ウイルス対策ソフトをご利用の場合、「トロイの木馬」を誤検出する記事があります。警告が出た際は、こちらの記事をごらんの上、お知らせいただければ幸いです。

« ネットは使えるのにメールが使えません。 | トップページ | 文字が先でレイアウトは後です。 »

2007年4月30日 (月)

新快速・敦賀行。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

この日は休みにしました。
やっぱりゴールデンウィークですし、子供の相手もしないと…ということで、ちょっとした遠出に挑戦です。

今回の目的地は、敦賀です。
なんで敦賀かというと…。

今までは、JRで東向きで普通列車(特急でない列車)で、乗り換え無しで行ける一番遠い場所は、琵琶湖北部あたり、西岸では近江舞子、東岸では長浜まででした。
それが、先日のダイヤ改正で、一気に琵琶湖を通り抜け、日本海側の敦賀まで新快速で行けるようになりました。
今回はこれに乗って、一気に日本海を見に行こう、ということにしました。

いつも使ってるJR明石駅から乗る新快速が、「敦賀行」になってるのがなかなか新鮮です。
ということで、11:36に明石駅を出発です。

-----

以前、長女を連れて静岡は清水まで普通列車の旅をしたことがありました。
今度は次女と三女を連れての遠出です。
二人も連れて行ったので、あまり写真が撮れてません。
もっと写真があると、ブログらしい記事になってたんですけどねぇ…。

新快速は8両編成、前寄り4両は敦賀行、後寄り4両は近江舞子どまりです。
当然ながら前寄りの車両に乗って行きました。

神戸・大阪あたりまではあまり座れませんでしたが、そこから先でようやく座れました。
京都あたりから、「湖西線方面」を強調するアナウンスが流れます。
京都の次の山科駅から先は、琵琶湖の西岸を走る「湖西線」と、東岸を走る「東海道線」に分かれます。
間違うとえらいことですしね。
でも、今回の目的地は琵琶湖を通り過ぎていきますので、私たちにはどっちでもいいんですが(笑)。
今回乗った新快速は、湖西線経由です。
右手に琵琶湖を望みながら、列車は軽快に走っていきます。
しかし、琵琶湖が見えるところまで来るのに1時間半。
いい加減、座っているのに飽きた子供たちは、あまり景色に興味もなく、持って来たゲーム機で遊んでます…。
おいおい、ちょっとは過程を楽しんでほしいんだけどなぁ…。

13時過ぎに近江舞子に到着。
ここで後寄り4両を切り離します。
切り離された4両は、そのまま折り返しで網干行となります。
敦賀から来る4両に再度連結することになるみたいです。
特急なんかで、生切り離し(?)を見たことはありますが、いつも使ってる新快速で見るのは初めてです。

近江舞子から先は各駅停車となります。
近江塩津で、東回りの線路と合流し、いくつかの長いトンネルを抜けて敦賀へ。
特急雷鳥なんかでは、この間に、一度停電がありました。
直流と交流の切替があるのです。
でも、敦賀止まりの新快速には、それがありません。
特にハプニングもなく、14:17分敦賀駅に到着です。
明石駅から、実に2時間半強。
実際に来てみると、乗り換え無しでここまで来れるのに、ちょっとびっくりです。

-----

駅を降りて、とにかく日本海を見に行くことに。
バスでもあるかと思ったんですが…なんと1時間に1本程度。
そうですよねぇ、みんなクルマですよねぇ。
ということで、海まで2キロ程度を歩いてみました。

駅前の商店街には、こんな銅像が。

D1100003

…佐渡 酒造(さど さけぞう)かいっ!

なんか、敦賀では松本零士アニメとのコラボでこういうのを作ったそうなんですが…うーむむむ。
他にも宇宙戦艦ヤマト関連や銀河鉄道999関連のキャラクターの銅像が、駅前商店街のいたるところにあります。

「銀河鉄道999」・「宇宙戦艦ヤマト」のモニュメント像のホームページ :敦賀商工会議所

敦賀は鉄道と港の町だから、999とヤマト、なんだそうな。
でもなんか、イマイチPR不足って気がしますねぇ。
タクシーとか使わずに歩いてたからこそ気がついたものの…。

子供に「遠い~しんどい~まだ~?」とか言われながら、3キロほど普通の街中を歩いていって、ようやく目的地の「気比の松原」に到着です。
ここは、三保の松原(静岡県)虹の松原(佐賀県)とともに日本三大松原の一つです。
以前に長女と普通列車の旅で行ったのは、三保の松原の近く。
次に行くなら、虹の松原ですかねぇ(笑)。

この記事を書くにあたり「気比の松原」でぐぐってみたら、

気比松原 :Wikipedia
気比の松原 - 福井県敦賀市 :ハードディスクメンテナンス

こちらの方が上に出てくるって、どうですかねぇ…。

何枚か写真は撮りましたが、松原は子供を前にしたものしかありませんので公開は差し控えさせていただきます。おいおい(笑)。

D1100002

松原を背にして(苦笑)、日本海側の風景を撮ってみました。

子供いわく、「海がくさくない!水がきれい!」なんだそうな。
うん、確かに、ウチの近所の明石の海は、そんなに汚いほうではないけど、海草などが岩に張り付いてたりで、かなり磯臭いのは確かです。
それに、瀬戸内海と違って遠浅ではないので、すぐそこに深みが見えます。
そのせいか、水がかなりキレイに見えます。実際、キレイなんですけどね。
遠浅の砂浜では、ちょっと濁ってると、あまりキレイに見えません。ちょっと損ですね。

