ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« iMacで印刷できません。 | トップページ | LiveUpdateができません。 »

2007年4月16日 (月)

印刷できないどころか…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

こちらは自社案件。
印刷できなくなったので見てほしい、とのこと。
よくある話です。
どうせドライバの再インストール程度で直るんじゃない?大した事ないだろう…と思ってたら…。

-----

お伺いしてみたら、お客さんのXPパソコン君は、こんなエラーメッセージでお出迎えです。

Spooler_error01

問題が発生したため、Spooler SubSystem App を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。

毎度おなじみのメッセージではありますが…。

プリンタフォルダを開いてみたら、なんと、あるはずのプリンタアイコンが一つもない!!
お客さんの環境では、ネットワークプリンタを含めて3台あるはず。
Windowsが勝手に装備しているFAXなどもあるはずなのに…なんで??

-----

とりあえず、この手のエラーが出たら、「エラー報告を送信する」のがセオリーです。
割と的確な解決方法を提示してくれたりするからです。
しかし、何度も出るこのメッセージを、いくら「報告」しても、期待した「的確な解決方法」は出てきてくれません。
うーむむむむ…。

とりあえずどんな内容で報告してるかをチェックしてみるか。
「エラー報告に含まれるデータの参照」をしてみたら…。

Spooler_error02

うーむ。
spoolsv.exeは、要はプリントスプーラーだから、コイツが動いてないと、遅延印刷ができない。
つまり、印刷が終わるまでソフトが使えない状態になってしまうわけだ。
しかし、Windowsでは遅延印刷が標準の機能になってしまっているので、

spoolsv.exeが動かない=印刷ができない

という状態に陥っているようだ。

ってゆーか…「szModName」の「cf60lmon.dll」ってナンだ??

試しにぐぐってみた。
…何も出ない…そんなバカな??

お客さんに、いじったサービスだとかをいろいろ聞いてみたけど、どうにもそれらしきものをいじった様子はないし、元には戻したらしい。
うーむむむむ…。

「そうなんですよ、自分なりに調べましたし、行きつけのPCショップででも聞いてみたらサジを投げられましたし、メーカーにも聞いてみたけどダメでした。ですので、ささもとさんを呼んだんです」

うーん、なんともこじれまくった症状で呼んでくれたもんです…。
でも、最初から呼んでくれたとしても、状況は同じだったとは思いますが。
まぁとにかく、できることを進めていきましょう。

-----

今回の問題は、「Print Spooler」サービスが停止してしまうというもの。
冒頭のエラーが出て、「Print Spooler」サービスが停止してしまうのです。

停止したものを、コントロールパネル→管理ツール→サービスから「Print Spooler」サービスを開いて、「開始」をクリックすればとりあえず開始するのはするんですが…ほどなくエラーで停止してしまいます。
「Print Spooler」サービスを開始させて、プリンタの動作を確認しようと「プリンタ」フォルダを開いたら停止してしまうのです。
どうやらプリンタのアイコンを表示した途端にエラーになるようだ。
うーむ、なんなんだ???

おそらく、どれかのプリンタがエラーの原因なんだろうけど…

プリンタドライバは「プログラムの追加と削除」からでは削除できない

という厳然たる事実があるのです。

プリンタの削除は、「プリンタ」フォルダにあるプリンタアイコンを選択して削除しなければならない

のです。
しかし、プリンタアイコンを表示させると、エラーでアイコンが消えてしまう…。
何度も堂々巡りを繰り返すことになります。

「ああ…やっぱりダメですかね。やっぱりリカバリですかね?」

…それをしたくないから私を呼んだんですよね?まぁそう結論を急がずに、もう少しやってみましょうよ。

とは言ったものの、かなり煮詰まっているのは否定できない。

とりあえず再起動をかけてみる。

起動直後に、すでにつながっている状態のプリンタの一つ、CANON BJ F6000の状況を示すステータスモニターが出て、しばらくしたら冒頭のエラーが出ます。
「Print Spooler」サービスを開始させておいて、プリンタフォルダを表示したら、そのF6000には、なにやら印刷ジョブが一つあるのがわかるのですが…それを何とかしようにも、すぐに「Print Spooler」サービスがエラーで止まるので、ジョブの削除もできない。

2~3度、その堂々巡りをしていて…タスクマネージャを起動してエラー前後の状況を見ていると…ん?
cf60smon.exeってのが動いてます。
とりあえずぐぐってみましたが、やっぱり何も出ません。
さっきエラーを起こしていたのは、cf60lmon.dll
うーん…なんなんだ??

ファイルの場所を検索してみた。
…どうもこれらは、起動時に出てきていたステータスモニタのファイルらしい。
サービスを開始させても、まるで消えないしつこいスパイウェアのごとく起動して、エラーを起こして停止してしまう。

「スパイウェアみたい」なら、スパイウェア駆除の時のように、ファイル名を書き換えて起動しないようにしてやてみたらどうだ?

ということで、cf60smon.exeとcf60lmon.dllのファイル名を書き換えて再起動。

読みは的中です。
見事にエラーが出なくなりました。

実は、あまりにもエラーが出るので、ケーブルを抜いて再接続をやると、ドライバを要求するので、3つほど同じF6000のアイコンが並んでいたのです。
削除しようにも、エラーで消えて削除すらままならなかったわけです。
改めてアイコンを消して、インストールしなおしです。

直りました…。

しかしまぁ、なんでこんなことになるですかね??
このプリンタはパラレルコネクタでしかつながりませんので、サードパーティ製のUSB-パラレル変換ケーブルを使っていることが要因のひとつということもあるのかもしれませんが、とりあえず印刷できていますので、なんとも言えません。
おそらく、ステータスモニタのファイルが壊れていたか、スプールしたファイルが壊れていたかでしょうね。

まぁなんとか使えるようになったので、これで様子を見てもらうことにしました。
それにしても、ぐぐっても何も出なかったときは、さすがに焦りましたね…。
まぁ、A3対応のちょっと古いプリンタですから、情報が少ないのも仕方ないのかもしれませんが。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年04月16日(月) ソフトウェア不具合関連, ハードウェア不具合関連(プリンタ), ハードウェア不具合関連(有線LAN), パソコントラブル, パソコン・インターネット, 印刷できない・印刷不良, 日記・コラム・つぶやき |

« iMacで印刷できません。 | トップページ | LiveUpdateができません。 »

ソフトウェア不具合関連」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(プリンタ)」カテゴリの記事

ハードウェア不具合関連(有線LAN)」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

印刷できない・印刷不良」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/14751894/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷できないどころか…。:

コメント

わたしのところでも同じようなことが起きましたが、
「スプールしたファイルが壊れて・・・」をヒントに
タスクマネージャーからスプールプロセスを停止してから、
スプールファイルを削除して、復旧させることができました。
おかげさまで助かりました。

投稿: ネコナ | 2007/05/07 12:58:55

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« iMacで印刷できません。 | トップページ | LiveUpdateができません。 »