールして、AOSSを使っての接続です。

まぁ実際、ルーターをかませているとは言え、WAN側をつないだまま、これでAOSSでつながってしまうと、インターネットにノーセキュリティ状態でつながってしまうわけです。
無線接続設定だけの話なら、ここはWAN側の接続は必要ないでしょうに…。
ということで、私はこの時点では、WAN側は接続しないようにしています。

ルーターのAOSSボタンを長押しして、ランプを点滅させます。
あとは、子機にあたるパソコンがそれを見つけて、自動で設定信号を送り、暗号を交換し合って、無事に暗号化接続が完了です。
ファイヤーウォールがかかっていると、この際に、しばしば引っかかるんですよねぇ。
ちなみに、ウイルスセキュリティは、たとえ終了させていてもAOSSを止めてしまいます。
オンラインマニュアルによると、ウイルスセキュリティをインストールしているPCの場合は、AOSS設定をするためには、一旦ウイルスセキュリティ自体をアンインストールすることが必要です。

AOSS接続が確立してから、セキュリティ対策ソフトを元通り起動し、ルーター下部のスイッチでブリッジモードに切り替えて、ルーターのWAN側を光プレミアムのCTUに接続すれば、接続は完了です。

確かに、無線の設定は簡単にはなりました。
しかし、セキュリティ対策ソフトとの兼ね合いで、かなりややこしくなっているのも事実です。
説明書どおりにやれば、今回のようになんとかすんなり行きますが、ちゃんとルーターとパソコンとセキュリティ対策ソフトそれぞれの説明書のコンボ技(笑)を読みきれない人も多いですから、なかなかコトはうまく運びません。

ということで、まだまだ無線LANの設定の要望は減りそうにないですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年01月26日(金) ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき |

« 妙な問い合わせメール。 | トップページ | ファイル ××× は使用できません。 »

ネットにつながらない・遅い」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/13739790/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 縦置きと横置き。:

コメント

縦置き80%
横置き20%(鏡餅状態)(特にマンション世帯)

このくらいの割合でモデム等設置されてるように思います。

熱の高さでいえば、NEC製の白いモデム(最新VDSLモデム)

が縦置きにしてもカイロくらい熱くなります。(笑

ずっと触ってると、火傷しますw

熱対策は、どうなっているんでしょうねぇ???

投稿: オクッチ | 2007/02/01 18:48:29

AOSSでの設定件数が少ないので試したことはないのですが(会社にも実験環境がない^^;)
ウイルスセキュリティのすべての機能を無効でも引っかかりますか?
アンインストールは大変だなーと思うのでw

投稿: こう | 2007/02/02 12:57:27

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 妙な問い合わせメール。 | トップページ | ファイル ××× は使用できません。 »