ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 液晶パネルで映りません。 | トップページ | 画面が走ります。 »

2007年2月 4日 (日)

「エコ・ポン・パッ」が利きません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは前回、「無線LANの子機は?」でお伺いしたお客さんです。
無線LANの子機が届いたので連絡があったそうです。
まぁ無線LANの接続程度なら大したことはなかったわけですが…。

-------

無線LANの子機は、アイオーデータ製のUSB接続タイプ。
これは設定がとても簡単です。
親機とLANケーブルが届くように準備をしておいて、USB端子につなぐだけ。
後は勝手にドライバをインストールし、親機との暗号化設定までやってくれる優れもの。
とりあえずLANケーブルが必要であることと、途中で何度かOKボタンなどのクリックが必要な以外は、特別な操作が全く必要ありません。
暗号も自動で作らせるボタンがあります。
設定に関しては、まさに全自動です。

すんなりとつながったところで、一通りの説明をすれば完了なんですが…。

-----

「テレビはどうやって観ればいいんだろう?何度かやっていたんだけどよくわからなくて」

そう、これは前回訪問時にもちょっとひっかかったのです。
お客さんがお買い上げになった機種は、日立AW33S1S


このパソコンは、テレビをすぐに観ることができる「エコ・ポン・パッ」と呼ばれる機能が搭載されています。

Q&A情報 「エコ・ポン・パッ」について :プリウスサポート:日立

しかしながら、どうしたわけかリモコンの電源ボタンを押してもWindowsが起動するだけで、テレビは映りません。

Q&A情報 リモコンの電源ボタンを押して「エコ・ポン・パッ」を起動しようとしたところ、Windows の起動が始まった :プリウスサポート:日立

ここに書いてある対処は説明書に書いてあるので、前回訪問時も、何度も確認したんですが、一向に改善されませんでした。
おまけに、地上波デジタル放送を全画面表示してみたら、音声は出ても「映像をD端子に出力中です」という表示が出るだけで、本体液晶モニタには映像が表示されません。
そんなバカな…。
この機能は、この機種の売りのひとつのはずなのに。

-------

最初は設定がまずいだけだと思っていましたけど、思い当たる限りで設定を見渡しても、それらしきものはほとんどない。
そもそも「D端子に出力中」なんて言われても、ノートパソコンならいざ知らず、一体ものの筐体のデスクトップパソコンで、わざわざ本体のモニタに表示せずに外部に出力させることなんて、基本的にない話。
それをするぐらいなら、最初からセパレートタイプを使いますよねぇ…。

しばしあちこちいじって首を傾げていましたが、見切りをつけました。
ほぼ一通りそれらしき設定を見たんだから、あとはメーカーに聞くしかなかろう。
本体にサポートの番号で、0120で始まるフリーダイヤルが書いたシールが貼ってありますので、そちらに私のケータイからかけてみました。

「こちらはKDDIです。お客様のお使いの携帯電話からはおつなぎすることができません」

ぁんだとゴルァー!!
…とは言いませんが(笑)、それならそうとシールに書いといてくれと言いたいですね。

ならば、と元KDDI系列のウィルコムのPHSでかけてみましたが同じ。
ケータイやPHSではかからんって書いとけよ…。

仕方なく、ホームページで通常番号を探し当て、PHSでかけてみました。

例のごとく、何度かの話中の後にようやくつながり、番号で窓口を指定させられ、さらにしばらく待たされます。

「お待たせしております。順次おつなぎしております。なお、10分経過してもつながらない場合は、誠に恐縮ですが切らせていただいております」

ぁんだとゴルァー!!
…とは言いませんが(笑)、こっちはフリーダイヤルじゃなく通常番号でかけているので、早くしてもらいたいもんです。
ホームページでは、この時間帯は比較的空いているような表記だったのに…。

ようやくつながって、電話に出たおねーさんに症状を伝えてみたら、まずは説明書に書いてあることを言ってきた。
まぁこれは仕方ないですね。基本的な確認事項ですから。
全部やったということを伝えると…。

「ああ、ではPrius Navistationのアップデートをやった方がいいでしょうね。では、適当な検索エンジンで『900276』で検索してみてください。上位にPrius Navistationのアップデートのページがヒットするはずです」

ほほー。そういうご案内の仕方もあるんね。
「900276」で検索ポチッとな。

Prius Navistation アップデート(Prius S/R/P/N シリーズ) ダウンロード情報:文書番号900276 :プリウスサポート:日立

おー、すばらしい。
Yahoo!検索ではトップに出てきました。
ちなみに、全然関係ありませんが、2番目に出てきたのは…。

ろくでなしとの恋愛 (キャラ文庫) ~野蛮人との恋愛 3~ 菅野 彰著

何でこんな本が出てきたかというと…書籍のIDともいえるISBN番号が 4-19-900276-6 だそうです…。
検索エンジンって面白いですね(笑)。
それはおいといて。