しばらく時間を潰して、タクシーを呼んで駅まで戻りました。
一応、連休なのであまり人の行かなさそうなところを選んだつもりでしたが、それでもやはり景勝地なので、人もクルマもそこそこ居ました。タクシーがなかなか入れずに困ってました(笑)。

駅についてすぐに帰りの列車はあったのですが、近江塩津で乗り換えなければならなかったのと、バタバタするのも嫌だったので、次の一本で帰れる新快速にしました。
17:55発、米原経由、播州赤穂行。
それでも1時間以上の待ち合わせになりました。
改札横の待合室は、それに乗るための人ですぐにいっぱいになってしまいました。
新快速なのに、まるで地方で乗る特急列車みたいです。
ちなみに、明石到着は20:53…実に3時間弱。ひえー。

せっかくここまで来てるので、何かおみやげ物はないかと待合室の売店を見てみたんですが…どうも「敦賀」というのを前面に出したグッズがほとんどありません。ほとんどは金沢とか富山ばかり。
せっかくこうして新快速一本で気軽に来れるようになったんですから、そろそろオリジナルのものを用意したらいいのになぁ。
ということで、夕食代わりに「かにめし」と「ますのすし」を買いました。
サラリーマン時代に、北陸方面の出張があった時には、これをよく買って食べたもんです。
これも敦賀のものではないんですけど…まぁうまいので許そう。
子供たちも、ちょっとは残すかと思ったら、ペロッとたいらげてくれました。
まぁ、こういうのは現地以外ではデパートの駅弁祭ででも食べられますが、やっぱりその場所で食べるのが一番ですね。

おなかがいっぱいになったところで、ちょうど時間となったので、新快速に乗り込みます。
時間的には、ちょうど夕日の沈む時間。
琵琶湖の東岸を走るので、夕日が見えるいい景色になってくれればいいんですけどね…。

敦賀を出た列車は、近江塩津に向かう途中で峠を越えなければならないので、その高低差を稼ぐために、ぐるっと大きくループを描く線路に差し掛かります。
これがこの路線の特徴でもあるので、特急列車なら解説アナウンスが入ったりするんですが、さすがに新快速ではそういうアナウンスも入りません。まぁ仕方ないですかね。

そういうアナウンスの代わりに、私たちと同じような観光のご家族がすぐ近くに大きく陣取っておられまして、ウルサイのなんの。
それに、新快速車両なのに、弁当とか広げて遠慮なく食べてます。
確かに、京都大阪の近郊みたいに人が多いわけじゃないけど、ちょっとは遠慮してほしいもんです。
私たちは、その辺を見越して、駅の待合室で食べてきたのに…。

近江塩津からは、行きのルートとは違い、米原方面に向かいます。
琵琶湖一周コースになるわけですね(笑)。
でも、琵琶湖の西岸には、スキー場のある大きな山がたくさんあるので、日没近い時間では、夕日は山の向こう側なので、思ったほどキレイに見えませんでした。残念。

米原着18:40。ここで4両増結です。
ウルサイ家族が降りていきました。多分、岐阜・名古屋方面の人なのでしょう。ようやく静けさが戻ってきました。
この辺からもう夜です。
あとはひたすら到着を待つばかり。

京都着19:42。
いやぁ、なかなか着きませんねぇ。
大阪着20:13。
三女はもう眠ってしまいました。
神戸発20:40。
長い旅もそろそろ終わりです。

明石着20:52。
バスに乗り換えて家に着いたのは午後九時半過ぎ。

たまにはこういう電車の旅もいいもんですね。
特急とか新幹線とかでもいいんですけど、のんびりと普通列車で行くのも悪くないですよ。
今回は大人料金で片道3260円。
往復で一人7000円もかかってません。まぁ安いもんですよ。はっはっは。

ちなみに、人気blogランキング参加中です。 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2007年04月30日(月) 日記・コラム・つぶやき, 趣味 |

« ネットは使えるのにメールが使えません。 | トップページ | 文字が先でレイアウトは後です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13757/14946259/void
↑トラックバックをいただく際は、最後の「/void」を抜いてください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

※あまりにも無関係なトラックバックが多いため、当面はトラックバックの公開は承認制にしました。トラックバックを送っていただいてもすぐには反映されません。ご了承願います。

※トラックバックをいただく際は、この記事のURLを記事中に記載(もしくはリンク挿入)願います。
この記事と無関係な内容であったり、明らかな宣伝もしくは宣伝活動目的と判断されるもの、トラックバック元がトップページへのリンクであるもの、もしくは当方が不適切と判断されたものは、公開の承認はなされません。あらかじめご了承願います。

この記事へのトラックバック一覧です: 新快速・敦賀行。:

コメント

コメントを書く




※Spam対策のため、コメント公開時E-Mailは非表示となります。









※当面コメントは承認後の公開となります

« ネットは使えるのにメールが使えません。 | トップページ | 文字が先でレイアウトは後です。 »