ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

新快速・敦賀行。

この日は休みにしました。
やっぱりゴールデンウィークですし、子供の相手もしないと…ということで、ちょっとした遠出に挑戦です。

今回の目的地は、敦賀です。
なんで敦賀かというと…。

今までは、JRで東向きで普通列車(特急でない列車)で、乗り換え無しで行ける一番遠い場所は、琵琶湖北部あたり、西岸では近江舞子、東岸では長浜まででした。
それが、先日のダイヤ改正で、一気に琵琶湖を通り抜け、日本海側の敦賀まで新快速で行けるようになりました。
今回はこれに乗って、一気に日本海を見に行こう、ということにしました。

いつも使ってるJR明石駅から乗る新快速が、「敦賀行」になってるのがなかなか新鮮です。
ということで、11:36に明石駅を出発です。

-----

以前、長女を連れて静岡は清水まで普通列車の旅をしたことがありました。
今度は次女と三女を連れての遠出です。
二人も連れて行ったので、あまり写真が撮れてません。
もっと写真があると、ブログらしい記事になってたんですけどねぇ…。

新快速は8両編成、前寄り4両は敦賀行、後寄り4両は近江舞子どまりです。
当然ながら前寄りの車両に乗って行きました。

神戸・大阪あたりまではあまり座れませんでしたが、そこから先でようやく座れました。
京都あたりから、「湖西線方面」を強調するアナウンスが流れます。
京都の次の山科駅から先は、琵琶湖の西岸を走る「湖西線」と、東岸を走る「東海道線」に分かれます。
間違うとえらいことですしね。
でも、今回の目的地は琵琶湖を通り過ぎていきますので、私たちにはどっちでもいいんですが(笑)。
今回乗った新快速は、湖西線経由です。
右手に琵琶湖を望みながら、列車は軽快に走っていきます。
しかし、琵琶湖が見えるところまで来るのに1時間半。
いい加減、座っているのに飽きた子供たちは、あまり景色に興味もなく、持って来たゲーム機で遊んでます…。
おいおい、ちょっとは過程を楽しんでほしいんだけどなぁ…。

13時過ぎに近江舞子に到着。
ここで後寄り4両を切り離します。
切り離された4両は、そのまま折り返しで網干行となります。
敦賀から来る4両に再度連結することになるみたいです。
特急なんかで、生切り離し(?)を見たことはありますが、いつも使ってる新快速で見るのは初めてです。

近江舞子から先は各駅停車となります。
近江塩津で、東回りの線路と合流し、いくつかの長いトンネルを抜けて敦賀へ。
特急雷鳥なんかでは、この間に、一度停電がありました。
直流と交流の切替があるのです。
でも、敦賀止まりの新快速には、それがありません。
特にハプニングもなく、14:17分敦賀駅に到着です。
明石駅から、実に2時間半強。
実際に来てみると、乗り換え無しでここまで来れるのに、ちょっとびっくりです。

-----

駅を降りて、とにかく日本海を見に行くことに。
バスでもあるかと思ったんですが…なんと1時間に1本程度。
そうですよねぇ、みんなクルマですよねぇ。
ということで、海まで2キロ程度を歩いてみました。

駅前の商店街には、こんな銅像が。

D1100003

…佐渡 酒造(さど さけぞう)かいっ!

なんか、敦賀では松本零士アニメとのコラボでこういうのを作ったそうなんですが…うーむむむ。
他にも宇宙戦艦ヤマト関連や銀河鉄道999関連のキャラクターの銅像が、駅前商店街のいたるところにあります。

「銀河鉄道999」・「宇宙戦艦ヤマト」のモニュメント像のホームページ :敦賀商工会議所

敦賀は鉄道と港の町だから、999とヤマト、なんだそうな。
でもなんか、イマイチPR不足って気がしますねぇ。
タクシーとか使わずに歩いてたからこそ気がついたものの…。

子供に「遠い~しんどい~まだ~?」とか言われながら、3キロほど普通の街中を歩いていって、ようやく目的地の「気比の松原」に到着です。
ここは、三保の松原(静岡県)虹の松原(佐賀県)とともに日本三大松原の一つです。
以前に長女と普通列車の旅で行ったのは、三保の松原の近く。
次に行くなら、虹の松原ですかねぇ(笑)。

この記事を書くにあたり「気比の松原」でぐぐってみたら、

気比松原 :Wikipedia
気比の松原 - 福井県敦賀市 :ハードディスクメンテナンス

こちらの方が上に出てくるって、どうですかねぇ…。

何枚か写真は撮りましたが、松原は子供を前にしたものしかありませんので公開は差し控えさせていただきます。おいおい(笑)。

D1100002

松原を背にして(苦笑)、日本海側の風景を撮ってみました。

子供いわく、「海がくさくない!水がきれい!」なんだそうな。
うん、確かに、ウチの近所の明石の海は、そんなに汚いほうではないけど、海草などが岩に張り付いてたりで、かなり磯臭いのは確かです。
それに、瀬戸内海と違って遠浅ではないので、すぐそこに深みが見えます。
そのせいか、水がかなりキレイに見えます。実際、キレイなんですけどね。
遠浅の砂浜では、ちょっと濁ってると、あまりキレイに見えません。ちょっと損ですね。

しばらく時間を潰して、タクシーを呼んで駅まで戻りました。
一応、連休なのであまり人の行かなさそうなところを選んだつもりでしたが、それでもやはり景勝地なので、人もクルマもそこそこ居ました。タクシーがなかなか入れずに困ってました(笑)。

駅についてすぐに帰りの列車はあったのですが、近江塩津で乗り換えなければならなかったのと、バタバタするのも嫌だったので、次の一本で帰れる新快速にしました。
17:55発、米原経由、播州赤穂行。
それでも1時間以上の待ち合わせになりました。
改札横の待合室は、それに乗るための人ですぐにいっぱいになってしまいました。
新快速なのに、まるで地方で乗る特急列車みたいです。
ちなみに、明石到着は20:53…実に3時間弱。ひえー。

せっかくここまで来てるので、何かおみやげ物はないかと待合室の売店を見てみたんですが…どうも「敦賀」というのを前面に出したグッズがほとんどありません。ほとんどは金沢とか富山ばかり。
せっかくこうして新快速一本で気軽に来れるようになったんですから、そろそろオリジナルのものを用意したらいいのになぁ。
ということで、夕食代わりに「かにめし」と「ますのすし」を買いました。
サラリーマン時代に、北陸方面の出張があった時には、これをよく買って食べたもんです。
これも敦賀のものではないんですけど…まぁうまいので許そう。
子供たちも、ちょっとは残すかと思ったら、ペロッとたいらげてくれました。
まぁ、こういうのは現地以外ではデパートの駅弁祭ででも食べられますが、やっぱりその場所で食べるのが一番ですね。

おなかがいっぱいになったところで、ちょうど時間となったので、新快速に乗り込みます。
時間的には、ちょうど夕日の沈む時間。
琵琶湖の東岸を走るので、夕日が見えるいい景色になってくれればいいんですけどね…。

敦賀を出た列車は、近江塩津に向かう途中で峠を越えなければならないので、その高低差を稼ぐために、ぐるっと大きくループを描く線路に差し掛かります。
これがこの路線の特徴でもあるので、特急列車なら解説アナウンスが入ったりするんですが、さすがに新快速ではそういうアナウンスも入りません。まぁ仕方ないですかね。

