ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ファイル ××× は使用できません。解決編 | トップページ | 「エコ・ポン・パッ」が利きません。 »

2007年2月 3日 (土)

液晶パネルで映りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは新しいパソコンにデータ移行という案件です。
なにやら、前にお使いのパソコン(WindowsMe)は、画面が映らなくなったんだそうで、それを機に買い換えたんだそうです。
新しいパソコンの構成から言えば、液晶モニタがつなげるはずだからそれで対処できるでしょうし、お客さんいわくは、USBメモリ(512MB)を買っているのでそれを使って移行してほしい、とのこと。

-----

お伺いしてみて、旧パソコンの電源を入れてもらいました。
…うーむむむ。
中心部分に横一線の光の筋があるだけです。
こりゃ垂直同期ができなくなったんですね。
古いテレビでよくある症状です。
JR元町駅~JR神戸駅の高架下によくある中古屋さんに、こんなテレビがゴロゴロありました(笑)。
ブラウン管の上を軽く叩いてやると、一瞬だけWindowsの画面が見えます。
こりゃ確かに、無理して直すぐらいなら買い換えた方がいいですよね。

とりあえずその役に立たないCRTを取っ払い、新規パソコンの液晶モニタを設置して、旧パソコンに接続。

接続はできましたが…映りません。なんで??

-------

とりあえず再起動した方がよさそうですね。

電源ボタンをプチッと押してみたら、ハードディスクがガリガリ言い出して…画面に「コンピュータの電源を切る準備ができました」と一瞬表示され、すぐに電源が切れました。

「え?今どうやったんですか???」

お客さんが不思議がるのは当たり前でしょうね。
ほとんどのお客さんは、

電源ボタンは押してはダメです。

と、必要以上に念押しされています。
今時、電源ボタンが「主電源」になっているパソコンなんて、基本的に存在しません。
「ダメだ」なんて念押しする方がナンセンスです。
でも、ほとんどの出荷時設定は「シャットダウン」ですので、ある意味、危険なボタンであることは間違いないんですけどね…。

ということで、Windowsキーなどを使ってキーボード手探り操作で電源を切るところまで行ってみてもいいんですが、単純に電源を切るだけなら、出荷時設定のままなら、電源ボタンをプチッと押せばシャットダウンになるはずなのです。
その読みが当たっていただけなんですけどね…。


さて、電源を入れなおすと、WindowsMeの起動画面が出てから…やっぱり真っ暗になります。
こりゃどうやらWindowsでの画面解像度が合ってないようですね…。

おそらく、よくあるSVGAの800×600や、XGAの1024×768、SXGAの1280×1024なんかではなく、そのすき間にある832×624とか1152×864とかだったんじゃないでしょうか。
いずれにしても、他に壊れたCRTしかないこの場では、確認の取りようがない。
でも、このままではデータ移行のための操作が全くできません…。
NetMeetingなんかであらかじめリモートデスクトップの使える設定にしてあるならまだしも、そんな設定はしてあろうはずもなく。
はてさてどうしたもんか…。

とりあえずセーフモードで起動してみる。
こちらはとりあえずVGAの640×480で起動するので画面は映るようになりました。
しかし、セーフモードではUSBメモリを認識してくれません。
でも、通常起動時の画面解像度はここでは変更することもできず…。
うーむむむむ…。

このパソコンはMeだから…たしかWin.iniとかレジストリとかで画面解像度をいじった記憶があるんだけど…。
と思いつつ、とりあえずmsconfigを起動してみたら…。

Msconfig

ああっ!!そうかっ!!
「診断用の起動」があったんだ!!
これにしておいて、通常通り起動して、画面解像度を切り替えればいいんじゃないか??