テレビのコントロールを行なうソフトPrius Navistationを、バージョン 4.32Dにアップデートしなさい、とのこと。
時間を見ると、もうサポートダイヤルの受付終了ギリギリです。
これでダメだと、また再訪問である。
しかし、これをやらなければ、ここから先に進めない。
とりあえずやるしかないか。

電話を切って、ダウンロードを開始。
このお客さんの環境では、電話線の線路長がかなりあるため、実はADSLにしてはちょっと遅めです。
まだか、まだかとじれながら待って、終わったところで、はやる心を抑えてダウンロードファイルの中の説明書を読む。
焦ってこれをすっ飛ばすと、後でえらいことになりかねないので、ここは落ち着いて。

なになに…ソフトのバージョンアップと共に、地デジチューナーボードのファームウエアアップグレードもやるそうな。
こりゃ慎重にやらねば。

ソフトを起動してアップグレード。
焦った割に、あっさり無事に終了。

再起動して、Windowsからテレビを再調整。
残念ながら全てクリアされてしまっているので…。

地デジは問題なくチューニング完了。
こちらは地域設定できっちり決まっていますので問題ありません。
問題はアナログ放送。
お客さんの環境では、アンテナを自前で立てておられるので、それに沿った設定をしなければなりません。
チャンネル配分は、大体は地域で決まっているので、その地域を指定すればすぐに完了…のはずでしたが、どうもうまくいきません。
UHFのみの地域は、同じNHKだけでもいくつものチャンネルが存在します。
それに、この地域は、大阪・神戸方面と岡山・瀬戸内方面の両方の電波を拾えるため、家によってアンテナの向きがバラバラなので、チューナー設定もバラバラなのです。
ソフトで用意されている地域設定ではどちらもうまく行かず、あれこれ手探りで設定です。
前回はうまくいったのに、なんで新しいバージョンではうまくいかなくなるんだ???

ようやく設定が完了し、問題の地デジ全画面表示です。

…おー、問題ない問題ない。
ちゃんとクリアに全画面表示されます。

この状態でWindowsをシャットダウンし、リモコンの電源ボタンを押して、エコ・ポン・パッ機能を検証。

…ああ、ちゃんと地デジチューナーが起動して、全画面表示でテレビが見れます。

ということで、何とか無事完了です。

それにしても、これって初期不良ですよねぇ…。

しかし、ポン・パッって…懐かしい名前を出してきますねぇ。
30年ほど前、1970年代前半のカラーテレビは、まだ真空管(笑)が健在でしたので、テレビがまともに画像を映すまで30秒以上かかっていました。
真空管のフィラメントが温まらないと、回路が不安定だからですね。
その頃、日立の新型カラーテレビは、「ポンパ」という名前で、電源を入れてすぐに画像が出ることを売りにしたテレビを発売しました。
今となっては、そんなことが売りになるなんて笑い話にもなりませんが、パソコン内蔵チューナーになって、そんな時代の名前が再登場するなんて…まさに「時代は繰り返す」ですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年02月04日(日) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い |

« 液晶パネルで映りません。 | トップページ | 画面が走ります。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

起動しない・起動が遅い」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/13819693/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 「エコ・ポン・パッ」が利きません。:

コメント

なんとまぁ懐かしい。
タッチョンパとか言いませんでしたっけ?
実家の初めてのカラーテレビがそれだったと思いました。
今や薄型主流で3年後にはブラウン管も消えるとか・・・

投稿: ぶいち | 2007/02/08 19:22:36

そういえば、当時はSLがまだ現役で、「ポンパ列車」が、全国をまわっていましたねぇ。。(結局、実物を見ることはできなかったのですが。。)

投稿: 児島の仙人 | 2007/02/10 0:45:01

確か緑のオウム(だったかな?)がイメージキャラクターでしたね。

投稿: まく☆彡 | 2007/02/11 16:29:08

ドリフターズのクビチョンパッ♪を思い出しました…
脱線すいません^^;

話は変わりますが ささもと様のプログって
出版のご意思とかはないでしょうか?

本にすればかなりの厚みになると思いますが、
私なら「建築大辞典」より高くても買いますよ。

素晴らしいブログいつも感謝しつつ読ませていただいてます☆

投稿: redsha | 2007/02/13 1:49:43

どうもみなさん、なつかし目のネタに反応いただきありがとうございます(笑)。
初期のドラえもんの中にも、ママが映りの悪くなったテレビの「ここらへんをこういう角度で叩けば直るのよ」とか言いながらチョップしてましたねぇ(笑)真空管テレビなんかでは、半田クラックによる接触不良も珍しくなかったですから…今のテレビ内蔵パソコンにそれをやると…(笑)。
ウチの21型のブラウン管テレビも、15年ほど経ってるので、気温変化で画面が歪んできたりしてヤバ目です。買い替え時かなぁ。

投稿: ささもと | 2007/02/16 16:05:13

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« 液晶パネルで映りません。 | トップページ | 画面が走ります。 »