そういうアナウンスの代わりに、私たちと同じような観光のご家族がすぐ近くに大きく陣取っておられまして、ウルサイのなんの。
それに、新快速車両なのに、弁当とか広げて遠慮なく食べてます。
確かに、京都大阪の近郊みたいに人が多いわけじゃないけど、ちょっとは遠慮してほしいもんです。
私たちは、その辺を見越して、駅の待合室で食べてきたのに…。

近江塩津からは、行きのルートとは違い、米原方面に向かいます。
琵琶湖一周コースになるわけですね(笑)。
でも、琵琶湖の西岸には、スキー場のある大きな山がたくさんあるので、日没近い時間では、夕日は山の向こう側なので、思ったほどキレイに見えませんでした。残念。

米原着18:40。ここで4両増結です。
ウルサイ家族が降りていきました。多分、岐阜・名古屋方面の人なのでしょう。ようやく静けさが戻ってきました。
この辺からもう夜です。
あとはひたすら到着を待つばかり。

京都着19:42。
いやぁ、なかなか着きませんねぇ。
大阪着20:13。
三女はもう眠ってしまいました。
神戸発20:40。
長い旅もそろそろ終わりです。

明石着20:52。
バスに乗り換えて家に着いたのは午後九時半過ぎ。

たまにはこういう電車の旅もいいもんですね。
特急とか新幹線とかでもいいんですけど、のんびりと普通列車で行くのも悪くないですよ。
今回は大人料金で片道3260円。
往復で一人7000円もかかってません。まぁ安いもんですよ。はっはっは。

2007年04月30日(月) 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

ネットは使えるのにメールが使えません。

こちらは自社案件。
作業の日付はこの日ではありませんが、この日は作業を入れていなかったので、別の日のものを書かせていただきます。
実は、いちいち書いてないだけで、別の日ってのは今回だけじゃないんですけどね…。

「ホームページの表示はできるんですけど、メールだけ使えないんです」

…うーん、モデムの再起動とか、時間を変えて試してみてもらえますかね??あと、もう一台でどうなのかとか。

こちらのお客さんは、何度かお呼びいただいているお得意様です。
どんな回線だとか、どんな機種をお使いかは、ある程度把握できていますので、原因の推測や指示に関しては、比較的迅速にできます。
こちらのお客さんは、Yahoo!BB回線で無線LANパック。
ホームページの表示ができているなら、モデムのフリーズはありえないと思うんですが、とりあえず。
予想通り、翌日また電話が。

「やっぱりダメですね。来てもらえませんかね?」

…わっかりました~、スケジュール調整してまた連絡します。

最近は委託案件が非常に多いので、なかなか即決で日を決めることができません。
スケジュール調整ができたのでお伺いです。

-----

お伺いしてみて、とにかくまずはホームページなどが表示できるかどうかをチェック。

ブラウザを開いたら、Yahoo!Japanのトップページが出ます。
ニュースや天気予報のリンクで最新情報が出てくることを確認。
ファイナンスで今の時刻が出ることを確認。
問題ないです。つながってます。

Windowsメールを起動すると…パスワードを聞いてきます。
どうもこの辺からダメみたいですね。
とりあえずアカウント名とパスワードを打ち込んでみました。

…ん?ダメ?? なんで??

仕方ない、Webメールで試してみるか。
Yahoo!Japanのトップページから、メールのリンクを開いて、パスワードを入力。
…ちゃんと通ります。
うーむ、なんなんだ?

もう一度Windowsメールを起動。
注意深くアカウント名とパスワードを再入力。

…今度はいけました。

うーむむむむ…一体なんなんだ?

でも、よくよく思い出してみると、YBBのアカウントでは、OutlookExpressやWindowsメールで、「送受信」ボタンを繰り返し押していると、時々パスワードを聞いてくることがあります。
パスワードは合っているはずなのに、繰り返し送受信を連打していると、そういう現象が出ることがあるのです。
特に気にしてなかったのですが、おそらく、その際にお客さんがパスワードを打ち間違えたんじゃないかと推測されます。
合ってるはずなのに、改めて聞いてこられると、やっぱり打ち込んでしまいますよね。
そこでうっかり打ち間違うと、そのまま記憶されたり、クリアされてしまったりで、合うまで聞いてこられる羽目に陥ります。
おそらくそんなところじゃないんでしょうかね。

とりあえず、再起動や送受信の繰り返しを何度かやって、問題ないことを確認して完了です。
それにしても、なんで「送受信」の連打でああなるんですかねぇ。

2007年04月29日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), パソコントラブル, パソコン・インターネット, メール送受信関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

変なエラーで起動しません。

こちらは変なエラーメッセージで起動しないんだそうです。
タイトルどおりですが…。

電話受付では要領を得なかったので行って見て来るしかなさそうです。
たまたまキャンセルが出て、時間が空いていたのでちょうどいいです。すぐに行くことにしました。

でも、お客さん宅に行って、パソコンを起動してみたら…起動しますが…はて?

起動するなら問題ないので、そのまま帰るのもいいんですけど、原因がわからないとお客さんの不安は払拭できません。
とりあえず、その「変なエラー」がなんであるかを見極めなければなりません。
しかし、それを突き止めるに至るまでに遭遇した困難は、想像を絶するものでした…。

-------

まずはどんなエラーが出ていたのかを聞いてみましたが…。

「うーん、ごめんなさい、覚えてないんです…」

…( ̄□ ̄; 日本語でしたか?英語でしたか?

「日本語でしたけど…『あ、エラーだ』と思って、そのまま消しちゃいました」

…( ̄△ ̄; 日本語でしたら、せめてどんな表示だったか覚えててくださいよ…。
 画面は白かったですか?黒かったですか?

「画面は白でした。普通の画面でのエラーでした」

…普通の画面って…Windowsですよねぇ…それって起動してるんじゃないんですかねぇ…。

とりあえず、セーフモードやBIOS画面など、「起動しない」という状況から推測される画面を出してみましたが、「どれも違う」とのこと。

何度再起動やシャットダウンを繰り返しても、「起動しない」という現象に行き当たりません。
インターネットもつながります。
それはそれで問題ないのですが…。

お客さんの話が噛み合いませんし、何を聞いても「わかりません」。
なんだか空間がぐにゃ~と歪んでいくのが見えるような気がします…。

ふと見ると、無線がノーセキュリティです。
例によって、Yahoo!BBの無線LANパックで、「YBBUser」のWEPなしです(苦笑)。

YBBUserのWEPなしは、ご自身のセキュリティリスクが高いだけでなく、近所迷惑なのです。

たまたま自宅の無線ルーターが何かの理由で止まっていたりすると、通常は電波の届く範囲の、セキュリティ無しの無線ルーターに接続しようとしてしまいます。
一応「つなぎますがいいですか?」みたいな確認メッセージを出しますが、あまり知識のない普通の人は、そのままつないでしまいます。
それで、変に弱い受信感度のままでつないでしまって、不安定な状態になってしまうことになります。

以前にも似たようなトラブルはあったのですが、一番近いはずの自宅の無線ルーターにつながらず、他人の家の「YBBUser」につながってしまうという情けない事態が発生します。
情けないだけで済めばいいのですが、(そんな意識はなくても)不正アクセスとなってしまいます…。

ということで、もう一度書きます。

YBBUserのWEPなしは、ご自身のセキュリティリスクが高いだけでなく、近所迷惑なのです。

セキュリティの設定をして、とりあえず問題ない状況にしてみて、改めて「起動しない」の原因を考えてみます。


どうにも話がおかしいので、「いつもどうやって電源を切っているのか」をよくよく聞いてみました。

「えーと、ここのスイッチを入れて、ここのボタンを押してますよ」

…は????