正解でした。
通常通りの起動で液晶モニタにデスクトップが表示され、画面解像度を800×600にして、まともに表示できることを確認してから、msconfigを「標準の起動」に戻して再起動したら、全く問題なく表示されました。
うーむ、ヒヤヒヤさせてくれるぜ…。

あとはUSBメモリで…と思いましたが、Meの頃のUSBは1.1なので、たかだか200MB程度でもとんでもなく時間がかかってます…。
残り時間の表示が30分とか80分とかの範囲でふらついてます。
そんなに待ってられないので、ルーター接続ということもあるので、LAN経由でフォルダを共有させてコピーすることにしました。
まぁセキュリティ対策ソフトのファイヤーウォール設定をいじる必要がありましたが、その辺はたいしたこともなく、あっさりMeのフォルダを認識できるようになりました。
こちらにしてみたら、嘘みたいにすばやくコピーできました。
そりゃそうだ。
USB1.1の12Mbit/secと100Base-Tの100Mbit/secでは、100Base-Tの方が速いのは当然です。

ということで、メールアドレス・メールアカウント・お気に入り・クッキー情報などの定番データと、マイドキュメントと、オリンパスマスターというデジカメ用接続ソフトの写真データの転送もしておきました。
データ自体はJPEGで何の変哲もないのですが、データの保存場所が、あろうことかProgramFilesフォルダの中なのです…。
この手のソフトでは、時々あることではありますが、こんなところに置いてくれてると、パソコンのデータの引越しの際に取りこぼしますから、ぜひとも改善してほしい仕様ですね。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年02月03日(土) ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき |

« ファイル ××× は使用できません。解決編 | トップページ | 「エコ・ポン・パッ」が利きません。 »

ソフトウェア不具合関連(設定不良)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

基本操作・便利技関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/13794932/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶パネルで映りません。:

コメント

いつも参考にさせていただいております。
USB1.1は12Mb/secではないでしょうか。

投稿: ぴかパパ | 2007/02/07 21:52:33

ぴかパパ さん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

投稿: ささもと | 2007/02/08 6:52:07

始めまして 
いつも参考にさせていただいております
とりあえず、激オソ USB1.1は
12Mbits/s(1.5Mbytes/s)ですので
ややこしいですが 12Mb/sec 12Mbでも変です。
簡単に書くと12Mbpsになります
100BASE-TXだと100Mbits/s(12.5Mbytes/s)

それにしても 設定の方がらくだなんて言えるスキルになるには何年かかるか・・・

投稿: seiryu | 2007/02/10 21:34:33

seiryu さん
おっしゃることごもっとも。
またもや追加修正しました(笑)。

それにしても、今思えば、WindowsMeプリインストールの時期のメーカー製パソコンだと、100Baseのスピードをフルスピード使い切ることってできないような気もします。
条件が違うのでなんともいえませんが、ADSL接続でのスピードチェックでも、20Mbps出せないこともありますし。
いずれにせよ、フルスピードに行くまでのどこかで頭打ちになるんだろうとは思うんですが…。
なにかのチャンスがあれば、実験できればと思います。
その程度の検証であれば、すでにやってるサイトもあるのかもしれませんけど。

スキルの件ですが、この辺は経験する仕事内容で変わってきますよ。
私よりも吸収の早い人は結構多いと思いますよ。
同じことをしていても、私より先を行く人もいるんだろうなとか思いながら…(^_^;)

投稿: ささもと | 2007/02/11 7:35:51

ささもとさん こんにちわ

>フルスピードに行くまでのどこかで頭打ちになるんだろうとは思うんですが…。

こちらですが、以前知り合いのPCで確認したのと実家にあったPC(どちらもME)での結果は
ともに3~5Mbps程が限界のようで
前者のPCに関しては、100Mbpsの光回線に直繋ぎで
この速度でした
同様状況でXPを走らせたところ20Mbps程度でした。

ただPCの性能がMEとXPでは出始めの頃でも大分違いましたから
一概にはいえないとは思いますが^^;

投稿: ゆき | 2007/02/16 12:32:17

ゆき さん
情報をありがとうございます。
まぁこの辺は、CPUやバスのベースクロックなんかで決まってきそうな気がしますが。
あとは、RTUなんかの転送部分のチューニングとか。
この辺はそこそこ利きますが、20Mまではいかないでしょうねぇ。
おそらく、Windows9x系は限界なんでしょう。

投稿: ささもと | 2007/02/16 16:41:25

ん?MTUでは?

投稿: shara | 2007/02/17 20:47:42

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ファイル ××× は使用できません。解決編 | トップページ | 「エコ・ポン・パッ」が利きません。 »