お客さんの言う「ここのスイッチ」というのは、無線LANのスイッチ。そして「ここのボタン」というのは、おなじみの電源ボタン。
まさか…と思い、無線LANのスイッチを切って、ブラウザを立ち上げてみました。
当然ながら「ページが見つかりません」が出てくるわけですが…。

「あ、これですこれです、これが出てたんです」

…はぁあぁ??? (~△~;
 いや、確かに、「白画面でエラーメッセージ」ではありますけど…。
 ま、まさか、今回呼んでいただく前に電源を切るときって、どうやってました?

「ああ、エラーが出たときはプチッと電源ボタンを押して切りました。呼ぶ前にはスタートボタンからいつものように切りました」

その通りにプチッと電源ボタンを押してもらったら…WindowsXPの「スタンバイの準備をしています」表示が。

その状態で、もう一度電源を押してみたら…そのまま「ページが表示できません」の画面で起動(復帰)します。

ここまで来て、ようやくすべてがつながりました。

  • 無線LANスイッチONの方向を間違えて切ってしまい、無線がつながらなくなった
  • 「ページを表示できません」が出たのを見てびっくりして、電源ボタンを押した(長押しで強制終了のつもりが、押し方が短くて「スタンバイ」になっていた
  • 電源ボタンを押したら、いきなり「ページを表示できません」が出る
  • 「やっぱり修理に出そう」と、スタートボタンから正規の手順で電源を切った
ということだったわけです。

まぁ、「何もわからないからプロを呼んだ」ということですから、お客さんのこんな行動を責めることもできません。
とにかくこれからは、

エラーが出たらちゃんと内容を読んでください

とお伝えして退出です。

-----

それにしても、超初心者という人たちは、時に思わぬことを日常的にやっていることがあります。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: やっぱり電源が入りません。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: フロッピーのファイルが開けません。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: ファイル 'B:' にアクセスできません。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: RWディスクはFDではありません。

いわゆる「超初心者」と話をしていて、こういう異次元空間をさまようがごとく、わけのわからない状態に直面した場合は、とにかく「いつもどおりのことをやってもらう」ということがポイントですよね。

2007年04月27日(金) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

無線LANが壊れました。

こちらは無線LANがつながらないので直してほしい、とのこと。
よくある話です。
今回のカテゴリーとして「定番トラブル」を入れておきましたが、別件でも同じトラブルがありましたので…。

お伺いしてみてまずは現象チェック。
くだんのパソコンは、NECの1~2年ほど前のモデルのノートパソコン。

確かに無線LANはつながってません。

ふと左側に刺されているPCカード型の無線LANアダプタを見てみると…電源ランプもリンクランプも点灯していません。
うん、これでは通信できないのは確かですよね。

でも、無線カードの電源ランプが消えてるって…??

-------

電源ランプが点いてないなんて、あんまり見ない現象です。
普通は、リンクが単に切れているだけなら、ランプが点滅するなどするはず。
全く点灯しないなんてことは、基本的にはないはずです。

とりあえず無線カードを抜いてみました。

…折れてます。ボッキリと。

写真をお見せできないのが残念ですが、出っ張り部分がメキッてな感じで5度程度下方向に曲がってます。
あ~、こりゃダメですね…。

まぁアレですね、持ち運び中にぶつけたとか、置いてる時に上からモノを乗せたとか踏んづけたとか、そんな感じじゃないですかね。
こういう形で取り付けられている無線LANアダプタって、人間で言えば足の小指みたいなもんですね(苦笑)。

ふと画面を見ると…あれ??
ワイヤレスネットワークのアイコンは残ったままですよ??
確かこの機種は、以前あったあのトラブルと同じ機種。

ノートパソコンの横を見たら…やっぱり。

このノートパソコン、無線LAN内蔵です…。

その存在を主張するかのように、誇らしげにオレンジ色に無線LANボタンが点灯しています…。

あとは、お客さんが控えていたWEPキーを入力したら、接続できました。

うーむむむむ…。
無線LANアダプタがバッキリ、ってのは他のお客さんでもあったし、内蔵無線LANに気づかずPCカード型無線LANアダプタを追加ってのもあった。
完全に定番トラブル行きですね…。

それにしても、いろいろお聞きしてみたら、これまでに「パソコンに詳しい知り合い」2人ほどに設定をやってもらったことがあるんだそうです。
WEPキーもそれなりに変えてあったりで、確かに誰かに設定してもらった跡がありますね。
とはいえ…そこまでできてて、なんで内蔵無線LANに気づかないんですかねぇ…。

動作確認でブラウザを起動したら…出た。MyWebSearch。
なんかWinMXとかLimeWireとかのアイコンも見え隠れしています。おそらく「音楽がタダで手に入るから」とかでお気軽に使っているんでしょう。そんなことしてるから、こんなアドウェアに入り込まれるんですよねぇ…。

ファイル交換ソフトっていうものは、たとえて言えば、

自宅の一室を開放してガレージセールをやってるようなもの

ですから、常にリスクは付きまといます。
期限切れのプリインストール版マカフィーなんかでセキュリティーなんか保てるわけがありません。

「音楽がタダで手に入るから」程度のスケベ心だけで、セキュリティに関する知識もなしに使っているのなら、ファイル交換ソフト/ファイル共有ソフトの利用はとっととやめるべきですね。

たとえば@niftyなんかは、ファイル共有ソフト利用時の帯域制限を行なっていたりします。

会員サポート > ファイル交換ソフト利用時の通信速度の制限について :@nifty

ファイル共有ソフトなんか使ってて「遅い遅い」って言ってるなら、自業自得ってこともありうるわけです。

とはいえ、今回はご本人がご不在で親御さんに対応してもらったこともあり、この辺はうかつにさわれません。
そういったものであることをお伝えして、セキュリティ対策ソフトの整備も含めてご検討いただいた上で、またご連絡いただくようご案内して退出です。
はぁ~…。

2007年04月26日(木) 定番トラブル, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, ファイル交換ソフト(Winny・WinMx)関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

VistaだけIPアドレスが取れません。

こちらは量販店の技術員の人が行なった作業で、新規購入されたVistaパソコンが、ネットにつながらないんだそうです。
新品交換までやってダメだったとか。


NEC Lavie L PC-LL550HG

最近の売れ筋のPCです。
お客様宅は、最近建ったばかりの真新しいマンションで、壁にLAN端子が付いています。時代を反映してますねぇ。
プロバイダはGyao光
しかし、お客さんがその技術員さんに聞くところによると、こうしたインターネットのLAN端子の付いているマンションで、この手のトラブルがよくあるらしいのです。
製品の異常ではなく環境の問題、とのことで私に話が回ってきました。

-----

お伺いしてまずやってみたのは、別のPCでの接続。
持って行った検証用のXPのPCは、問題なくつながります。
お客さんも、マンションの管理会社経由でプロバイダに調査しに来てもらったそうですが、やはり検証用のXPのPCは、問題なくつながるので、回線は問題ない、とのこと。
じゃ、環境の問題とも言い切れん、ってことですよね…。

でも、パソコンの方はほとんど初期状態で、プリインストールのウイルスバスターも有効にしてない(タスクトレイにアイコンがない)し、ネットワーク関連では、いじれる設定もかなり限られます。

「ネットワーク共有センター」を確認。
ペケが付いてます。IPアドレスも、自動プライベートアドレスです。要はつながってません。

うーむむむむ…。

-----

やっぱりハードウェアのトラブルかなぁ…。

じゃ、手持ちのLANカードを…と思って、ほとんどのPCで認識するはずのCardBus対応でない16ビット転送のPCカードタイプLANカードを突っ込んでみたら…使えない。
なんで?
メーカーのホームページで調べてみたら…Vista非対応です…。
時代の流れですかねぇ。

そろそろ手が尽きてきました。
何かないか、とローカルエリア接続のプロパティを見ていたら…。
なんか見慣れないものがある。
「Microsoftネットワーク用クライアント」の下にあるのは…

Trend Micro Common Firewall Driver

とかいうもの。
うーむ、なんじゃそら?
ウイルスバスターは動いてないのに…。

ということで、使わないようにチェックをはずしてみました。

D1000001

諸般の事情で、スクリーンショットはケータイのカメラです(苦笑)。
字はほとんど読めませんが、雰囲気だけは伝わるかな、と。

チェックを外してOKボタンをクリックしたら…

…つながりました。

チェックを入れなおしてみたら、途端につながらなくなります。
コイツが原因だったわけですね…。

どうやら中途半端に入っているウイルスバスター2007が茶々を入れていたようです…。
どうもウイルスバスター2007のファイヤーウォールの初期状態では、特定のネットワーク環境でのIPアドレスの取得ができなくなるようですね。
ほかのマンションでの事例も、おそらくコレだったんじゃないでしょうか…。


さて、チェックを外したままでいいわけではないので、対処方法を探ってみました。
いろいろやっているうちにわかったのは…。

初期セットアップ時に、最後の方で、ウイルスバスター2007の同意画面が出ます。
ウイルス対策ソフトの有効化の作業は別料金とのことで、ここでは同意せずにやり過ごしていたそうです。
どうもそれがまずかったようです。
XPの頃は、プリインストールのウイルスバスターでは、初期セットアップでそんな画面は出なかったんですけどねぇ。
で、ウイルスバスター2007の起動アイコンをクリックして、再度同意画面を呼び出し、同意して再起動。
起動したら、先ほど外したTrend Micro Common Firewall Driverのチェックを戻します。
今度は接続に問題はありません。
これで完了です。

ということで、NECのVistaパソコンは、たとえ使わなくても、ウイルスバスター2007の「90日版を有効にするにはメールアドレスを…」という画面が出るところまで「同意」して出す必要がある、ということです。はい。

-----

世間では、ウイルスセキュリティZEROが問題を起こすとか起こさないとか、評判がいいとか悪いとか言われていますけど、私から言わせていただければ、

最近のメーカー製Vistaパソコンにプリインストールされている「黄色いの」とか「赤いの」とかの方がよっぽどタチが悪い

と思います。
(「黄色いの」「赤いの」という記述は、どっかのブログのパクリです(笑))
外そうとしてもちっとも外れない、外しても残骸が残る、変にメモリーを食ってくれて動きが重くなる、などなど。
迷惑な点では、ウイルスと一緒ですよねぇ。
これではどっちがウイルスで、どっちがウイルス対策ソフトだかわかりませんよねぇ。

まさしく毒をもって毒を制する、毒だけに副作用てんこもりって感じですね。

ちゃんと入れればちゃんと動くんですけど、その点はウイルスセキュリティZEROも同様です。
よくわかってない人が、中途半端に突っ込んで、動作がおかしくなって口コミサイトで騒いでいるだけ、と考えています。
よくわかってない人が、中途半端に突っ込むのなら、どれでやっても結果は大して変わりません。
(よくわかっていない = Windowsファイヤーウォールの存在を知らない、多重インストールが問題であることを理解してない、説明書を読まない、などなど)

ちゃんと入れることができるならば、軽く動く分、ウイルスセキュリティZEROの方が、私はいいと思います。

2007年04月25日(水) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月23日 (月)

CD-Rへの印刷がしたいので説明してほしい。

こちらは新しいノートPC(Vista)に、すでにお使いのプリンタを接続するだけという、仕事量的には非常に軽いもの。

お客さんのお使いのプリンタは、キヤノンのiP4100。
今までは、デジカメ付属のケーブルをプリンタに直接つないで使っておられたらしいのですが、やっぱりパソコンがあった方がいいだろう、ということでパソコンをご購入されたそうです。

こちらのプリンタは、Vistaがすでにドライバを持っているので、PCを起動して、単純にUSBケーブルをつないで電源を入れれば、インストールが完了します。
あとはプリントアウトのテストをすれば作業完了、と思いきや…。

-----

「ああ、もうつながったんですね。じゃ、これのやり方の説明をしていただきましょうか」

と、ドンと積まれたのは、記録済みCD-Rの山。
そのほとんどは、プリンタブルタイプのもの。

ああ、なるほど、要するにデジカメプリントと、CD-Rラベル印刷と、あわよくばデジカメデータのCD-Rへの保存までを教わりたかったわけですね。
たしかに、私も使っているiP4100には、CD-R印刷用トレイが添付されていますので、おそらくコレが使えるようになりたかったんでしょう…。

でも…そんなの聞いてないよ…。

最初に聞いていて話がついていたのは、出張費+プリンタ接続設定のみ。
それも、パソコンは初期設定済みなのでつなぐだけ、と聞いていました。

CD-Rラベルの印刷機能を使うためには、このプリンタに対応している印刷ソフトを使う必要があります。
たしかにプリンタの付属CD-ROMには、対応ソフトとして「らくちんCDダイレクトプリントforCANON」が入っています。
しかし、これはXPまでしか対応しておらず、Vistaには対応していません…。
試しにインストールをかけてみましたが、あろうことか、そのCD-ROMのインストーラーソフトがVistaにはねられました…。
それでは、とムリヤリにそのソフトのSetup.exeを探し出して実行してみたんですが…インストールはできたものの、実行の段階でやっぱりはねられます。

仕方がないので、メンテナンス用の手持ち分として持っていた、キヤノンが店頭配布しているVista用ドライバCD-ROMをセットし、らくちんCDダイレクトプリントforCANONと、EasyPhotoPrintをインストールしておきました。
こちらのCD-ROMには、iP4100のドライバは入っていません。
Vistaが内蔵しているからです。
でも、Vista対応の付属ソフトは、今回はインターネット接続もないことですし、これで入れる以外にありません。
たまたま持っていたからよかったものの…。

ということで、無事CD-R印刷も、デジカメメモリーカード印刷もできるようになり、無事完了です。

しかし、私の父ぐらいの年齢の方ですので、ご他聞に漏れずパソコンに関しては、ほとんど初心者です。
そのソフトのある程度の使い方は流れでざっくり説明しておきましたが、ファイル操作やCD-Rへの保存方法など、果てはファイル/フォルダの概念や日本語入力の使い方とかいったパソコンの基本的な操作までは、時間の関係で説明できません。
申し訳ないけど、基本操作に関してはパソコン教室に通ってください、とお伝えして次のお客様へ向かいました。

-----

実際、委託案件などでも、新規PCの設置をしに行ったら、電源のON/OFFやホームページ表示やメール送受信など、30分程度の基本的な部分の説明は必然的にセットとなります。
しかし、中には何を勘違いしているのか、

「ワードとエクセルとか、年賀状ソフトとかの使い方もいろいろ教えてくれるんでしょ?」

とか言い出すお客さんも時々おられます…。
お申し込みをいただいた時点で、「30分程度の説明」って言ってあるはずなんですけど、たったそれだけの時間で、一体何を教わるつもりだったんでしょうかねぇ…。

よしんばその辺の説明をしてみたとしても、おそらくある程度ご納得頂ける内容にするには、少なくとも2~3時間は必要でしょうし、そういう安直な意識の人だと、1回で詰め込んで説明したところで、きっと数時間後には、半分は記憶から蒸発していることでしょう。
要するに、

覚えようという意識がもともとないので、安直に「わからなくなったらまた電話で聞けばいいや」と考えている

わけですので、頭に定着しないのです。
でまた、そういう人に限って、電話質問をしてくると、どんなに時間のかかる説明でも、

こっちから電話してやってるんだから無料で教えてくれるのが当然

とか思っておられるわけです…。

他にも、習い始めならともかく、いつまでたっても、全ての手順を、メモで手順だけを書き留めようとする人も似たような感じです。

「こう操作するだけでいい」とメモで覚えようとしている段階で、パソコンを習おうとする意識がない

ということです。
書き留めておこうという姿勢は認めますが、えてして

そのメモが必要な事態に直面した際に、膨大なメモの山から、そのメモを探す手順を考えなければならなくなる

ということになるというオチになるのです…。
で、手順で覚えるので、ほんのちょっと違ってしまうと、もうわかりません。
手順で覚えると、応用が利かないんですよね。
まぁ、「手順どおりにやらないで壊したら困るから」という気持ちはわかるんですけどねぇ。

要はクルマと同じで、

  • 習ったクルマと同じじゃないと運転できない
  • 習ったコースと同じじゃないと運転できない
  • メモを見ながらでないと運転できない
って人はいないんですから。
パソコンを習うなら、それぐらいの気持ちで習ってもらいたいものです。

2007年04月23日(月) 定番トラブル, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 印刷できない・印刷不良, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年4月21日 (土)

ワンタッチボタンが使えません。

この日は町内会行事があったため、大事をとって1日仕事を入れませんでした。
「休みにした」ではなく「仕事を入れなかった」です。微妙に違います(笑)。

空いた時間で、ついでに飛ばしていた過去の記事を順次書き加えていきました。
ココログの機能アップで最近出るようになった「同一カテゴリ内の最近の記事」を見ていると、どうもこちらは日付順ではなく追加順らしいです。
日付をさかのぼって五月雨(さみだれ)式に書き込んでいるのがバレバレかもしれません(笑)。

記事の書き加えと共に、過去の案件で発生していた不具合の解決方法を見つけたのを書いておきます。

-----


FUJITSU FMVLX40U / FMV-DESKPOWER LX FMVLX40U

このFMVデスクパワーのLXシリーズに使われているワイヤレスキーボードには、ワンタッチボタンがあります。
いわゆる「一発起動ボタン」ですね。

この辺の機能は、汎用性がないため、パソコン教室ではほとんど教えることがないでしょう。
しかし、お客さんにとっては、ほとんどの方は「そのパソコンしか使わない」ので、そのパソコンの独自機能であろうがなかろうが、便利であればそれでいいのです。

まぁ、お客さんによって使うか使わないかは当然自由なわけですが、使い方をご説明すると、かなりの確率で好印象です。
「今まで同じようなキーはあったけど使ってなかった」との声が多数です。
使わなかった理由としては、

  • あるのは知ってたけど、習ってないものなので怖くて押せなかった
  • あるのは知ってたけど、なんとなくいつもどおりデスクトップアイコンからダブルクリックしてた
  • 存在を知らなかった/あっても無視してた
などなど。

で、今回は、それがうまく働かなかったのです。
きちんと「ワンタッチボタン設定」で設定しているのに、反応しなかったり、設定通りにソフトが起動しない、というもの。

実は、意外な場所に、意外な解決方法がありました…。

-----

先に結論を言えば、

そういうこともある

らしいのです…。

別件のお客さんで、待ち時間に何気なく添付書類の注意書きを読んでいたら、書いてありました。
何枚かある半ピラの「お使いになる上での注意事項」という紙の1枚に、こんな記述がありました。

■ ワンタッチボタンをお使いになるうえでの注意事項
管理者権限で動作しているウィンドウ(「FMかんたんバックアップ」や「イベントビューア」など)が前面になっている状態で、キーボードのワンタッチボタンを押すと、「ワンタッチボタン設定」で設定している動作が行なわれず、アプリケーションが起動しなかったり、Internet Explorerが起動してしまったりします。
正常に動作させるためには、デスクトップを一度クリックするか、管理者権限で動作していない他のウィンドウを前面にした後に、ワンタッチボタンを押してください。

うーむむむむむ…。
症状としては見事にジャストミートなわけですが…。
なんじゃそら???
普通の人に「管理者権限で動作しているウィンドウ」なんて言ったって、わかるわけないっしょ…。

ってか、こんなの注意事項じゃなくて不具合としか言えんでしょ…。
それに、そういう大事なことを、白の半ピラの注意書きに、目立たないようにちょこっと書いてたってわかるわけないじゃん…。

富士通のホームページで、機種別の注意事項を調べてみたんですが、載ってませんでした。
うーん、それってどうよ…。

まぁ、同様の症状でお悩みの方、一応そういうことですので。

教訓:注意書きはちゃんと読みましょう。

2007年04月21日(土) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連, パソコントラブル, パソコン・インターネット, マウス・キーボード関連, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき, 起動しない・起動が遅い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

「kobe」ってどこだ??

ちょっとした小ネタです。

いつもの設置案件でVistaをセットアップしたら、作業完了後に引渡しの際、いろいろ説明をします。
その際、「Vistaになったら、こんなことができるんですよ~」と説明をするもののひとつとして、サイドバーがあります。
「ガジェット」と呼ばれる小物ソフトを入れておくことのできる場所ですね。

いろんなガジェットがあるわけですが、標準ガジェットの中で、私のお気に入りは、「天気」ガジェットです。

Tenki

こんな感じで、今の天気(予報)と、気温を表示してくれるものです。

実は、この「天気」ガジェットには、笑える小ネタがあるんです。

-----

私の受け持ち区域は、基本的に神戸市内が多いので、この「天気」ガジェットで設定する地域名は、たとえば「神戸市垂水区」とか「神戸市西区」とかいった感じで、日本語で入力してやると、一発でその地域名が出てきます。

この日は、たまたまこの地域名としてkobeと入力したんです。
すると…

Kobe

おいおい…コンゴとかコロラドとか、マリとかハイチとかって…。
「kobe」って、そんなにあちこちにあるんかいな?

ほかにも、yokohamaとか、kawasakiとか、osakaとか、miyagiとか、いろいろ面白いですよ(笑)。

ためしにtokioと入れてみました(笑)。

Tokio

あ、あるんかいな…( ̄▽ ̄;

2007年04月18日(水) ソフトウェア不具合関連, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

LiveUpdateができません。

実を言うと、別件でお伺いして発覚したトラブルだったんですが…。

「なんかね、こないだからノートンのアップデートができないままなんですよ。なんとかなりませんかね?」

確かに、タスクトレイのノートンのアイコンがペケ印です。
「今すぐ解決」をクリックして、残っている更新をかけようとしたら…

LU1803: 更新版の取得中に LiveUpdate が失敗しました
更新版の取得中に LiveUpdate で内部エラーが起きました。

と、同じくLiveUpdateもペケ印。
うーむ、妙なエラーだなぁ。
多分一時的なもんだろう、とタカをくくっていたら…とんでもなかったっす…。

-------

とりあえず、シマンテックのサイトで出てきたエラーコード「LU1803」で検索してみたら…。

エラー: 「LU1803: 更新版の取得中に LiveUpdate が失敗しました」または「更新版の取得中に LiveUpdate で内部エラーが起きました。」 :Symantec.com > 個人/ホームオフィスのお客様 > サポート > よくある質問

どうやらLiveUpdateのファイルが損傷しているらしいです。
ブラウザからActiveXで起動する「ファイル削除ツール」ってのがあるらしいのですが…「今すぐ実行」というリンクをクリックしても、なぜか「ファイル削除ツール」が起動しません。
おかしいな?と思ってよくよくサイトを見てみると…なんと対象OSはVista以前のもの。
Vistaは対象外かいっ!!

今度は「Vista LU1803」で検索してみた。

検索結果 : Vista LU1803

検索結果: 1 から 3 件中 7


Error: "LU1803: LiveUpdate failed while getting your updates" or " ...
... Error: "LU1803: LiveUpdate failed while getting your updates" or "LiveUpdate had
an internal error while getting your updates". You may see this message if some
LiveUpdate files have been damaged. We can remove these files for you. ... PRINT. STEP ...


Erreur : "LU1803 : Echec de LiveUpdate pendant la récupération ...
... Erreur : "LU1803 : Echec de LiveUpdate pendant la récupération des mises à jour"
ou "LiveUpdate a rencontré une erreur interne pendant qu'il récupérait les mises
à jour". Ce message peut s'afficher si des fichiers LiveUpdate ont été endommagés ...


Fazendo o download e instalando a versão mais recente do ...
... 1 Clique no botão referente ao seu sistema operacional para fazer o donwload da
versão mais recente do LiveUpdate: FAZER O DOWNLOAD - WINDOWS 98/Me FAZER O DOWNLOAD -
WINDOWS XP/VISTA. 2 A janela Download de arquivo será exibida. Clique em ...


関連性の高い結果を表示させるには、すでに表示されている結果に近い語を検索用語から削除します。
必要であれば、 削除した検索結果の用語を含めて検索を繰り返すことができます。 .


…欧米かっ!!

かろうじて英語ならまだ読めそうですので、英語のサイトを開いてみました。

Error: "LU1803: LiveUpdate failed while getting your updates" or "LiveUpdate had an internal error while getting your updates"

こちらから「I use Windows Vista」をクリックして項目を開いてみたら…。

STEP 1
Set Windows to show all files (隠しファイルを表示させる)
STEP 2
Temporarily turn off product protection (一時的に保護をオフにする)
STEP 3
Delete the Settings.LiveUpdate files (「Settings.LiveUpdate」ファイルを削除)
STEP 4
Remove files from the LiveUpdate\Downloads folder (「LiveUpdate\Downloads」フォルダからファイルの除去)
STEP 5
Turn on product protection (保護をオンにする)

てな具合だそうです。
ポイントは、STEP3の損傷したファイルの削除。
「settings.liveupdate」ってファイルを検索して削除するんだそうだ。
でも…削除できないっす(泣)。
アクセスする権限がないそうな。

おかしいなぁ。
仕方ない、セーフモードで削除するか。

削除はできましたが、改善できません。うーむむむむ。

ふとページの最後を見てみたら、「What if this didn't work? (これで解決できなかったら?)」と書いてある。
そちらをクリックしてみたら…。

Error: "LU1803: LiveUpdate failed while getting your updates" or "LiveUpdate had an internal error while getting your updates"

「I have a Norton 2007 product」 → 「I have Windows Vista」 とクリックしていくと…。

STEP 1
Temporarily turn off product protection
STEP 2
Set Windows to show all files
STEP 3
Find and copy Product.Inventory.LiveUpdate file (「Product.Inventory.LiveUpdate」ファイルをコピー)
STEP 4
Remove damaged LiveUpdate files (損傷したLiveUpdateファイルの除去)
STEP 5
Download and install LiveUpdate (LiveUpdateのダウンロードとインストール)
STEP 6
Restore the Product.Inventory.LiveUpdate file (コピーしておいた「Product.Inventory.LiveUpdate」ファイルの復元)
STEP 7
Turn on product protection

てな具合だそうです。
ポイントはSTEP3の「Product.Inventory.LiveUpdate」ファイルをコピーする、っととこですかね。
どうもこれを置いておいて、STEP6で戻すらしい。
あとはLiveUpdateの再インストール。
これは、日本語版の解決方法では、Vistaに対応してなかったもの。
ダウンロードして再インストールできるらしい。

ファイルのコピーはできましたが、損傷ファイルはまた削除できなかったので、セーフモードで削除。
LiveUpdateの再インストールはできたものの、「Product.Inventory.LiveUpdate」ファイルの復元で失敗する。
やっぱりファイルのアクセス権限がないそうな…。

同じくセーフモードで対処。めんどくせー…。

セーフモードからファイルの復元をしてみて、再起動してからノートンを起動してLiveUpdateをかけてみたら…表記は英語に変わってしまったものの、ちゃんとファイルのダウンロードと更新が進んでいきます。
ようやくノートンの表示が「安全です」との緑のチェックマーク表示に。
なんとか解決です…。


あんまり関係ないですが、隣でついていたテレビでは、報道ステーションで長崎市長が銃撃された件で、犯行声明が届いていたことで苦情殺到でお詫びを言ってました。
その内容は内容として、要はそんな時間までかかってたってことです。
まぁ、別件の処理を含めて20時ぐらいからやってたわけですので、どうしてもそれぐらいになってしまうわけですが。
遅くまでかかってお客さんには申し訳ないというのもありますが、連日こんな感じなので、ホント疲れます…。

2007年04月17日(火) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

印刷できないどころか…。

こちらは自社案件。
印刷できなくなったので見てほしい、とのこと。
よくある話です。
どうせドライバの再インストール程度で直るんじゃない?大した事ないだろう…と思ってたら…。

-----

お伺いしてみたら、お客さんのXPパソコン君は、こんなエラーメッセージでお出迎えです。

Spooler_error01

問題が発生したため、Spooler SubSystem App を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。

毎度おなじみのメッセージではありますが…。

プリンタフォルダを開いてみたら、なんと、あるはずのプリンタアイコンが一つもない!!
お客さんの環境では、ネットワークプリンタを含めて3台あるはず。
Windowsが勝手に装備しているFAXなどもあるはずなのに…なんで??

-----

とりあえず、この手のエラーが出たら、「エラー報告を送信する」のがセオリーです。
割と的確な解決方法を提示してくれたりするからです。
しかし、何度も出るこのメッセージを、いくら「報告」しても、期待した「的確な解決方法」は出てきてくれません。
うーむむむむ…。

とりあえずどんな内容で報告してるかをチェックしてみるか。
「エラー報告に含まれるデータの参照」をしてみたら…。

Spooler_error02

うーむ。
spoolsv.exeは、要はプリントスプーラーだから、コイツが動いてないと、遅延印刷ができない。
つまり、印刷が終わるまでソフトが使えない状態になってしまうわけだ。
しかし、Windowsでは遅延印刷が標準の機能になってしまっているので、

spoolsv.exeが動かない=印刷ができない

という状態に陥っているようだ。

ってゆーか…「szModName」の「cf60lmon.dll」ってナンだ??

試しにぐぐってみた。
…何も出ない…そんなバカな??

お客さんに、いじったサービスだとかをいろいろ聞いてみたけど、どうにもそれらしきものをいじった様子はないし、元には戻したらしい。
うーむむむむ…。

「そうなんですよ、自分なりに調べましたし、行きつけのPCショップででも聞いてみたらサジを投げられましたし、メーカーにも聞いてみたけどダメでした。ですので、ささもとさんを呼んだんです」

うーん、なんともこじれまくった症状で呼んでくれたもんです…。
でも、最初から呼んでくれたとしても、状況は同じだったとは思いますが。
まぁとにかく、できることを進めていきましょう。

-----

今回の問題は、「Print Spooler」サービスが停止してしまうというもの。
冒頭のエラーが出て、「Print Spooler」サービスが停止してしまうのです。

停止したものを、コントロールパネル→管理ツール→サービスから「Print Spooler」サービスを開いて、「開始」をクリックすればとりあえず開始するのはするんですが…ほどなくエラーで停止してしまいます。
「Print Spooler」サービスを開始させて、プリンタの動作を確認しようと「プリンタ」フォルダを開いたら停止してしまうのです。
どうやらプリンタのアイコンを表示した途端にエラーになるようだ。
うーむ、なんなんだ???

おそらく、どれかのプリンタがエラーの原因なんだろうけど…

プリンタドライバは「プログラムの追加と削除」からでは削除できない

という厳然たる事実があるのです。

プリンタの削除は、「プリンタ」フォルダにあるプリンタアイコンを選択して削除しなければならない

のです。
しかし、プリンタアイコンを表示させると、エラーでアイコンが消えてしまう…。
何度も堂々巡りを繰り返すことになります。

「ああ…やっぱりダメですかね。やっぱりリカバリですかね?」

…それをしたくないから私を呼んだんですよね?まぁそう結論を急がずに、もう少しやってみましょうよ。

とは言ったものの、かなり煮詰まっているのは否定できない。

とりあえず再起動をかけてみる。

起動直後に、すでにつながっている状態のプリンタの一つ、CANON BJ F6000の状況を示すステータスモニターが出て、しばらくしたら冒頭のエラーが出ます。
「Print Spooler」サービスを開始させておいて、プリンタフォルダを表示したら、そのF6000には、なにやら印刷ジョブが一つあるのがわかるのですが…それを何とかしようにも、すぐに「Print Spooler」サービスがエラーで止まるので、ジョブの削除もできない。

2~3度、その堂々巡りをしていて…タスクマネージャを起動してエラー前後の状況を見ていると…ん?
cf60smon.exeってのが動いてます。
とりあえずぐぐってみましたが、やっぱり何も出ません。
さっきエラーを起こしていたのは、cf60lmon.dll
うーん…なんなんだ??

ファイルの場所を検索してみた。
…どうもこれらは、起動時に出てきていたステータスモニタのファイルらしい。
サービスを開始させても、まるで消えないしつこいスパイウェアのごとく起動して、エラーを起こして停止してしまう。

「スパイウェアみたい」なら、スパイウェア駆除の時のように、ファイル名を書き換えて起動しないようにしてやてみたらどうだ?

ということで、cf60smon.exeとcf60lmon.dllのファイル名を書き換えて再起動。

読みは的中です。
見事にエラーが出なくなりました。

実は、あまりにもエラーが出るので、ケーブルを抜いて再接続をやると、ドライバを要求するので、3つほど同じF6000のアイコンが並んでいたのです。
削除しようにも、エラーで消えて削除すらままならなかったわけです。
改めてアイコンを消して、インストールしなおしです。

直りました…。

しかしまぁ、なんでこんなことになるですかね??
このプリンタはパラレルコネクタでしかつながりませんので、サードパーティ製のUSB-パラレル変換ケーブルを使っていることが要因のひとつということもあるのかもしれませんが、とりあえず印刷できていますので、なんとも言えません。
おそらく、ステータスモニタのファイルが壊れていたか、スプールしたファイルが壊れていたかでしょうね。

まぁなんとか使えるようになったので、これで様子を見てもらうことにしました。
それにしても、ぐぐっても何も出なかったときは、さすがに焦りましたね…。
まぁ、A3対応のちょっと古いプリンタですから、情報が少ないのも仕方ないのかもしれませんが。

2007年04月16日(月) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

iMacで印刷できません。

iMacでプリンタをつないだのに印刷ができないそうです。

正直なところ、最近のMac(MacOS X)は、あまり深いところまでわかるわけではありません。
古いMac(MacOS 9以前)は結構使ってましたけどね。

まぁ、基本はそう大きく変わるものではないので、インターフェースに慣れてるか慣れてないかの違いだけだと思うんですが…そう思うのは私だけでしょうか?

それはさておき、お客様宅へお伺いです。

症状から考えて、おそらくプリンタのインストール手順を間違えただけだと思ったんですが…。

-------

お客さんのiMacは、本体が半球型のタイプ。
もうこれすらも、すっかり旧型になってしまいましたね…。

プリンタはエプソンの単機能プリンタですが…確かに印刷できてません。
ジョブがいくつかたまっているようです。

お客さんは、プリンタの買い替えでインストールをされたとのこと。
まぁとりあえず、たまっているジョブを削除して、説明書どおりにもう一度インストールをしてみます。

ここでのポイントは、やっぱり

とにかく説明書どおりの操作

ですね。

それさえできれば、とりあえずはWindowsであろうがMacであろうが、プリンタの接続程度は何とかなるもんです。
素人であるはずのお客さんだって、がんばって接続をしているんですから。

…はい、問題なく接続完了、印字テストも問題なしです。

気になったポイントは、このプリンタの前に使っていたらしい、もうつながっていないキヤノンのプリンタに、腐るほどジョブをためておられたこと。
どうも、接続をしくじっただけでなく、どうやら通常使うプリンタを新しいプリンタに切り替えるのを忘れておられたようです。
もう以前のプリンタは廃棄のため片付けてあるらしいので、古いプリンタアイコンは、ジョブを全て取り消した上で削除です。

これで問題なしです。

お客さんと話をしていると、やはり説明書を見ずに接続されたご様子。
「機械のことはよくわからない」とのこと。

いや、ってゆーか、説明書を見なければ、わかるものもわからないでしょ…。

結論:プロであろうと素人であろうと、説明書は基本です。

2007年04月15日(日) 定番トラブル, ソフトウェア不具合関連(設定不良), ハードウェア不具合関連(プリンタ), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 初期セットアップ関連, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

親機だけ?

こちらは新規パソコンのセットアップ。

B000MNP122
Fujitsu FMV DESKPOWER FMVLX50U/D (P-4 531 1GB HDD300GB DVD±R DL 20.1インチ 地デジ対応 Vista HomePremium) [FMVLX50UD]

富士通製のVistaパソコンです…。
今回もいや~な予感が。

こちらのパソコンはPen4搭載なので、そこそこ速いと思っていたんですけど…やっぱり時間がかかりました…。
当然ながら「富士通だから」ってことで時間はかかっているんですが…もう一つの要因がありました。

-------

今回は、地デジのテレビ内蔵なのでそれの設定と、ちょっと離れたところに置く無線LAN親機の設定も込みです。
B000EHRMXW
WHR-HP-AMPG ハイパワー無線LANルータ

こちらのお客さんはマンションの一室なので、当然ながら壁は鉄筋コンクリート。
間に一部屋ぐらい離れた別室に、光プレミアムのVDSLやCTUが置いてあり、そこから無線を飛ばすので、おそらくその辺を見越したハイパワー機だったんでしょうけど…。

ハイパワー親機には、ハイパワー子機がセットでないと意味がありません。

どうしたわけか、子機がセットではありません。
親機から一方通行で電波が来るわけではなく、子機からも電波を飛ばさないといけないので、子機も同様にハイパワーでなければ通信はできません。
にもかかわらず…。
おそらく無線LAN子機機能の付いたPCだから、ということだったんでしょうけど…店員は何を考えてこんな組み合わせを勧めたんでしょう??

案の定、なかなかつながってくれません。
近くでは、きちんとAOSSでつながりましたが、CTUの場所に持っていくと、途切れがちになります。
何度も何度もやり直しをしました。
やっぱりつながりが悪いです。
とりあえず、この組み合わせではそうなっても仕方ないのでとりあえずの様子見のお願い、どうしても途切れがちなら、改善には子機を替えるか、親機もしくはパソコンの設置場所を検討していただくことになる、ということをお伝えして作業完了です。
あとは、そういう組み合わせにした店員に問い合わせるように話を振っておきました(苦笑)。

富士通Vista名物、強烈に時間のかかる「アップデートディスク」などもあり、結局4時間近くかかってしまいました…勘弁してください(泣)。
お客さんが、話の合う奥様だったので、いろいろと楽しく話をさせていただきながらでしたからまだ間が持ちましたが…なんだかなぁ。

2007年04月03日(火) 定番トラブル, ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

WindowsMeの処遇。

今回はeo光の回線に無線ルーターを取り付けて、新規パソコン(無線LAN内蔵の富士通製VistaノートPC)の設定と、既存パソコン(デスクトップWindowsMe)の設定切替です。
要するに、既存のパソコンと新規パソコンを無線でルーターにつなぐ、というもの。
ついでに2台ともウイルス対策をするんだそうです。

ウイルス対策…eo光…。なんだかとってもイヤ~な予感がします…。

-------

お伺いしてみて、無線ルーターの箱に書いてあるスペックをチェックしてみたら…

デスクトップPCに取り付ける予定のセット子機(USB接続)の対応OSは、Windows2000/XP/Vista。

( ̄△ ̄;

あかんやん…。
どないすんねんな…。

とりあえず、この状態でできることは、新規パソコン分のセットアップと無線ルーターの設定ぐらいです。
でも無線ルーターは、返品しなければならない可能性があるから、うかつに開けることはできません。
お客さん、買った店に強烈にクレーム入れてます。

その間に、既存のデスクトップWindowsMeはとりあえず光回線につながっているので、eo月額版のウイルス対策ソフトをインストールしようかと思って、専用サイトを開いてみたら…。

Windows95/98/Me/NT/XP Professional x64 Edition、Macなどでは使用できません。

おいおい…。

配送品として店から届いているものの中に、ウイルス対策ソフトはありません。
おそらくeo月額版をあてにしていたのでしょう…。

( ̄△ ̄;

あかんやん…。
どないすんねんな…。

お客さんと店の人との、しばらく押し問答の末に決まった結果は…とりあえずルーターを接続すること。
当面使えないのは問題なので、開封品でも返品を受け付けてくれることになりました。
後日、店の人が、無線LANアダプタとウイルス対策ソフトはMe対応品を持ってきてくれるようです。
完全に店側のヒヤリング不足ですね…。

-------

それにしても、WindowsMeがマイクロソフトから見放されて半年以上、急速にXP以降へシフトしていますね。
もうNTベースのWindowsでなければやっていけそうにないですね。
Me自体も、DOSベースの9x系からNTベースへのシフトの最後のOSとして位置づけられていたので、すぐに切られるのは運命だったともいえますね。
とはいえ、きちんとリカバリした上で、それなりのチューニングを施せば、IE6は動くので、まだ98もMeもそれなりに使えるのは確かなんですけどね。

そして、NTベースの中でも、まともに使える一番古いのは、Windows2000。
とはいえ、これもそろそろ対応製品から切られつつあります。
まぁ、2000自体も、もう7年も前の、Meよりも前の製品ですから…。

そろそろ、XP以前のOSを使っている人は、パソコンの処遇を考えた方がいいのかもしれませんね…。

2007年04月02日(月) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェアアップグレード関連, ソフトウェア不具合関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコン・インターネット, 企業(メーカー・プロバイダ等)の姿勢, 初期セットアップ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

ダブル無線とマカフィーの微妙な関係。

こちらは無線LANがつながらなくなったんだそうです。

お伺いしてみたら…確かにつながりません。
特に何もいじっていないらしく、ある日突然つながらなくなったんだそうです。

まぁこういう場合は、無線ルーターのフリーズで、ルーターの電源の入れ直しで直ってしまうものと相場は決まっているんですが…んんんん??

-------

お客さんに問診していくと、確かに無線ルーターの電源の入れ直しはしていないんだそうです。
それでは、と、とりあえず電源を入れ直してみたんですが、現象は同じ。
うーむ。

くだんのパソコンは、NECの1年ほど前の型のノートパソコン。
しばしば見かけるタイプです。

ふと見ると、同じくNECの無線ルーターとセットの子機が横に刺さっています。
確かこのタイプは無線LAN内蔵のはずでしたが…。

本体の横を見てみたら…やっぱり。
プッシュボタン型の内蔵無線LANオン/オフスイッチがありました。
少し奥まった状態の小さくて薄いメンブレンスイッチで、指先を使ってプチッと押すタイプのものです。
ランプは消えてますので、スイッチは入っていないのでしょう。

ネットワーク接続のフォルダを開いてみると…確かにワイヤレスネットワークは2つあります。
もちろん、一つは内蔵無線LANですから、ペケです。

うーむむむむむ…。

無線LANアダプタは、2つ使えないのが普通です。

以前にも似たような話はありました。
ということで、追加の無線LANアダプタは外すことにします。

横に刺さっているPCカード型無線LANアダプタを抜き、ドライバを削除。
その上で、内蔵無線LANをONにして、NECの無線LANで使われている「らくらく無線スタートEX」を利用して再度設定。
これで無事つながるようになりました。

「えーと、つまり…この無線LANは、子機は要らなかったってことですかね?」

…そういうことになりますね。

「うーん、お店の人に勧められて買ったんですけどねぇ…」

…いやぁ~すみません。私は販売の者じゃないので…。

「それにしても…なんでつながらなくなったんですか?今まで使えていたのに…」

…うーん、それは…。

タスクトレイを見ると…マカフィーさんがいらっしゃいます。
ウイルス対策ソフトとしては、ノートン、ウイルスバスターに次いでのシェアがある老舗ソフトです。
この時期のNECは、これをバンドルしていたんですが、どうにもメモリを食うので非常に不評でした。
今日のお客さんは、これを継続でお使いだったわけですが…。

マカフィーは、先日無償バージョンアップがあったので、お客さんもバージョンアップしておられました。
赤字に白いMの字のアイコンから、銀色地に赤いMの字のアイコンに変わっています。

今まで使えていたのに突然使えなくなったのは、このマカフィーが、バージョンアップ後の自動アップデートをかけた影響があったのではないかと思います。
以前にも似たような話はあり、その時はノートンのバージョンアップの影響で突然オンラインゲームが使えなくなりました。
おそらく今回も、無線LANアダプタが2つもある微妙なバランスのもとで動いていたわけですから、その辺の影響がかなりあると推測されます。

いずれにせよ、そのままの構成で使っていれば、何かのはずみで内蔵無線LANのスイッチを押してしまって、つながらなくなる可能性は否定できません。
つながっていた内蔵無線LANでも、同じくスイッチを気づかずうっかり切ってしまって「つながりません!」という事例はしょっちゅうあるぐらいですから。

とにかく何回か再起動を繰り返し、切れないことを確認。
あとは、内蔵無線LANのスイッチに注意することと、接続が切れたら親機の電源の再投入を試してみることをお伝えして退出です。
マカフィーに関しては、推測でしかないんですけどね…。

2007年04月01日(日) ウィルス・スパイウェア関連, ソフトウェア不具合関連(セキュリティホール), ソフトウェア不具合関連(設定不良), ネットにつながらない・遅い, ハードウェア不具合関連(無線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 基本操作・便利技関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)